当ブログ一押しキャンペーン!!

【全プレ】

6/30までバンカーズに口座開設で2,000円分のアマギフが貰えます!!

IPO投資

アジャイルメディア・ネットワーク(6573)のIPO初値予想とBBスタンス・幹事団のまとめ

 

アジャイルメディア・ネットワーク(6573)のIPOが新規承認されました。

 

2018/3/27に上場予定で事業内容は”ソーシャルメディアや体験を通じたファン発見・活性化・分析サービス「アンバサダープログラム」の提供“です。

 

このページではアジャイルメディア・ネットワーク(6573)のIPO詳細や仮条件決定後の初値予想、上場日直前初値予想に加え、自分のBBスタンス、各社割当枚数、幹事団について記載していきます。

 

 

【運営者おすすめのソーシャルレンディング】

FUELオンライン

アジャイルメディア・ネットワーク(6573)のIPO詳細

 

銘柄 アジャイルメディア・ネットワーク株式会社
市場 マザーズ
上場日 2018/03/28
コード 6573
公募 70,000株
売り出し 54,000株
OA 18,600株
想定価格 2,640円
吸収金額 約3.8億(想定価格ベース)
時価総額 約17.3億(想定価格ベース)
株主優待 なし
BB期間 2018/03/09~03/15
公開価格決定日 2018/03/16

 

アジャイルメディア・ネットワーク(6573)ってどんな会社??

 

アジャイルメディア・ネットワーク(6573)はクライアント企業の商品やサービスの販売支援するアンバサダープログラムを提供している会社です。

 

「アンバサダーって何??」って感じだと思いますが、こちらは簡単にいえばファンになります。

 

このファンに限定企画やモニターなどを促して、口コミやSNSでどんどん拡散させていくというマーケティングを仕掛けている会社ですね。

 

最近はTwitterやfacebook、InstagramなどのSNSの影響力は半端ないので、これらを上手に活用していく感じでしょう。

 

具体的には有名ブロガーにレビューを書いてもらう”reviews”や、旅行記をまとめ読みできる”Linkトラベラーズ”などを運営しています。

 

 

最近は”インフルエンサー”の効果は絶大ですからね、

 

アジャイルメディア・ネットワーク(6573)IPOスペック

 

続いてアジャイルメディア・ネットワーク(6573)のIPOスペックを簡単に紹介していきます。

 

今回は吸収金額が特に注目です。

 

なんと僅か3.8億円!!

 

マザーズの超小型案件になります。

 

今の所2018年では一番吸収金額が少ないIPOですね。

 

5億円未満のマザーズIPOは過去の成績を見ても高パフォーマンスばかりですから、この時点でほぼ初値高騰は約束されたようなものです。

 

業種もネット系ということで、かなり安心して申し込みできるIPOだと思います。

 

株主にベンチャーキャピタルが多いですが、ロックアップはしっかりとかかっているので問題はなさそうです。

 

目立ったマイナス要素は過密スケジュールぐらいなので、これはもしかしたら予想以上の結果を残してくれるかもしれません。

 

メカニック

業績は勢いは緩やかですが増加傾向です。この規模でなぜ上場するのかよくわかりませんが資金調達というよりは信用力をつける目的の方が強そうです。

 

 

アジャイルメディア・ネットワーク(6573)のIPO仮条件

 

2,800円 〜 3,000円

※仮条件決定後に更新

 

 

アジャイルメディア・ネットワーク(6573)のIPO公開価格

 

3,000円

※公開価格決定後に更新

 

 

アジャイルメディア・ネットワーク(6573)のIPO割当枚数

 

続いてアジャイルメディア・ネットワーク(6573)のIPO幹事団と各社における割当枚数を紹介します。

 

  証券会社 割当枚数 予想抽選配分枚数 個人的期待度
主幹事 みずほ証券
1,019枚
102枚
1
幹事 岡三証券
99枚
10枚
3
SBI証券
86枚
39枚
2
SMBC日興証券
24枚
3枚
エース証券
6枚
0枚
極東証券
6枚
0枚
委託 岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
楽天証券(?)
-枚
-枚
安藤証券(?)
-枚
-枚
ライブスター証券(?)
-枚
-枚
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
松井証券(?)
-枚
-枚

目論見書に記載後に更新

 

主幹事はみずほ証券でした。

 

 

そして上位幹事には珍しく岡三証券が名を連ねています。

 

この2社のコンビはちょっと珍しいような気がしますね。

 

この2社にSBI証券を加えた3社がこのアジャイルメディア・ネットワークの狙い目証券になりますので、当選を目指す方は確実に抑えておきましょう。

 

もちろん資金に余裕がある方はSMBC日興証券からも申し込みしてください。

 

エース証券と極東証券はネットからIPOに参加できませんのでネット組は4社での勝負となりますが、当選枚数が極端に少ないプラチナチケットになります。

 

主幹事のみずほ証券で落選した時点でほぼ全滅が確定しますので、そこは頭に入れておいた方がいいかもしれません。

 

過度な期待は禁物ですよ。

 

また、各証券会社における口座開設日数を下記にまとめてました。

 

証券会社 最短開設日数
auカブコム証券 即日(1営業日)
岡三オンライン証券 即日(1営業日)
マネックス証券 2営業日
野村證券 3営業日
大和証券 3営業日
SBI証券 3営業日
楽天証券 3営業日
松井証券 3営業日
GMOクリック証券 3営業日
東海東京証券 5営業日
SMBC日興証券 5営業日
エイチエス証券 5営業日
丸三証券 6営業日
みずほ証券 7営業日
むさし証券 約1週間
いちよし証券 10営業日
三菱UFJMS証券 10日未満
岩井コスモ証券 2週間
安藤証券 2週間~3週間
岡三証券 2週間~3週間

 

まだ準備できていない証券会社があったら早めに準備しておくようにしてくださいね。

 

ちなみに当選確率をアップさせるを下記記事にまとめてありますので、気になる方はチェックしてくださいませ。

 

裏技やコツは? IPOの当選確率を劇的にアップさせる7つの方法IPO投資をなかなか当たりません。しかし当選確率をアップさせる方法やコツは存在します。今回はIPO歴7年の管理人が7つの方法を徹底解説。裏技ではありませんがしっかりと実践しましょう。...

 

メカニック

この規模のIPOに当選するのは非常に難しいです。もし当選したら今年の運を全て使ってしまうかも 笑

 

 

IPOアジャイルメディア・ネットワーク(6573)のBBスタンスと抽選結果

 

続いてIPOアジャイルメディア・ネットワーク(6573)におけるBBスタンスと抽選結果を紹介します。

 

 
証券会社
抽選結果
主幹事 みずほ証券
落選
幹事 岡三証券
落選
SBI証券
落選
SMBC日興証券
補欠
エース証券
ネット申込不可
極東証券
ネット申込不可
委託 岡三オンライン証券(?)
落選
楽天証券(?)
取扱なし
安藤証券(?)
取扱なし
ライブスター証券(?)
取扱なし
GMOクリック証券(?)
取扱なし
松井証券(?)
取扱なし

※承認時はBBスタンス、抽選結果が発表されたら結果を表示しています。

 

これはスルーする人は1人もいないでしょう 笑

 

当然、強気で参加します。

 

これが当選できれば正直もう2018年は満足できるレベルのIPOですね。

 

ここ最近A級IPOに当選できていないので、「何かの間違いで当選しないかな」と変な妄想をしています。

 

ちょっとどのくらいのパフォーマンスになるのか予想するのが難しいです。

 

個人的には当選者がネット上ででてくるかという部分も注目しています。

 

メカニック

2018年IPOの騰落率ランキング上位に食い込んでくる銘柄なのは間違い無いでしょう。

 

 

アジャイルメディア・ネットワーク(6573)のIPO初値予想

 

アジャイルメディア・ネットワーク(6573)のIPOにおける初値予想になります

 

直感的初値予想“は仮条件決定後、”独断と偏見初値予想“は上場日前日の更新です^ ^

 

【仮条件決定後の直感的初値予想】

6,000円 〜 7,500円

直感的初値予想の記事はこちら

アジャイルメディア・ネットワーク(6573)のIPO直感的初値予想!! 今回はBB期間が2018/03/09から始まるアジャイルメディア・ネットワーク(6573)のIPO直感的初値予想をしていきます!...

 

【上場直前の独断と偏見初値予想】

12,000円

 

みんなの初値予想アンケート

 

投票のお力添えをお願いいたします


 

 

アジャイルメディア・ネットワーク(6573)のIPO個人的評価

 

 

【総合評価】

24/30

 

【スタンス】

強気

 

(市場)
5点=マザーズ 4点=ジャスダック 3点=東証一部 2点=東証2部 1点=その他

(吸収金額)
5点=小型 4点=中小型 3点=中型 2点=大型 1点=超大型

(業種)
5点=オンリーワン 4点=ネット系 3点=特殊 2点=普通 1点=不人気

(公募売出比)
5点=公募のみ 4点=公募 〉売出 3点=公募=売り出し 2点=公募〈 売出 1点=売出のみ

(業績)
5点=右肩上がり 4点=黒字(波があらい) 3点=横ばい 2点=赤字 1点=赤字(成長性なし)

(地合い)
5点=イケイケ 4点=いい流れ 3点=普通 2点=雰囲気悪い 1点=最悪

 

 

ABOUT ME
メカニック
30代の3級FP資格をもつちょっと変わったカーエンジニアの投資ブログです。優待,IPO,POなどなど書いていきます。 住まいは静岡県のど田舎です。最寄り駅まで車で20分以上かかります。 20代の人達の参考になれたら幸いです。
CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)
【裏技】IPO株を誰よりも先に入手する方法とは??

最近はIPOが全く当たらなくなってきました。

ここ数年実践してきた自分としては「かなり厳しくなってきた」という印象です。

そこで自分はエンジェル投資を始めました!!

エンジェル投資とはIPO株を目指すベンチャー企業へ先回りで応援投資する方法

応援出資した先がIPOすれば10倍以上のリターンも狙えます。

もちろん出資した企業がIPOすればすでにその株を保有しているので抽選に参加する必要はありません。

上場後に売却するだけです。

最近では個人でも10万円からエンジェル投資ができる株式投資型クラウドファンディングのサービスがでてきたことから気軽に応援出資ができるようになってきました。

自分は20社以上にエンジェル投資していますが中でもおすすめなのは業界大手のファンディーノです。

案件数はダントツでエンジェル税制という優遇措置も受けられる銘柄が多いです。

このような企業に出資すれば投資しながら節税ができますよ。

ちなみいそんなファンディーノと当ブログではタイアップキャンペーンを実施中です。

下記リンクから口座開設するとAmazonギフト券1,000円がプレゼントされます。

リンク先には自分が出資する際に見ているポイントも紹介していますので、是非一度覗いてみてください!!

ファンディーノについての詳しい紹介と出資先、イグジット実績は下記記事にまとめてありますのでこちらも一読していただけますと幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

【タイアップ中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック
【タイアップ中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック