【早期終了あり】当ブログ限定キャンペーン!!

FUNDINNOへの口座開設で
2,000円分のAmazonギフト券
が貰えます!!

キャッシュレス

【おすすめ】Tポイントがザクザク貯まるクレジットカード4選!! ウェル活ユーザー必見!!

共通ポイントの中でも人気のTポイント。

ガンガン貯めるにはやはりクレジットカードが重要な役目を担います。

そこで今回はTポイントがザクザク貯まるクレジットカードを厳選してみました。

これから本腰を入れて貯めようとしている人は是非チェックしてくださいね。

ウェル活にも役に立つと思いますよ♪

 

【運営者おすすめのソーシャルレンディング】

Funds

そもそもTポイントとは??

Tポイントは日本でトップクラスの人気ほ誇る共通ポイントの一種。

発行しているのはカルチュア・コンビニエンス・クラブ。

当初は利用できる店舗がTSUTAYAぐらいしかありませんでしたが、現在はYahoo! JAPANをはじめ、ウェルシア薬局、エディオン、エネオス、カメラのキタムラなど多くの店舗で貯めて、使えるようになりました。

Tポイントについては下記で徹底的にまとめていますのでこちらをチェックしてみてください。

カード以外のお得な貯め方も解説しています。

 

おすすめ1:三井住友カード ゴールド(NL)

やはり一番はじめにおすすめしたいのは三井住友カード ゴールド(NL)です!!

スペックはこちら。

カード名 三井住友カード ゴールド(NL)
還元率 0.5% 〜 1.5%
年会費 5,500円(年間100万円以上で永年無料)
付与ポイント Vポイント
国際ブランド VISA、Mastercard

支払額の0.5〜 1.5%のVポイントが付与されます。

Tポイントに交換する場合は Vポイント500PをTポイント400Pに交換可能です。

三井住友カード ゴールド(NL)は年会費5,500円(税込)かかりますが、年間100万円以上利用すると翌年以降の年会費は永年無料になります。

さらに、10,000Pのボーナスポイントが付与されます。

もし年間利用額が100万円ジャストだった場合、基本還元率0.5%+1.0%(ボーナスポイント)で合計1.5%です。

Tポイントに交換した場合でも、1.2%です。

VポイントはTポイント以外にも商品券や他のポイントにも交換ができますので、Tポイントを貯めなくなったとしても、問題ありません。

ちなみに100万円以上を利用するオススメの方法は下記で詳しく紹介しています。

 

おすすめ2:Tカードプレミアムなら付与率最大1.5%

これから人気になりそうなのが2019年12月に誕生したTカードプレミアムです。

新生銀行グループのアプラスが発行しています。

詳しいスペックはこちら。

カード名 Tカードプレミアム
還元率 最大1.5%
年会費 2,500円(税抜き)、初年度無料
付与ポイント Tポイント
国際ブランド JCB、Mastercard

基本還元率は1%ですが、下記の店舗では0.5%が上乗せされ最大還元率は1.5%になります。

  • TSUTAYA
  • 蔦屋書店
  • 洋服の青山
  • ザ・スーツカンパニー
  • ニッポンレンタカー
  • エディオン
  • 100満ボルト

そしてヤフーカード同様にTカード機能も付帯しているのでTポイント加盟店でもポイントを得ることが可能。

年会費は初年度無料ですが次年度から2,500円(税抜き)かかります。

しかし年間一回でも利用すれば年会費を無料にできるので、ハードルはかなり低いです。

コンビニでコーヒーでも購入すれば次年度の年会費は払う必要がありませんよ。

VISAブランドが選択できないのが珍しいですが、まぁJCBとMastercardが使えないというところはかなり少ないので気にしなくていいでしょう。

 

おすすめ3:JCB CARD W

意外なところだとJCB CARD Wもおすすめです。

カード名 JCB CARD W
還元率 最大1.0%
年会費 無料
付与ポイント Oki Dokiポイント
国際ブランド JCB

JCBカードとTポイントってあまりピンと来ない人もいるかもしれませんが、実はあることをするとヤフーカードなみにTポイントを貯めることができますよ。

そのあることとは「JCB×Yahoo! JAPAN ポイントクラブ」です。

JCB×Yahoo! JAPAN ポイントクラブとはJCBカードで貯まるOki DokiポイントをTポイントにおトクに移行できるサービスのこと。

これに申込することでTポイントがザクザク貯まるようになるんです。

下記の二つのコースがあり、それぞれで交換レートや交換タイミングが変わってきます。

  • らくらく自動移行コース
  • 好きなときコース

還元率にこだわるなら「らくらく自動移行コース」。

Oki Dokiポイント 1ポイント → Tポイント 5ポイントに交換できるので、還元率はそのまま1%で変更なし。

つまりヤフーカードと同じスペックになります。

他の商品に交換ができなくなるというデメリットはありますが、まぁTポイントを貯めたい人なら問題はないでしょう。

JCB CARD Wは39歳以下の人しか作成できないという年齢制限があるため、全員が作成できるわけではありません。

対象年齢なら年会費はかかりませんし、一枚持っておくといいと思いますよ。

 

おすすめ4:スペックに拘りたいならP-one Wiz

とにかくスペックにこだわりたいならポケットカードが発行しているP-one Wizがオススメですよ。

カード名 P-one Wiz
還元率 最大1.5%
年会費 無料
付与ポイント ポケットポイント
国際ブランド VISA、Mastercard、JCB

最大の特徴は国内トップクラスの還元率。

なんと年会費無料にもかかわらず最大1.5%です。

1%分は請求時に自動で割引され、0.5%分がポケットポイントとして付与されるという仕組み。

月間の支払額1,000円につき1ポケットポイントが付与され、1P=5円相当の価値があります。

そしてこのP-one Wizに限り100ポケットポイントが500Tポイントに交換が可能です。

これによりP-one Wizを使ってもTポイントを貯められるというわけです。

ここまで聞くと年会費無料の上に還元率最大1.5%と死角がないように感じますが、一つだけ注意点があります。

それは「リボ払い専用カード」だということ。

はじめは自動でリボ払いの設定がされているため、普通に使うと還元率以上の金利を払わなければいけなくなるんです。

そのまま利用するとむしろ損をしてしまうカードに。。

しかし、設定を「ずっと全額コース」にすればクレジットカードのように毎月一括払いにすることができます。

こうすれば還元率1.5%のクレジットカードの出来上がり。

金利を払う必要はありませんよ。

Tポイントを貯めている人にも向いてますが、自動で1%引きされるのでポイントを貯めていない人、交換が面倒な人にも非常に向いていると思います。

ハイスペックにもかかわらず意外と知られていないカードなので知っている人だけが得をするといった感じですかね。

 

まとめ

以上、今回は自分がオススメするTポイントが貯まるクレジットカードを紹介しました!!

各カードで向いている人はこんな感じですかね。

年間100万円以上利用する人は三井住友カード ゴールド (NL)の一択だと思います。

Tポイントに交換する場合にも1.2%の還元率になりますし、途中でTポイントが必要なくなったとしても、他のポイントや商品券、景品にいつでも交換ができます。

あと、TSUTAYA系のサービスを使うならTカードプレミアムですかね。

独身男性はデートにも利用する人もいるでしょうからJCB CARD Wだと格好がつくと思います。

そして還元率にとにかくこだわりたいならP-one Wizって感じでしょうか。

各カードで一長一短がありますからしっかりと自分にあったカードを選んでくださいね。

Funds
FUNDINNO(ファンディーノ)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

【キャンペーン中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック
【キャンペーン中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック