IPO投資

【IPO初値予想】Chatwork(チャットワーク)は軽視するな!! それでも全力参加を決めた3つの理由

ぶるぶる
ぶるぶる
Chatwork(チャットワーク)の仮条件が決定したけどちょっと不安な設定になったね。初値が心配。
メカニック
メカニック
残念だけど期待しすぎは禁物かもしれないね。

どうも、メカニックです。

Chatwork(4448)の仮条件が決まりましたので、いつも通り初値予想をしていきたいと思います。

詳細なIPOデータは下記記事にまとめ済み。

上場日直前には最新の初値予想も更新予定です。

当選できた方は是非こちらもチェックしてくださいね。

Chatwork(4448)のIPO仮条件

初値予想の前にまずはChatwork(4448)の仮条件からご紹介。

ちなみに承認時の想定仮条件は1,440円〜1,770円、想定平均価格は1,605円でした。

決定した仮条件がこちら。

【仮条件】

1,400円 〜 1,600円

なんとも微妙なレンジとなりました。

想定平均価格よりも上限が低く、想定仮条件よりも下ブレしているので弱気設定という感じでしょうか。

個人的には上ブレもありえるかなと思っていただけにこの結果はちょっとびっくり。

機関投資家からの評価があまり良くなかったのかもしれません。

上限の1,600円で決まらない可能性も出てきました。

う〜ん、こうなるとBBスタンスはさらに迷うことになりますね。

ひとまずChatworkのIPOに申込をするには最低でも16万円必要になりますのでそれだけは覚えておきましょう。

 

Chatwork(4448)のIPO直感的初値予想

続いて本題であるChatwork(4448)のIPO直感的初値予想をしていきます。

下記の初値予想は公募価格が仮条件の上限で決まったと仮定したものになります。

万が一、上限未満で決まった場合は公募価格にそれぞれの掛け率を乗じた初値予想だと思ってくださいませ。

1,400円 〜 2,100円

(公募比約0.9倍〜公募比1.3倍)

公募割れも視野にいれた中立的の初値予想としました。

Chatwork(4448)のIPOスペック考察

それではChatwork(4448)のスペックをもう一度確認していきましょう。

初値に影響を与える”規模”、”業種”、”スケジュール”、”業績”の4つに焦点をあてて説明していきますね。

まず、上場市場は投資家に大人気のマザーズ。

吸収金額は仮条件が下ブレしたので最大156.4億円となりました。

承認時は156.9億円でしたので0.5億円のサイズダウンです。

Chatwork(4448)のIPOにおけるブル要素

はじめにChatwork(4448)のブル要素からチェックしていきます。

やはり、1番に思いつくのが知名度の高さ!!

ネット関連のビジネスに付いている人なら一度は聞いたことがあると思います。

利用している人も多いんじゃないでしょうかね。

ちなみに自分はバリバリ利用しています!!

そして、業種もSaaS関連ということでこちらも初値にはプラスの影響を与えてくれるでしょう。

投資家に人気の分野で、過去に上場したSaaS関連のIPOは高パフォーマンスを残しています。

ユニコーンとして先日上場したSaaS関連のSansanも堅調な初値になったのは追い風ですね。

Chatwork(4448)のIPOにおけるベア要素

続いてベア要素を見ていきましょう。

無視できないのは吸収金額の大きさです。

マザーズで156億円は大型規模。

上値はかなり重たくなると思います。

さらに売出枚数の多さもちょっと嫌ですね。

換金上場の意味合いもあり、こういうIPOは投資家が嫌がります。

ロックアップが公募価格の1.5倍で解除される上位株主がいるのも気になるところ。(そこまで初値が上がるかわかりませんが。)

普通に考えれば割高感は否めないので、あとは成長性を含めてどのくらい評価されるかといったところでしょうか。

ぶるぶる
ぶるぶる
規模がとにかく大きい!! 成長著しい企業だけど不安な面もあるよね。
メカニック
メカニック
今はSlackを使っている人も多いし、今後どこまでシェアを高められるかは重要になりそう。

Chatwork(4448)のIPO業績

続いてChatwork(4448)の業績を紹介します。

【売上げ】

【純利益】

現在は16期目です。

売り上げは14期から急激に伸びているのがわかります。

純利益もそこから赤字幅が減少。

今期は黒字転換の見通しです。

一応、黒字が見えてきたところでのIPOというのは評価できますね。

とりあえず大きなインパクトはないものの、成長性は感じますので問題ないでしょう。

Chatwork(4448)のIPO初値予想アンケート途中結果

Chatwork(4448)の初値予想アンケートの途中結果も簡単にご紹介。

結果を見る場合は左下にある “View Results” をクリックしてください。

また、投票していただいても結果が表示されますよ。

ご協力くださいますと幸いです。


ちなみに現在の人気第一位は…

公募価格の1.0倍〜1.5倍!!

ひとまずプラス予想している人が多いです。

ただ、2位は公募価格同値で中には公募割れに投票している人もいます。

意見が割れている状況ですので全く油断はできませんね。

 

Chatwork(4448)のIPOが当選しやすい証券会社は??

続いて、Chatwork(4448)が当選しやすい証券会社を紹介していきます。

IPOの各社割当枚数は下記の通りです。

 証券会社割当枚数予想抽選配分枚数個人的期待度
主幹事大和証券
-枚
-枚
1
幹事みずほ証券
-枚
-枚
SMBC日興証券
-枚
-枚
SBI証券
-枚
-枚
マネックス証券
-枚
-枚
楽天証券
-枚
-枚
松井証券
-枚
-枚
委託岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
安藤証券(?)
-枚
-枚
ライブスター証券(?)
-枚
-枚
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
DMM株(?)
-枚
-枚

※目論見書に記載後に更新。割当枚数が表示されている場合は目論見書に記載されている数字を元に算出したものです。実際の配分枚数は上記よりも少なくなる可能性があります。

1番当選しやすいのは主幹事の大和証券

ChatworkのIPOが欲しければ大和証券から絶対に申し込みするようにしましょう。

IPOはとにかく主幹事が最も当選しやすいですよ。

他の証券会社と比較しても数倍〜10数倍は変わってきます。

ちなみに大和証券は大手証券の中では抽選割合がトップクラス!!

さらにチャンス抽選という敗者復活システムもあるのも大きな特徴です。

ネットからの申し込みでも「当選チャンスあり」!!

詳しいIPOルールを知らない人は下記記事に記載していますので、かならずチェックするようにしてくださいね。

大和証券を今すぐチェック

その他狙い目の証券会社

Chatworkはネット証券が多く幹事入りしています。

主幹事と合わせてこの4社も抑えておきたいところです。

特に楽天証券マネックス証券は100%平等に当選者を決めてくれます。

この2社は激アツですよ。

楽天証券に至っては抽選確率まで公表してくれます!!

【IPOルール】楽天証券は平等な完全抽選配分!! 抽選倍率を教えてくれる貴重な証券会社!! ネット証券の古参の一つである楽天証券。 手数料も安く、人気ツールであるマーケットスピードなど取引のメイン証券として使ってい...

松井証券も70%と2社には劣りますがそれでもかなり高い数字です。

SBI証券はIPOチャレンジポイントがもらえるので、こちらはスルーする人もかならず申し込みをしましょう。

コツコツ貯めていけばいつかはS級IPOに当選することができますからね。

IPOの当選確率をアップさせる方法や時間短縮方法

IPO投資を始めたばかりの人は当選確率をアップさせる方法を下記記事にまとめました。

Chatwork(4448)のIPOに申し込みする前に是非チェックしてみてください。

門外不出の方法も!? IPOの当選確率を劇的にアップさせる7つの方法 みなさんIPO当選しますか?? 当選していない方の多くはやり方が間違っている可能性が高いです。 そこで今回はIPO歴...

申込に時間がかかって悩んでいる方は短縮させる方法も合わせてどうぞ!!

【効率UP】まだ使ってないの?? 時間を劇的に短縮できるIPO投資に必須の神ツール3選!!IPO投資はどうしても時間がかかります。今回は時間を劇的に短縮できるIPO投資に必須の神ツールを3つ紹介します。...
ぶるぶる
ぶるぶる
枚数も多い上に大和証券が主幹事!! これはチャンス当選も含めて期待できるね。
メカニック
メカニック
運がいい人なら複数当選できるかも!?

 

Chatwork(4448)のIPO最終BBスタンス

最後にChatwork(4448)における最終的なBBスタンスを紹介します。

 
証券会社
抽選結果
主幹事大和証券
当選
幹事みずほ証券
落選
SMBC日興証券
補欠
SBI証券
落選
マネックス証券
落選
楽天証券
後期
松井証券
落選
委託岡三オンライン証券(?)
取り扱いなし
安藤証券(?)
取り扱いなし
ライブスター証券(?)
取り扱いなし
GMOクリック証券(?)
取り扱いなし
DMM株(?)
取り扱いなし

これはかなり悩みました。

悩みに悩んだあげく、出した答えが上記です!!

そう、フルエントリー!!

でも、自信があるわけではありません。

どちらかといえばプラスリターンになる可能性の方が高いかなと感じました。

ぶっちゃけ公募割れしても全然驚きません。

参加することにした理由は下記の3点。

  • 知名度の高さ
  • SaaS関連
  • Sansanが健闘した

自分は突撃しますがこのChatworkは投資家によってかなり評価が別れると思います。

自分でしっかりと考えてBBスタンスを決めるようにしてくださいね。

その他ブロガーの初値予想は??にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

IPO投資よりもコンスタントに稼げるこんな投資はいかが??[PR]

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、新規承認されなければ投資ができません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれるようになりました!!

ソーシャルレンディングは”ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス“のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%以上で運用することもできるんですよ(^ ^)

年々新しいサービスがでてきていますが、今から始める方はSBIソーシャルレンディングがおススメです。

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

自分も現在50万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

SBIソーシャルレンディングを今すぐチェック

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

【評判と口コミ】SBIソーシャルレンディングに投資してわかった5つのメリット・3つのデメリットSBIソーシャルレンディングとはSBIグループが運営している事業者です。投資している管理がメリットとデメリットを徹底的にまとめました。評判や口コミが気になる方は参考にしてください。...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。