ネオモバがIPOの取り扱いを開始!!

ソーシャルレンディング

【評判】X-Crowd(エックスクラウド)は儲かるの?? メリット・デメリットを因数分解!!

ぶるぶる
ぶるぶる
X-Crowd(エックスクラウド)ってどんなサービスか教えて!!
メカニック
メカニック
了解!! 実は上場企業が運営する不動産投資型クラウドファンディングだよ。

直近では上場企業が不動産投資型クラウドファンディングに進出しています。

今度は新たにインテリックスが参入してきました。

サービス名は「X-Crowd(エックスクラウド)」

今回はこのX-Crowd(エックスクラウド)の特徴からメリット・デメリットを徹底解説。

評判や口コミが気になっている方は是非参考にしてくださいね。

結論:X-Crowd(エックスクラウド)は投資する価値あり

結論から先に言うとX-Crowd(エックスクラウド)は投資吟味ありです!!

理由は下記の通り。

ポイント
  • 東証1部のインテリックスが運営
  • 10万円から不動産投資ができる
  • 優先劣後方式で投資家は優先出資
  • 出資後はほったらかしでオッケー
  • 利回りは3%前後
  • リノベーション案件がメイン
  • 損失を出す可能性あり
  • 法人口座も開設可能

X-Crowd(エックスクラウド)は東証1部に上場しているインテリックスが始めた不動産投資型クラウドファンディングです。

投資案件はリノベーションされた不動産がメインとなります。

上場企業の上に多くの実績を兼ね備えているため、信用度は業界トップクラスです。

不動産投資をするとなると数百万円~数千万円の資金が必要になりますが、X-Crowd(エックスクラウド)を利用すれば最低10万円から投資が可能。

投資した後は運用期間が終了するまで何もすることはありません。

定期的に分配金が振り込まれますよ。

ただし、あくまで投資です。

順調に運用されなければ損失がでることもあります。

 

X-Crowd(エックスクラウド)は儲かるのか??

X-Crowd(エックスクラウド)が儲かるのか数字を出して説明していきたいと思います。

仮にX-Crowd(エックスクラウド)で運用期間12ヶ月で利回り3%の案件に10万円投資したとしましょう。

すると12ヶ月後には合計10万3,000円になります。

つまり3,000円の利益です。

もし10年間複利運用した場合は、上記グラフのように10年後には13.44万円になります。

ただし、もちろん運用がうまくいかなければ最悪は元本割れも起こりえます。

リターンを得るにはリスクをとる必要があることはしっかりと理解しましょう。

出資後はほったらかしでオッケーですが銀行預金とは違いますよ。

X-Crowd(エックスクラウド)の公式サイト

上記は税金や投資のタイムラグを考慮していないため、実際にはもう少し少なくなります。

 

不動産投資型クラウドファンディングとは??

まずはX-Crowd(エックスクラウド)を解説する前に、基本となる不動産投資型クラウドファンディングについて説明していきます。

不動産投資型クラウドファンディングを簡単にいうと、少額から不動産投資ができる仕組みです。

多くの投資家でお金を出し合って一つの不動産を購入し、出資額に対して分配金が貰えます。

当然、多く出資すればするだけ多くの分配金が貰えますよ。

細かく部分を言えばちょっと違う部分もあるのですが、こんな感じで理解しておいていただければ大丈夫です。

さらに詳しく知りたいと言う人は下記記事で説明していますので、一読してみてください。

 

X-Crowd(エックスクラウド)とは??

ではここからX-Crowd(エックスクラウド)について詳しく紹介していきますね。

X-Crowd(エックスクラウド)は東証1部に上場するインテリックスが始めた不動産投資型クラウドファンディングのプラットフォームです。

インテリックスは東京に本社をおく、不動産の仲介や販売を行っている企業です。

リノベーションマンション実績はすでに21,000戸越えと、中古不動産のリノベーションに強みを持ちます。

そして、特に面白い商品がリースバックの「あんばい」。

自宅を売却してその後も賃貸という形で住み続けられるという商品です。

こんな感じでいろんな人のニーズにあった不動産商品を販売している企業ですよ。

 

X-Crowd(エックスクラウド)での口座開設条件

X-Crowd(エックスクラウド)で口座開設できるのは下記の条件を満たした人だけです。

  • 日本に住所がある方
  • 日本以外に居住他国がない方
  • 日本国籍である方
  • 20歳以上、75歳未満である方
  • 反社会的勢力に該当しない方
  • 外国PEPsに該当しない方
  • 当社の審査基準に適合する方

個人でも法人でも口座開設が可能です。

ただし法人の場合は口座開設に1ヶ月ほどの時間がかかるとのこと。

余裕を持って口座開設することをオススメします。

 

X-Crowd(エックスクラウド)で投資するまでの流れ

X-Crowd(エックスクラウド)で投資するまでの流れを紹介します。

  1. 仮登録
  2. 本登録
  3. 本人確認コードを入力
  4. ファンドを選択
  5. 入金
  6. 運用開始
  7. 分配金と元本が償還

まずは会員登録からスタート。

仮登録と本登録という2段式で、審査が下りたら10日以内に本人確認コードが送られてきます。

そちらを入力すれば利用することができるようになりますよ。

その後、好みのファンドを選んで投資額を決めましょう。

募集が成立したら指定の口座に入金すれば投資が確定です。

運用開始後は特にやることはなくほったらかしでOK。

運用期間が経過したら分配金と元本が償還されて完了です。

これがX-Crowd(エックスクラウド)における投資の全貌となります。

 

X-Crowd(エックスクラウド)のメリット

ぶるぶる
ぶるぶる
X-Crowd(エックスクラウド)のメリットを教えて!!
メカニック
メカニック
じゃあ一緒に確認していこう!!

メリット1:上場企業のインテリックスが運営!!

X-Crowd(エックスクラウド)の運営元は上場企業のインテリックスです。

上場企業は東証のお墨付きをもらった数少ない企業。

非上場会社と比較すると信頼性は比べ物になりません。

現在、不動産投資型クラウドファンディングのプラットフォームを運営している企業で上場しているのは下記の3つのみ。

インテリックスで4社目となります。

メリット2:優先劣後方式を採用!! 投資家は優先出資!!

X-Crowd(エックスクラウド)では投資家保護に力を入れています。

全案件でインテリックスがセイムボード出資をしており、投資家が優先出資、インテリックスが劣後出資という構造です。

優先劣後構造ですので、運用不動産の評価額が下落したとしても30%以内でしたら投資家の元本が毀損することはありません。

毀損分は劣後出資者のインテリックスが被ってくれるんです。

リーマンショック時でも不動産は10%ほどしか下落しなかったとのことなので、30%だったらほぼほぼ心配する必要はないと思います、

ちなみに他社の出資比率は下記の通り。

LANDNET Fundingジョイントα と同じで国内最高の出資比率となっています。

メリット3:クーリングオフの対象

X-Crowd(エックスクラウド)はクーリングオフの対象です。

もし投資した後で出資を取りやめしたい場合、クーリングオフ届出書を提出することで、投資をキャンセルできます。

すでに入金していた場合でも返金されますので安心してください。

違約金や解約手数料なども0円ですよ。

また、投資実行後にも止むを得ない理由があれば中途解約ができます。

ただし解約には10万円の持分譲渡手数料がかかるので注意しましょう。

10万円しか投資していない場合は1円も返ってこないのでそのまま投資したほうがいいと思います。

 

X-Crowd(エックスクラウド)のデメリット

ぶるぶる
ぶるぶる
X-Crowd(エックスクラウド)のメリットは理解できたけど、デメリットも知りたいな。
メカニック
メカニック
詳しく説明するね。

デメリット1:運用が上手くいかなければ元本が毀損する

X-Crowd(エックスクラウド)はあくまで投資です。

優先劣後方式など投資家に有利なスキームが採用されていますが、もし運用が上手くいかなかった場合は元本が毀損する恐れがあります。

最悪は0円になる可能性もゼロではありませんので十分注意してください。

デメリット2:利回りがやや低い

X-Crowd(エックスクラウド)の利回りは約3%です。

これは他のサービスと比較するとやや劣ります。

多くは3%〜5%ですが、中には6%〜8%のファンドを出しているサービスもあるんです。

利回りは業界最低水準と言わざる負えません。

ただし、一般的にはリターンが低いということはリスクもそれだけ低いと言うことです。

そこはしっかりと理解しておきましょう。

デメリット3:最低投資金額が業界最低水準ではありません

少し残念なところが最低投資金額です。

X-Crowd(エックスクラウド)の最低投資金額は10万円になります。

金額だけで見れば高くはないのですが不動産投資型クラウドファンディングで考えると高い部類に入ります。

人気のCREALファンタスファンディングでは1万円から投資が可能。

10倍も変わってきてしまいます。

ここは改善を期待したいですね。

 

X-Crowd(エックスクラウド)のまとめ

では最後にもう一度X-Crowd(エックスクラウド)についてまとめます。

要点まとめ
  • 東証1部のインテリックスが運営
  • 10万円から不動産投資ができる
  • 優先劣後方式で投資家は優先出資
  • 出資後はほったらかしでオッケー
  • 利回りは3%前後
  • リノベーション案件がメイン
  • 損失を出す可能性あり
  • 法人口座開設可能

やや気になるのは利回りの低さと10万円という最低投資金額です。

これ以外はかなり魅力的なスペックとなっています。

特に上場企業が運営、さらには30%という優先劣後構造は投資家にとってかなり魅力です。

個人的にはそれなりに人気化するサービスだと思いますよ♪

X-Crowd(エックスクラウド)の公式サイト

ユニコーン
FUNDINNO(ファンディーノ)
初心者におススメのソーシャルレンディング会社は??【PR】

現在は様々なソーシャルレンディングサービスがでてきていることもあり、初心者はどの事業者を選んでいいか迷っている人も多いと思います。

そんな方はSBIソーシャルレンディングを選択してみてはいかがでしょうか?

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

自分も現在40万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

SBIソーシャルレンディングの公式サイト

 

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

【評判と口コミ】SBIソーシャルレンディングに投資してわかった5つのメリット・3つのデメリットSBIソーシャルレンディングとはSBIグループが運営している事業者です。投資している管理がメリットとデメリットを徹底的にまとめました。評判や口コミが気になる方は参考にしてください。...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。