IPO投資

アイモバイル(6535)のIPO直感的初値予想!!

 

仮条件が決定しましたので今回はBB期間が10/11から始まるIPOアイモバイル(6535)の直感的初値予想をしていきたいと思います(^ ^)

 

アイモバイルは注目度が高いJR九州の2日後に上場予定ですが、こちらもマザーズでは吸収金額が大きいSBI証券主幹事ということで10月の中では注目されるIPOです

 

スペック的には微妙な面があり、なかなかBBスタンスが決められない人も多いでしょうか(^^;;

 

もちろん、自分もかなり悩みました(と、いうかいまだに悩んでいます)

 

それではいつも通り仮条件の後に、第一弾の直感的初値予想をさせていただきますね♪

 

アイモバイル ロゴ 2

 

マネックス証券

IPOアイモバイル(6535)の仮条件

 

まずはIPOアイモバイル(6535)の仮条件の紹介させていただきます(^ ^)

 

【仮条件】

1,220円 〜 1,320円

 

想定価格は1,240円でしたので80円上ブレの強気設定です!!

 

これは意外だった人も多いのではないでしょうか??

 

自分的には想定価格が上限か、最悪下ブレしてもおかしくないと思っていたので、これには少し驚かされました!(◎_◎;)

 

素直に受け止めれば“上ブレ” = “評価が高い” ということになりますので、ポジティブ要素になります

 

ただ逆に、上値余地が少なくなったとも取れますからこの変は良し悪しですね(^^;;

 

さらに判断が難しくなったように感じます

 

 

 

アイモバイル(6535)のIPO直感的初値予想

 

続いて本題である、IPOアイモバイル(6535)直感的初値予想です

 

下記の初値予想は公募価格が仮条件の上限で決まったと仮定したものになります(^ ^)

 

上限未満で決まった場合は公募価格に0.9倍と1.1倍をそれぞれ乗じてた初値予想だと思ってください

 

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%a2%e3%83%90%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%80%80%e3%83%ad%e3%82%b41

1,200円 〜 1,500円

(公募比約0,9倍〜公募比約1,1倍)

 

アイモバイル(6535)のIPOスペック考察

 

まずはIPOでもっとも大事な吸収金額から見ていきましょう

 

仮条件が上ブレしたことにより、最大84億円となりました

 

マザーズIPOではかなりの大型規模となりますので、需給面では相当不利です

 

さらに、SBI証券が主幹事になりますので、初値売りする人が増えます

 

この規模ではかなりの売り圧力になってしまうでしょうから、こちらもマイナス要素として捉えていた方が良さそうです(^^;;

 

ちなみに自分も”初値売り族”なので、当選したら売り圧力の一員になってしまうでしょう

 

正直なところインパクトのあるマイナス要素は多いです( ;  ; )

 

ただ、業種は「アドネットワーク関連」とIPO的には人気化しやすいネット系となります

 

今ではネット系だからといって初値高騰が約束されているわけではありませんが、目新しさがない地味系業種に比べれば雲泥の差です

 

また、単独上場ですから資金や注目度の分散もないのでスケジュール的には恵まれています

 

ややマイナス要素が優勢の気はしますが、一応マイナス要素とプラス要素が拮抗していることもあり、上記のような初値予想にさせていただきました

 

とりあえず初値高騰はないIPOだと思います(^^;;

 

 

アイモバイル(6535)のIPO業績

 

続いてIPOアイモバイル(6535)の業績をご紹介です(^ ^)

 

【売上高】

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%a2%e3%83%90%e3%82%a4%e3%83%ab-%e5%a3%b2%e3%82%8a%e4%b8%8a%e3%81%92

 

【純利益】

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%a2%e3%83%90%e3%82%a4%e3%83%ab-%e7%b4%94%e5%88%a9%e7%9b%8a

 

売り上げ、純利益共に右肩上がりです!!

 

ここまで綺麗な右肩上がりは久々かもしれません

 

この先もこの調子で伸びていくとは考えにくいですが、このグラフだけ見ればプラス要素といっても良さそうです

 

マザーズらしい美しいグラフですよね♪

 

 

 

アイモバイル(6535)のIPO各社割当枚数

 

続いてIPOアイモバイル(6535)の各社割当枚数の紹介です

 

  証券会社 割当枚数 予想抽選配分枚数 個人的期待度
主幹事 SBI証券
47,175枚
21,229枚
1
幹事 みずほ証券
4,440枚
444枚
3
SMBC日興証券
2,775枚
277枚
4
エース証券
555枚
56枚
5
マネックス証券
555枚
555枚
2
委託 安藤証券(?)
-枚
-枚
岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
楽天証券(?)
-枚
-枚
松井証券(?)
-枚
-枚

 

ぱっと見でも当選枚数の多さが目立ちますよね

 

特に主幹事のSBI証券では軽く20,000枚以上は抽選にまわるはずですから、いつも以上に当選できる可能性は高いと思います

 

この枚数では普通に200株、300株と複数配分される方もいるでしょう

 

SBI証券といえば忘れてはいけないのがIPOチャレンジポイントだと思いますが、今回はいつも以上に当選のボーダーラインは低いと思います

 

【2020年版】SBI証券主幹事IPOにおけるIPOチャレンジポイントのボーダーラインまとめ!! SBI証券が主幹事をつとめるIPOがでてくると、一番に気になるのがIPOチャレンジポイントを使うかどうかだと思います。 初...

 

しかもこの枚数ですから、当選したら500株とか貰える可能性も否定できません

 

IPOチャレンジポイントを使って当選しても公募割れになってしまっては使った意味がなくなってしまいますので、ポイントの使用は慎重に考えてください

 

ただ、割当枚数などは今後に役立ついいデータになりです(^ ^)

 

また、主幹事以外の幹事でも割当枚数が多いので今回はどこでも当選が狙えると思います

 

特に副幹事のみずほ証券マネックス証券では当選者が多くでてくるはずです

 

スルーする方もいると思いますが、その場合はSBI証券だけには申し込みをしてIPOチャレンジポイントをゲットしてくださいね

 

SBI証券のIPOチャレンジポイントを本当に理解してる?? 知っている限りで徹底的にまとめました!!SBI証券で最も重要になってくるのはやはりIPOチャレンジポイントだと思います そして、IPOの新規承認が多くなってきて一番質問を...

 

ちなみに上記証券会社の口座を持っていない方は下記に開設できるまでの日数(最短の場合)をまとめてあります

 

証券会社 最短開設日数
auカブコム証券 即日(1営業日)
岡三オンライン証券 即日(1営業日)
マネックス証券 2営業日
野村證券 3営業日
大和証券 3営業日
SBI証券 3営業日
楽天証券 3営業日
松井証券 3営業日
GMOクリック証券 3営業日
東海東京証券 5営業日
SMBC日興証券 5営業日
エイチエス証券 5営業日
丸三証券 6営業日
みずほ証券 7営業日
むさし証券 約1週間
いちよし証券 10営業日
三菱UFJMS証券 10日未満
岩井コスモ証券 2週間
安藤証券 2週間~3週間
岡三証券 2週間~3週間

 

今から口座開設しても間に合わないかもしれませんが、主幹事のSBI証券やマネックス証券はこの先もIPO投資をする上では必ず必要になってくる証券会社ですからダメ元で開設をしておきましょう♪

 

 

 

アイモバイル(6535)のIPO最終BBスタンス

 

アイモバイルのBBスタンスは10月IPOの中でも一番悩ましいです

 

ユーザベースが一番悩むかと思いましたが、その比ではありませんね(^^;;

 

アイモバイルの方が”SBI証券主幹事”、”仮条件の上ブレ”、”吸収金額”など悩ましい材料が多くあるように感じます

 

ただ、悩みに悩んだ末にとりあえずはキャンセルしてもペナルティがない証券会社から参加することを決めました!!

 

とはいえ、BB期間ギリギリまで悩もうと思っていますので、土壇場でBBスタンスを変更する可能性もあります

 

その場合はtwitterでつぶやかせていただきますね(^ ^)

 

アイモバイルはネット系IPOではありますが、吸収金額の面など考えてそれなりにリスクもあると思いますから公募割れの可能性も十分考えられます

 

初値高騰は難しいと思いますので、IPO初心者の方や公募割れIPOを掴みたくないという方はスルーでいいかもしれません

 

公開価格や上場日直前の初値予想は下記記事に更新していきます

 

その他アイモバイルの初値予想はこちらにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

 

 

 

ABOUT ME
アバター
メカニック
30代の3級FP資格をもつちょっと変わったカーエンジニアの投資ブログです。優待,IPO,POなどなど書いていきます。 住まいは静岡県のど田舎です。最寄り駅まで車で20分以上かかります。 20代の人達の参考になれたら幸いです。
CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)
IPO投資よりもコンスタントに稼げるこんな投資はいかが??[PR]

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、新規承認されなければ投資ができません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれるようになりました!!

ソーシャルレンディングは”ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス“のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%以上で運用することもできるんですよ。

年々新しいサービスがでてきていますが、今から始める方はSBIソーシャルレンディングがおススメです。

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

自分も現在50万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

https://ipomechanic.com/2017/04/13/post-28665/

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

口座開設でアマギフ2,000円プレゼント中!!
ファンディーノを今すぐチェック
口座開設でアマギフ2,000円分プレゼント中!!
ファンディーノを今すぐチェック