IPO投資

【IPO考察】アクシスはSaaS系小型マザーズで安心の鉄板スペック!? 期待できる9月の大トリ銘柄!!

ぶるぶる
ぶるぶる
アクシスが新規承認!! 社名からして期待できそう!!
メカニック
メカニック
9月の大トリにふさわしい銘柄だと思うよ。

うも、メカニックです!!

アクシス(4012)のIPOが新規承認されました。

2020/09/30に上場予定で事業内容は”業務アプリケーションの設計開発・運用保守、インフラシステムの設計構築・運用保守の提供及びクラウドサービスの提供“です。

このページではアクシス(4012)のIPO詳細や仮条件決定後の初値予想、上場日直前初値予想に加え、自分のBBスタンス、各社割当枚数、幹事団について記載していきますよ。

もしIPOについて知らない方はまずはじめに下記記事を一読してください。

IPOとは??というところから申込方法まで完全解説しています。

また、動画でもまとめていますのでよろしければこちらもどうぞ。

マネックス証券

結論:アクシス(4012)のIPOはプラスが狙える

吸収金額
市場
公募売出比
業種
業績
地合い
スケジュール

【総合評価】
30/35

【スタンス】
強気

時間がない人向けにアクシスのIPOについて要点をピックアップしてまとめました。

結論からいうと、当選できればリターンが狙える銘柄です。

ポイント
  • 業務アプリケーションの設計開発
  • 想定価格は1,020円
  • 上場市場はマザーズ
  • 上場日は9/30
  • 吸収金額は約6.1億円
  • 業績は好調で黒字
  • 株主にVCがいない
  • ロックアップは堅い
  • 主幹事はSMBC日興証券

アクシスは業務アプリケーションのプロダクトを設計開発している企業です。

業績を見ると売上は好調で増加傾向。

前期の売上は34.1億円、純利益は1.31億円でした。

想定価格は1,020円、吸収金額は6.1億円でマザーズに上場します。

システム系の小型マザーズIPOということで投資家に人気になるのはほぼ確実。

スケジュールが過密日程な点は気になりますが、当選できればプラスリターンが狙える銘柄です。

自分は強気で申込するつもりでいます。

そして、幹事を見ると主幹事はSMBC日興証券です。

新規口座開設で3ヶ月間優遇抽選を受けられます。

当選したい人は確実に口座を用意しておくようにしてくださいね。

また、最近IPO投資を始めた方向けに当選確率をアップさせる方法を下記記事にまとめてあります。

さらに最近ではIPOを目指すベンチャー企業に先回り投資できるFUNDINNO(ファンディーノ)を中心とした株式投資型クラウドファンディングの人気が加速中!!

企業と投資家が一緒になってIPOまで目指せる新しい方法です!!

「なかなかIPOに当選できない!!」という人は青田買いしておくのも一つの方法かもしれませんよ。

興味がある人は是非チェックしてみてください。

自分の経験を元に算出した当選しやすい証券会社ランキングもまとめてありますので、こちらもよろしければどうぞ。

 

アクシス(4012)のIPO詳細

銘柄株式会社アクシス
市場マザーズ
上場日2020/09/30
コード4012
公募78,000株
売り出し440,000株
OA77,700株
想定価格1,020円
吸収金額約6.1億(想定価格ベース)
時価総額約20.9億円(想定価格ベース)
BB期間2020/9/11~9/17
価格決定日2020/9/18

アクシス(4012)ってどんな会社??

まずは今回新規承認されたアクシスがどんな企業なのか紹介していきます。

設立は1991年の6月。

主要都市に支店を開設していきながら、関連会社を吸収合併。

事業譲渡なども繰り返しながら、29年ほどで上場まで至りました。

現在の従業員数は合計301名、平均年間給与は約472万円となっています。

さて、そんなアクシスの事業は業務アプリケーションのプロダクトを設計開発です。

事業系統図は下記の通りになります。

具体的な事業は下記の2つです。

  • システムインテグレーション事業
  • クラウドサービス事業

事業1:システムインテグレーション事業

システムインテグレーションサービスは金融機関が官公庁等を顧客として各種業務業務アプリケーションの設計開発業務、運用保守業務を請け負うサービスです。

特に金融機関が多く、この事業における売上の69%ほどを占めています。

事業2:クラウドサービス事業

クラウドサービス事業はフリーマネジメントサービス「KITARO」を提供しています。

車両の様々な情報をクラウドにアップして有効活用できるIoTサービスで、車の情報をリアルタイムで把握することが可能です。

販売実績と相手先企業

販売実績を見ると売上の95%ほどがシステムインテグレーション事業です。

クラウドサービス事業はこれからと行った感じですね。

相手先は富士通、JSOL、日本ユニシスなど大手企業がずらり。

この3社に売上の3割ほどを依存しています。

アクシス(4012)のIPOスペック

続いてアクシス(4012)のIPOスペックを見ていきましょう。

想定価格は1,020円。

上場予定市場はマザーズで吸収金額は約6.1億円となっています。

アクシス(4012)のIPOにおけるマイナス要素

マイナス要素はこれといった見当たりません。

強いて言えばスケジュールの過密さと、売り出しがやや多いところでしょうか。

外部環境ですと地合いも少し気になります。

安部首相が辞任したのでもしかしたら悪い方向に動くかも!?

アクシス(4012)のIPOにおけるプラス要素

プラス要素は非常に多いです。

初値パフォーマンスが良いマザーズで規模は6.1億円。

小型規模なので需給面での優位性は高いです。

さらに事業内容もB向けのアプリケーション開発。

言い換えれば今話題のDX関連となります。

先日上場したSunAsteriskも初値高騰し、セカンダリーも堅調です。

さらに業績も好調で黒字運営ですからほぼ死角はありません。

ハイスペックといって良いでしょう!!

ぶるぶる
ぶるぶる
DX関連はホットだから安心できるね♪ ピカピカ感はないけど初値は期待できそう。
メカニック
メカニック
株主にVCもいないし、セカンダリーも良い結果になるんじゃないかな。

 

アクシス(4012)のIPO仮条件

1,020円 〜 1,070円

 

アクシス(4012)のIPO公開価格

-円

※公開価格が決定次第更新します。

 

アクシス(4012)のIPO割当枚数と当選期待度

続いてアクシス(4012)のIPO幹事団と各社における割当枚数を紹介します。

 証券会社割当枚数予想抽選配分枚数個人期待度
主幹事SMBC日興証券
-枚
-枚
1
幹事SBI証券
-枚
-枚
エース証券
-枚
-枚
岡三証券
-枚
-枚
極東証券
-枚
-枚
水戸証券
-枚
-枚
楽天証券
-枚
-枚
委託幹事岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
松井証券(?)
-枚
-枚
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
ライブスター証券(?)
-枚
-枚
DMM株(?)
-枚
-枚
目論見書に記載後に更新

アクシス(4012)の主幹事

主幹事はSMBC日興証券です!!

9月はI-ne、そして問題児の雪国まいたけで主幹事をつとめますのでこのアクシスで3社目。

ただ、上記2社はぶっちゃけ微妙なIPOと言わざる負えないのでとうとういい銘柄で主幹事になったなぁという印象を持ってます。

今回は是が非でも当選が欲しいところです。

そしてSMBC日興証券での当選するコツですが、やはり優遇ステージでしょう。

上記の条件を満たすことでステージが上がっていき、プラチナになれば当選確率が大幅にアップします。

さすがにプラチナになるには多くの資金が必要になってくるので簡単には慣れませんけどね。

ただ、ブロンズならば新規口座開設後の3ヶ月間は無条件で適用されます。

多少ですが有利になるので口座を持っていない人はこの機会にしっかりと準備しておきましょう!!

このあたりからIPOラッシュに入るので開設するにベストタイミングかも。

IPOルールを知らない人はしっかりとチェックしてくださいね。

その他狙い目の証券会社

幹事構成はなんとも地味ですww

ネットから申し込みができるのはSBI証券岡三証券の2社のみ。

となると必然的に狙い目になるのはSBI証券でしょう。

ただ、枚数が枚数ですし当選を夢見るのは現実的ではないかもしれません。

IPOチャレンジポイントがもらえるので申込損はありませんが、最近はどんどんポイントパフォーマンスが低下しているんですよね。

貧乏性なので貯めるには貯めますが、果たして使える時はくるのでしょうか。

ぶるぶる
ぶるぶる
この幹事構成だと主幹事に期待するしかないかな。
メカニック
メカニック
優遇当選したいけどブロンズだから期待薄。

 

アクシス(4012)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果

アクシス(4012)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果を紹介します。

 証券会社抽選結果
主幹事SMBC日興証券
補欠
幹事SBI証券
落選
エース証券
ネット申込不可
岡三証券
落選
極東証券
ネット申込不可
楽天証券(?)
後期
委託幹事松井証券(?)
取り扱いなし
岡三オンライン証券(?)
取り扱いなし
GMOクリック証券(?)
取り扱いなし
ライブスター証券(?)
取り扱いなし
DMM株(?)
取り扱いなし

承認時はBBスタンス、抽選結果が発表されたら結果を表示しています。

新規承認時におけるBBスタンス

ひとまず参加方向でいきます。

ハイスペックですし、スケジュールも過密ではありますが単独上場。

これならば初値高騰する可能性が大きいです。

ただ、首相の辞任がどう影響を与えるかは油断できないですね。

発表直後は日経も大きく反応して、市場に動揺が広がりました。

心配な人は仮条件を見てから判断してもいいと思います!!

 

アクシス(4012)のIPO初値予想と初値結果

アクシス(4012)のIPOにおける初値予想になります。

直感的初値予想“は仮条件決定後、”独断と偏見初値予想“は上場日前日の更新です。

【仮条件決定後の直感的初値予想】

2,100円 〜 2,600円

【上場直前の独断と偏見初値予想】

4,300円

みんなの初値予想アンケート

投票のお力添えをお願いいたします。


初値結果

-円

※上場後に更新

その他ブロガーの初値予想は??にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)
IPO投資よりもコンスタントに稼げるこんな投資はいかが??[PR]

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、新規承認されなければ投資ができません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれるようになりました!!

ソーシャルレンディングは”ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス“のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%以上で運用することもできるんですよ。

年々新しいサービスがでてきていますが、今から始める方はSBIソーシャルレンディングがおススメです。

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

自分も現在50万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

【生の口コミ】SBIソーシャルレンディングに3年投資してわかったメリット7つ・デメリット3つSBIソーシャルレンディングとはSBIグループが運営している事業者です。投資している管理がメリットとデメリットを徹底的にまとめました。評判や口コミが気になる方は参考にしてください。...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。