IPO投資

【IPO新規上場】Chatwork(チャットワーク)の評価は?? SaaS型ビジネスチャットツールの草分け的存在!!

ぶるぶる
ぶるぶる
Chatwork(チャットワーク)が新規承認!! 今年は知名度の高い企業がどんどん上場するね。
メカニック
メカニック
9月も注目度の高い銘柄がでてきたから楽しめそうだ。

どうも、メカニックです!!

Chatwork(4448)のIPOが新規承認されました。

2019/09/24に上場予定で事業内容は”ビジネスチャットツール「Chatwork」の開発・提供、セキュリティソ フトウェア「ESET」の代理販売“です。

このページではChatwork(4448)のIPO詳細や仮条件決定後の初値予想、上場日直前初値予想に加え、自分のBBスタンス、各社割当枚数、幹事団について記載していきますよ。

もしIPOについて知らない方はまずはじめに下記記事を一読してください。

IPOとは??というところから申込方法まで完全解説しています。

結論:Chatwork(4448)のIPOは微妙!?

時間がない人向けにChatwork(4448)のIPOについてさっとまとめます。

ポイント
  • ビジネスチャットツールを運営
  • 人気のSaaS関連
  • 知名度が高い
  • マザーズに上場
  • 吸収金額は156億円
  • 業績は今期黒字予定
  • 株主にVCが多く存在
  • 主幹事は大和証券
  • 想定価格は1,605円

Chatwork(4448)はシステムのビジネスチャットツールの「Chatwork」を運営している企業です。

マザーズに上場で吸収金額は156億円と大型。

人気のSaaS関連、かつ知名度の高い企業ですので注目が集まることは間違いありません。

主幹事は当選期待度の高い大和証券。

ネットからの参加でも当選できる可能性は高いです。

ただしスペック的に初値高騰は難しく、公募価格前後での初値形成が濃厚でしょう。

大和証券で当選を目指す

 

Chatwork(4448)のIPO詳細

銘柄Chatwork株式会社
市場マザーズ
上場日2019/09/24
コード4448
公募600,000株
売り出し7,900,000株
OA1,275,000株
想定平均価格1,605円
吸収金額約156.9億(想定価格ベース)
時価総額約587.4億(想定価格ベース)
株主優待なし
ブックビルディング期間2019/09/05~09/11
公開価格決定日2019/09/12

Chatwork(4448)ってどんな会社??

今回新規承認されたChatwork(4448)は2004年に設立された兵庫県神戸市に本社をおく企業です。

沿革を見ると前身はEC studioで企業向けのホームページ集客を支援するサービスを提供していました。

2008年にセキュリティ事業を開始して、2011年にChatworkをリリース。

その後、Chatworkに本格ピボットをして社名を今の形に変更しています。

Chatworkをはじめてからは実質7年ほどで上場まで持っていった形になりますね。

現在の従業員は100名で、平均年間給与は約612万円です。

Chatwork(4448)の事業内容は大きく分けると下記の2つです。

  • Chatwork事業
  • セキュリティ事業

Chatwork事業ではビジネスチャットツールのChatworkを提供しています。

チャット機能はもちろんタスク管理やファイル共有、さらには音声やビデオ通話といったビジネスに必要なコミュニケーション機能を全て利用可能。

社内利用だけでなく、取引先とも円滑に連絡を取り合えます。

自分もここ数年使っているんですが、シンプルなUIなので導入後すぐに利用できるようになりました。

このChatworkはサブスクモデルで提供しており、有料プランではストレージ容量が多くなったり、広告を非表示にできたりします。

そのほかにもChatworkアシスタントや助成金診断などの付随サービスも提供しています。

次にセキュリティ事業ではESET社の提供するセキュリティ対策ソフトウェアをWebを介して販売

キヤノンITソリューソンズ株式会社の二次代理店です。

そして、それぞれの販売実績は下記の通りです。

メインはChatwork事業で伸び率も155%と急進しているのがわかりますね。

すごい成長率!!

主要取引先には業務提携をしているKDDIの名前がありました。

年々低くなっていますが、それでも売上の14%ほどを依存しているようです。

Chatwork(4448)のIPOスペック

続いてChatwork(4448)のIPOスペックを見ていきましょう。

想定仮条件は1,440円〜1,770円、想定平均価格は1,605円です。

上場予定市場はマザーズで吸収金額は約156.9億円となっています。

Chatwork(4448)のIPOにおけるマイナス要素

初めにChatwork(4448)のマイナス要素をチェックしていきます。

どうしても気になってしまうのは吸収金額の大きさです。

マザーズで156億円は大型サイズ

時価総額は500億円を超えてきます。

ここ最近はユニコーン企業の上場もあり、この規模だとそこまでインパクトはありませんがそれでも十分に巨大です。

初値高騰を期待するのは酷でしょう。

さらに売出枚数も多く、VCのイグジット的な要素も垣間見れます。

その他、大株主のロックアップが公募価格の1.5倍で解除されたり、ストックオプションの行使も懸念される状況。

上場後の売り圧力もなかなかに高そうです。

あとは最近、海外のチャットツールであるSlackを利用する人が多くなってきたので、どのくらいシェアを伸ばしていけるかも疑問が残ります。

Chatwork(4448)のIPOにおけるプラス要素

続いてプラス要素にいきます。

まずはChatworkという知名度の高さです。

やはり知名度が高いというのはそれだけで信用性がありますから企業的には大きくプラスに働きます。

そして、SaaS関連は初値高騰しやすいのでこちらも初値には貢献してくれるでしょう。

売り上げも右肩上がりで伸びていて、今期は黒字化できそうなところも評価できます。

ステムリムは残念な結果になりましたが、名刺管理アプリのSansanはいい結果を残したので意外と健闘してくれるかもしれません。

ぶるぶる
ぶるぶる
これまた判断が難しいね。SaaS関連はいいけど吸収金額の大きさが気になる。
メカニック
メカニック
注目度の高い銘柄ほど予想がしにくいよね。

 

Chatwork(4448)のIPO仮条件

-円 〜 -円

※仮条件が決定次第更新します。

 

Chatwork(4448)のIPO公開価格

-円

※公開価格が決定次第更新します。

 

Chatwork(4448)のIPO初値結果

-円

※上場後に更新

 

Chatwork(4448)のIPO割当枚数と当選期待度

続いてChatwork(4448)のIPO幹事団と各社における割当枚数を紹介します。

 証券会社割当枚数予想抽選配分枚数個人的期待度
主幹事大和証券
-枚
-枚
1
幹事みずほ証券
-枚
-枚
SMBC日興証券
-枚
-枚
SBI証券
-枚
-枚
マネックス証券
-枚
-枚
楽天証券
-枚
-枚
松井証券
-枚
-枚
委託岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
安藤証券(?)
-枚
-枚
ライブスター証券(?)
-枚
-枚
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
DMM株(?)
-枚
-枚

目論見書に記載後に更新

Chatwork(4448)の主幹事

Chatwork(4448)の主幹事は大手証券の中では評判のいい大和証券です。

7月はツクルバでも主幹事をつとめましたし、このところ絶好調!!

抽選割合が高いため、ネット組でも当選の期待が持てるのは嬉しいですよね。

しかも、チャンス抽選という敗者復活システムもあるので他の大手証券よりも当選がしやすくなります。

Chatworkの当選を目指している人は必ず第一優先で申込みましょう。

他の証券会社と比較しても数倍以上は当選確率が変わってきますよ

詳しいIPOルールは知らない人は下記記事を読んで、しっかりと理解しておいてください。

大和証券を今すぐチェック

その他狙い目の証券会社

大和証券以外でChatworkのIPOをゲットできそうなのは上位幹事のみずほ証券、そして100%抽選で当選者を決めてくれるマネックス証券楽天証券の3社でしょう。

特に楽天証券は当選確率も教えてくれるというおまけつき。

どのくらいの人気度だったかもあとで知ることができますよ。

【IPOルール】楽天証券は平等な完全抽選配分!! 抽選倍率を教えてくれる貴重な証券会社!! ネット証券の古参の一つである楽天証券。 手数料も安く、人気ツールであるマーケットスピードなど取引のメイン証券として使ってい...

そして、SBI証券も申込をしないと損です。

理由は落選してもIPOチャレンジポイントがもらえるから。

コツコツと貯めていけばいつかはS級IPOに当選ができるので、必ずゲットしましょう。

また、最近IPO投資を始めた方向けに当選確率をアップさせる方法を下記記事にまとめてあります。

自分の経験を元に算出した当選しやすい証券会社ランキングもまとめてありますので、こちらもよろしければどうぞ。

少ない資金でIPOに参加している人は資金不要で申込できる証券会社も大事になってきますよ!!

今回のChatworkでは松井証券なら資金0円で抽選に参加できます!!

ぶるぶる
ぶるぶる
今回はネット組に優しい幹事構成だね。大和証券はもちろん平幹事でも当選できるかもしれない!!
メカニック
メカニック
枚数も大石当選報告が多くなることは間違いないかな。

 

Chatwork(4448)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果

Chatwork(4448)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果を紹介します。

 
証券会社
抽選結果
主幹事大和証券
未定
幹事みずほ証券
未定
SMBC日興証券
未定
SBI証券
参加
マネックス証券
未定
楽天証券
未定
松井証券
未定
委託岡三オンライン証券(?)
未定
安藤証券(?)
未定
ライブスター証券(?)
未定
GMOクリック証券(?)
未定
DMM株(?)
未定

承認時はBBスタンス、抽選結果が発表されたら結果を表示しています。

上記の通り、今のところは未定です。

知名度も高く、人気のSaaS関連というのは魅力なんですが、いかんせん吸収金額や売出の多さが気になります。

初値高騰するのはまず無理でしょう。

ただ、個人的にはSansanと同じ匂いを感じており、プラスリターンになる可能性もあると思っています。

仮条件が発表されてから参加するかどうか慎重に判断するつもりですよ。

もし上ブレしたら強気でいっちゃう可能性型高いです!!

 

Chatwork(4448)のIPO初値予想

Chatwork(4448)のIPOにおける初値予想になります。

直感的初値予想“は仮条件決定後、”独断と偏見初値予想“は上場日前日の更新です。

【仮条件決定後の直感的初値予想】

-円 〜 -円

【上場直前の独断と偏見初値予想】

-円

みんなの初値予想アンケート

投票のお力添えをお願いいたします。


 

Chatwork(4448)のIPO個人的評価

【総合評価】
23/35

【スタンス】
中立

その他ブロガーの初値予想は??にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

IPO投資よりもコンスタントに稼げるこんな投資はいかが??[PR]

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、新規承認されなければ投資ができません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれるようになりました!!

ソーシャルレンディングは”ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス“のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%以上で運用することもできるんですよ(^ ^)

年々新しいサービスがでてきていますが、今から始める方はSBIソーシャルレンディングがおススメです。

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

自分も現在50万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

SBIソーシャルレンディングを今すぐチェック

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

【評判と口コミ】SBIソーシャルレンディングに投資してわかった5つのメリット・3つのデメリットSBIソーシャルレンディングとはSBIグループが運営している事業者です。投資している管理がメリットとデメリットを徹底的にまとめました。評判や口コミが気になる方は参考にしてください。...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。