【先着1,000名】

FUNDINNOに新規口座開設で

アマギフ1,000円が貰えます!!

IPO投資

【IPO初値結果】インティメート・マージャーの評価は?? DMP事業を運営するフリークアウトの子会社!!

ぶるぶる
ぶるぶる
インティメート・マージャーのIPOが新規承認!! なんか特徴的な社名だね。
メカニック
メカニック
確かに(笑) でも初値が期待できそうなIPOだよ。

どうも、メカニックです!!

インティメート・マージャー(7072)のIPOが新規承認されました。

2019/10/24に上場予定で事業内容は”データマネジメントプラットフォームの提供、データ活用コンサルティング“です。

このページではインティメート・マージャー(7072)のIPO詳細や初値結果、仮条件決定後の初値予想、上場日直前初値予想に加え、自分のBBスタンス、各社割当枚数、幹事団について記載していきますよ。

もしIPOについて知らない方はまずはじめに下記記事を一読してください。

IPOとは??というところから申込方法まで完全解説しています。

結論:インティメート・マージャーのIPOは爆騰必至!?

時間がない人向けにインティメート・マージャー(7072)のIPOについてさっとまとめます。

結論からいうと、当選して初値売りをすれば大きな利益が期待できそうです!!

ポイント
  • DMP事業を運営
  • マザーズ上場
  • 吸収金額は6.9億円
  • 業績は右肩上がり
  • 株主にVCあり
  • 売出がゼロ
  • フリークアウトHDの子会社
  • 主幹事はみずほ証券
  • 想定価格は2,320円

インティメート・マージャー(7072)はデータを活用したDMP事業をしている会社です。

上場会社のフリークアウトHDが大株主に君臨しています。(親会社ですね。)

マザーズに上場予定で吸収金額は6.9億円と小型サイズ。

業績は右肩上がりで成長しており、黒字化しています。

想定価格は2,320円とそこそこ高めのプライスです。

ハイスペックで初値は大幅なプラスリターンが望めます。

当選を目指す場合は当選確率が最も高い主幹事のみずほ証券を必ず押さえておきましょう。

みずほ証券で当選を目指す

 

インティメート・マージャー(7072)のIPO詳細

銘柄株式会社インティメート・マージャー
市場マザーズ
上場日2019/10/24
コード7072
公募260,000株
売り出し0株
OA39,000株
想定価格2,320円
吸収金額約6.9億(想定価格ベース)
時価総額約61.7億(想定価格ベース)
株主優待なし
ブックビルディング期間2019/10/04~10/10
公開価格決定日2019/10/11

インティメート・マージャー(7072)ってどんな会社??

今回新規承認されたインティメート・マージャー(7072)は2013年に設立された東京都に本社を置く企業です。

フリークアウトホールディングスとプリファードインフラストラクチャーの合弁で設立。

ちなみにプリファードインフラストラクチャーからスピンオフして生まれたのがプリファードネットワークスです。

プリファードネットワークスは国内で最も時価総額が高いベンチャー企業で、すでにユニコーンとなっています。

その後、フリークアウトホールディングスがプリファードインフラストラクチャーから50%の株式を取得して連結子会社化しました。

現在の従業員は37名で、提出会社の平均年間給与は約563万円です。

そして、インティメート・マージャーはDMP事業を運営しています。

メインは国内最大級のデータプラットフォームである「IM-DMP」です。

IM-DMPはインターネットユーザーの情報を取得して、趣味嗜好、興味などの分析。

それを元にして最適なタイミングで適切なマーケティングを行うことが可能になります。

また、そのデータを活用したBtoB企業向けの企業リスト作成サービス「Select DMP」

さらに成果報酬型ディスプレイ広告運用サービス「Performance DMP」を提供し、コンサルティングも行なっています。

相手先を見ると大手企業が多く、電通やオプトといった名前も見つけることができました。

ただ、そこまで売上の多くを依存しているわけではないようです。

インティメート・マージャー(7072)のIPOスペック

続いてインティメート・マージャー(7072)のIPOスペックを見ていきましょう。

想定価格は2,320円。

上場予定市場はマザーズで吸収金額は約6.9億円となっています。

インティメート・マージャー(7072)のIPOにおけるマイナス要素

初めにインティメート・マージャーのマイナス要素をチェックしていきたいと思いますが、初値に大きく影響しそうなポイントはありません。

少し気になるのはフリークアウトホールディングスと親子上場。

あとは大株主にいるVCのロックアップが公募価格の1.5倍で解除されるところです。

上場後に大きな売り圧力が控えているのは注意しておきましょう。

インティメート・マージャー(7072)のIPOにおけるプラス要素

続いてプラス要素にいきますがとにかく盛りだくさんです。

まずは小型マザーズということで需給面では非常に有利

マザーズで6.9億円ならばこの時点で公募割れの可能性はかなり低いです。

また、業種もビッグデータ関連ですから投資家に人気になると思います。

売出はゼロで公募のみというのも好印象。

業績も右肩上がりで伸びていますので、今後の成長も期待できます。

公募価格2倍以上の初値を狙えるハイスペックIPOだと思いますよ。

ぶるぶる
ぶるぶる
最高のスペックで文句なしだね。親子上場もそれほど気にする必要はないと思う。
メカニック
メカニック
初値高騰しそうな匂いがプンプンするね。

 

インティメート・マージャー(7072)のIPO仮条件

1,700円 〜 1,900円

※仮条件決定後に更新

 

インティメート・マージャー(7072)のIPO公開価格

1,900円

※公開価格が決定次第更新します。

 

インティメート・マージャー(7072)のIPO初値結果

4,000円

初値売りで21万円の利益でした(+110.5%)

 

インティメート・マージャー(7072)のIPO割当枚数と当選期待度

続いてインティメート・マージャー(7072)のIPO幹事団と各社における割当枚数を紹介します。

 証券会社割当枚数予想抽選配分枚数個人期待度
主幹事みずほ証券
2,340枚
234枚
1
幹事SMBC日興証券
78枚
8枚
4
SBI証券
26枚
12枚
3
マネックス証券
26枚
26枚
2
いちよし証券
26枚
0枚
岩井コスモ証券
26枚
3枚
6
岡三証券
26枚
3枚
5
香川証券
26枚
0枚
極東証券
26枚
0枚
委託幹事松井証券(?)
-枚
-枚
楽天証券(?)
-枚
-枚
岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
ライブスター証券(?)
-枚
-枚
DMM株(?)
-枚
-枚

目論見書に記載後に更新

インティメート・マージャー(7072)の主幹事

インティメート・マージャー(7072)の主幹事はみずほ証券になります。

令和になってから主幹事が減っていましたので、かなり久しぶりですね。

2018年はみずほ無双でしたので、今年もここから年末にかけて活躍してくれることを期待しています。

実は自分は結構みずほ証券と相性がいいので好きな証券会社の一つなんです。

インティメート・マージャーでは最も当選が期待できますので、「公募で欲しい!!」という人は必ず申込するようにしましょう。

詳しいIPOルールを知らない人は必ず下記記事をご覧くださいませ。

みずほ証券で当選を目指す

その他狙い目の証券会社

平幹事は合計9社ですが、香川証券と極東証券はネットからIPOに申込ができませんので注意してください。

7社の中で狙い目になりそうなのは上位幹事の3社。

SMBC日興証券SBI証券、そしてマネックス証券です。

とくにネット証券で抽選割合の高いSBI証券マネックス証券は最低でも申込しておきたいところですね。

今回は枚数が少ないので当選するのは至難の技ですが、資金に余裕があればできる限り多くの証券会社から申込をしましょう。

少ない資金でIPOに参加している人はいちよし証券、後期型の岩井コスモ証券がおすすめですよ。

裏技を使えば資金効率が大幅にアップ!! 岩井コスモ証券のIPOルールや取り扱い実績を徹底解説します。 IPOの抽選が後期型で、よく幹事入りする証券会社といえば間違いなく… 岩井コスモ証券でしょう!! 毎年コンスタントに幹事...

また、最近IPO投資を始めた方向けに当選確率をアップさせる方法を下記記事にまとめてあります。

是非、一読してみてください。

ぶるぶる
ぶるぶる
プラチナチケットだからみずほ証券頼みになりそうだね。
メカニック
メカニック
当選確率が1%未満なのは間違いないないと思う。

 

インティメート・マージャー(7072)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果

インティメート・マージャー(7072)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果を紹介します。

 証券会社抽選結果
主幹事みずほ証券
落選
幹事SMBC日興証券
補欠
SBI証券
落選
マネックス証券
落選
いちよし証券
申込せず
岩井コスモ証券
後期
岡三証券
落選
香川証券
ネット申込不可
極東証券
ネット申込不可
委託幹事松井証券(?)
取り扱いなし
楽天証券
後期
岡三オンライン証券(?)
取り扱いなし
GMOクリック証券(?)
取り扱いなし
ライブスター証券(?)
取り扱いなし
DMM株(?)
取り扱いなし

承認時はBBスタンス、抽選結果が発表されたら結果を表示しています。

もちろん、フルエントリーさせていただきます。

これは一切心配する必要はないですね。

当選できれば雄叫びを上げてしまうレベルです 笑

大きなプラスリターンが見込めますので、積極的に申込していきましょう!!

 

インティメート・マージャー(7072)のIPO初値予想

インティメート・マージャー(7072)のIPOにおける初値予想になります。

直感的初値予想“は仮条件決定後、”独断と偏見初値予想“は上場日前日の更新です。

【仮条件決定後の直感的初値予想】

3,000円 〜 4,000円

【上場直前の独断と偏見初値予想】

4,800円

みんなの初値予想アンケート

投票のお力添えをお願いいたします。


 

インティメート・マージャー(7072)のIPO個人的評価

【総合評価】
29/35

【スタンス】
強気

その他ブロガーの初値予想は??にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

ユニコーン
FUNDINNO(ファンディーノ)
IPO投資よりもコンスタントに稼げるこんな投資はいかが??[PR]

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、新規承認されなければ投資ができません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれるようになりました!!

ソーシャルレンディングは”ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス“のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%以上で運用することもできるんですよ(^ ^)

年々新しいサービスがでてきていますが、今から始める方はSBIソーシャルレンディングがおススメです。

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

自分も現在50万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

【評判と口コミ】SBIソーシャルレンディングに投資してわかった5つのメリット・3つのデメリットSBIソーシャルレンディングとはSBIグループが運営している事業者です。投資している管理がメリットとデメリットを徹底的にまとめました。評判や口コミが気になる方は参考にしてください。...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。