IPO投資

【IPO新規上場】サーバーワークスの評価は?? クラウド関連+ネガサで3月の有望IPO間違いなし!!

ぶるぶる
ぶるぶる
やっと3月IPOで期待できそうな会社が新規承認されたよ!!
メカニック
メカニック
地味なIPOばっかりだったからサーバーワークスは人気化しそうだね。

どうも、メカニックです!!

サーバーワークス(4434)のIPOが新規承認されました。

2019/03/13に上場予定で事業内容は”Amazon Web Services(AWS)のインフラ基盤構築、リセール、保守・ 運用代行“です。

このページではサーバーワークス(4434)のIPO詳細や仮条件決定後の初値予想、上場日直前初値予想に加え、自分のBBスタンス、各社割当枚数、幹事団について記載していきますよ。

もし、IPOについて知らない方はまずはじめに下記記事を一読してください。

IPOとは??というところから申込方法まで完全解説しています。

【完全保存版】IPO投資の始め方をサルでもわかるように徹底解説します!! このページからこれからIPO投資を始めようという方のためにわかりやすく"IPO投資とは??" というところから実際の方法まで詳し...

サーバーワークス(4434)のIPO詳細

銘柄株式会社サーバーワークス
市場マザーズ
上場日2019/3/13
コード4434
公募200,000株
売出し122,100株
OA48,300株
想定価格4,320円
吸収金額約16.0億円(想定価格ベース)
時価総額約73.0億円(想定価格ベース)
株主優待なし
BB期間2019/02/26~03/04
公開価格決定日2019/03/05

サーバーワークス(4434)ってどんな会社??

今回新規承認されたのは2000年に設立された東京都に本社をおく株式会社サーバーワークスになります。

クラウドサービスでは知らない人はほとんどいないだろうAWSの移行支援などを行なっている会社です。

AWSのコンサルティングパートナーの最上位であるAPNプレミアコンサルティングパートナーに選定されているようですよ。

直近の従業員数は90名で、平均年間給与は約597万円となっています。

沿革を見ると前身は埼玉県で有限会社ウェブ専科で、ECパッケージやサイト作成サービスなどを提供したようです。

その後、サーバーワークスへ社名変更し、AWSのプロバイダーとなって現在に至るという感じですかね。

事業内容は下記の通り。

具体的には下記の3つのサービスに別れています。

  • クラウドインテグレーション
  • リセール
  • MSP

クラウドインテグレーションでは基盤のデザイン、構築、導入支援サービスなどAWSへの移行支援がメインです。

リセールはAWS利用料を日本円建てで請求書払いする課金代行サービス、そしてAWS運用自動化サービスの「Cloud Automator」を提供。

MSPはAWS嬢に構築したシステムの監視や障害の復旧対応、バックアップの取得など24時間365日体制で運用代行サービスを提供しています。

このMSPはテラスカイとの合弁会社であるスカイ365で運営しているとのことです。

そして各サービスごとの売上はこちら。

メインはリセールとなっていました。

主な取引先は株式会社HDEの1社。

すでに導入実績は700社を突破し、ホームページをみたところヤマハ発動機や丸紅、ランサーズ、スノーピークなど上場企業にも多く導入されていました。

サーバーワークス(4434)のIPOスペック

続いてサーバーワークス(4434)のIPOスペックを見ていきましょう。

想定価格は4,320円、上場予定市場はマザーズで吸収金額は約16.0億円となっています。

想定価格はかなりのネガサですね。

サーバーワークス(4434)のIPOにおけるマイナス要素

始めにサーバーワークス(4434)のマイナス要素から見ていきます。

吸収金額が16億円とマザーズでは小型とは言えません。

中型規模といったところでしょうかね。

でもこのぐらいだったらそれほど気にする必要はないと思います。

あとちょっと気になるのは株主のロックアップが1.5倍で解除されるところくらい。

全体を見ても初値に影響を与えるような大きなマイナス要素はなさそうです。

サーバーワークス(4434)のIPOにおけるプラス要素

ネガサ株で枚数が少ないことから需給面では大きなアドバンテージがあります。

吸収金額16億円ですが問題なく吸収できるでしょう。

またAWSの導入支援という業種も初値にプラスに働くと思います。

AWSは世界でトップシェアを誇るクラウドサービスなのでインパクトは絶大です。

しかもここ3年ほどは業績の伸びが凄まじく、急激に売上を伸ばしています。

将来性もありますしスペックは申し分ありません。

有名な会社に導入されているのも好印象が持てます。

ぶるぶる
ぶるぶる
吸収金額がちょっと大きめだけどこれは人気化しそう。大きな穴が見当たらない。
メカニック
メカニック
株主構成をみたら厚切りジェイソンでおなじみのテラスカイ、NTTグループの名前があったよ。

 

サーバーワークス(4434)のIPO仮条件

4,320円 〜 4,780円

想定価格は4,320円でしたので大幅に上ブレしました。

機関投資家の評価は上々だったようです。

 

サーバーワークス(4434)のIPO公開価格

4,780円

無事、上限で決定しました。

 

サーバーワークス(4434)のIPO初値結果

18,000円

 

サーバーワークス(4434)のIPO割当枚数と当選期待度

続いてサーバーワークス(4434)のIPO幹事団と各社における割当枚数を紹介します。

 証券会社割当枚数予想抽選配分枚数個人期待度
主幹事大和証券
2,885枚
577枚
1
幹事野村證券
96枚
10枚
5
三菱UFJモルガンスタンレー証券
96枚
10枚
4
SBI証券
32枚
15枚
3
東海東京証券
32枚
4枚
6
岡三証券
32枚
4枚
7
いちよし証券
32枚
0枚
マネックス証券
16枚
16枚
2
委託幹事岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
楽天証券(?)
-枚
-枚
松井証券(?)
-枚
-枚
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
ライブスター証券(?)
-枚
-枚
DMM株(?)
-枚
-枚

目論見書に記載後に更新

サーバーワークス(4434)の主幹事

サーバーワークス(4434)の主幹事はみんな大好き大和証券です。

2月でも同じくネガサ株のリックソフトスマレジで主幹事をつとめているので、2019年は幸先いいスタートを切っているように感じます。

大手証券の中では一番抽選割合が高いのでちょっと期待できるかもしれません。

詳しいIPOルールは下記にまとめてありますのでご存知ない方はチェックしてから臨んでくださいませ。

【IPOルール】大和証券はチャンス抽選の攻略が鍵!! 裏技で当選確率アップを目指そう!! 大和証券といえば抽選割合が高く、個人投資家でもIPOが当選しやすい証券会社と有名です スタンダードなIPOだけでなくREI...

ただ、サーバーワークスは当選枚数が極小なので当選できたら奇跡です。

IPOは落選が基本ですから、期待しすぎずに楽しみながら参加するようにしましょう。

IPO投資はとにかく諦めずに申し込み続けるのが当選への近道ですからね。

その他狙い目の証券会社

主幹事以外で狙い目となると上位幹事の野村證券三菱UFJモルガンスタンレー証券、そしてネット証券のSBI証券マネックス証券の4社でしょうか。

しかし、野村證券は口座数が多い上に資金不要で申し込めるため激戦が予想されます。

もしかしたら口座数が少ない東海東京証券の方が当選確率は高いかもしれません。

このあたりはなんとも難しいところです。

【IPOルール】東海東京証券は当選しやすい!? 50万円以上稼いだ管理人が徹底解説!!東海東京証券のIPOルールを徹底解説しています。幹事実績や管理人の当選実績、利益などなどこれから口座開設しようと思っている方は是非参考にしてください。...

投資資金が少ない方は最低でもSBI証券からは申し込みして、IPOチャレンジポイントのお土産だけは貰っておきましょう。

【IPOルール】SBI証券なら誰でもいつかは当選できる!?抽選方法やペナルティを徹底解説!!SBI証券は自分が一番初めに口座開設した証券会社です そして、数ある証券会社の中でもIPO投資という項目に焦点を当てると、他にはな...

また、最近IPO投資を始めた方はIPOの当選確率をアップさせる方法を下記記事にまとめてありますので是非一読してみてくださいませ。

門外不出の方法も!? IPOの当選確率を劇的にアップさせる6つの方法 みなさんIPO当選しますか?? 当選していない方の多くはやり方が間違っている可能性が高いです。 そこで今回はIPO歴...

自分の経験を元に算出した当選しやすい証券会社ランキングもまとめてありますのでよろしければこちらもどうぞ。

【真実を暴露】IPOが当選しやすいおすすめ証券はココだっ!!6年の実体験を元にランキング形式でまとめてみました自分がIPOを始めたのは2012年から。 かれこれ6年ほどが経過しようとしています。 コツコツIPOに申込をして、おそらく参...
ぶるぶる
ぶるぶる
雰囲気的には大和証券の一発勝負ってところかな。当選枚数も少ないから激戦必須だね。
メカニック
メカニック
大和証券で当選者がどのくらい出てくるのかも気になる。

 

サーバーワークス(4434)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果

最後にサーバーワークス(4434)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果を紹介します。

 証券会社抽選結果
主幹事大和証券
選外
幹事野村證券
落選
三菱UFJモルガンスタンレー証券
次点
SBI証券
落選
東海東京証券
落選
岡三証券
落選
いちよし証券
不参加
マネックス証券
落選
委託幹事岡三オンライン証券(?)
落選
松井証券(?)
取扱なし
楽天証券(?)
取扱なし
GMOクリック証券(?)
取扱なし
ライブスター証券(?)
取扱なし
DMM株(?)
取扱なし
カブドットコム証券
後期

承認時はBBスタンス、抽選結果が発表されたら結果を表示しています。

はい、もちろんフルエントリー確定です。

当選できたら初値売りで数十万円の利益はほぼ確実でしょう。

3月は本当に地味なIPOばかりなので、間違いなく人気はトップクラスだと思います。

自分としては他の3月IPOは全て落選でいいので、この銘柄だけ当選させてほしいです 笑

 

サーバーワークス(4434)のIPO初値予想

サーバーワークス(4434)のIPOにおける初値予想になります。

直感的初値予想“は仮条件決定後、”独断と偏見初値予想“は上場日前日の更新です。

【仮条件決定後の直感的初値予想】

9,500円 〜 12,000円
【IPO初値予想】サーバーワークスは1万円を目指す!? スペックに死角なし!!サーバーワークス(4434)のIPOにおける仮条件決定後の最新初値予想です。仮条件、プラス要素やマイナス要素を踏まえた個人的初値予想、各社割当枚数、BBスタンスを紹介しています。...

【上場直前の独断と偏見初値予想】

12,000円

みんなの初値予想アンケート

投票のお力添えをお願いいたします。


 

サーバーワークス(4434)のIPO個人的評価

 

【総合評価】

26/35

【スタンス】

強気

その他ブロガーの初値予想は??にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

IPO投資よりもコンスタントに稼げるこんな投資はいかが??[PR]

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、新規承認されなければ投資ができません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれるようになりました!!

ソーシャルレンディングは”ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス“のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%以上で運用することもできるんですよ(^ ^)

年々新しいサービスがでてきていますが、今から始める方はSBIソーシャルレンディングがおススメです。

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

自分も現在50万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

SBIソーシャルレンディングを今すぐチェック

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

【評判と口コミ】SBIソーシャルレンディングに投資してわかった5つのメリット・3つのデメリットSBIソーシャルレンディングとはSBIグループが運営している事業者です。投資している管理がメリットとデメリットを徹底的にまとめました。評判や口コミが気になる方は参考にしてください。...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。