IPOの当選確率がUPする6つの方法とは
IPO投資

マリオン(3494)のIPOにおける初値結果や割当枚数・主幹事団のまとめ

マリオン(3494)のIPOが新規承認されました。

2018/09/13に上場予定で事業内容は”賃貸用不動産の運営および管理ならびに不動産賃料収入に基づく不動 産証券化商品の組成及び販売“です。

このページではマリオン(3494)のIPO詳細や初値結果、仮条件決定後の初値予想、上場日直前初値予想に加え、自分のBBスタンス、各社割当枚数、幹事団について記載していきます。

 

マリオン(3494)のIPO詳細

銘柄 株式会社マリオン
市場 ジャスダック
上場日 2018/09/13
コード 3494
公募 243,200株
売り出し 0株
OA 36,400株
想定価格 2,170円
吸収金額 約6.1億(想定価格ベース)
時価総額 約34.0億(想定価格ベース)
株主優待 なし
BB期間 2018/08/27~08/31
公開価格決定日 2018/09/03

マリオン(3494)ってどんな会社??

9月も続々と新規承認がでてきており、このマリオンで3社目。

2017年は9社が新規上場して、マネーフォワードという目玉もありましたから今年も期待したいところですね。

さてさて、今回新規承認されたマリオンですがどんな企業かというと不動産関連の会社になります。

主な事業は下記の3つ。

  • 不動産賃貸サービス
  • 不動産証券化サービス
  • 不動産売買

不動産賃貸サービスはマリオンが保有している物件を貸し出し、賃貸料を得ています。

保有している物件は512戸で8割が住居、その他が事務所や駐車場という内訳です。

その他、サブリースサービスも行なっているとのこと。

不動産証券化サービスは簡単に言えば投資型クラウドファンディングなどです。

マリオンボンド、サラリーマンボンドというサービスを提供しており、サラリーマンボンドでは10万円から投資ができます。

自分は投資型クラウドファンディングマニアですが、恥ずかしながらこのサービスは知りませんでしたっ!!

ちょっと気になって中身を見て見たんですが、利回りが低い上に運用期間がなんと5年っ!!

3号案件は完売しているようですが、これはさすがに投資する気にはなれませんね。

でもまぁ一応Fintech事業に進出しているのは好感が持てます。

不動産売買サービスはその名の通りなので、特に説明する必要もないでしょう。

なんだか事業内容を見ると、2017年に上場したオーナーズブックを運営しているロードスターキャピタルに似ている印象を受けました。

個人的にはロードスターキャピタルの方が魅力的に感じますけどね。

ちなみにそれぞれの販売実績はこのようになっています。

不動産売買がトップですが、バランスよく収益をあげているようです。

マリオン(3494)のIPOスペック

続いてマリオン(3494)のIPOスペックを見ていきましょう

上場予定市場はジャスダックです!!

できれば一番初値が期待できるマザーズのよかった。。

続いて、吸収金額を見ていくと約6.1億円です。

ジャスダックでは小型案件になりますので、需給面では有利になりそうですね。

初値上昇に一役かってくれると思います。♪

もう一つ大事になってくるのが業種ですがマリオンは上記でも説明した通り、不動産業ということで目新しさは全くありません。

一応、投資型クラウドファンディングを行なっているのでFintech関連とも言えなくもないですが、知名度は低いですしこちらはあまり評価されなそうです。

なぜか不思議とテック系な匂いが感じないので地味な印象をどうしても感じてしまいます。

一応、売出しがゼロでスケジュールも恵まれていますので、この辺りがどの程度まで初値に影響を与えてくれるかといった感じでしょうか。

悪くはない銘柄でプラスリターンを狙えると思いますが、予想外に上昇するということはなさそうですね。。

メカニック

社歴はすでに32期目に入っていますが業績は伸びています。株主にSBIホールディングスとベルーナという上場企業がいますのでこちらは多少安心感がありますね。

 

マリオン(3494)のIPO仮条件

2,200円 〜 2,380円

想定価格は2,170円でしたのが大幅に上ブレした、強気の仮条件に決定しました!!

 

マリオン(3494)のIPO公開価格

2,380円

無事、上限で決定しました。

 

マリオン(3494)のIPO初値結果

3,800円

初値売りで14.2万円の利益でした。(公募比+60.0%)

上場日初日のチャートはひどいもので、初値形成後はだだ下がり。

TATERUの影響もあってかまったくいいところなしで終わってしまいました。

 

マリオン(3494)のIPO割当枚数と当選期待度

続いてマリオン(3494)のIPO幹事団と各社における割当枚数を紹介します。

  証券会社 割当枚数 予想抽選配分枚数 個人的期待度
主幹事 SBI証券
2,066枚
930枚
1
幹事 SMBC日興証券
122枚
13枚
2
エース証券
49枚
0枚
極東証券
49枚
0枚
東海東京証券
49枚
5枚
3
むさし証券
49枚
5枚
3
藍澤證券
24枚
0枚
岩井コスモ証券
24枚
3枚
4
委託 岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
松井証券(?)
-枚
-枚
楽天証券(?)
-枚
-枚
安藤証券(?)
-枚
-枚
ライブスター証券(?)
-枚
-枚
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚

目論見書に記載後に更新

これはネット組は歓喜でしょう。

主幹事は当選期待度が高いSBI証券でしたっ!!

株主にSBIホールディングスが入っていますのできっとこの関係でしょうね♪

マリオンでは一番当選を期待できる証券会社になりますので、第一優先で申込をしましょう。

ちなみにSBI証券は他の証券会社よりも少しIPOルールが難しいので、知らない方は一度下記記事をチェックしてから申込をしてくださいませ。

誰でもいつかは当選できる!? SBI証券のIPOルールと抽選方法やペナルティを徹底解説!!SBI証券は自分が一番初めに口座開設した証券会社です そして、数ある証券会社の中でもIPO投資という項目に焦点を当てると、他にはな...

口座を持っていないという方は少ないと思いますが、万が一まだ未開設の方は絶対に準備しておくことをオススメしますよ。

そして、SBI証券といえばやはり外せないのが名物のIPOチャレンジポイントです。

マリオンについてはあまり人気化しないと思いますので、ボーダーラインは200P前後ではないかなと予想しています。

もしかしたら200P未満になるかも。

割当枚数が100株か200株で大きくポイントパフォーマンスが変わってきてしまいますので、この変は慎重に決めたいところですかね。

もし、利用しようと思っている人は過去のボーダーラインを下記記事にまとめてありますので、参考にしながら決めてください。

【2018年版】SBI証券主幹事IPOにおけるIPOチャレンジポイントのボーダーラインまとめ!! SBI証券が主幹事をつとめるIPOがでてくると、一番に気になるのがIPOチャレンジポイントを使うかどうかだと思います。 初...

その他、平幹事も多いので当選を狙う方は全ての証券会社から申込するようにしましょう。

上位幹事のSMBC日興証券と口座開設者が少ない東海東京証券は最低でもおさえておきたいところです。

売出し価格がやや高めなので、少ない資金でIPO投資をしている方は後期型の岩井コスモ証券を上手に使ってくださいね。

裏技を使えば資金効率が大幅にアップ!! 岩井コスモ証券のIPOルールや取り扱い実績を徹底解説します。 IPOの抽選が後期型で、よく幹事入りする証券会社といえば間違いなく… 岩井コスモ証券でしょう!! 毎年コンスタントに幹事...

また、最近IPO投資を始めた方はIPOの当選確率をアップさせる方法を下記記事にまとめてありますのでこちらも一読しておくことをオススメしますよ。

門外不出の方法も!? IPOの当選確率を劇的にアップさせる6つの方法 みなさんIPO当選しますか?? 当選していない方の多くはやり方が間違っている可能性が高いです。 そこで今回はIPO歴...
メカニック

当選枚数が少ないですがSBI証券が主幹事ならばなんとかなりそうな気がしちゃいますね。

 

マリオン(3494)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果

最後にマリオン(3494)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果を紹介します。

 
証券会社
抽選結果
主幹事 SBI証券
当選
幹事 SMBC日興証券
補欠
エース証券
ネット申込不可
極東証券
ネット申込不可
東海東京証券
落選
むさし証券
落選
藍澤證券
申込なし
岩井コスモ証券
後期
委託 岡三オンライン証券(?)
取扱なし
松井証券(?)
取扱なし
楽天証券(?)
取扱なし
安藤証券(?)
取扱なし
ライブスター証券(?)
取扱なし
GMOクリック証券(?)
取扱なし

※承認時はBBスタンス、抽選結果が発表されたら結果を表示しています。

ちょっと心配な部分はありますが、とりあえず強気でエントリーする予定です。

当選しても大きな利益を得ることは難しそうですが、数万円のリターンは期待できるでしょう。

個人的には最近めっきりSBI証券で当選していないのでこの辺りで、いい結果がでてくれると嬉しいのですが…

メカニック

仮条件がどのようなレンジになるかが注目です。弱気でこなければ強気にせめていいと思います。

 

マリオン(3494)のIPO初値予想

マリオン(3494)のIPOにおける初値予想になります。

直感的初値予想“は仮条件決定後、”独断と偏見初値予想“は上場日前日の更新です。

【仮条件決定後の直感的初値予想】

2,900円 〜 4,100円
【最新版】マリオン(3494)のIPO直感的初値予想!! どうも、メカニックです。 マリオン(3494)の仮条件が決まりましたのでいつも通り、直感的初値予想をしていきたいと思います...

【上場直前の独断と偏見初値予想】

3,300円

みんなの初値予想アンケート

投票のお力添えをお願いいたします。


 

マリオン(3494)のIPO個人的評価

 

 

【総合評価】

27/35

 

【スタンス】

やや強気

 

(市場)
5点=マザーズ 4点=ジャスダック 3点=東証一部 2点=東証2部 1点=その他

(吸収金額)
5点=小型 4点=中小型 3点=中型 2点=大型 1点=超大型

(業種)
5点=オンリーワン 4点=ネット系 3点=特殊 2点=普通 1点=不人気

(公募売出比)
5点=公募のみ 4点=公募 〉売出 3点=公募=売り出し 2点=公募〈 売出 1点=売出のみ

(業績)
5点=右肩上がり 4点=黒字(波があらい) 3点=横ばい 2点=赤字 1点=赤字(成長性なし)

(地合い)
5点=イケイケ 4点=いい流れ 3点=普通 2点=雰囲気悪い 1点=最悪

(スケジュール)

5点=単独&長期空白明け 4点=単独 3点=過密 2点=同日上場 1点=同日上場&過密

 

その他ブロガーの初値予想は??にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

IPO投資よりもコンスタントに稼げるこんな投資はいかが??[PR]

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、新規承認されなければ投資ができません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれるようになりました!!

ソーシャルレンディングは”ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス“のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%以上で運用することもできるんですよ(^ ^)

年々新しいサービスがでてきていますが、今から始める方はSBIソーシャルレンディングがおススメです。

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

自分も現在50万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

SBIソーシャルレンディングを今すぐチェック

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

SBIソーシャルレンディングとは?? 評判が良いので実際に投資してみましたSBIソーシャルレンディングとはSBIグループが運営している事業者。評判が凄くいいので利回り7%のファンドに実際に投資してみました。自分が投資した際のスクショ画像を使いながら投資申し込みの方法から注意点など徹底的に紹介しています...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。