【全プレ】

1/29までLINE証券に口座開設で最大約4,000円が貰えます!!

IPO投資

【IPO初値予想】東和ハイシステムは需給頼りだが全力参加することにした理由とは??

ぶるぶる
ぶるぶる
東和ハイシステムもひとまず参加かな!!
メカニック
メカニック
当選してから考えてもいいしね!!

どうも、メカニックです。

東和ハイシステム(4172)の仮条件が決まりましたので、いつも通り初値予想をしていきたいと思います。

詳細なIPOデータは下記記事にまとめ済み。

上場日直前には最新の初値予想も更新予定です。

当選できた方は是非こちらもチェックしてくださいね。

マネックス証券

結論:東和ハイシステムは公募価格1.7倍が目安

時間がない人向けにこの記事の内容をサッとまとめました!!

【仮条件】 2,180円 〜 2,300円
【初値予想 】 3,000円 〜 3,900円
【スタンス 】 フルエントリー
【狙い目】 野村證券

想定価格は2,180円でしたので強気の仮条件となりました。

要点まとめ
  • ジャスダック上場で小型
  • 歯科医向けシステムを提供
  • 3社同一上場
  • 業績は伸びてないが黒字
  • ロックアップは完璧
  • BB期間は12/19 〜 12/15

ジャスダック銘柄で吸収金額10億円とギリギリ小型規模になります。

需給での優位性は高いですね。

歯科医向けシステムを提供しており、目新しさはありませんが悪くはない業種です。

ただしSaaS型では提供していませんのでご注意を。

3社同一上場と過密日程ですので資金の分散が起こりやすい点も頭に入れておきましょう

自分は公募比1.7倍程度のプラスリターンが狙えると予想し、フルエントリーすることにしました。

もちろん主幹事の野村證券を第一優先にSBI証券と楽天証券からも参加予定。

ちなみに野村證券は資金不要で抽選に参加でき、当選後のキャンセルについてもペナルティはありませんので迷ったらとりあえず参加しておきましょう。

そして、IPO投資を始めたばかりの人は当選確率をアップさせる方法を下記記事にまとめました。

IPOに申し込みする前に是非チェックしてみてください。

裏技やコツは? IPOの当選確率を劇的にアップさせる7つの方法IPO投資をなかなか当たりません。しかし当選確率をアップさせる方法やコツは存在します。今回はIPO歴7年の管理人が7つの方法を徹底解説。裏技ではありませんがしっかりと実践しましょう。...

さらに最近ではIPOを目指すベンチャー企業に先回り投資できるFUNDINNO(ファンディーノ)も注目されていますよ。

10万円前後からエンジェル投資家になれます!!

もし出資した企業がIPOしたら10倍以上のリターンも夢ではありません。

当ブログではタイアップキャンペーンも実施しており、当ブログからの口座開設で1,000円相当のアマギフが貰えます

もちろんFUNDINNOが行なっている通常キャンペーンとも併用可能!!

公式サイトよりも当ブログから口座開設した方がお得ですよ♪

 

東和ハイシステム(4172)のIPO仮条件

ではここからは自分の考えを織り交ぜながらゆっくりとチェックしていきますね。

まずは東和ハイシステム(4172)の仮条件からみていきます。

承認時の想定価格は2,180円。

仮条件はこのように決まりました。

【仮条件】

2,180円 〜 2,300円

120円上ブレの強気設定で決まっています。

個人的にはそこまで良いIPOとは思っていませんでしたが、地合いも良いですからね。

新規承認時の時と比較したらマーケットの状態も良好ですからそのあたりが考慮されたのかもしれません。

不人気銘柄ではないので公募価格は上限の2,300円で決まると思います!!

 

東和ハイシステム(4172)のIPO直感的初値予想

続いて本題である東和ハイシステム(4172)のIPO直感的初値予想をしていきます。

下記の初値予想は公募価格が仮条件の上限で決まったと仮定したものになります。

万が一、上限未満で決まった場合は公募価格にそれぞれの掛け率を乗じた初値予想だと思ってくださいませ。

3,000円 〜 3,900円

(公募比約1.2倍〜公募比1.7倍)

公募価格1.7倍を上限とした初値予想としました。

東和ハイシステム(4172)のIPOスペック考察

それでは東和ハイシステム(4172)のスペックをもう一度確認していきましょう。

初値に影響を与える”規模”、”業種”、”スケジュール”、”業績”の4つに焦点をあてて説明していきますね。

まず、上場市場はジャスダック。

吸収金額は仮条件が上ブレしましたので最大10.6億円となりました。

想定価格ベースでは10.0億円でしたので0.6億円のサイズアップです。

東和ハイシステム(4172)のIPOにおけるブル要素

先にプラス要素から再度チェックしていきますね。

一番はなんといっても需給です。

ジャスダックで10億円はギリギリ小型規模。

これならばほぼ間違いなく売り方の方が優勢になります。

さらに大株主は上場後90日間は市場で売買ができません。

上場後に大きな売りがでる可能性は低いと思います。

あとはSaaS型ではないですが業種は歯科医システムの提供です。

特化型のシステムは一度導入すれば解約することはめったにありませんし、IPO的には悪くない業種かなと思います。

東和ハイシステム(4172)のIPOにおけるベア要素

マイナス要素としてはやはりスケジュールになりますね。

12/25は3社同一上場になるので1社あたりの注目度は下がり、かつ資金も分散してしまいます。

さらに12月後半ともなれば投資家の買いパワーも徐々に低下してくる時期です。

また、派手さがなく地味な点もマイナスポイントになるかと思います。

IPOは派手な方が好まれますからね。。

ぶるぶる
ぶるぶる
プレイドとかヤプリ、ウェルスナビを見てるとなんか物足りないよね。
メカニック
メカニック
スペック的にはプラスリターンになる確率が高いけど、やっぱり尖ったポイントが欲しいよね。

東和ハイシステム(4172)のIPO業績

【売上げや営業収益】

【純利益】

現在は43期目に入っています。

前期の実績を見ると現時点で売上が19億円、純利益は2.3億円ほど。

システム提供ということもあり利益率が高いですね。

しかし成長性は感じられず業績はヨコヨコの展開。

ジャスダック銘柄ということを考えると少し物足りなさを感じてしまいます。

東和ハイシステム(4172)のIPO初値予想アンケート途中結果


東和ハイシステムにおける初値予想アンケートの途中結果も簡単にご紹介。

結果を見る場合は左下にある “View Results” をクリック、または投票していただいても結果が表示されます。

ご協力くださいますと幸いです。

ちなみにこの記事を書いている時点での1番人気は公募価格1.0倍〜1.5倍です!!

プラスにはなるけど高騰は難しいと考えている人が多いのかもしれません。

弱気予想には票が入っていませんが期待しすぎない方が良さそうですね。

 

東和ハイシステム(4172)のIPOが当選しやすい証券会社は??

続いて、東和ハイシステム(4172)が当選しやすい証券会社を紹介していきます。

IPOの各社割当枚数は下記の通りです。

  証券会社 割当枚数 予想抽選配分枚数 個人期待度
主幹事 野村證券
-枚
-枚
1
幹事 SBI証券
-枚
-枚
みずほ証券
-枚
-枚
SMBC日興証券
-枚
-枚
楽天証券
-枚
-枚
委託幹事 岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
ライブスター証券(?)
-枚
-枚
DMM株(?)
-枚
-枚
松井証券(?)
-枚
-枚

※目論見書に記載後に更新。割当枚数が表示されている場合は目論見書に記載されている数字を元に算出したものです。実際の配分枚数は上記よりも少なくなる可能性があります。

1番当選しやすいのは野村證券

当選を目指すならばやはり主幹事の野村證券は確実に抑えておきたいところ。

当選枚数が一番多いので当選確率が最も高い証券会社になります。

ただ、この規模での当選はかなり難しいです。

自分はIPO投資を始めてから野村證券でこの規模のIPOが当選したことがありません。。

申し込みをしなければ当選しませんが、ダメ元の精神で挑むようにしてください。

野村證券の詳しいIPOルールは下記記事にまとめてありますので、知らない人は必ずこちらを一読してから申し込みをしましょう。

その他狙い目の証券会社

主幹事以外で狙い目になるのは上位幹事のみずほ証券、そしてネット証券のSBI証券楽天証券の3社です。

特にSBI証券落選してもIPOチャレンジポイントはゲットできるのでこちらは主幹事同様に申し込みはマスト!!

IPOチャレンジポイントは貯めれば貯めるほど当選しやすくなり、コツコツ貯めれば誰でもIPOに当選することができますよ♪

ちなみに自分は先日、未成年口座でポイントを利用してタスキが当選!!

一撃40万円の利益がだせて今までの努力が報われましたww

ぶるぶる
ぶるぶる
よし、すでに当選は諦めた!!
メカニック
メカニック
気持ちはわかるよww

 

東和ハイシステム(4172)のIPO最終BBスタンス

最後に東和ハイシステムにおける最終的なBBスタンスを紹介します。

  証券会社 抽選結果
主幹事 野村證券
落選
幹事 SBI証券
落選
みずほ証券
落選
SMBC日興証券
補欠
楽天証券
落選
委託幹事 岡三オンライン証券(?)
取り扱いなし
GMOクリック証券(?)
取り扱いなし
ライブスター証券(?)
取り扱いなし
DMM株(?)
取り扱いなし
松井証券(?)
取り扱いなし

当選できないことは知っていますが諦めません!!

よってフルエントリーでいきますよ。

ただやはり12月後半ともなると買いが入りにくくなるのでそのあたりがちょっと心配ですね。

12月前半に上場する銘柄のセカンダリーが最悪の結果にならないことを祈ります。

CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)
IPO投資よりもコンスタントに稼げるこんな投資はいかが??[PR]

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、新規承認されなければ投資ができません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれるようになりました!!

ソーシャルレンディングは”ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス“のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%以上で運用することもできるんですよ。

年々新しいサービスがでてきていますが、今から始める方はSBIソーシャルレンディングがおススメです。

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

自分も現在50万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

https://ipomechanic.com/2017/04/13/post-28665/

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

【タイアップ中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック
【タイアップ中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック