【全員プレゼント】

FUNDINNOに投資家登録で

アマギフ1,000円相当が貰えます!!

IPO投資

【IPO初値結果】Macbee PlanetはSBIのポイントを使うべき?? 業績好調なAIマーケ企業!!

ぶるぶる
ぶるぶる
Macbee Planetが新規承認!! なんか期待できそうな企業だね。
メカニック
メカニック
しかも主幹事はまたSBI証券だよ!!

どうも、メカニックです!!

Macbee Planet(7095)のIPOが新規承認されました。

2020/3/31に上場予定で事業内容は”データを活用したマーケティング分析サービスの提供“です。

このページではMacbee Planet(7095)のIPO詳細や初値結果、仮条件決定後の初値予想、上場日直前初値予想に加え、自分のBBスタンス、各社割当枚数、幹事団について記載していきますよ。

もしIPOについて知らない方はまずはじめに下記記事を一読してください。

IPOとは??というところから申込方法まで完全解説しています。

また、動画でもまとめていますのでよろしければこちらもどうぞ。

マネックス証券

結論:Macbee Planet(7095)のIPOはプラスになりそう!!

時間がない人向けにMacbee Planet(7095)のIPOについてさっとまとめます。

結論からいうと、プラスリターンが見込めそうです!!

ポイント
  • マーケティング関連
  • 想定価格は1,860円
  • 上場市場はマザーズ
  • 吸収金額は約21.5億円
  • 業績は好調で黒字運営
  • 約5年でイグジット
  • ロックアップは完璧
  • 主幹事はSBI証券

Macbee Planetはマーケティング事業を運営している会社です。

設立は2015年で、5年ほどでIPOとなりました。

業績は急成長しており、すでに黒字化。

マザーズ市場に上場予定で吸収金額は21.5億円と中型サイズです。

小型ではありませんが需給面での心配はないでしょう。

また上位株主のロックアップも価格による解除事項はありません。

ただ、コロナ関連で地合いが落ちつかないのは気になるところ。

当日の地合いが初値に大きな影響を与えるかもしれません。

そして、主幹事は当選期待度が高いSBI証券です。

IPOチャレンジポイントも考慮しながら戦略を練りましょう。

口座を保有していない人は早めに準備しておくようにしてくださいね。

また、最近IPO投資を始めた方向けに当選確率をアップさせる方法を下記記事にまとめてあります。

さらに最近ではIPOを目指すベンチャー企業に先回り投資できるFUNDINNO(ファンディーノ)を中心とした株式投資型クラウドファンディングの人気が加速中!!

企業と投資家が一緒になってIPOまで目指せる新しい方法なので興味がある人は是非チェックしてみてください。

自分の経験を元に算出した当選しやすい証券会社ランキングもまとめてありますので、こちらもよろしければどうぞ。

 

Macbee Planet(7095)のIPO詳細

銘柄株式会社Macbee Planet
市場マザーズ
上場日2020/3/31
コード7095
公募370,000株
売り出し633,500株
OA150,500株
想定価格1,860円
吸収金額約21.5億(想定価格ベース)
時価総額約56.0億円(想定価格ベース)
BB期間2020/03/12~03/18
価格決定日2020/03/19

Macbee Planet(7095)ってどんな会社??

まずは今回新規承認されたMacbee Planetがどんな企業なのかを簡単に紹介していきます。

2015年にまくびーインターナショナルにつとめていた小島氏が同社を設立しました。

まくびーの社長の力も借りながら成長していき、わずか5年でイグジットです。

現在の従業員は47名、平均年間給与は約551万円となっています。

さて、そんなMacbee PlanetですがAIを活用したマーケティング事業を行なっている会社です。

事業系統図は下記の通り。

主な事業は下記の二つです。

  • アナリティクスコンサルティング事業
  • マーケティングテクノロジー事業

事業1:アナリティクスコンサルティング事業

アナリティクスコンサルティング事業では、データ解析プラットフォームである「ハニカム」を提供しています。

複数のメディアにまたがって出稿しているWeb広告の一元管理を行い、クライアントのマーケティング活動の戦略立案や運用支援を行っています。

事業2:マーケティングテクノロジー事業

マーケティングテクノロジー事業では、Web接客ツールの「Robee」を提供 。

データ解析と機械学習で、消費者のLPへの流入経路、行動パターンを収集し、消費者行動を予測。

成果につながるマーケティングを実施しています。

販売実績

販売実績を見るとアナリティクスコンサルティング事業でほとんどの売上をあげていることがわかります。

そして相手先は下記の通り。

SMBCコンシューマーファイナンスは毎年売上の10%ほどを占めています。

それ以外は年度によって異なる感じですかね。

Macbee Planet(7095)のIPOスペック

続いてMacbee Planet(7095)のIPOスペックを見ていきましょう。

想定価格は1,860円。

上場予定市場はマザーズで吸収金額は約21.4億円となっています。

Macbee Planet(7095)のIPOにおけるマイナス要素

スペックは非常に優秀だと思います。

しかしスケジュールは最悪です。

2020年の3月は豊作中の豊作!!

2019年の12月よりもIPO数が多いです。

その中でMacbee Planetが上場するのは3月の最終日。

投資家はすでに買い疲れ状態になっていることが予想されます。

さらに新規承認日にまさかのコロナショックが発動。

一時、日経平均が1,000円を超える下げ幅を記録しました。

まだまだ収束に向かっていないので、地合いの影響を大きく受けるような気がしています。

Macbee Planet(7095)のIPOにおけるプラス要素

小型ではないものの20億円台ならば問題なく吸収できる規模でしょう。

業績も右肩上がりで急成長しています。

さらに業種もマーケティング関連でAIも活用していることから人気化する可能性が高いです。

スペックはかなり鉄板な気がしますね。

また株主にVCがおらず上位株主のロックアップがしっかりとかかっているのもグッドでしょう。

ぶるぶる
ぶるぶる
規模、業種ともに問題ないね♪社名がカッコいいけど中身がしっかりと伴っている!!
メカニック
メカニック
閑散期の上場だったら予想以上に初値高騰しただろうに。。

 

Macbee Planet(7095)のIPO仮条件

1,830円 〜 1,990円

※仮条件決定後に更新

 

Macbee Planet(7095)のIPO公開価格

1,830円

残念ながら下限で決定しました。

 

Macbee Planet(7095)のIPO初値結果

2,348円

初値売りで51,800円のプラスでした。(+28.3%)

 

Macbee Planet(7095)のIPO割当枚数と当選期待度

続いてMacbee Planet(7095)のIPO幹事団と各社における割当枚数を紹介します。

 証券会社割当枚数予想抽選配分枚数個人期待度
主幹事SBI証券
-枚
-枚
1
幹事SMBC日興証券
-枚
-枚
みずほ証券
-枚
-枚
岩井コスモ証券
-枚
-枚
エース証券
-枚
-枚
極東証券
-枚
-枚
東海東京証券
-枚
-枚
マネックス証券
-枚
-枚
藍澤證券
-枚
-枚
エイチエス証券
-枚
-枚
東洋証券
-枚
-枚
むさし証券
-枚
-枚
委託幹事ネオモバ(?)
-枚
-枚
岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
松井証券(?)
-枚
-枚
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
ライブスター証券(?)
-枚
-枚
DMM株(?)
-枚
-枚
楽天証券(?)
-枚
-枚

目論見書に記載後に更新

Macbee Planet(7095)の主幹事

なんと!!

主幹事はSBI証券です!!

3月はこれで3社目の主幹事ですね。

もしかしたら確変状態に突入したかもしれません。

いくら来ても問題ないので、ガンガン主幹事をつとめてもらいましょう 笑

今回は当選枚数もそれなりに多いのでIPOチャレンジポイントのボーダーラインは跳ね上がることはないと思います。

200株配分で300P〜400Pくらいを予想していますがどうでしょうかね。

少なくてもサイバーセキュリティクラウドより高くなることは絶対にありません 笑

SBI証券においてはポイントが重要になってくるのでしっかりと過去のボーダーラインも研究しながら戦略を練りましょう。

ちなみに自分は今回はつかわないかな〜。

その他狙い目の証券会社

今回は幹事がとにかく多いです。

SBI証券が主幹事だと中堅証券が多くなる傾向がありますが、今回も同じようなメンツとなっています。

狙い目は副幹事のSMBC日興証券マネックス証券の2社でしょう。

少ない資金でIPOに参加している人はむさし証券エイチエス証券も上手く使ってくださいね。

そして、今回も大注目なのはネオモバです!!

1株からIPOに参加できるため委託販売が確定したらかなり狙い目になると思います。

個人的にはSBI証券と同じくらい期待していますよ。

詳細を知りたい方は下記記事を合わせてご覧ください。

【待望】ネオモバがひとかぶIPOを開始!! メリット・デメリットのまとめ!! ネオモバがやってくれました!! なんとIPOの取扱いが始まります。 しかもなんとびっくりっ!! たった1株から...
ぶるぶる
ぶるぶる
これはガンガン攻めちゃうぞ♪
メカニック
メカニック
ネオモバで委託販売してほしいね!!

 

Macbee Planet(7095)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果

Macbee Planet(7095)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果を紹介します。

]

 証券会社抽選結果
主幹事SBI証券
落選
幹事SMBC日興証券
不参加
みずほ証券
落選
岩井コスモ証券
不参加
エース証券
ネット申込不可
極東証券
ネット申込不可
東海東京証券
不参加
マネックス証券
不参加
藍澤證券
不参加
エイチエス証券
不参加
東洋証券
ネット申込不可
むさし証券
不参加
委託幹事ネオモバ(?)
1株当選
楽天証券(?)
取り扱いなし
松井証券(?)
取り扱いなし
岡三オンライン証券(?)
取り扱いなし
GMOクリック証券(?)
取り扱いなし
ライブスター証券(?)
取り扱いなし
DMM株(?)
取り扱いなし

承認時はBBスタンス、抽選結果が発表されたら結果を表示しています。

新規承認時におけるBBスタンス

地合いが気になるところですが、今の所フルエントリーです!!

スケジュールなども酷いですがそれでもプラスリターンになる可能性が高いと思っています。

ひとまず参加方向で考えておくのがベストでしょう!!

 

Macbee Planet(7095)のIPO初値予想

Macbee Planet(7095)のIPOにおける初値予想になります。

直感的初値予想“は仮条件決定後、”独断と偏見初値予想“は上場日前日の更新です。

【仮条件決定後の直感的初値予想】

2,000円 〜 2,200円

仮条件発表時はプラス予想としましたが、残念ながら下限で決定しましたので公募割れの可能性が高くなってきました。

【上場直前の独断と偏見初値予想】

1,683円

みんなの初値予想アンケート

投票のお力添えをお願いいたします。


 

Macbee Planet(7095)のIPO個人的評価

【総合評価】
22/35

【スタンス】
やや強気

その他ブロガーの初値予想は??にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

OwnersBook
FUNDINNO(ファンディーノ)
IPO投資よりもコンスタントに稼げるこんな投資はいかが??[PR]

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、新規承認されなければ投資ができません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれるようになりました!!

ソーシャルレンディングは”ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス“のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%以上で運用することもできるんですよ(^ ^)

年々新しいサービスがでてきていますが、今から始める方はSBIソーシャルレンディングがおススメです。

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

自分も現在50万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

【口コミ】SBIソーシャルレンディングに3年投資してわかったメリット7つ・デメリット3つSBIソーシャルレンディングとはSBIグループが運営している事業者です。投資している管理がメリットとデメリットを徹底的にまとめました。評判や口コミが気になる方は参考にしてください。...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。