【過去最大】

クラウドリアルティに投資家登録するだけで…

10,000円相当のポイントが貰えます!!

1/31で終了

IPO投資

【IPO初値結果】ALiNKインターネットの評価は?? 僅か9人で天気専門サイトを運営する高利益率企業!!

ぶるぶる
ぶるぶる
12月第一弾のマザーズIPO「ALiNKインターネット」が新規承認されたね。どんなIPOなの??
メカニック
メカニック
スペックが良くて初値は期待できそうだよ。

どうも、メカニックです!!

ALiNKインターネット(7077)のIPOが新規承認されました。

2019/12/10に上場予定で事業内容は”天気予報専門サイト「tenki.jp」の運営“です。

このページではALiNKインターネット(7077)のIPO詳細や初値結果、仮条件決定後の初値予想、上場日直前初値予想に加え、自分のBBスタンス、各社割当枚数、幹事団について記載していきますよ。

もしIPOについて知らない方はまずはじめに下記記事を一読してください。

IPOとは??というところから申込方法まで完全解説しています。

マネックス証券

結論:ALiNKインターネット(7077)のIPOは期待できる

時間がない人向けにALiNKインターネット(7077)のIPOについてさっとまとめます。

結論からいうと、IPOに当選して初値売りをすればプラスリターンになる可能性が高いです!!

ポイント
  • 天気予報専門サイトを運営
  • 上場市場はマザーズ
  • 吸収金額は約8.5億円
  • 業績は増加中。
  • ロックアップはがっちり
  • 主幹事は野村證券
  • 想定価格は1,470円

ALiNKインターネットは天気予報専門サイト「tenki.jp」を運営している企業です。

上場予定市場はマザーズで吸収金額は8.5億円と小型規模。

業績もいいのでスペックは高いです。

スケジュールも良く、地合いも好転してきているので初値は期待できると思います。

当然、自分は強気で参加する予定ですよ。

もちろん狙い目の証券会社は主幹事の野村證券です。

資金不要でネットから申し込めるので資金が少ない人でも抽選に参加できます。

口座を持っていない人は必ず準備しておくようにしてくださいね。

野村證券で当選を目指す

 

ALiNKインターネット(7077)のIPO詳細

銘柄株式会社ALiNKインターネット
市場マザーズ
上場日2019/12/10
コード7077
公募150,000株
売り出し355,200株
OA75,700株
想定価格1,470円
吸収金額約8.5億(想定価格ベース)
時価総額約30.9億(想定価格ベース)
株主優待なし
ブックビルディング期間2019/11/22~11/28
公開価格決定日2019/11/29

ALiNKインターネット(7077)ってどんな会社??

今回新規承認されたALiNKインターネットは2013年に設立された東京都に本社を置く企業です。

比較的あたらしい会社ではありますが、沿革をみると”株式会社ありんく”ですでに同様の事業を開始していたようです。

そこから現在の会社に権利義務を譲渡して運営しているようですね。

そして個人的に驚いたのは従業員数です。

なんとたった9人しかいません!!

このメンバー数で上場ってできるんですね。

少数精鋭とよくいいますがその言葉がまさにぴったりです 笑

さて、そんなALiNKインターネットの事業ですが天気予報専門サイトである「tenki.jp」の運営をしています。

事業概要図は下記の通り。

メインの収入源は広告費です。

tenk.jpは日本気象協会と共同で運営しているので、相互間でも広告のやりとりがあります。

2019年9月現在のPV数は年間40億PVとかなりのモンスターサイト。

これだけの閲覧数があれば広告費だけでも余裕で運営していけますね。

従業員数もたった9人しかいないわけですし。

また、ウェブサイト以外にも「tenki.jp 登山天気」などのアプリも運営しています。

そして傘シェアリングサービスである「アイカサ」にも出資しており、多少ではあるもののシナジーのあるベンチャー企業への投資も行なっているようです。

ちなみに相手先をみると日本気象協会の名前がありました。

99%ってなかなか見ない数字ですね。

ALiNKインターネット(7077)のIPOスペック

続いてALiNKインターネット(7077)のIPOスペックを見ていきましょう。

想定価格は1,470円。

上場予定市場はマザーズで吸収金額は約8.1億円となっています。

ALiNKインターネット(7077)のIPOにおけるマイナス要素

初めにALiNKインターネット(7077)のマイナス要素をチェックしていきますが正直、これといって気になるところはありません。

唯一気になるのはリートIPOであるSOSiLA物流リート投資法人と同日上場というところぐらい。

多少影響はあるかもしれませんが、株式とリートなのでそこまで気にしなくていいと思います。

ALiNKインターネット(7077)のIPOにおけるプラス要素

続いてプラス要素をチェック。

まずはなんといっても需給面ですね。

マザーズの10億円未満は小型規模になり、優位性は非常に高いです。

この規模のIPOで公募割れするのは極めて稀。

安心感は非常にあります。

さらに業種も天気の専門サイトということでこちらもかなりタイムリー。

最近は台風が注目されましたし、今後も気象や気候の注目度は高くなっていくと思われます。

業績は伸びていますし、ロックアップもしっかりとかかっているのでほぼ死角はありません。

ハイスペックなIPOですよ。

ぶるぶる
ぶるぶる
これは初値高騰が期待できそう!! 地合いはこのままでいってほしいね。
メカニック
メカニック
公募比2倍は狙える銘柄じゃないかな。

 

ALiNKインターネット(7077)のIPO仮条件

1,560円 〜 1,700円

上限は230円も上ブレ!!

強気設定決まりました。

 

ALiNKインターネット(7077)のIPO公開価格

1,700円

上限で決定しました。

 

ALiNKインターネット(7077)のIPO初値結果

4,020円

初値売りで23.2万円の利益となりました。(136.5%)

 

ALiNKインターネット(7077)のIPO割当枚数と当選期待度

続いてALiNKインターネット(7077)のIPO幹事団と各社における割当枚数を紹介します。

 証券会社割当枚数予想抽選配分枚数個人的期待度
主幹事野村證券
-枚
-枚
1
幹事SMBC日興証券
-枚
-枚
三菱UFJモルガンスタンレー証券
-枚
-枚
SBI証券
-枚
-枚
岡三証券
-枚
-枚
エース証券
-枚
-枚
委託岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
松井証券(?)
-枚
-枚
楽天証券(?)
-枚
-枚
安藤証券(?)
-枚
-枚
ライブスター証券(?)
-枚
-枚
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
DMM株(?)
-枚
-枚
auカブコム証券(?)
-枚
-枚
目論見書に記載後に更新

ALiNKインターネット(7077)の主幹事

ALiNKインターネット(7077)主幹事は野村證券でした。

最近は昔ほど主幹事の数が多くありませんが、それでもコンスタントに顔を出してきますね。

流石国内最大手といったところでしょう。

もちろんALiNKインターネットでは1番当選が期待できる証券会社です。

公募で取得したい人は最優先で申込をしてくださいね。

資金0円で申込可能できるのでタダで宝くじに参加できるようなものですよ。

ただ、その分ライバルは非常に多いのであまり期待はしないように

野村證券の詳しいIPOルールを知らない人は下記記事をチェックしてください。

野村證券を今すぐチェック

その他狙い目の証券会社

続いて平幹事を見ていきましょう。

平幹事は全部で5社。

この中で押さえておきたいのはSMBC日興証券三菱UFJモルガンスタンレー証券SBI証券の3社です。

上位幹事は当選枚数が多くなる傾向があります。

特にSBI証券は抽選割合も高く、落選してもIPOチャレンジポイントがゲット可能。

貯めれば貯めるほどIPOの当選に近づくので、絶対に申込みしてくださいね。

うまく利用すれば1P=1,000円ほどの価値がありますよ。

あとauカブコム証券でも委託販売する可能性が高いのでこちらもチェックしておきましょう。

【IPOルール】auカブコム証券は委託販売の実績がトップクラス!! 実績や注意点を徹底解説!! auカブコム証券といえば色々なメディアで紹介されており、知名度が高いネット証券の一つだと思います・ auカブコム証券ではも...

また、最近IPO投資を始めた方向けに当選確率をアップさせる方法を下記記事にまとめてあります。

最近ではIPOを目指すベンチャー企業に先回り投資できるFUNDINNO(ファンディーノ)を中心とした株式投資型クラウドファンディングも人気が高まっています。

企業と投資家が一緒になってIPOまで目指せる新しい方法なので興味がある人は是非チェックしてみてください。

自分の経験を元に算出した当選しやすい証券会社ランキングもまとめてありますので、こちらもよろしければどうぞ。

ぶるぶる
ぶるぶる
野村證券が主幹事だとちょっと厳しいかな。
メカニック
メカニック
すでに諦めモード 笑

 

ALiNKインターネット(7077)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果

ALiNKインターネット(7077)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果を紹介します。

 
証券会社
抽選結果
主幹事野村證券
落選
幹事SMBC日興証券
補欠
三菱UFJモルガンスタンレー証券
次点
SBI証券
落選
岡三証券
落選
エース証券
ネット申込不可
委託岡三オンライン証券(?)
落選
松井証券(?)
取り扱いなし
安藤証券(?)
取り扱いなし
楽天証券(?)
取り扱いなし
ライブスター証券(?)
取り扱いなし
GMOクリック証券(?)
取り扱いなし
DMM株(?)
取り扱いなし
auカブコム証券(?)
後期

承認時はBBスタンス、抽選結果が発表されたら結果を表示しています。

新規承認におけるBBスタンス

フルエントリーです。

スペックは良いですし、地合いも良好なのでスルーする理由がありません。

当選して初値売りすれば10万円以上の利益はほぼ確定かなと思います。

安心して申込できるIPOだと思いますよ。

抽選結果

残念ながら落選となってしまいました。

野村證券でなかなか当選ができていません。

 

ALiNKインターネット(7077)のIPO初値予想

ALiNKインターネット(7077)のIPOにおける初値予想になります。

直感的初値予想“は仮条件決定後、”独断と偏見初値予想“は上場日前日の更新です。

【仮条件決定後の直感的初値予想】

2,000円 〜 2,900円

【上場直前の独断と偏見初値予想】

2,900円

みんなの初値予想アンケート

投票のお力添えをお願いいたします。


 

ALiNKインターネット(7077)のIPO個人的評価

【総合評価】
26/35

【スタンス】
強気

その他ブロガーの初値予想は??にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

OwnersBook
FUNDINNO(ファンディーノ)
IPO投資よりもコンスタントに稼げるこんな投資はいかが??[PR]

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、新規承認されなければ投資ができません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれるようになりました!!

ソーシャルレンディングは”ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス“のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%以上で運用することもできるんですよ(^ ^)

年々新しいサービスがでてきていますが、今から始める方はSBIソーシャルレンディングがおススメです。

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

自分も現在50万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

【評判と口コミ】SBIソーシャルレンディングに投資してわかった5つのメリット・3つのデメリットSBIソーシャルレンディングとはSBIグループが運営している事業者です。投資している管理がメリットとデメリットを徹底的にまとめました。評判や口コミが気になる方は参考にしてください。...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。