IPOの当選確率がUPする6つの方法とは
IPO投資

トレードワークス(3997)のIPO初値予想とBBスタンス・幹事団のまとめ

 

トレードワークス(3997)のIPOが新規承認されました。

 

2017/11/29に上場予定で事業内容は”証券システム開発事業とこれらに付帯するFX(外国為替証拠金取引)システム事業及びセキュリティ診断事業”です。

 

このページではトレードワークス(3997)のIPO詳細や仮条件決定後の初値予想、上場日直前初値予想に加え、自分のBBスタンス、各社割当枚数、幹事団について記載していきます。

 

 

トレードワークス(3997)のIPO詳細

 

銘柄 株式会社トレードワークス
市場 ジャスダック
上場日 11/29
コード 3997
公募 200,000株
売り出し 10,000株
OA 31,500株
想定価格 2,000円
吸収金額 約4.8億(想定価格ベース)
時価総額 約20.4億(想定価格ベース)
株主優待 なし
BB期間 2017/11/9~11/15
公開価格決定日 2017/11/16

 

今回承認されたトレードワークスですが、主に証券会社やFX会社にシステム提供をしている会社です。

 

取引先が気になったので目論見書を読んでみたところ、下記の金融機関へシステムを提供していました。

 

  • カブドットコム証券
  • エイチエス証券
  • 日産証券
  • ヒロセ通商
  • 三木証券

 

IPOでもお世話になっている証券会社の名前がありますね。

 

個人的にはヒロセ通商にも毎月お世話になっているので、どうやらこのトレードワークスのサービスを知らぬ間に受けていたようです 笑

 

ちなみにカブドットコム証券はトレードワークスにおける売り上げの48%を占めているとのこと。

 

超お得意様です。

 

そして、システム以外だと平成22年からセキュリティ診断事業も運営していますが、売り上げを見るとまだまだこれからといった感じ。

 

ただセキュリティ関連はまだまだ伸びてくる分野だと思いますので、期待はできそうです。

 

IPO的にもセキュリティ関連は人気化しますからね。

 

業種種的にはクラウドも利用していますし、プラス要素になる気がします。

 

また、ジャスダックに上場予定ですが吸収金額は僅か4.8億円

 

5億円以下という超軽量級IPOです!!

 

業種もいいですし、これは初値高騰のにおいがプンプンしますね♪

 

売り上げも悪くはありませんので、ポテンシャルは十分だと思います。

 

メカニック

5億円未満ならば公募割れリスクは限りなく低いです。また地合いも良好ですので、外部要因にも恵まれています。想定価格が2,000円とこちらもいいプライシング。

 

 

トレードワークス(3997)のIPO仮条件

 

2,000円 〜 2,200円

※仮条件決定後に更新

 

 

 

トレードワークス(3997)のIPO公開価格

 

2,200円

※公開価格決定後に更新

 

 

 

トレードワークス(3997)のIPO割当枚数

 

  証券会社 割当枚数 予想抽選配分枚数 個人的期待度
主幹事 岡三証券
1,680枚
168枚
1
幹事 三菱UFJモルガンスタンレー証券
105枚
11枚
3
三木証券
84枚
0枚
日産証券
64枚
0枚
エイチエス証券
42枚
5枚
4
SBI証券
42枚
19枚
2
東洋証券
42枚
0枚
岩井コスモ証券
21枚
3枚
5
みずほ証券
21枚
3枚
5
委託 岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
楽天証券(?)
-枚
-枚
安藤証券(?)
-枚
-枚
ライブスター証券(?)
-枚
-枚
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
松井証券(?)
-枚
-枚
カブドットコム証券(?)
-枚
-枚

目論見書に記載後に更新

 

続いてIPOトレードワークス(3997)における幹事団の紹介です。

 

これはなかなかバラエティ豊かな幹事構成になっています。

 

しかも、その中で一番びっくりなのは主幹事です。

 

なんとなんと、このタイミングで岡三証券!!

 

 

いちよし証券といい、このところホント珍しい会社が主幹事に来ますね。

 

岡三証券は6月に上場したエコモット以来ですから4ヶ月ぶりくらいになります。

 

今年はフュージョンでも主幹事をつとめましたので結構頑張っている印象。

 

もちろん、トレードワークスでは当選が一番期待できる証券会社ですので、かならず抑えておいてくださいね♪

 

また、岡三証券といえばグループ会社の岡三オンライン証券も忘れてはいけません。

 

 

最近は委託幹事率が半端ないので、おそらくこのトレードワークスも取り扱うでしょう。

 

取り扱いが確定したらいつも以上に期待できると思いますので、こちらもお忘れなく。

 

資金不要で抽選に参加できますよ。

 

詳しいIPOルールは下記にまとめてありますので、ご存じない方はチェックしてみてくださいませ。

 

岡三オンライン証券のIPOルールを徹底解説!! 資金0円でも抽選に参加できる貴重な証券会社!!最近、IPOに力を入れている証券会社の一つに岡三オンライン証券があります みんなが知っているメジャーな証券会社ではありませんが、実...

 

そして、今回は日産証券や三木証券などめずらしい名前もちらほら見受けられます。

 

こちらは取引先ということもあり、株主だったようです。

 

ただ、調べてみたところIPOに関しての記述が無かったのでおそらくネットからはIPOに参加できないと思われます。

 

まぁこのあたりはしょうがないですね。。

 

もう一つ個人的にはカブドットコム証券での取り扱いもそこそこ期待できると読んでいます。

 

 

というのも、カブドットコム証券は大株主に名前があるんですよ。

 

三菱UFJモルガンスタンレー証券が副幹事にいますので、取り扱う可能性は高いと思います。

 

こちらも忘れずにチェックしておきましょう。

 

また、各証券会社へ口座開設完了するまでの日数をまとめました。

 

証券会社 最短開設日数
カブドットコム証券 即日(1営業日)
岡三オンライン証券 即日(1営業日)
マネックス証券 2営業日
野村證券 3営業日
大和証券 3営業日
SBI証券 3営業日
楽天証券 3営業日
松井証券 3営業日
GMOクリック証券 3営業日
東海東京証券 5営業日
SMBC日興証券 5営業日
エイチエス証券 5営業日
丸三証券 6営業日
みずほ証券 7営業日
むさし証券 約1週間
いちよし証券 10営業日
三菱UFJMS証券 10日未満
岩井コスモ証券 2週間
安藤証券 2週間~3週間
岡三証券 2週間~3週間

 

まだ持っていない口座がありましたら、早めに用意しておくことをオススメします!!

 

特に主幹事の岡三証券、岡三オンライン証券は絶対口座開設しておいてくださいね♪

 

ちなみに岡三オンライン証券は2017年の12月31日まで、タイアップキャンペーンを実施中ですよ(^ ^)

 

 

口座開設と5万円以上の入金で現金5,000円がもらえますのでよろしかったら利用してくださいませm(_ _)m

 

タイアップキャンペーン使って口座開設する

 

メカニック

委託販売する証券会社が多いような気がしますので、ここも重要になってくると思います。証券会社と取引していることもありそれが幹事構成に色濃くでています。

 

追記

 

予想通り、岡三オンライン証券、カブドットコム証券で取扱が確定しました♪

 

 

 

トレードワークス(3997)のBBスタンスと抽選結果

 

 
証券会社
抽選結果
主幹事 岡三証券
落選
幹事 三菱UFJモルガンスタンレー証券
落選
三木証券
ネット申込不可
日産証券
ネット申込不可
エイチエス証券
落選
SBI証券
落選
東洋証券
ネット申込不可
岩井コスモ証券
後期
みずほ証券
落選
委託 岡三オンライン証券
落選
楽天証券(?)
取扱なし
安藤証券(?)
取扱なし
ライブスター証券(?)
取扱なし
GMOクリック証券(?)
取扱なし
松井証券(?)
取扱なし
カブドットコム証券
後期

※承認時はBBスタンス、抽選結果が発表されたら結果を表示しています。

 

最後にIPOトレードワークスのBBスタンスですが、上記の通り強気に攻めます!!

 

スペックも高いですし、安心して申し込める銘柄でしょう♪

 

個人的な感触では2倍以上は堅いように感じていますがどうですかね。

 

ひとまず、公募割れということはないでしょうから、これは何も考えずに申し込みすべきIPOだと思います(^ ^)

 

当選できれば大きな利益が転がり込んできそうです 笑

 

メカニック

人気化必須のIPOです。枚数も少ないプラチナIPOなので多くの証券会社から波状攻撃で攻めましょう♪岡三証券オンラインで初当選とかいうミラクルおきないかな。

 

 

トレードワークス(3997)のIPO初値予想

 

トレードワークス(3997)のIPOにおける初値予想になります

 

直感的初値予想“は仮条件決定後、”独断と偏見初値予想“は上場日前日の更新です^ ^

 

【仮条件決定後の直感的初値予想】

5,500円 〜 6,600円

直感的初値予想の記事はこちら

トレードワークス(3997)のIPO直感的初値予想!! 今回はBB期間が2017/11/9から始まっているトレードワークス(3997)のIPO直感的初値予想をしていきます! ...

 

 

【上場直前の独断と偏見初値予想】

6,600円

 

みんなの初値予想アンケート

 

投票のお力添えをお願いいたします

 


 

トレードワークス(3997)のIPO個人的評価

 

【総合評価】

25/30

 

【スタンス】

強気

 

(市場)
5点=マザーズ 4点=ジャスダック 3点=東証一部 2点=東証2部 1点=その他

(吸収金額)
5点=小型 4点=中小型 3点=中型 2点=大型 1点=超大型

(業種)
5点=オンリーワン 4点=ネット系 3点=特殊 2点=普通 1点=不人気

(公募売出比)
5点=公募のみ 4点=公募 〉売出 3点=公募=売り出し 2点=公募〈 売出 1点=売出のみ

(業績)
5点=右肩上がり 4点=黒字(波があらい) 3点=横ばい 2点=赤字 1点=赤字(成長性なし)

(地合い)
5点=イケイケ 4点=いい流れ 3点=普通 2点=雰囲気悪い 1点=最悪

 

その他ブロガーの初値予想は??にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

 

 

 

ABOUT ME
メカニック
20代後半の3級FP資格をもつちょっと変わったカーエンジニアの投資ブログです。優待,IPO,POなどなど書いていきます。 住まいは静岡県のど田舎です。最寄り駅まで車で20分以上かかります。 20代の人達の参考になれたら幸いです。
IPO投資よりもコンスタントに稼げるこんな投資はいかが??[PR]

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、新規承認されなければ投資ができません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して様々な投資をしています。

その中でもこれから特に期待しているのが、だれでもコツコツと資産運用できる新しいサービスである…

Funds(ファンズ)です。

Fundsはたった1円から信頼度の高い企業にお金を貸して利息を受け取ることができる、いままでになかった社債”風”の資産運用になります。

投資経験に関係なくだれでも同じパフォーマンスを出せる画期的なサービスですよ。

PCだけでなくスマホでも簡単に利用できるので、興味がある方は是非チャレンジしてみてくださいね。

今すぐ無料で口座開設

運営するクラウドポートの社長にFundsに込めた想いを聞いてきたので、気になる方は是非一読してみてください。

Funds(ファンズ)に込めた藤田社長の想いとは?? クラウドポートが新たに切開く資産運用2.0funds(ファンズ)という新しいフィンテックサービスをクラウドポートが開始します。今回は藤田社長にインタビューしてfunds(ファンズ)に込めた想いやスキーム、メリット・デメリットまて聴き倒しました。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。