金融機関・サービス

マネックス証券の評判や口コミ|6年使ってわかったメリット8つ・デメリット2つ

ぶるぶる
ぶるぶる
マネックス証券が最近気になるんだけど、詳しく教えてくれない??
メカニック
メカニック
よし、じゃあ詳しく紹介していくよ。

マネックス証券といえばネット証券の大手です。

株式だけでなく投資信託やロボアドなど様々な金融商品がラインナップされています。

自分がマネックス証券に口座開設したのは2013年。

今回はマネックス証券を6年利用している管理人が特徴からメリット・デメリットを徹底解説していきますよ。

評判や口コミが気になる方は是非参考にしてくださいね。

結論:マネックス証券は口座開設すべし

いきなり結論をいってしまうとマネックス証券は非常におすすめです!!

理由はこんなにあります。

おすすめの理由
  • 口座開設は無料
  • 1株から株が買える
  • 米国株に強い
  • ロボアドが2種類から選べる
  • IPOは100%抽選配分
  • 立会外分売が当選しやすい
  • 一般信用売りが可能になった
  • 投資信託が100円から購入可能
  • マネックス債が購入できる

口座開設費・維持費ともに無料です。

国内株式は1株から購入できます。

米国株に強く、取扱い銘柄数は3,000社以上、手数料も業界最安水準です。

今、大人気のロボアドバイザー投資も好みに応じて2種類から選べますよ。

またローリスクで利益を出せるIPOは100%抽選配分。

立会外分売も当選しやすいです。

直近では逆日歩のかからない一般信用売りも開始したので、手数料を支払うだけで株主優待を取得できる「つなぎ売り」もできるようになりました!!

 

マネックス証券における運用実績

自分はマネックス証券ではIPO、立会外分売、そしてロボアドバイザー投資を中心に投資しています。

IPOでは過去に7社の銘柄が当選して合計利益は約45万円。

立会外分売は2017年からチャレンジして約47,000円。

ロボアドバイザーでは約4,000円ほどの含み益となっています。

よって、トータルでは50万円ほどの利益ですかね。

マネックス証券の口座を開設していなかったらこの利益はなかったわけですから、個人的には感謝しかありません。

マネックス証券を今すぐチェック

 

マネックス証券とは??

ではここからマネックス証券について詳しく説明していきます。

マネックス証券は1999年に設立されたネット証券です。

親会社のマネックスグループは東証一部上場企業。

代表取締役は松本大氏です。

直近だと仮想通貨事業のコインチェックを買収したことは記憶に新しいでしょう。

マネックス証券の口座開設費用

マネックス証券の口座開設費用は無料です。

維持費も一切かかりません。

口座開設の申し込みをしてから遅くても1週間ほどで口座開設ができます。(混雑してなければ)

また、未成年口座も開設できます。

マネックス証券で開設できる口座

マネックス証券では下記の口座が開設できます。

  • 一般口座
  • 特定口座(源泉徴収あり/なし)
  • NISA口座
  • つみたてNISA
  • ジュニアNISA

よほどの理由がない限りは特定口座源泉徴収ありを選んでください。

そうすれば確定申告をする必要はありません。

金融商品から得られる利益が非課税になるNISA口座ももちろん開設できますよ。

マネックス証券の商品やサービス

マネックス証券では下記の商品やサービスを取り扱っています。

  • 株式
  • 投資信託
  • 米国株・中国株
  • iDeCo
  • FX
  • 先物・オプション・くりっく株365
  • 債権
  • ロボアドバイザー
  • 金・プラチナ取引

株式では立会外分売やIPO、PO、ETFやリートの購入が可能。

投資信託は外貨建てMMFも取り扱っています。

また、最近は節税ができると人気の個人型確定拠出年金であるiDeCoも人気が高いです。

 

マネックス証券のメリット

ぶるぶる
ぶるぶる
マネックス証券のメリットを教えて!!
メカニック
メカニック
たくさんあるから一つずつ紹介していくね。

マネックス証券のメリットは下記の通りです。

  • 国内株が1株から購入できる
  • 米国株に強い
  • ロボアドが2種類から選べる
  • IPOの取扱いが多い上に100%抽選配分!!
  • 立会外分売が当選しやすい
  • 一般信用売りが開始!! つなぎ売りが可能。
  • 投資信託が100円から購入できる
  • マネックス債が購入できる

メリット1:国内株が1株から購入できる

マネックス証券は株式投資をこれから始めようとしている人でも全く問題ありません。

通常、国内株は100株単位での売買となりますがマネックス証券では1株から購入できます。

購入資金が1/100で済みますよ。

中には500円未満で購入できる株式も多くあります。

代表的なところだと…

  • みずほフィナンシャルグループ
  • RIZAPグループ
  • ガンホー・オンライン・エンターテイメント
  • 双日

などなど。

手数料は約定代金の0.5%(最低手数料48円)ですので、たったワンコインで株主になれちゃいます。

メリット2:米国株に強い

最近、米国株が非常に人気です。

マネックス証券は米国株に強い証券会社として有名。

取扱い数は3,000銘柄以上、さらに手数料も業界最安水準です。

なんと2019年7月に最低手数料が0米ドルからになりました。

アマゾンやアップル、マイクロソフトなどなど様々な米国株を安い手数料で購入することができます。

もちろん特定口座(源泉徴収あり)に対応していますので、税金の心配をする必要はありません。

メリット3:ロボアドが2種類から選べる

ほったらかし投資として知名度を上げてきているロボアドバイザー投資も取り扱っています。

しかもマネックス証券は好みに応じて二つから選択が可能。

  • マネックスアドバイザー(アドバイス型)
  • マネラップ(投資一任型)

マネックスアドバイザーはある程度自分で考える必要があります。

運用を手助けしてくれるサービスです。

一方、マネラップは全自動で運用してくれるためほったらかしでオッケー。

売買を自動で行ってくれます。

ちなみに自分はマネラップで18万円ほどを投資をしていて、現在はプラスで推移しています。

マネラップについては下記で詳しく紹介しているので、興味がある方は合わせてご覧ください。

メリット4:IPOの取扱いが多い上に100%抽選配分!!

「タダで参加できる宝くじ」と言われているのがIPOです。

当選すれば大きなリターンを狙えるということで参加者が非常に増えています。

マネックス証券はこのIPOの取扱い数が多く、当選者を100%抽選で決めてくれます。

投資経験や資金量など関係なし!!

みんな平等にIPOの抽選を受けられるんです。

ちなみに自分はマネックス証券で2013年からIPOに参加し続けて合計7つのIPOに当選。

売却益は45万円以上にもなりました。

マネックス証券は未成年口座でもIPOに参加できるため、家族の助けを借りれば当選確率をアップさせることが可能です。

未成年口座でも2019年に日本ホスピスホールディングスが当選して4万円以上の利益をゲットしています。

IPOだけの目的でも口座開設する価値がありますよ。

メリット5:立会外分売が当選しやすい

ローリスクで利益を上げられる立会外分売。

マネックス証券でも取り扱っているんですが、何故か当選しやすいです。

自分は2017年から本腰を入れてチャレンジしているんですが毎年コンスタンに当選して、約47,000円ほどの利益になりました。

また、マネックス証券では立会外分売セールといってマネックス証券だけでしか申し込みができない立会外分売があります。

この時は当選確率が大幅にアップするんです。

メリット6:一般信用売りが開始!! つなぎ売りが可能。

マネックス証券は2019年の3月に一般信用売りの取扱いを開始しました。

これにより逆日歩リスクを気にすることなく、つなぎ売りで株主優待を取得できるようになります。

つなぎ売りは同株価にて買いポジション(現物)と売りポジションを同時に保有すること。

通称”クロス取引”ともいいます。

クロスしたまま権利付き日を経過することで、株主優待を株価変動リスクなしでゲットできるんです。

280銘柄とまだまだ取扱い銘柄は少ないですが、おそらく徐々に増やしてくれるはず。

今後に期待しましょう。

メリット7:投資信託が100円から購入できる

マネックス証券は投資信託が100円から購入できます。

しかも「ゼロ投信つみたて」というサービスがあり、購入時の申し込み手数料が全額キャッシュバックされるんです。

取扱い本数は1,000本以上、ファンド検索機能も備えているので自分にあったファンドを簡単にみつけることができますよ。

メリット8:マネックス債が購入できる

マネックス証券ではマネックス債が購入できます。

もちろんネット証券ではマネックス証券でしか購入ができません。

マネックス債は親会社でるマネックスグループの保証がついた債権で1万円から購入ができます。

直近だと利回りが0.5%ほど。

昔と比較すると低下してきていますが、株価変動リスクがないためリスクの少ない金融商品です。

また、「1万円だと投資ハードルが高い!!」という人はクラウドポートが運営するFunds(ファンズ)なら1円から社債”風”の投資ができます。

マネックス証券を今すぐチェック

 

マネックス証券のデメリット

ぶるぶる
ぶるぶる
マネックス証券ってメリットが多いね!! でもデメリットもあるの??
メカニック
メカニック
デメリットも紹介していくね。

デメリットは下記の2つです。

  • デメリット1:株式の売買手数料がやや高い
  • デメリット2:サイトがやや使いにくい

デメリット1:株式の売買手数料がやや高い

マネックス証券は株式の売買手数料がやや高めです。

ネット証券各社における現物株取引の手数料を比べてみると…

約定代金5万円10万円20万円50万円100万円
カブドットコム証券97円97円194円270円990円
マネックス証券100円180円250円1,000円注文金額の0.1%
DMM株54円86円104円194円367円
松井証券0円0円324円540円1,080円
岡三オンライン証券
(定額プラン)
0円0円0円540円864円
ライブスター証券86円86円104円194円367円
GMOクリック証券95円95円105円260円470円
SBI証券54円97円113円270円525円

最も安いのはDMM株です。

残念ながらマネックス証券は最低レベル。

もちろん店頭証券と比較すると安いですが、ネット証券の中ではお世辞にも安いとはいえません。

デメリット2:サイトがやや使いにくい

これは主観的な意見もありますが、サイトがやや利用しにくいです。

2018年にサイトがリニューアルされたんですが以前の方が使いやすかった印象。

まだ新しいデザインに慣れていないだけかもしれませんが。。

これは個人差があると思います。

 

マネックス証券の評判や口コミは??

マネックス証券の口コミを徹底調査!!

評判はどうだったかというと…

スクリーニング機能は使いやすいという声がありました。

IPOや立会外分売に当選した人も発見。

一方、やはり手数料の高さを気にしているユーザーもいますね。

 

マネックス証券のまとめ

では、最後にマネックス証券についてまとめます。

マネックス証券まとめ
  • 単元未満株の購入が可能
  • 米国株に強い
  • ロボアドが2種類から選べる
  • IPOは100%抽選配分
  • 立会外分売が当選しやすい
  • 一般信用売りができる
  • 投資信託が100円から購入できる
  • 管理人は50万円ほどの利益を上げた
  • 株式の売買手数料がやや高い

大きなデメリットは国内株式の売買手数料ぐらいだと思います。

高いのは国内株だけで米国株と、単元未満株の手数料は業界最安レベルです。

特に米国株は取扱い数も多く、利用している投資家も多いですよ。

IPOや立会外分売なども当選報告が多いので、これだけのために口座を開く価値は十分にあり。

自分は利益100万円を目指します!!

マネックス証券を今すぐチェック

ユニコーン
FUNDINNO(ファンディーノ)
1円からコツコツ資産運用してみませんか??

だれでもコツコツと資産運用できる新しいサービスがスタートしました。

その名はFunds(ファンズ)です。

Fundsはたった1円から信頼度の高い企業にお金を貸して利息を受け取ることができる、いままでになかった社債”風”の資産運用方法になります。

投資経験に関係なくだれでも同じパフォーマンスを出せる画期的なサービスですよ。

スマホ一つで簡単に利用できるので、興味がある方はチャレンジしてみましょう。

今すぐ無料で口座開設

さらに詳しく知りたい方は下記記事を合わせてご覧ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。