IPO投資

【IPO新規上場】インフォネットの評価は?? 大手企業も採用するCMS市場シェアNO.1企業!!

ぶるぶる
ぶるぶる
インフォネットのIPOが新規承認!! 6月は楽しめそうだぞ!!
メカニック
メカニック
またもみんな大好きなSBI証券が主幹事!! これは期待しちゃうね♪

どうも、メカニックです!!

インフォネット(4444)のIPOが新規承認されました。

2019/06/25に上場予定で事業内容は”WEBサイトの構築およびそのコンテンツを構築・管理・更新できる システム(CMS:コンテンツ管理システム)、その他システムアプリ ケーションの開発・販売およびクラウドホスティングサービス、ASPサービスの提供“です。

このページではインフォネット(4444)のIPO詳細や仮条件決定後の初値予想、上場日直前初値予想に加え、自分のBBスタンス、各社割当枚数、幹事団について記載していきますよ。

もしIPOについて知らない方はまずはじめに下記記事を一読してください。

IPOとは??というところから申込方法まで完全解説しています。

結論:インフォネット(4444)のIPOは参加すべし!!

時間がない人向けにインフォネット(4444)のIPOについてさっとまとめます。

ポイント
  • 2019/06/25に上場
  • CMS市場シェアNO.1
  • マザーズに上場
  • 吸収金額は約7.8億円
  • 業績は拡大傾向
  • 主幹事はSBI証券
  • 17%分のロックアップは1.5倍で解除

インフォネット(4444)はWebサイト構築や保守・運用を手がける企業です。

主なサービスはCMS市場シェアNO.1の「infoCMS」。

2019/06/25にマザーズ市場に上場します。

吸収金額は7.8億円と小型のため需給面は良好。

主幹事はSBI証券なのでネット組みにも当選チャンスあり!!

IPOチャレンジポイントの利用も含め、しっかりと検討しましょう

プラスリターンが濃厚なため強気スタンスでいいと思います。

SBI証券を今すぐチェック

 

インフォネット(4444)のIPO詳細

銘柄株式会社インフォネット
市場マザーズ
上場日2019/06/25
コード4444
公募300,000株
売り出し200,000株
OA75,000株
想定価格1,350円
吸収金額約7.8億(想定価格ベース)
時価総額約26.0億円(想定価格ベース)
BB期間2019/06/07~06/13
価格決定日2019/06/14

インフォネット(4444)ってどんな会社??

今回新規承認されたインフォネットは2002年に設立された東京に本社をおく企業です。

企業当初は有限会社でしたがその後、株式会社に変更。

現在は東京、福井、佐賀の3オフィスで展開しています。

社員数は78名、提出会社の平均年間給与は約459万円です。

事業内容は多岐にわたりますが主要なサービスは下記の2つとなります。

  • infoCMS
  • infoCRM

infoCMSでは企業や団体が理想的なWebサイトを構築できる商用CMSです。

PC、スマホ、タブレット、それぞれのデバイスで最適な画面表示ができるレスポンシブ設定。

知識がなくても直感的な編集ができるという強みがあります。

Web担当の負荷を軽減しながら効果的なマーケティングができるオールインワンパッケージのCMSです。

業界シェアは3年連続でNO.1だそうですよ!!

そして、infoCRMはクラウド型の総合顧客管理システムになります。

顧客情報と社員情報を結びつけることができ、営業支援機能や広報、マーケティング業務の支援機能などあらゆるモジュールがラインナップ。

InfoCMSと連携が可能で、自社メディアをさらに効率よく運用できるようになります。

そして、各セグメントによる販売実績は下記の通り。

サービスによって受託販売サービスと月額利用料サービスに分かれます。

受託開発サービスの売り上げの方が多いようですね。

インフォネット(4444)のIPOスペック

続いてインフォネット(4444)のIPOスペックを見ていきましょう。

想定価格は1,350円、上場予定市場はマザーズで吸収金額は約7.8億円となっています。

インフォネット(4444)のIPOにおけるマイナス要素

インフォネット(4444)のマイナス要素ですが、正直これといって気になるポイントはありません。

強いていうならば一部大株主のロックアップが公募比の1.5倍で解除されるところでしょうか。

割合としては17%です。

またSBI証券が主幹事の場合、初値売りする人が多くなります。

売り圧力が多少高くなるかもしれません。

一応、この2点は頭に入れておきましょう。

インフォネット(4444)のIPOにおけるプラス要素

続いてプラス要素にいきます。

吸収金額は7.8億円とマザーズでは小型です。

需給面は全く問題ありませんね。

同じSBI証券主幹事のブランディング・テクノロジーよりは大きいですが、気にする必要はないでしょう。

業種もネット系でクラウドやAIといった言葉がちらほら見受けられる点もグッドです。

業績も増加傾向で安定して黒字を出しているところも好感が持てます。

超ハイスペックとは言えませんが、プラスリターンが十分狙えるIPOでしょう。

ぶるぶる
ぶるぶる
スペックは問題なし!! 地合い次第では公募比2倍も射程圏内だね!!
メカニック
メカニック
ひとまずこの規模なら安心感があるし、強気参加確定かな!!

 

インフォネット(4444)のIPO仮条件

1,350円 〜 1,490円

想定価格は1,350円だったので140円上ブレしました。

機関投資家の評価は良かったようですね。

 

インフォネット(4444)のIPO公開価格

1,490円

上限で決定しました!!

 

インフォネット(4444)のIPO初値結果

-円

※上場後に更新

 

インフォネット(4444)のIPO割当枚数と当選期待度

続いてインフォネット(4444))のIPO幹事団と各社における割当枚数を紹介します。

 証券会社割当枚数予想抽選配分枚数個人期待度
主幹事SBI証券
4.640枚
2,088枚
1
幹事SMBC日興証券
90枚
9枚
2
藍澤證券
30枚
3枚
3
極東証券
30枚
0枚
岩井コスモ証券
30枚
3枚
3
東洋証券
30枚
0枚
むさし証券
30枚
3枚
3
エイチエス証券
30枚
3枚
3
岡三証券
30枚
3枚
3
丸三証券
30枚
0枚
東海東京証券
15枚
3枚
3
エース証券
15枚
0枚
委託幹事松井証券(?)
-枚
-枚
楽天証券(?)
-枚
-枚
岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
ライブスター証券(?)
-枚
-枚
DMM株(?)
-枚
-枚

目論見書に記載後に更新

インフォネット(4444)の主幹事

主幹事はまたまたSBI証券です。

これで元号が変わってから3社目の主幹事!!

なんだか令和は大活躍してくれそうですね♪

もちろんインフォネットでは最も当選が期待できる証券会社ですので、公募でゲットしたい人は第一優先で申し込んでください。

自分は令和第一弾IPOのバルテスで落選しているのでリベンジを狙いますよ!!

ちなみにSBI証券は申し込み枚数を多くするほど当選確率がアップするという面白いIPOルールを採用しています。

ルールを知らないと当選確率を下げてしまう可能性があるので、知らない人はしっかりと理解してから申し込みをしましょう。

そして、忘れちゃいけないのがIPOチャレンジポイント!!

今回は割当枚数が予想しにくいですがギリギリ200株配分になるかもしれません。(100株の可能性もあり)

肝心のボーダーラインですが、バルテスの事を考慮すると300P以上はほぼ確定でしょう。

350P前後になるかもしれません。

今までSBI証券が主幹事をつとめたIPOのボーダーラインは下記記事にまとめてありますので、是非こちらものぞいてみてください。

流石に400Pまではいかないと思っていますが、果たして…

SBI証券を今すぐチェック

その他狙い目の証券会社

なんか最近、SBI証券が主幹事だと幹事数が多いですね。

今回も総勢12社です。

中でも狙い目になりそうなのは上位幹事であるSMBC日興証券藍澤證券の2社だと思います。

特に藍澤證券はIPO目的で口座を開いている人が少ないので穴場になるかもしれません。

最低でもこの2社はしっかりと押さえておきましょう。

あと、少ない資金でIPOに参加している方は資金不要で申し込めるエイチ・エス証券むさし証券、そして後期型の岩井コスモ証券を上手に利用してください。

この3社で40万円ほどは節約できます!

また、最近IPO投資を始めた方向けに当選確率をアップさせる方法を下記記事にまとめてあります。

自分の経験を元に算出した当選しやすい証券会社ランキングもまとめてありますので、こちらもよろしければどうぞ。

ぶるぶる
ぶるぶる
またSBI証券が主幹事か〜。腕がなるな〜。
メカニック
メカニック
ぶるぶる、全然当選してないじゃん 笑

 

インフォネット(4444)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果

インフォネット(4444)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果を紹介します。

 証券会社抽選結果
主幹事SBI証券
落選
幹事SMBC日興証券
補欠
藍澤證券
不参加
極東証券
ネット申込不可
岩井コスモ証券
後期
東洋証券
ネット申込不可
むさし証券
まだ
エイチエス証券
落選
岡三証券
落選
丸三証券
不参加
東海東京証券
落選
エース証券
ネット申込不可
委託幹事松井証券(?)
落選
岡三オンライン証券(?)
取扱なし
GMOクリック証券(?)
取扱なし
ライブスター証券(?)
取扱なし
DMM株(?)
取扱なし
楽天証券
後期

承認時はBBスタンス、抽選結果が発表されたら結果を表示しています。

もちろんフルエントリー!!(の予定です)

ただ6月は株主優待も多いので資金が拘束されてしまうのが痛いです。。

集められる資金がいつもより少なくなるかもしれません。

でもSBI証券は100株申し込みでも当選する人はいるので、1円でも多くかき集めてチャレンジするつもりですよ。

リスクは少ないので参加する方向でいいと思います。

 

インフォネット(4444)のIPO初値予想

インフォネット(4444)のIPOにおける初値予想になります。

直感的初値予想“は仮条件決定後、”独断と偏見初値予想“は上場日前日の更新です。

【仮条件決定後の直感的初値予想】

2,500円 〜 3,300円

【上場直前の独断と偏見初値予想】

3,800円

みんなの初値予想アンケート

投票のお力添えをお願いいたします。


 

インフォネット(4444)のIPO個人的評価

 

【総合評価】
27/35

【スタンス】
強気

その他ブロガーの初値予想は??にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

IPO投資よりもコンスタントに稼げるこんな投資はいかが??[PR]

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、新規承認されなければ投資ができません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれるようになりました!!

ソーシャルレンディングは”ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス“のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%以上で運用することもできるんですよ(^ ^)

年々新しいサービスがでてきていますが、今から始める方はSBIソーシャルレンディングがおススメです。

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

自分も現在50万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

SBIソーシャルレンディングを今すぐチェック

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

【評判と口コミ】SBIソーシャルレンディングに投資してわかった5つのメリット・3つのデメリットSBIソーシャルレンディングとはSBIグループが運営している事業者です。投資している管理がメリットとデメリットを徹底的にまとめました。評判や口コミが気になる方は参考にしてください。...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。