ポイント投資

【10社比較】ポイント投資のおすすめはココ!! 儲かるかを初心者向けに徹底解説!!

ぶるぶる
ぶるぶる
ポイント投資って最近多くなってきたよね。でもどれがいいのかわからないな〜。
メカニック
メカニック
じゃあポイント投資マニアの自分がオススメを紹介していくね。

ポイントで投資するサービスがどんどん出てきていますよね。

若干乱立しすぎて「え!? どれがいいの??」って混乱している人もいると思います。

そこで今回はポイント投資大好きの自分が各サービスを徹底比較!!

オススメを紹介していきますよ。

マネックス証券

結論:おすすめのポイント投資はこれ!!

先に結論から行きます。

おすすめのポイント投資はこちら。

おすすめのポイント投資
  • 楽天ポイントで投資信託を積立
  • Tポイントで端株投資

コツコツとバランスよく投資を始めたいと言う方は楽天スーパーポイントを貯めて、楽天証券で投資信託を購入するのがベスト!!

気になる企業がある方はTポイントで国内株や投資信託を購入してみましょう。

500P未満で購入できる株がたくさんありますよ。

ネオモバでTポイント投資をする

楽天証券でポイント投資をする

 

ポイント投資とは??

ポイント投資とは共通ポイントや企業が発行している独自ポイントを利用して投資をする方法です。

投資方法は大きく2種類あります。

  • ポイントで金融商品を購入
  • ポイント自体を運用

ポイントで金融商品を購入する場合、リターンはお金です。

購入できる商品は国内株式や投資信託など、ポイントと連携しているサービスによって購入できる商品が変わってきます。

購入した商品で含み益が出たらそれを売却することによりリターンが得られます。

一方、ポイント自体を運用する場合のリターンはポイントです。

ポイントが増減するだけでお金は増えません。

ただ、ポイントは利用できる範囲は狭いですが提携店で現金同様に利用できます。

ポイント運用の場合はほとんどがロボアドバイザーを利用したサービスなのでほったらかしでオッケー。

知識がなくても投資できます。

 

Tポイントなら端株投資と投資信託が買える

ではここからポイント投資について紹介していきます。

まず紹介するのがTポイント投資です。

Tポイントを保有している人は下記のサービスで金融商品を購入することができます。

  • ネオモバ → 国内株式
  • SBI証券 → 投資信託

ネオモバならTポイントで国内株式が購入できる

国内株は通常、100株単位でしか購入できませんがSBIネオモバイル証券が提供しているネオモバなら1株から購入が可能。

500P未満で購入できる国内株式がたくさんありますよ。

ちなみに端株を保有しているだけでも株主優待がもらえる企業があります。

  • 上新電機 → 5,000円分の割引券
  • ジャパンベストレスキュー → キッザニアの割引券

特に上新電機はオススメ。

1株は2,000円ほどにも関わらず、毎年5,000円分の割引券が貰えます。

2,000円ごとに1枚しか利用できませんが、それでも十分お得ですよね。

ネオモバを今すぐチェック

ネオモバについては下記記事で徹底解説しています。

SBI証券ならTポイントで投資信託が買える

SBI証券ならTポイントを使って投資信託が購入できます。

1P = 1円として支払いに充当可能。

しかもSBI証券は投資信託を100円から買付できます。

Tポイントが100Pあれば現金がなくても購入ができますよ。

ネオモバは米国株式を取り扱っていませんが、投資信託なら米国株を含んだファンドも多数。

海外の金融商品を選べるのが大きな強みです。

SBI証券を今すぐチェック
詳しい内容は下記記事にまとめていますのでこちらも合わせてご覧ください。

Tポイントを貯めるならヤフーカードがオススメ

「Tポイント投資をしたいけどTポイントを保有していない」という人はヤフーカードをうまく利用していきましょう。

ヤフーカードなら100円ごとに1Pが貯まっていきます。

日々の支払いをこのヤフーカードに変えるだけでTポイントが貯まっていきますよ。

ヤフーカードはTポイントカード機能も付帯しているのでTポイント加盟店ならばポイントの2重取りが可能。

ヤフーカードとネオモバを利用すれば低資金で投資することができますね。

ヤフーカードをチェック

 

楽天ポイントは3通りの投資方法がある

楽天ポイントには3通りの投資方法があります。

それぞれ詳しく紹介していきますね。

楽天証券で投資信託を購入できる

楽天スーパーポイントを保有している方は楽天証券で投資信託を購入できますよ。

楽天証券なら2,000以上の投資信託があり、100Pから購入ができます。

積立もできるので毎月コツコツと買い付けしていけばリスク分散にもなりますね。

ちなみに株式の売買手数料にも楽天ポイントを利用することができます。

あくまで手数料だけなので株式の購入には現金が必要になりますが、手数料を無料にすることは可能です。

また、楽天証券は楽天カードで投信積立ができます。

投資信託の購入でも1%分の楽天スーパーポイントが付与されるんです。

毎月50,000円が上限ですが、それでも楽天ポイントを毎月500P貯めることが可能。

付与されたポイントでも投資信託を購入することができますね。

ちなみに裏技的な方法として国内債券を中心とした投資信託を購入すればポイント分だけローリスクでゲットすることもできちゃいます。

楽天証券を今すぐチェック

詳しいやり方は下記記事で記載していますので気になる方は合わせてご覧ください。

楽天証券で株式を購入できる

楽天証券で2019年の10月から現物株式も購入できるようになりました!!

楽天スーパーポイントが大量にあればポイントだけでの購入も可能です。

もちろん購入した銘柄が配当を実施していれば配当金がもらえますよ。

株主優待を設けていれば株主優待も問題なくもらえます!!

楽天ポイント自体を運用する

もう一つの方法が楽天ポイント運用です。

こちらはポイントそのものを運用して増やしていくというサービス。

もちろんポイントと言っても運用ですので減ることもあります。

まずは「投資というものをちょっとだけ経験してみたい」という人向けの投資です。

完全ほったらかしなので投資知識がない初心者でも手軽に利用できます。

楽天ポイントを貯めるなら楽天カードがおすすめ

楽天ポイントを貯めたいなら楽天カードが一押し。

楽天カードは100円ごとに1P貯まっていくクレジットカード。

さらに楽天Edyと楽天ポイントカード機能も付帯しているため1枚で3役をこなします。

楽天ポイントカード加盟店なら2重取りができますよ。

年会費無料で審査も早いのですぐに口座開設できるのも大きなメリット。

楽天カードと楽天証券を組み合わせれば資金不要でポイント投資ができます。

楽天カードの公式サイト

 

dポイント投資は2通り

dポイント投資も2通りの運用方法があります。

FROGGY(フロッギー)ならdポイントで株が買える

SMBC日興証券が提供しているFROGGY(フロッギー)ならdポイントで株が購入できます。

100Pから利用可能です。

記事から株を購入できるという他にはない特徴があり、100円というワンコインから気軽に投資ができます。

dポイントを貯めている投資初心者にはオススメです。

FROGGYを今すぐチェック

dポイント投資ならdポイントがコツコツ増やせる

dポイントを保有している方はdポイント投資が非常におすすめです。

こちらも楽天ポイント運用と同じく、ポイント自体を運用して増やしていくサービスとなります。

自分はこの投資で15,000ポイント以上増やしました。

ただ、残念ながら2018年の12月に改悪してしまい、1日に追加できるポイントが2,000Pまでとなってしまいました。

THEO + docomoを利用している人だけは1万ポイント投入できるので、こちらを利用しながらdポイント投資をしていくのがおすすめです。

dポイントをさらに詳しく知りたい方は下記記事を一読してくださいね。

dポイントを貯めたいならdカードがおすすめ

dポイントを効率よく貯めたいならdカードを利用しましょう。

dカードは100円ごとに1P貯まっていきます。

dポイントカード機能も付帯しているのでdポイント加盟店ならば、さらにポイントが貯まりますよ。

年会費は年に1回利用すれば翌年度も無料。

コンビニでコーヒーを1回買えばそれだけで無料です。

dカードの公式サイト

 

Pontaポイントなら擬似的に株式を購入できる

Pontaポイントでも運用ができます。

こちらもPontaポイント自体を運用するんですが、ほったらかしの投資ではありません。

Pontaポイントを企業の株価等に連動する運用ポイントに交換し、残高の変動を楽しむサービスです。

選んだ企業の株価が上がればポイントが増えて、そのポイントをPontaポイントに戻すことで増やすことができます。

選べる企業の一例を紹介すると…

  • ローソン
  • ゲオ
  • リクルートホールディングス
  • 日本航空
  • 三菱UFJ・フィナンシャル・グループ

Pontaポイントと結びつきが強い企業です。

他にもETFやREITもラインナップされていますよ。

手数料が高いところは大きなデメリットではありますが、20Pから気になる銘柄に投資ができます。

Pontaポイントを貯めている投資初心者にはおすすめですかね。

でも経験者にはおすすめしません。

Pontaポイントを貯めるならリクルートカードがおすすめ

Pontaポイントを貯めたい人はリクルートカードを利用しましょう。

リクルートの還元率は1.2%。

日々の支払いをリクルートカードで行えば最大1.2%還元されるんです。

貯まるポイントはリクルートポイントですがPontaポイントと相互交換が可能。

リクルートカードは年会費無料の中ではトップクラスの還元率なのでメインカードとして利用している人も非常に多いです。

リクルートカードを今すぐチェック

 

インヴァストカードは自動売買で利益を狙う

インヴァスト証券が提供しているインヴァストカードでもポイント投資ができます。

こちらはポイントを自動で現金化して、トライオートETFというサービスで運用をしてくれます。

インヴァストカードはクレジットカードで100円ごとに1Pが貯まっていきます。

例えば10,000円利用したら100Pが100円として現金化される仕組み。

投資コースは下記の3つから選択が可能です。

  • リスク重視
  • バランス重視
  • リターン重視

コースを選択したらあとは普段の買い物をインヴァストカードで支払いしていけば自動で運用してくれますよ。

ちなみに自分はインヴァストカードのポイント投資をしていて現在は342円のプラスです。

手間をかけずにポイント投資したい人にはインヴァストカードが一番おすすめですかね。

ちなみにインヴァストカードは年に1回でも利用すれば翌年の年会費は無料。

簡単に0円で維持できます。

インヴァストカードを今すぐチェック

 

トラノコは様々なポイントで投資ができる

おつり投資で有名なトラノコもポイント投資ができます。

利用できるポイントは下記の通り。

  • G-Point・・・1pt = 1円
  • NetMile・・・2mile = 1円
  • PointTown・・・20pt = 1円
  • ANAマイル・・・1マイル= 0.5円
  • リアルペイ・・・1リアル → 0.098円
  • nanacoポイント ・・・ 1pt = 1円

基本はポイントサイトのポイントですが、ANAマイルやnanacoポイントなども利用可能。

ただしANAマイルは等価交換ではありませんので注意してくださいね。

またトラノコは月額300円かかり、さらに運用額の0.4%の手数料も徴収されます。

50万円未満の場合は手数料が割高になりますのであまりおすすめはできません。

自分は1年運用していますが未だに赤字です。。

 

LINE証券ならLINEポイントで投資が可能

LINEが提供しているLINE証券でもポイント投資が可能です。

利用できるのはLINEポイント。

LINEポイントでチャージができ1P = 1円として株式やETF、投資信託を購入できます。

しかも数百円から株を購入できるのでポイントだけで投資することも十分可能です。

また、LINEポイントで入金しても出金はLINE Pay残高となります。

LINE Pay残高ならばマイカラー制度の対象となるので最大2%の還元率を受けることが可能。

ポイントから残高へ移行するためのツールとしても利用可能です。

詳しくは下記記事にまとめてありますのでLINEを利用している人は是非チェックしてみてください。

ちなみにLINEスマート投資とLINE証券は別物になるので間違えないように注意してくださいね。

 

Rimple(リンプル)なら永久不滅ポイントで投資ができる

不動産投資型クラウドファンディングのRimple(リンプル)でもポイント投資ができます。

利用できるポイントは永久不滅ポイント。

1P = 4.5円相当として投資に利用することができるんです。

例えば3万円を投資する場合に永久不滅ポイントを5,000P使ったとしましょう。

すると上記のようになり、22,500円相当として利用できるので7,500円の現金を合わせることで3万円になるんです。

さらに近々、Willsが提供している株主優待で良くもらえるポイントも利用可能になりますよ。

不動産投資型クラウドファンディングは値動きがないため、サラリーマンでも心に余裕をもって投資ができます。

1万円から投資できるので興味を持った人は是非ポイントと合わせて投資してみてください。

 

STOCK POINTなら様々なポイントで投資可能

STOCK POINT(ストックポイント)なら下記の金融商品をポイント運用することができます。

  • 外国為替
  • REIT
  • 投資信託
  • 暗号資産
  • 株式

ドットマネー、永久不滅ポイント、MIポイントを利用することで投資を行うことが可能です。

さらに株式の場合は1株以上保有することで現物と交換することもできます。

Tポイントで株を買えるネオモバや、dポイントで株が買える日興フロッギーと同じようなサービスです。

詳しくは下記記事でまとめています。

 

ポイント投資はあくまで投資の第一歩

個人的な見解になりますがポイント投資はあくまで初心者向けで、投資の理解を深めるために利用するものだと思っています。

少額でポイント投資をして、ある程度理解できたら現金で投資することをおすすめします。

ただし、クレジットカードを使ってポイントをコツコツと貯める方法ならば長期的に利用するのも”あり”です。

特にTポイント投資と楽天ポイント投資は実際の金融商品を購入できるので、実際の投資となんら変わりませんからね。

もっと多くの資金で投資したくなったら現金を併用していくのがベストでしょう。

 

ポイント投資のまとめ

今回はポイント投資について徹底的にまとめてきました。

「ちょっと投資を経験したい」というだけならすでに貯めているポイントで投資するのがいいと思います。

無理して他のポイント投資をする必要はありません。

長期目線ならオススメは冒頭にも言った通りTポイント投資楽天ポイント投資の二つ。

これからポイント投資を始めようとしている人はTポイントと楽天ポイントを貯めていきましょう。

ネオモバでTポイント投資をする

楽天証券でポイント投資をする

CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。