【先着1,000名】

FUNDINNOに投資家登録で

アマギフ1,000円が貰えます!!

金融機関・サービス

【口コミ】SMBC日興証券の評判は上々!! 6年使って実感したメリット4つ・デメリット2つ

ぶるぶる
ぶるぶる
大手のSMBC日興証券ってどうなの?? 評判や口コミを教えて!!
メカニック
メカニック
最近はネットにも力を入れている証券会社だね。特にIPOは強いよ!!

大手証券の一つであるSMBC日興証券。

最近はネット取引に力を入れていてネット証券にも負けない手数料体系が大きな魅力。

しかも投資家から絶大な人気を誇るIPOの実績はトップクラスです。

今回はSMBC日興証券を6年つかってわかったメリット・デメリットを徹底紹介していきます。

評判が気になる人には参考になる口コミだと思いますよ!!

結論:SMBC日興証券は口座開設してよかった

結論を先にいうとSMBC日興証券は非常にオススメ。

自分は口座開設してよかったと思っています。

その理由がこちら。

ポイント
  • IPOが当選しやすい
  • 信用買い付け手数料が無料
  • FROGGYで記事から株が買える
  • つなぎ売りのコストが国内最低水準
  • 米国債が購入できる

IPOにはとにかく強いです。

年間でも多くの取り扱いをしますし、主幹事実績も豊富。

過去には日本郵政グループやJR九州、LINEなど知名度の高い企業も取り扱いました。

また、信用買い付け手数料が無料なので「つなぎ売り」のコストを抑えられます。

お得に株主優待をゲットできますよ。

最近は記事から株が買えるというFROGGY(フロッギー)という新たなサービスをリリース!!

対面取引だけでなくネット取引に力を入れている証券会社です。

 

管理人におけるSMBC日興証券の実績

自分はSMBC日興証券で6年間IPOに申込をしたところ11個のIPOに当選することができました。

当選銘柄株数利益上場年
タマホーム
100株
7.2万円
2013年
イオンR投資法人
1口
1.0万円
2013年
100株
-1.31万円
2014年
1口
1.2万円
2014年
1口
2.5万円
2014年
1口
3.5万円
2015年
1口
6.0万円
2015年
100株
14.8万円
2015年
100株
0.8万円
2015年
100株
-2.6万円
2015年
1口
0.25万円
2016年
100株
-1.03万円
2017年
1口
1.4万円
2017年
100株
8.0万円
2018年
100株
14.0万円
2018年
100株
9.7万円
2019年

上場初日に売却したところ合計利益は約65万円。

一部損失がでた銘柄もありますが大満足の結果です!!

また、2019年の2月から一般信用売り取引が開始したこともあり、株主優待をお得にゲットできる「つなぎ売り」でもお世話になっています。

直近で取得した銘柄を一部紹介すると…

ラウンドワン2,000円相当優待券
サンリオサンリオピューロランドの入場券3枚
エディオン10,000円分の割引券
富士急行富士急ハイランドで利用できる優待券
第一興商ビッグエコーで使える5,000円の優待券
興銀リース図書カード3,000円
オリックス地方名産品など

信用買付け手数料が無料なのでかなり低コストで取得できました。

下記がそれぞれの株主優待を取得するのにかかったコスト。

ラウンドワン133円
サンリオ157円
エディオン711円
富士急行196円
第一興商229円
興銀リース213円
オリックス136円

裏技かと思うほどのお得さです!!

3,000円の図書カードが213円とかやばいですよね 笑

今後はSMBC日興証券をつなぎ売りのメイン証券にするつもりです♪

SMBC日興証券を今すぐチェック!!

 

SMBC日興証券とは??

SMBC日興証券は国内の3大証券の一つ。

三井住友フィナンシャルグループの子会社です。

以前は日興コーディアル証券という社名でしたが、2011年に現在の社名に変更。

2018年にはSMBCフレンド証券を吸収合併しました。

大手証券ということもあり対面取引も行なっていますが、最近はネット事業にも力をいれています。

SMBC日興証券の取引コース

SMBC日興証券では口座開設するときに2つの取引コースのどちらかを選択します。

  • 総合コース
  • ダイレクトコース

総合コースは対面取引がメイン。

担当者からアドバイスや投資情報を提供してもらえます。

ダイレクトコースはネットから自分のペースで取引したい人向けのコース。

両者の1番の違いは手数料です。

ダイレクトコースの方が手数料は圧倒的に安く設定されています。

 

SMBC日興証券で取り扱っている金融商品

SMBC日興証券は金融商品のラインナップが充実しています。

  • 国内株式
  • ETF
  • REIT
  • 外国株式
  • IPO
  • PO
  • TOB
  • 個人向け国債
  • 投資信託
  • 年金・保険
  • ファンドラップ

他の証券会社と比較しても遜色ありません。

ファンドラップはダイレクトコースでは取扱がありませんので注意しましょう。

 

SMBC日興証券の手数料

SMBC日興証券の手数料はほとんど無料です。

口座開設費無料
口座維持費用無料
入金手数料無料
出金手数料無料

金融商品の取引をしなければ一切お金はかかりません。

株式取引の委託手数料

株式取引をする場合には所定の手数料がかかります。

総合コースのオンライントレードにおける手数料体系はこのようになっています。

~100万円0.8694%
(最低1,890円)
~200万円0.6804%
+1,890円
~300万円0.6048%
+3,402円
~400万円0.5670%
+4,536円

一方、ダイレクトコースの手数料体系は下記の通り。

~10万円135円
~20万円194円
~30万円270円
~50万円432円
〜100万円864円

手数料が大きく異なることはしっかりと覚えておきましょう。

 

SMBC日興証券のメリット

ぶるぶる
ぶるぶる
SMBC日興証券のメリットを教えて!!
メカニック
メカニック
ひとつずつ見ていこう。

メリット1:IPOの取扱い実績が国内トップクラス

まず、紹介したいのがなんといってもIPOの取扱い実績です。

国内トップクラスの実力で年間で数十社を取扱います。

しかも主幹事になることも多く、その時は当選確率が大幅にアップ。

2019年からステージ制を採用したので今まで以上に当選のチャンスが高まりました。

ちなみに過去に取り扱ったリプロセルというIPOに当選した人は一撃100万円以上の利益を得ました。

IPO目的だけでも口座開設する価値があります。

IPOを知らない人は下記記事を。

SMBC日興証券の詳しいIPOルールを知りたい方は下記記事をチェックしてください。

メリット2:信用買付け手数料が無料

個人的に凄いと思っているのが信用取引の売買委託手数料です。

なんと、SMBC日興証券は信用買い、信用売り、どちらも売買委託手数料が無料。

一般信用取引ならかかるコストは金利だけです。

しかも金利さえも良心的。

一般信用買いは3.00%、一般信用売りは1.40%です。

手数料をできるだけおさえてトレードしたい人にはもってこいの証券会社です。

現物で購入したい人も信用買いしてから現引きすれば低コストで購入できますよ。

メリット3:逆日歩の発生確率と大きさがわかる

「逆日歩予報」という面白いサービスがあります。

こちらは逆日歩の発生確率と大きさを予報する情報サービス。

SMBC日興証券の口座を保有している人なら無料で利用できます。

制度信用でつなぎ売りをしている人にとって一番気をつけなければいけないのは逆日歩です。

3月や9月の株主優待が多い時期はこの逆日歩予報のデータを参考にして取引してみてもいいかもしれませんよ。

もちろん予報が外れることもありますのであくまで参考程度にしましょう。

メリット4:FROGGY(フロッギー)なら記事から株が買える

新しくFROGGY(フロッギー)というサービスも始めました。

これは記事から株が購入できるという今までになかったサービス。

しかも株は500円から購入でき、100万円までの買付け手数料は無料です。

ちなみにこのFROGGY(フロッギー)には有名投資家のインタビューや、おすすめの銘柄、社長の記事がたくさんあります。

記事を読めば知識を得ることもできますし、これから株式投資を始めようとしている人にオススメのサービスです。

詳しく知りたい方は下記記事を合わせてご覧ください。

 

SMBC日興証券のデメリット

ぶるぶる
ぶるぶる
SMBC日興証券のメリットは理解できたよ。ところでデメリットはあるの??
メカニック
メカニック
デメリットというか注意点ならあるよ。

デメリット1:IPOの抽選割合が低めでペナルティもあり

IPOの実績は文句なしですが、IPOの抽選割合は10%と低めです。

もし100枚のIPOがあった場合、抽選にまわるのはたった10枚。

ステージ制を含めても15枚です。

ネット証券のマネックス証券や楽天証券は100%抽選配分なので、これらと比較すると10倍も変わってきます。

さらに当選後にキャンセルした場合、1ヶ月IPOに申し込めないというペナルティが科されます。

IPOを申込する際は当選したら購入する覚悟で望むようにしましょう。

デメリット2:総合コースの手数料が高い

SMBC日興証券はダイレクトコースの手数料は文句ありませんが、総合コースの手数料は高いです。

総合コースの場合、オンライントレードでも最低手数料は1,890円。

支店経由だと最低5,400円です!!

ダイレクトコースと比較すると数十倍も変わってきます。

ネット取引がメインの方はかならずダイレクトコースを選択してくださいね。

 

SMBC日興証券の評判や口コミ

SMBC日興証券における口コミをリサーチしてみました。

やはりIPOと手数料の安さについては評判のいい口コミが多かったです。

また、米国債の豊富さも高評価。

ただ、人気のIPOはなかなか当選しないという声も聞こえました。

 

SMBC日興証券のまとめ

では最後にSMBC日興証券についてまとめます!!

要点まとめ
  • IPOの取扱い実績が豊富
  • 信用取引の手数料が無料
  • つなぎ売りに最適
  • 米国債のラインナップが充実
  • FROGGYは記事から500円で株が買える
  • 総合コースの手数料は高い
  • 当選したIPOをキャンセルするとペナルティ

個人的にはやはり「IPO」と「手数料の安さ」この二つに魅力を感じています。

IPOは何回も当選させてもらってますし、株主優待もお得にゲットできています。

大手証券の中では一番ネットサービスに力を入れている証券会社だと思いますよ。

自分は今後もSMBC日興証券を利用してローリスクで稼がせていただきます 笑

SMBC日興証券を今すぐチェック!!

OwnersBook
FUNDINNO(ファンディーノ)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。