IPO投資

【IPO中止】スマート・ソリューション・テクノロジーはZeetle運営のハイスペ銘柄!! 心配なのはコロナだけ!?

コロナの影響で上場が中止されました。

ぶるぶる
ぶるぶる
スマート・ソリューション・テクノロジーのIPOが新規承認。なんか社名は期待できそうな雰囲気!!
メカニック
メカニック
コロナショックがなければ爆上げを期待できたスペックだよ。

うも、メカニックです!!

スマート・ソリューション・テクノロジー(6598)のIPOが新規承認されました。

2020/04/23に上場予定で事業内容は”企業向け非接触ICカードリーダ端末の販売、当該端末と連携した店舗向け O2Oサービスの提供、独自音通信技術のライセンス及び認証サービスの提供“です。

このページではスマート・ソリューション・テクノロジー(6598)のIPO詳細や仮条件決定後の初値予想、上場日直前初値予想に加え、自分のBBスタンス、各社割当枚数、幹事団について記載していきますよ。

もしIPOについて知らない方はまずはじめに下記記事を一読してください。

IPOとは??というところから申込方法まで完全解説しています。

また、動画でもまとめていますのでよろしければこちらもどうぞ。

マネックス証券

目次

結論:スマート・ソリューション・テクノロジー(6598)のIPOはプラスリターンに期待!!

時間がない人向けにスマート・ソリューション・テクノロジー(6598)のIPOについてさっとまとめます。

結論からいうと、プラスリターンになるかもしれません。

ポイント
  • ICカードリーダーの販売
  • 想定価格は1,070円
  • 上場市場はマザーズ
  • 上場日は4/23で単独上場
  • 吸収金額は約4.7億円
  • 業績は好調で黒字運営
  • 配当と株主優待はなし
  • ロックアップは完璧
  • 主幹事はみずほ証券

スマート・ソリューション・テクノロジーは非接触ICカードリーダー端末を販売している会社です。

デジタルポイントカードのジートルなども運営しています。

業績は順調に増加していて黒字運営です。

今回はマザーズに上場を予定して市場からの吸収金額は約4.7億円になります。

かなりの小型規模で需給面でのアドバンテージは非常に高いです。

さらにロックアップも価格による解除事項がなく、単独上場な点も恵まれています。

ただしコロナショックの影響で直近IPOのパフォーマンスは低調。

プラスリターンにはなると思いますが初値高騰は難しいかもしれません。

そして、主幹事はみずほ証券がつとめます。

当選を目指す人はしっかりと口座開設しておきましょう!!

また、最近IPO投資を始めた方向けに当選確率をアップさせる方法を下記記事にまとめてあります。

さらに最近ではIPOを目指すベンチャー企業に先回り投資できるFUNDINNO(ファンディーノ)を中心とした株式投資型クラウドファンディングの人気が加速中!!

企業と投資家が一緒になってIPOまで目指せる新しい方法なので興味がある人は是非チェックしてみてください。

自分の経験を元に算出した当選しやすい証券会社ランキングもまとめてありますので、こちらもよろしければどうぞ。

 

スマート・ソリューション・テクノロジー(6598)のIPO詳細

銘柄株式会社スマート・ソリューション・テクノロジー
市場マザーズ
上場日2020/04/23
コード6598
公募340,000株
売り出し40,000株
OA57,000株
想定価格1,070円
吸収金額約4.7億(想定価格ベース)
時価総額約12.7億円(想定価格ベース)
BB期間2020/4/07~4/13
価格決定日2020/04/14

スマート・ソリューション・テクノロジー(6598)ってどんな会社??

まずは今回新規承認されたスマート・ソリューション・テクノロジーがどんな企業なのかを簡単に紹介していきます。

設立8年目の企業ですが母体は昭和55年に設立された株式会社ビー・ユー・ジーです。

その後、株式会社森精機製作所の子会社となりますが、そこから事業を受け継いで現在の社長である山川氏が株式会社ビー・ユー・ジーSSTを設立。

平成28年に現在の社名に変更されました。

従業員数は47名で提出会社の平均年間給与は約552万円です。

そんなスマート・ソリューション・テクノロジーの事業はタッチポイントソリューションの提供です。

事業系統図は下記の通りになります。

主なサービスは2つです。

  • Smart端末販売
  • SmartSoundサービス

Smart端末販売

Smart端末の販売では「ピットタッチシリーズ」を販売しています。

非接触ICカードによる通信のほか、独自音通信技術による通信方式を採用した端末があり、勤怠管理などのビジネス用途と店舗等での販促用途として使われています。

ピットタッチ・プロ2、小型のピットタッチ・ビズ、オフラインでも利用できるピットタッチ・シグマの3モデルを展開中です。

SmartSoundサービス

SmartSoundサービスでは「Zeetle カードサービス」、「TrustSoundサービス」を展開しています。

Zeetleはデジタルポイントカードで様々な店舗で利用されています。

有名どころだとリンガーハットで使われており、自分も実はヘビーユーザーです 笑

独自に開発した音声技術で特別な設備を必要とせずにスマートフォンとの通信環境を構築できるのが強みです。

販売実績と相手先

各セグメントによる販売実績はこのようになっています。

Smart端末販売が稼ぎ頭です。

ただSmartSoundサービスでもある程度の売上がありますね。

相手先は2社の名前がありました。

どちらも上場会社ではありませんが合計すると30%ほどの売上を依存しています。

スマート・ソリューション・テクノロジー(6598)のIPOスペック

続いてスマート・ソリューション・テクノロジー(6598)のIPOスペックを見ていきましょう。

想定価格は1,070円。

上場予定市場はマザーズで吸収金額は約4.7億円となっています。

スマート・ソリューション・テクノロジー(6598)のIPOにおけるマイナス要素

スペックに関しては非常に優秀なのでマイナス要素はありません。

問題は内部ではなく、外部ですね。

現在は地合いがここ数年の中でも最悪クラスとなっています。

2018年の12月もかなり悪化しましたがそれよりも悪い状態です。

期待されていたIPOでさえも公募割れするなどかなり壊滅的な状態になっていますので、上場日まで油断はできません。

スマート・ソリューション・テクノロジー(6598)のIPOにおけるプラス要素

マザーズで吸収金額が5億円未満と、需給面でのアドバンテージは非常に大きいです。

問題なく吸収できる規模でしょう。

またタッチポイントソリューション事業は独自性が高く、業績も好調です。

その上、ロックアップ、スケジュール共に問題はありません。

プラス要素が非常に多いハイスペックなIPOだと思います。

ぶるぶる
ぶるぶる
いままでだったら公募比2倍以上は余裕で狙えた銘柄だね。
メカニック
メカニック
コロナショックがどのくらい影響するかが問題かな。

 

スマート・ソリューション・テクノロジー(6598)のIPO仮条件

-円 〜 -円

※仮条件決定後に更新

 

スマート・ソリューション・テクノロジー(6598)のIPO公開価格

-円

※公開価格が決定次第更新します。

 

スマート・ソリューション・テクノロジー(6598)のIPO初値結果

-円

※上場後に更新

 

スマート・ソリューション・テクノロジー(6598)のIPO割当枚数と当選期待度

続いてスマート・ソリューション・テクノロジー(6598)のIPO幹事団と各社における割当枚数を紹介します。

 証券会社割当枚数予想抽選配分枚数個人期待度
主幹事みずほ証券
-枚
-枚
1
幹事野村證券
-枚
-枚
いちよし証券
-枚
-枚
SBI証券
-枚
-枚
楽天証券
-枚
-枚
委託幹事岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
松井証券(?)
-枚
-枚
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
ライブスター証券(?)
-枚
-枚
DMM株(?)
-枚
-枚
目論見書に記載後に更新

スマート・ソリューション・テクノロジー(6598)の主幹事

主幹事はみずほ証券です。

最近のみずほ証券はIT関連のIPOでよく主幹事をつとめる印象。

間違いなく、以前よりも良い会社を取り扱うことが多くなっています。

でも、残念ながら自分は最近ぜんぜんと言っていいほど当選をいただけていません。

まだ今年は1つも当選していないのでこのあたりで恵んでくれれば良いんですが。。

IPOルールに関しては特別気をつけることはありませんが念のため知らない人はしっかりとチェックしてから申込してくださいね。

その他狙い目の証券会社

平幹事は合計4社。

狙い目になりそうなのはネット証券のSBI証券楽天証券ですかね。

それにしても楽天証券は本当にIPOの取り扱いが多くなりました。

最近IPO投資を始めたばかりの人はわからないかもしれませんが、これだけ幹事入りするようになったのは2018年からなんです。

その前までは委託販売を年に数回扱う程度。

ここまで一気に活躍するようになるのは珍しいです。

いまやIPOの必須証券とも言えるので保有していない人は絶対に口座開設しておきましょう。

今後も必要になりますからね。

楽天証券を今すぐチェック

楽天証券のIPOルールについてはこちらを合わせてご覧ください。

ぶるぶる
ぶるぶる
こんな地合いだけど野村證券が主幹事だし当選枚数は少なめだから期待はできないだろうな〜。
メカニック
メカニック
未だに参加者かなり多いもんね。

 

スマート・ソリューション・テクノロジー(6598)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果

スマート・ソリューション・テクノロジー(6598)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果を紹介します。

 証券会社抽選結果
主幹事みずほ証券
参加
幹事野村證券
参加
いちよし証券
参加
SBI証券
参加
楽天証券
参加
委託幹事松井証券(?)
参加予定
岡三オンライン証券(?)
参加予定
GMOクリック証券(?)
参加予定
ライブスター証券(?)
参加予定
DMM株(?)
参加予定
承認時はBBスタンス、抽選結果が発表されたら結果を表示しています。

新規承認時におけるBBスタンス

コロナショックの影響がすごいことになっていますが、参加方向で考えています。

さすがにこのスペックなら大丈夫かなと。

とはいえ初値高騰は期待していません。

地合いが回復しなければ数万円のリターンで終わってしまうかなという感じがしています。

あまり期待はできませんが前向きに考えるべきIPOだと思いますよ。

 

スマート・ソリューション・テクノロジー(6598)のIPO初値予想

スマート・ソリューション・テクノロジー(6598)のIPOにおける初値予想になります。

直感的初値予想“は仮条件決定後、”独断と偏見初値予想“は上場日前日の更新です。

【仮条件決定後の直感的初値予想】

-円 〜 -円

【上場直前の独断と偏見初値予想】

-円

みんなの初値予想アンケート

投票のお力添えをお願いいたします。


 

スマート・ソリューション・テクノロジー(6598)のIPO個人的評価

【総合評価】
24/35

【スタンス】
やや強気

その他ブロガーの初値予想は??にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)
IPO投資よりもコンスタントに稼げるこんな投資はいかが??[PR]

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、新規承認されなければ投資ができません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれるようになりました!!

ソーシャルレンディングは”ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス“のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%以上で運用することもできるんですよ。

年々新しいサービスがでてきていますが、今から始める方はSBIソーシャルレンディングがおススメです。

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

自分も現在50万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

【生の口コミ】SBIソーシャルレンディングに3年投資してわかったメリット7つ・デメリット3つSBIソーシャルレンディングとはSBIグループが運営している事業者です。投資している管理がメリットとデメリットを徹底的にまとめました。評判や口コミが気になる方は参考にしてください。...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。