IPOの当選確率がUPする6つの方法とは
2018年IPO

RPAホールディングス(6572)のIPO初値予想とBBスタンス・幹事団のまとめ

 

RPAホールディングス(6572)のIPOが新規承認されました。

 

2018/3/27に上場予定で事業内容は”事務作業代行ソフトウェアの販売等を行うロボットアウトソーシング 事業及びアフィリエイトサービスを行うアドネットワーク事業等“です。

 

このページではRPAホールディングス(6572)のIPO詳細や仮条件決定後の初値予想、上場日直前初値予想に加え、自分のBBスタンス、各社割当枚数、幹事団について記載していきます。

 

 

RPAホールディングス(6572)のIPO詳細

 

銘柄 RPAホールディングス株式会社
市場 マザーズ
上場日 2018/03/27
コード 6572
公募 50,000株
売り出し 550,000株
OA 0株
想定価格 3,200円
吸収金額 約19.2億(想定価格ベース)
時価総額 約165.4億(想定価格ベース)
株主優待 なし
BB期間 2018/03/08~03/14
公開価格決定日 2018/03/15

 

RPAホールディングス(6572)ってどんな会社??

 

RPAホールディングス(6572)は下記の4つの事業を運営しています。

 

  • ロボットアウトソーシング事業
  • アドネットワーク事業
  • セールスアウトソーシング事業
  • コンサルティング事業

 

ロボットと聞くと工場などで動いている機械的なロボットをイメージするかもしれませんが、RPAホールディングスの手がけているロボットは事務的な仕事を行ってくれるロボットです。

 

データ入力やデータ連携などの定型作業を人間に代わって代行してくれます。

 

人間の補完的的業務をこなしてくれることから仮想知的労働者とも言われているとのこと。

 

いつのまにかこんなところまで自動化されているとは…

 

それにしてもロボットと言われるとブルーカラー業務がメインだと思っていたので、ホワイトカラー業務までロボットがやってくれるとなると、ほんと人間の仕事ってどんどんなくなっていくように感じてしまいます。

 

ホントすごい世の中になったものです。

 

ちなみにRPAホールディングスの顧客にはSBIグループやパナソニック、NISSAYなど大手がずらり。

 

 

これからはさらに導入する企業が増えていきそうな気がしてなりません。

 

RPAホールディングス(6572)IPOスペック

 

続いてRPAホールディングス(6572)のIPOスペックを簡単に紹介していきます。

 

上場市場はマザーズで吸収金額は約19.2億

 

 

マザーズでは中型規模という感じですかね。

 

ただ、想定価格が3,200円とネガサなため当選枚数が少ないです。

 

6,000枚しかありませんので希少性は満点。

 

需給面では大きなアドバンテージがあるといっていいと思います。

 

プラチナチケットと言ってもいいのではないでしょうか。

 

業種も上記で言った通り、AIやロボット関連ということで投資家に人気化しやすい分野ですから、これはもう初値高騰する可能性が極めて高いです。

 

過密スケジュールではありますが、ここまで高スペックなら問題ないでしょう。

 

3月の中でもTOP3に入る人気IPOになりそうですね。

 

メカニック

売り出しの多さ、OAがないのが気になりますがまぁ大丈夫でしょう。株主には最近IPOするということで話題になったソフトバンクがいます。

 

 

RPAホールディングス(6572)のIPO仮条件

 

3,370円 〜 3,570円

※仮条件決定後に更新

 

 

RPAホールディングス(6572)のIPO公開価格

 

3,570円

※公開価格決定後に更新

 

 

RPAホールディングス(6572)のIPO割当枚数

 

続いてRPAホールディングス(6572)のIPO幹事団と各社における割当枚数を紹介します。

 

  証券会社 割当枚数 予想抽選配分枚数 個人的期待度
主幹事 SBI証券
5,100枚
2,295枚
1
幹事 大和証券
360枚
72枚
2
SMBC日興証券
240枚
24枚
4
エース証券
90枚
0枚
マネックス証券
60枚
60枚
3
岡三証券
30枚
3枚
5
極東証券
30枚
0枚
藍澤證券
30枚
0枚
東洋証券
30枚
0枚
岩井コスモ証券
30枚
3枚
5
委託 岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
楽天証券(?)
-枚
-枚
安藤証券(?)
-枚
-枚
ライブスター証券(?)
-枚
-枚
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
松井証券(?)
-枚
-枚

目論見書に記載後に更新

 

この幹事構成を待っていました!!

 

主幹事はみんな大好き、SBI証券です。

 

これはネット組も当選の期待が持てますね。

 

最近「SBI証券主幹事IPOが早くこないかな」と呟いたばかりだったのでめちゃくちゃタイムリーでした。

 

何故、SBI証券が主幹事だと当選期待度が上がるかについては下記記事で説明していますので、気になる方は一度お読みくださいませ。

 

【初心者必見】SBI証券のIPOルールはわかりずらい?? もう一度基本を確認しましょう!! 本日はSBI証券のIPOルールの基本を初心に戻って確認していこうと思います(^ ^) なぜいきなり確認することになったかと...

 

一言で言うと、”他の証券会社よりも抽選枚数を多くしてくれるから“です。

 

当選を目指す方は最優先で申し込みをしましょう。

 

そしてSBI証券の主幹事IPOで忘れてはいけないのがIPOチャレンジポイントです。

 

 

今回は人気化必須のIPOでしょうから、だいたい280P〜330Pくらいが目安になると思います。

 

2018年一発目なのでボーダーラインがどのくらいになるのかも注目したいところ。

 

過去のボーダーラインは下記記事にまとめてありますので、こちらもよろしかったら一読してください。

 

【2018年版】SBI証券主幹事IPOにおけるIPOチャレンジポイントのボーダーラインまとめ!! SBI証券が主幹事をつとめるIPOがでてくると、一番に気になるのがIPOチャレンジポイントを使うかどうかだと思います。 初...

 

SBI証券以外ですと副幹事である大和証券そして100%抽選配分してくれるマネックス証券がオススメですよ。

 

少ない資金でIPO投資に挑戦している方は後期型の岩井コスモ証券もガッチリ抑えておきましょう。

 

裏技を使えば資金効率が大幅にアップ!! 岩井コスモ証券のIPOルールや取り扱い実績を徹底解説します。 IPOの抽選が後期型で、よく幹事入りする証券会社といえば間違いなく… 岩井コスモ証券でしょう!! 毎年コンスタントに幹事...

 

また、各証券会社における口座開設日数を下記にまとめてました。

 

証券会社 最短開設日数
カブドットコム証券 即日(1営業日)
岡三オンライン証券 即日(1営業日)
マネックス証券 2営業日
野村證券 3営業日
大和証券 3営業日
SBI証券 3営業日
楽天証券 3営業日
松井証券 3営業日
GMOクリック証券 3営業日
東海東京証券 5営業日
SMBC日興証券 5営業日
エイチエス証券 5営業日
丸三証券 6営業日
みずほ証券 7営業日
むさし証券 約1週間
いちよし証券 10営業日
三菱UFJMS証券 10日未満
岩井コスモ証券 2週間
安藤証券 2週間~3週間
岡三証券 2週間~3週間

 

まだ準備できていない証券会社があったら早めに準備しておくことをオススメします。

 

IPO投資は申し込みする証券会社の数が多ければ多いほど当選確率をアップさせることができますよ。

 

門外不出の方法も!? IPOの当選確率を劇的にアップさせる6つの方法みなさんIPO当選しますか?? 当選していない方の多くはやり方が間違っている可能性が高いです。 そこで今回はIPO歴6年の自...

 

メカニック

エース証券、藍澤證券、極東証券はネットから申し込みができませんのでご注意を。

 

 

RPAホールディングス(6572)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果

 

続いてRPAホールディングス(6572)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果を紹介します。

 

 
証券会社
抽選結果
主幹事 SBI証券
落選
幹事 大和証券
選外
SMBC日興証券
補欠
エース証券
ネット申込不可
マネックス証券
落選
岡三証券
落選
極東証券
ネット申込不可
藍澤證券
ネット申込不可
東洋証券
ネット申込不可
岩井コスモ証券
後期
委託 岡三オンライン証券
落選
楽天証券(?)
取扱なし
安藤証券(?)
取扱なし
ライブスター証券(?)
取扱なし
GMOクリック証券(?)
取扱なし
松井証券(?)
取扱なし

※承認時はBBスタンス、抽選結果が発表されたら結果を表示しています。

 

これは全く悩みませんでした!!

 

会社のホームページを見た時点で全力参加を即座に決定。

 

高スペックの上にネガサ株ということで当選できれば大きなプラスリターンが狙えるIPOだと思います。

 

普通に30万円以上の利益は余裕で狙えそうです。

 

仮条件が上ブレすればさらにネガサ株になりますので、個人的にはサイズアップしてさらなる魅力的なIPOに変貌してほしいと思います♪

 

メカニック

SBI証券が主幹事なので気合がはいりますよね!!

 

 

RPAホールディングス(6572)のIPO初値予想

 

RPAホールディングス(6572)のIPOにおける初値予想になります

 

直感的初値予想“は仮条件決定後、”独断と偏見初値予想“は上場日前日の更新です^ ^

 

【仮条件決定後の直感的初値予想】

7,000円 〜 8,800円

直感的初値予想の記事はこちら

RPAホールディングス(6572)のIPO直感的初値予想!! 今回はBB期間が2018/03/08から始まるRPAホールディングス(6572)のIPO直感的初値予想をしていきます! ...

 

【上場直前の独断と偏見初値予想】

8,800円

 

みんなの初値予想アンケート

 

投票のお力添えをお願いいたします


 

 

RPAホールディングス(6572)のIPO個人的評価

 

 

【総合評価】

22/30

 

【スタンス】

強気

 

(市場)
5点=マザーズ 4点=ジャスダック 3点=東証一部 2点=東証2部 1点=その他

(吸収金額)
5点=小型 4点=中小型 3点=中型 2点=大型 1点=超大型

(業種)
5点=オンリーワン 4点=ネット系 3点=特殊 2点=普通 1点=不人気

(公募売出比)
5点=公募のみ 4点=公募 〉売出 3点=公募=売り出し 2点=公募〈 売出 1点=売出のみ

(業績)
5点=右肩上がり 4点=黒字(波があらい) 3点=横ばい 2点=赤字 1点=赤字(成長性なし)

(地合い)
5点=イケイケ 4点=いい流れ 3点=普通 2点=雰囲気悪い 1点=最悪

 

 

ABOUT ME
メカニック
20代後半の3級FP資格をもつちょっと変わったカーエンジニアの投資ブログです。優待,IPO,POなどなど書いていきます。 住まいは静岡県のど田舎です。最寄り駅まで車で20分以上かかります。 20代の人達の参考になれたら幸いです。
IPO投資よりもコンスタントに稼げるこんな投資はいかが??[PR]

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、新規承認されなければ投資ができません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれるようになりました!!

ソーシャルレンディングは”ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス“のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%以上で運用することもできるんですよ(^ ^)

年々新しいサービスがでてきていますが、今から始める方はSBIソーシャルレンディングがおススメです。

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

自分も現在50万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

SBIソーシャルレンディングの公式サイト

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

SBIソーシャルレンディングの評判が良いので実際に投資してみましたソーシャルレンディング事業社の中でも古参の一つであるSBIソーシャルレンディング。 ネット証券のSBI証券と同じ、SBIグ...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。