COZUCHIとタイアップキャンペーン!!

【先着1,000名】

COZUCHIへの投資家登録で2,000円分のアマギフが貰えます!!

IPO投資

ロコンド(3558)のIPO直感的初値予想!!

 

今回はBB期間が2/17から始まるロコンド(3558)のIPO直感的初値予想をしていきます(^ ^)

 

このロコンドについては、多くの人が「申し込みどうしようかな〜」と悩むIPOの一つだと思います。

 

でも、残念ながら決定した仮条件はさらにみんなを悩ませる設定になりました(^^;;

 

ロコンド、ホント意味不明です。。

 

ロコンド ロゴ 3

 

 

【運営者おすすめのソーシャルレンディング】

FUELオンライン

IPOロコンド(3558)の仮条件

 

まずはIPOロコンド(3558)の仮条件を紹介させていただきます(^ ^)

 

【仮条件】

1,660円 〜 1,850円

 

ええ〜っと、これは何かの間違いでしょうか(ー ー;)

 

想定価格が1,660円だったので、190円も上ブレ!!

 

まさかの強気設定できました!(◎_◎;)

 

いや〜これはホント意味がわかりません。

 

IPOスペックは下記で詳しく紹介しますが、とても人気化するようなスペックではないんですよね

 

正直、仮条件が下ブレしてきてもおかしくないと思っていたので、これは完全に斜め上から来た感じです。

 

これはあくまで個人的な意見になりますが、”評価が高かった = 上ブレ” と素直に受け取らないほうがいいと思います。。。

 

メカニック

なんかこの仮条件を見ると、残念を通り越して呆れてしまいますね

 

 

 

ロコンド(3558)のIPO直感的初値予想

 

続いて本題である、ロコンド(3558)IPO直感的初値予想です

 

下記の初値予想は公募価格が仮条件の上限で決まったと仮定したものになります(^ ^)

 

万が一、上限未満で決まった場合は公募価格にそれぞれの掛け率を乗じた初値予想だと思ってください

 

ロコンド ロゴ

1,600円 〜 2,000円

(公募比約0.9倍〜公募比約1.1倍)

 

 

ロコンド(3558)のIPOスペック考察

 

ではロコンド(3558)のスペックチェックにいきましょう

 

まず、初値パフォーマンスを決める大事な要素の一つである吸収金額ですが、仮条件が上ブレしたことにより、最大33.5億円となりました。

 

マザーズに上場ということを考慮すると、中型〜大型の規模になり、需給面ではかなり不利です(^^;;

 

この時点で余程魅力的なIPOでなければ、高確率で公募価格近辺の初値になります。

 

では、他に大きなプラス要素があるかというと、正直なところ見つけられません。

 

業種はECサイト運営ということで悪くはありませんが、すでにありきたりな分野。

 

さらにベンチャーキャピタルが多く絡んでいるので、売り圧力もかなり高そう。

 

上場してからもしばらくは株価がくすぶりそうな気がします(^^;;

 

スケジュールは単独上場となりこちらは恵まれていますが、そこまでプラスに働くことはないでしょう

 

残念ながら低スペックと言わざる終えませんので、今回は公募価格前後での初値予想とさせていただきました。

 

メカニック

公募割れの可能性も十分あると思います 

 

 

ロコンド(3558)のIPO業績

 

続いてIPOロコンド(3558)の業績をご紹介です(^ ^)

 

【売り上げ】

ロコンド 売上

 

【純利益】

ロコンド 純利益

 

売り上げは増加傾向、売上がやっと黒字転換したところ。

 

ここからが正念場ですね

 

なんともいえませんが、やはりこれだけ赤字のグラフだとあまりいい印象は受けません(^^;;

 

成長性は感じるので、可もなく不可もなくというところでしょうか。

 

 

 

ロコンド(3558)のIPO各社割当枚数

 

続いてロコンド(3558)のIPO各社割当枚数の紹介です

 

  証券会社 割当枚数 予想抽選配分枚数 個人的期待度
主幹事 野村證券
13,870枚
1,248枚
1
幹事 大和証券
787枚
157枚
3
マネックス証券
393枚
393枚
2
SBI証券
315枚
142枚
4
SMBC日興証券
157枚
16枚
5
みずほ証券
157枚
16枚
5
岩井コスモ証券
78枚
8枚
6
委託 岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
楽天証券(?)
-枚
-枚
松井証券(?)
-枚
-枚
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
安藤証券(?)
-枚
-枚
ライブスター証券(?)
-枚
-枚

 

枚数で見れば一番期待できるのは主幹事の野村證券ですが、おそらくマネックス証券の方が当選期待度は高いと思います。

 

https://ipomechanic.com/monexsec

 

この枚数でも、野村證券で当選することは非常に困難です(^^;;

 

当選を目指す方はマネックス証券大和証券SBI証券の3社からも忘れずに狙っていきましょう

 

ただ、この枚数ならばどの証券会社でも当選の望みはあります。

 

「ロコンド、絶対当選したい!!」というチャレンジャーはできるだけ多くの証券会社から申し込みをして、当選確率をアップさせてくださいね

 

また、上記証券会社の口座を持っていない方は下記に開設できるまでの日数(最短の場合)をまとめてあります

 

証券会社 最短開設日数
auカブコム証券 即日(1営業日)
岡三オンライン証券 即日(1営業日)
マネックス証券 2営業日
野村證券 3営業日
大和証券 3営業日
SBI証券 3営業日
楽天証券 3営業日
松井証券 3営業日
GMOクリック証券 3営業日
東海東京証券 5営業日
SMBC日興証券 5営業日
エイチエス証券 5営業日
丸三証券 6営業日
みずほ証券 7営業日
むさし証券 約1週間
いちよし証券 10営業日
三菱UFJMS証券 10日未満
岩井コスモ証券 2週間
安藤証券 2週間~3週間
岡三証券 2週間~3週間

 

今から口座開設しても申しこみに間に合わないかもしれませんが、この先もIPO投資をする上では必ず必要になってくる証券会社ですから、まだ口座を持っていない方は今後のためにも開設をしておくことをオススメしますよ

 

メカニック

もしかしたら野村證券は抽選割合を絞ってくるかもしれません

 

 

 

ロコンド(3558)のIPO最終BBスタンス

 

 
証券会社
抽選結果
主幹事 野村證券
不参加
幹事 大和証券
不参加
マネックス証券
不参加
SBI証券
参加
SMBC日興証券
不参加
みずほ証券
不参加
岩井コスモ証券
不参加
委託 岡三オンライン証券(?)
不参加
楽天証券(?)
不参加
松井証券(?)
不参加
GMOクリック証券(?)
不参加
安藤証券(?)
不参加
ライブスター証券(?)
不参加

 

ロコンドについてはあまり悩まずに”不参加“とし、SBI証券のポイント狙いに決めました(^ ^)

 

SBI証券のIPOチャレンジポイントを本当に理解してる?? 知っている限りで徹底的にまとめました!!SBI証券で最も重要になってくるのはやはりIPOチャレンジポイントだと思います そして、IPOの新規承認が多くなってきて一番質問を...

 

2017年は始まったばかりですし、まだまだ勝負にでるところではありませんから、ここは様子見です。

 

それにしても個人的にはとても欲しいと思えるIPOではありませんが、自分が感じ取れない魅力でもあるんでしょうかね??

 

仮条件がこんなに上ブレするのが不思議でなりません(^^;;

 

まぁ、もしそんな魅力があってもそれは気づけない自分が悪いだけなので、今回は素直にスルーさせていただきます。

 

参加する方の幸運を祈りますm(_ _)m

 

公開価格や上場日直前の初値予想は下記記事に更新していきます

 

その他ブロガーの初値予想はこちらにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

 

 

 

ABOUT ME
メカニック
30代の3級FP資格をもつちょっと変わったカーエンジニアの投資ブログです。優待,IPO,POなどなど書いていきます。 住まいは静岡県のど田舎です。最寄り駅まで車で20分以上かかります。 20代の人達の参考になれたら幸いです。
CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)
【裏技】IPO株を誰よりも先に入手する方法とは??

最近はIPOが全く当たらなくなってきました。

ここ数年実践してきた自分としては「かなり厳しくなってきた」という印象です。

そこで自分はエンジェル投資を始めました!!

エンジェル投資とはIPO株を目指すベンチャー企業へ先回りで応援投資する方法

応援出資した先がIPOすれば10倍以上のリターンも狙えます。

もちろん出資した企業がIPOすればすでにその株を保有しているので抽選に参加する必要はありません。

上場後に売却するだけです。

最近では個人でも10万円からエンジェル投資ができる株式投資型クラウドファンディングのサービスがでてきたことから気軽に応援出資ができるようになってきました。

自分は20社以上にエンジェル投資していますが中でもおすすめなのは業界大手のファンディーノです。

案件数はダントツでエンジェル税制という優遇措置も受けられる銘柄が多いです。

このような企業に出資すれば投資しながら節税ができますよ。

ちなみいそんなファンディーノと当ブログではタイアップキャンペーンを実施中です。

下記リンクから口座開設するとAmazonギフト券1,000円がプレゼントされます。

リンク先には自分が出資する際に見ているポイントも紹介していますので、是非一度覗いてみてください!!

ファンディーノについての詳しい紹介と出資先、イグジット実績は下記記事にまとめてありますのでこちらも一読していただけますと幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

【キャンペーン中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック
【キャンペーン中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック