IPO投資

【IPO新規上場】カオナビの評価は?? 人材流出を防ぐシステム提供でテーマ性あり!?

ぶるぶる
ぶるぶる
変わった社名の会社がでてきたね。一体どんなことをしているんだろう。
メカニック
メカニック
でも覚えやすくてキャッチーな社名なのはいいね。

どうも、メカニックです!!

カオナビ(4435)のIPOが新規承認されました。

2019/03/15に上場予定で事業内容は”クラウド人材マネジメントシステム『カオナビ』の提供“です。

このページではカオナビ(4435)のIPO詳細や仮条件決定後の初値予想、上場日直前初値予想に加え、自分のBBスタンス、各社割当枚数、幹事団について記載していきますよ。

もし、IPOについて知らない方はまずはじめに下記記事を一読してください。

IPOとは??というところから申込方法まで完全解説しています。

【完全保存版】IPO投資の始め方をサルでもわかるように徹底解説します!! このページからこれからIPO投資を始めようという方のためにわかりやすく"IPO投資とは??" というところから実際の方法まで詳し...

カオナビ(4435)のIPO詳細

銘柄株式会社カオナビ
市場マザーズ
上場日2019/3/15
コード4435
公募500,000株
売出し370,000株
OA130,500株
想定価格1,780円
吸収金額約17.8億円(想定価格ベース)
時価総額約94.1億円(想定価格ベース)
株主優待なし
BB期間2019/02/28~03/06
公開価格決定日2019/03/07

カオナビ(4435)ってどんな会社??

今回新規承認されたのは2008年に設立された東京都に本社をおく株式会社カオナビになります。

事業内容は社名と同じクラウド人材マネジメントシステムの”カオナビ”の提供です。

カオナビでは上記画像のように社員の顔が並び、名前や経験、評価、スキルなどの情報を一元管理することができます。

すでに導入企業は1,194社。

5年前はたった40社でしたので急激に採用する企業が伸びていることがわかりますね。

ビジネスモデルは登録人数に応じた月額制となっており、ストック型ビジネスです。

事業系統図は下記の通り。

非常にシンプルでわかりやすいですね。

今後は外部サービスとの連携を加速していき、あらゆる人事・人材関連サービスにかかわるプラットフォームの提供を目指しているようですよ。

カオナビはどちらかというと人材を新たに確保するのではなく、長く会社に居続けてもらうためのサービスと言った感じです。

カオナビ(4435)のIPOスペック

続いてカオナビ(4435)のIPOスペックを見ていきましょう。

想定価格は1,780円、上場予定市場はマザーズで吸収金額は約17.8億円となっています。

カオナビ(4435)のIPOにおけるマイナス要素

始めにカオナビ(4435)のマイナス要素から見ていきます。

一番はじめに気になったのは業績です。

カオナビの売り上げは綺麗に増加していますが、まだ黒字化を達成していません。

つまり赤字企業。

ビジネスモデルはストック型になるので提携先が増えれば安定して利益は入ってきます。

今後どこまで提携先を増やせるのかが課題ですかね。

あとは株主にベンチャーキャピタルが多く、ロックアップは公募価格の1.5倍で解除とちょっと緩いです。

大きな売り圧力があることは覚えておきましょう。

カオナビ(4435)のIPOにおけるプラス要素

続いてプラス要素です。

マザーズでは小型規模ではないものの、このぐらいでしたらまだまだアドバンテージはあると思います。

需給面では多少有利です。

また、業種のカオナビもクラウド型の人材マネジメントシステムということで面白いサービス。

こういうのはIPO的に人気化します。

人手不足の今、新規の人材確保も大事ですが優秀な人材を流出させないことも大事ですからね。

テーマ性が感じられます。

将来性があるのも投資家から評価されそうです。

ぶるぶる
ぶるぶる
スペックはいいと思うけどやっぱり赤字っていうのが気になるな〜。
メカニック
メカニック
赤字企業はちょっと警戒されるからね。でも地合いが悪くならなければなんとかなりそうな気がする。

 

カオナビ(4435)のIPO仮条件

1,780円 〜 1,980円

想定価格は1,780円でしたので200円上ブレしました。

機関投資家の評価が良かったみたいですね。

 

カオナビ(4435)のIPO公開価格

1,980円

無事、上限で決定しました!!

 

カオナビ(4435)のIPO初値結果

3,970円

 

カオナビ(4435)のIPO割当枚数と当選期待度

続いてカオナビ(4435)のIPO幹事団と各社における割当枚数を紹介します。

 証券会社割当枚数予想抽選配分枚数個人期待度
主幹事大和証券
7,571枚
1,893枚
1
幹事みずほ証券
739枚
74枚
3
東海東京証券
139枚
14枚
5
マネックス証券
139枚
139枚
2
SBI証券
78枚
36枚
4
エース証券
34枚
-枚
0
委託幹事岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
楽天証券(?)
-枚
-枚
松井証券(?)
-枚
-枚
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
ライブスター証券(?)
-枚
-枚
DMM株(?)
-枚
-枚

目論見書に記載後に更新

カオナビ(4435)の主幹事

2019年は絶好調です!!

主幹事はまたまた大和証券

これでリックソフトスマレジサーバーワークス、そして今回のカオナビとすでに4社の主幹事をつとめています。

しかもどれも魅力的なIPOばかり。

今年はやってくれそうな雰囲気を醸し出しています。

もちろんカオナビでは一番当選しやすい証券会社になりますので、当選を目指す方は第一優先で申し込みをしてくださいね。

詳しいIPOルールは下記にまとめてありますので知らない人はチェックしておきましょう。

【天国 or 地獄】大和証券のIPOルールが大幅に変更!! 旧ルールと比較しながら自分の意見をまとめてみた大和証券のIPOルールが2018年の10月に変更になります。今回は旧ルールと比較しながらどこが変更になったのか詳しく紹介していきます。...

チャンス回数10回の人はテンションあがりますね。

その他狙い目の証券会社

その他カオナビ(4435)の幹事構成をチェックしてみると、合計6社しかありません。

エース証券はネットから申し込めませんが、みずほ証券東海東京証券、そしてネット証券のSBI証券マネックス証券の4社からは申し込みが可能。

正直、それほど当選確率にかわりはないと思いますので自分の相性がいい証券会社を優先的に申し込むのがいいと思います。

もちろんSBI証券は落選してもIPOチャレンジポイントがもらえますのでこちらは優先してくださいね。

【IPOルール】SBI証券なら誰でもいつかは当選できる!?抽選方法やペナルティを徹底解説!!SBI証券は自分が一番初めに口座開設した証券会社です そして、数ある証券会社の中でもIPO投資という項目に焦点を当てると、他にはな...

一応、DMM株で委託販売する可能性がありますので、時間がある人はこちらもチェックしておくようにしましょう。。

DMM株がIPOの取扱いをスタート!! でも当選を期待してはいけないたった1つの理由。 いつかはこうなるとは思っていましたが、やはりきましたね♪ なんとDMM株がIPOの取り扱いをスタートさせます。 やや...

また、最近IPO投資を始めた方はIPOの当選確率をアップさせる方法を下記記事にまとめてありますので是非一読してみてくださいませ。

門外不出の方法も!? IPOの当選確率を劇的にアップさせる6つの方法 みなさんIPO当選しますか?? 当選していない方の多くはやり方が間違っている可能性が高いです。 そこで今回はIPO歴...

自分の経験を元に算出した当選しやすい証券会社ランキングもまとめてありますので、こちらもよろしければどうぞ。

【真実を暴露】IPOが当選しやすいおすすめ証券はココだっ!!6年の実体験を元にランキング形式でまとめてみました自分がIPOを始めたのは2012年から。 かれこれ6年ほどが経過しようとしています。 コツコツIPOに申込をして、おそらく参...
ぶるぶる
ぶるぶる
幹事構成はいつも通りって感じかな?? でも大和証券が主幹事なら当選できるかも!?
メカニック
メカニック
大和証券でチャンス当選する人もでてくるかもしれないね。

 

カオナビ(4435)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果

最後にカオナビ(4435)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果を紹介します。

 証券会社抽選結果
主幹事大和証券
選外
幹事みずほ証券
落選
東海東京証券
落選
マネックス証券
落選
SBI証券
落選
エース証券
ネット申込不可
委託幹事岡三オンライン証券(?)
取扱なし
松井証券(?)
取扱なし
楽天証券(?)
取扱なし
GMOクリック証券(?)
取扱なし
ライブスター証券(?)
取扱なし
DMM株(?)
取扱なし

承認時はBBスタンス、抽選結果が発表されたら結果を表示しています。

確定はしていませんが、今の所参加する方向で考えています。

仮条件をみてから最終的なBBスタンスを決めるつもりです。

大丈夫だとは思っていますが、やはり赤字が気になってしまうんですよね。

しかも現在は地合いも良いとはいえませんから、さらに悪くなったとしたら万が一ということもありえます。

あまり楽観視せずに、慎重に攻めるつもりですよ。

当選しても損失をだしたら意味がないですからね。

 

カオナビ(4435)のIPO初値予想

カオナビ(4435)のIPOにおける初値予想になります。

直感的初値予想“は仮条件決定後、”独断と偏見初値予想“は上場日前日の更新です。

【仮条件決定後の直感的初値予想】

2,600円 〜 3,600円
【IPO初値予想】カオナビの懸念はやっぱり赤字!? 独自クラウドシステムは最大の魅力!!カオナビ(4435)のIPOにおける仮条件決定後の最新初値予想です。仮条件、プラス要素やマイナス要素を踏まえた個人的初値予想、各社割当枚数、BBスタンスを紹介しています。...

【上場直前の独断と偏見初値予想】

3,600円

みんなの初値予想アンケート

投票のお力添えをお願いいたします。


 

カオナビ(4435)のIPO個人的評価

 

【総合評価】

23/35

【スタンス】

やや強気

その他ブロガーの初値予想は??にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

IPO投資よりもコンスタントに稼げるこんな投資はいかが??[PR]

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、新規承認されなければ投資ができません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれるようになりました!!

ソーシャルレンディングは”ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス“のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%以上で運用することもできるんですよ(^ ^)

年々新しいサービスがでてきていますが、今から始める方はSBIソーシャルレンディングがおススメです。

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

自分も現在50万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

SBIソーシャルレンディングを今すぐチェック

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

【評判と口コミ】SBIソーシャルレンディングに投資してわかった5つのメリット・3つのデメリットSBIソーシャルレンディングとはSBIグループが運営している事業者です。投資している管理がメリットとデメリットを徹底的にまとめました。評判や口コミが気になる方は参考にしてください。...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。