IPO投資

【IPO初値結果】ゼネテックはパナソニックに売上を依存?? 人気化しそうな老舗のシステム系企業!!

ぶるぶる
ぶるぶる
ゼネテックのIPOが新規承認されたぞ!! これで3月はますます盛り上がるね。
メカニック
メカニック
20社に迫る勢いで少しお腹いっぱいになってきたよ。。

どうも、メカニックです!!

ゼネテック(4492)のIPOが新規承認されました。

2020/3/19に上場予定で事業内容は”組込みソフトウェア及びハードウェアのシステム受託開発、製造業を中心とするエンジニアリングソリューションの提供“です。

このページではゼネテック(4492)のIPO詳細や初値結果、仮条件決定後の初値予想、上場日直前初値予想に加え、自分のBBスタンス、各社割当枚数、幹事団について記載していきますよ。

もしIPOについて知らない方はまずはじめに下記記事を一読してください。

IPOとは??というところから申込方法まで完全解説しています。

また、動画でもまとめていますのでよろしければこちらもどうぞ。

マネックス証券

結論:ゼネテック(4492)のIPOは堅調な初値を期待!!

時間がない人向けにゼネテック(4492)のIPOについてさっとまとめます。

結論からいうと、初値は公募価格よりも高くなりそうです!!

ポイント
  • システムの受託開発
  • 想定価格は1,700円
  • 上場市場はジャスダック
  • 吸収金額は約8.6億円
  • 業績好調で黒字
  • ロックアップはゆるめ
  • 3社同日上場
  • 主幹事はみずほ証券

ゼネテック(4492)はシステムの受託開発をしている企業です。

現在の売上は増加傾向で黒字経営。

3/19にジャスダック市場に上場し、市場からの吸収金額は8.6億円を予定しています。

10億円未満の小型規模、さらにシステム系ということで投資家からの人気は高いでしょう。

ただし、過密日程の上に3社同一上場と、スケジュールは最悪クラス。

上位株主のロックアップも公募価格の1.5倍で解除されるなどややマイナス面もあることは頭にいれておきたいところ。

当選を目指す場合は主幹事のみずほ証券が一番の狙い目です。

まだ保有していない人は早めの口座開設をオススメします!!

また、最近IPO投資を始めた方向けに当選確率をアップさせる方法を下記記事にまとめてあります。

さらに最近ではIPOを目指すベンチャー企業に先回り投資できるFUNDINNO(ファンディーノ)を中心とした株式投資型クラウドファンディングの人気が加速中!!

企業と投資家が一緒になってIPOまで目指せる新しい方法なので興味がある人は是非チェックしてみてください。

自分の経験を元に算出した当選しやすい証券会社ランキングもまとめてありますので、こちらもよろしければどうぞ。

 

ゼネテック(4492)のIPO詳細

銘柄株式会社ゼネテック
市場ジャスダック
上場日2020/3/19
コード7687
公募312,000株
売り出し129,300株
OA66,100株
想定価格1,700円
吸収金額約8.6億(想定価格ベース)
時価総額約32.6億円(想定価格ベース)
BB期間2020/03/03~03/09
価格決定日2020/03/10

ゼネテック(4492)ってどんな会社??

まずは今回新規承認されたゼネテックがどんな企業なのかを簡単に紹介していきます。

社名は今風ですが1985年に設立された老舗企業です。

設立後は各県に営業所を積極的に開設しながら大きくなっていきました。

現在の構成は子会社1社の合計2社、従業員は合計244名です。

基本的にはシステムの受託開発がメインですが、エンジニアソリューション事業も行なっています。

事業系統図は下記の通りです。

事業1:システム受託開発事業

移動体通信機分野の各種情報端末、自動車のカーナビ、カーオーディオなどの組み込みシステムの設計開発を行なっています。

事業2:エンジニアソリューション事業

「製造業向け3次元CAD/CAMソリューション」「ロボットティーチングシステム」「工場・物流・マテハン3Dシミュレーションシステム」について輸入販売、導入・技術支援、サポート、教育、研修などを行なっています。

事業3:その他事業

その他事業としてスマートフォン用防災アプリの「ココダヨ」を提供。

2018年9月からドコモの「スゴ得」に採用されていて、auのスマートパスにも採用されているとのことです。

販売実績

販売実績をみるとシステム受託開発が頭一つ抜けているのがわかります。

相手先にはパナソニックなど大手企業が名を連ねていました。

パナソニックグループに30%ほどの売上を依存しているようです。

ゼネテック(4492)のIPOスペック

続いてゼネテック(4492)のIPOスペックを見ていきましょう。

想定価格は1,700円。

上場予定市場はジャスダックで吸収金額は約8.6億円となっています。

ゼネテック(4492)のIPOにおけるマイナス要素

何度も行っていますが3月はスケジュールがキツキツです。

すでにこの記事を書いている時点でも18社。

しかも同一上場もかなり多いです。

特に中旬からひどいんですよね。。

ゼネテックも日本インシュレーションと関通と3社同一上場ですので資金と注目度の分散が懸念されます。

さらにロックアップが公募価格の1.5倍で解除される点も注意したいところでしょう。

ゼネテック(4492)のIPOにおけるプラス要素

なんといっても需給面でのアドバンテージが大きいです。

ジャスダックに上場で吸収金額8億円台。

この時点で公募割れの心配は限りなく低いです。

業種もシステム関連とIPOではまずまず人気化する分野。

売上も伸びていますし、黒字運営ですので業績も及第点です。

インパクトはないですがプラスリターンを狙えるスペックだと思います。

ぶるぶる
ぶるぶる
システム関連の小型ジャスダックIPOかっ!! これは安心できる銘柄だね。
メカニック
メカニック
派手さはないけど一定の評価はされると思う。

 

ゼネテック(4492)のIPO仮条件

1,600円 〜 1,700円

仮条件は100円下ブレの通常設定となりました。

 

ゼネテック(4492)のIPO公開価格

1,700円

※公開価格が決定次第更新します。

 

ゼネテック(4492)のIPO初値結果

1,620円

初値売りで0.8万円の損失でした。(-4.7%)

 

ゼネテック(4492)のIPO割当枚数と当選期待度

続いてゼネテック(4492)のIPO幹事団と各社における割当枚数を紹介します。

 証券会社割当枚数予想抽選配分枚数個人期待度
主幹事みずほ証券
4,105枚
410枚
1
幹事岡三証券
132枚
14枚
4
いちよし証券
88枚
9枚
5
SBI証券
44枚
20枚
3
マネックス証券
44枚
44枚
2
委託幹事岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
松井証券(?)
-枚
-枚
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
ライブスター証券(?)
-枚
-枚
DMM株(?)
-枚
-枚
楽天証券(?)
-枚
-枚

目論見書に記載後に更新

ゼネテック(4492)の主幹事

主幹事は2020年絶好調のみずほ証券です。

3月は抜群の存在感を発揮していますね。

2019年あたりから主幹事を非常に多くつとめていますが、実はその前は年に数件なんてこともよくありました。

その時代を知っている人にとってはここ最近の活躍は本当に驚いていることでしょう。

みずほ証券は個人的に相性が最近よくないですが、2020年は心機一転マインドを入れ替えて前向きにチャレンジするつもりです。

当選できるかどうかは運ですけど気持ちの持ち用は大事ですからね♪

ちなみにIPOルールについては下記記事にまとめてあります。

ご存知ない方は一度チェックしてみてくださいませ。

その他狙い目の証券会社

平幹事をみるとなかなか渋い構成です。

中堅証券が上位を占め、下位はネット証券の2社。

狙い目としてはやはりSBI証券マネックス証券をあげたいところですが岡三証券も気になる位置にいますよね。

副幹事をつとめることはあまりないので、いつもよりほんのちょっと期待できるかも 笑

また、岡三オンライン証券でも委託販売する可能性があるのでこちらもチェックしておくことをオススメしますよ。

資金不要でIPOに挑戦できる貴重な証券会社です!!

ぶるぶる
ぶるぶる
みずほ証券からは絶対に申込みしないとね♪
メカニック
メカニック
そういえばここ最近岡三証券で当選した記憶がない 笑

 

ゼネテック(4492)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果

ゼネテック(4492)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果を紹介します。

 証券会社抽選結果
主幹事みずほ証券
落選
幹事岡三証券
落選
いちよし証券
落選
SBI証券
落選
マネックス証券
落選
委託幹事楽天証券(?)
取り扱いなし
松井証券(?)
取り扱いなし
岡三オンライン証券(?)
落選
GMOクリック証券(?)
取り扱いなし
ライブスター証券(?)
取り扱いなし
DMM株(?)
取り扱いなし
auカブコム証券(?)
取り扱いなし
承認時はBBスタンス、抽選結果が発表されたら結果を表示しています。

新規承認時におけるBBスタンス

フルエントリーで挑むつもりです。

よくあるシステム系の会社という感じなので初値高騰は難しいかもしれません。

ロックアップも緩いですし公募比2倍は無理がありそう。

でもこの規模ならばプラスリターンは堅いです。

ひとまず参加方向でオッケーでしょう♪

 

ゼネテック(4492)のIPO初値予想

ゼネテック(4492)のIPOにおける初値予想になります。

直感的初値予想“は仮条件決定後、”独断と偏見初値予想“は上場日前日の更新です。

【仮条件決定後の直感的初値予想】

2,000円 〜 2,900円

【上場直前の独断と偏見初値予想】

1,800円

みんなの初値予想アンケート

投票のお力添えをお願いいたします。


 

ゼネテック(4492)のIPO個人的評価

【総合評価】
24/35

【スタンス】
やや強気

その他ブロガーの初値予想は??にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)
IPO投資よりもコンスタントに稼げるこんな投資はいかが??[PR]

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、新規承認されなければ投資ができません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれるようになりました!!

ソーシャルレンディングは”ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス“のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%以上で運用することもできるんですよ。

年々新しいサービスがでてきていますが、今から始める方はSBIソーシャルレンディングがおススメです。

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

自分も現在50万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

【生の口コミ】SBIソーシャルレンディングに3年投資してわかったメリット7つ・デメリット3つSBIソーシャルレンディングとはSBIグループが運営している事業者です。投資している管理がメリットとデメリットを徹底的にまとめました。評判や口コミが気になる方は参考にしてください。...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。