IPO投資

【IPO初値予想】ダイレクトマーケティングミックスは公募割れ一直線!? マイナス要素が盛り沢山で要注意!!

ぶるぶる
ぶるぶる
ダイレクトマーケティングミックスのBBスタンスどうしよう。期待できそうもないんだよなぁ。
メカニック
メカニック
厳しい初値になりそうだよね。

どうも、メカニックです。

ダイレクトマーケティングミックス(7354)の仮条件が決まりましたので、いつも通り初値予想をしていきたいと思います。

詳細なIPOデータは下記記事にまとめ済み。

上場日直前には最新の初値予想も更新予定です。

当選できた方は是非こちらもチェックしてくださいね。

マネックス証券

結論:ダイレクトマーケティングミックス(7354)は公募割れを警戒

時間がない人向けにこの記事の内容をサッとまとめました!!

【仮条件】2,400円 〜 2,980円
【初値予想 】2,700円 〜 3,300円
【スタンス 】SBI証券みずほ証券のみ
【狙い目】SMBC日興証券みずほ証券

想定価格は2,980円でしたので、 仮条件は上ブレしませんでした。

吸収金額は最大268億円と変更ありません。

東証1部に決まるとは思いますが、需給面でのアドバンテージはなく、業種もコンタクトセンターでのセールス代行と目新しさはなし。

その上、売り出しのみという換金色が強いIPOなのでマイナス要素はてんこ盛りです。

業績は右肩上がりで伸びていますが、このスペックでは初値高騰は難しいでしょう。

公募価格前後での初値形成が濃厚です。

よって、自分はSBI証券とみずほ証券からの申し込みという消極的なスタンスとしました。

おそらく今回は不人気だと思うので主幹事のSMBC日興証券とみずほ証券から申し込みをすれば当選確率は高いと思います。

とはいえ、公募割れの可能性もあるので参加するかどうかは慎重に検討してください。

そして、IPO投資を始めたばかりの人は当選確率をアップさせる方法を下記記事にまとめました。

IPOに申し込みする前に是非チェックしてみてください。

裏技やコツは? IPOの当選確率を劇的にアップさせる7つの方法IPO投資をなかなか当たりません。しかし当選確率をアップさせる方法やコツは存在します。今回はIPO歴7年の管理人が7つの方法を徹底解説。裏技ではありませんがしっかりと実践しましょう。...

さらに最近ではIPOを目指すベンチャー企業に先回り投資できるFUNDINNO(ファンディーノ)も注目されていますよ。

10万円前後からエンジェル投資家になれます!!

 

ダイレクトマーケティングミックス(7354)のIPO仮条件

ではここからは自分の考えを織り交ぜながらゆっくりとチェックしていきますね。

まずはダイレクトマーケティングミックス(7354)の仮条件からみていきます。

承認時の想定価格は2,980円。

仮条件はこのように決まりました。

【仮条件】

2,400円 〜 2,980円

下限は580円の下ブレ、上限は想定価格です!!

通常バージョンではありますが、下限を広めに取っているのでやや弱気と受け取った方がいいかもしれません。

ここ最近は上ブレする銘柄ばかりでしたから、この時点でちょっと嫌な雰囲気を感じますよね。

機関投資家からも高評価を得られなかったということでしょう。

雪国まいたけ同様に上限で決まらない可能性もあるので、油断はしない方が良さそうです。

 

ダイレクトマーケティングミックス(7354)のIPO直感的初値予想

続いて本題であるダイレクトマーケティングミックス(7354)のIPO直感的初値予想をしていきます。

下記の初値予想は公募価格が仮条件の上限で決まったと仮定したものになります。

万が一、上限未満で決まった場合は公募価格にそれぞれの掛け率を乗じた初値予想だと思ってくださいませ。

2,700円 〜 3,300円

(公募比約0.9倍〜公募比1.1倍)

公募価格前後の初値予想としました。

ダイレクトマーケティングミックス(7354)のIPOスペック考察

それではダイレクトマーケティングミックス(7354)のスペックをもう一度確認していきましょう。

初値に影響を与える”規模”、”業種”、”スケジュール”、”業績”の4つに焦点をあてて説明していきますね。

まず、上場市場は未定(ほぼ一部)。

吸収金額は仮条件が上ブレしませんでしたので最大268億円のままです。

ダイレクトマーケティングミックス(7354)のIPOにおけるブル要素

始めにプラス要素をチェックしていきたいところですが、自分は見つけることができませんでした。

スペック的には結構酷いです。。

唯一、地合いが好調な点は救いでしょうか。

もし上場日までに環境が急変した場合は公募割れ一直線かも。。

ダイレクトマーケティングミックス(7354)のIPOにおけるベア要素

マイナス要素はたくさんあります。

まずは吸収金額の大きさ。

業種に先進性があればこの規模でも問題ありませんが、ダイレクトマーケティングミックスはコンタクトセンターでのセールス代行なんですよね。

目新しさはなく、地味な分野ですので、そう考えると需給面での優位性は感じません。

市場が東証1部に決まるとは思いますが、それでも厳しいと思います。

さらに一番気になるのは公募がゼロというところ。

ファンドが換金するために上場させるとしか考えられません。

こういうIPOは投資家に嫌われる傾向にあります。

あと、キオクシアホールディングスの前というのもなんだか個人的には気になるんですよね。

ぶるぶる
ぶるぶる
このスペックで初値高騰するわけないね。公募割れもあるんじゃない??
メカニック
メカニック
公募割れしなければ大健闘だね。

ダイレクトマーケティングミックス(7354)のIPO業績

【売上げ】

【純利益】

現在は4期目に入っています。

売上は現在172億円ほど、純利益は14.8億円。

どちらも増加傾向です。

業績は成長性も感じますし、100点といってもいいのではないでしょうかね。

上場後はわかりませんが。。

ダイレクトマーケティングミックス(7354)のIPO初値予想アンケート途中結果


関通における初値予想アンケートの途中結果も簡単にご紹介。

結果を見る場合は左下にある “View Results” をクリック、または投票していただいても結果が表示されます。

ご協力くださいますと幸いです。

すでにみなさん想像が付いていると思いますが、第一位は公募割れです!!

57%ほどの人がこちらに投票しています。

公募価格前後に集中しているので、みんなも期待していないということでしょうね。。

 

ダイレクトマーケティングミックス(7354)のIPOが当選しやすい証券会社は??

続いて、ダイレクトマーケティングミックス(7354)が当選しやすい証券会社を紹介していきます。

IPOの各社割当枚数は下記の通りです。

 証券会社割当枚数予想抽選配分枚数個人期待度
主幹事みずほ証券
-枚
-枚
1
SMBC日興証券
-枚
-枚
幹事大和証券
-枚
-枚
松井証券
-枚
-枚
SBI証券
-枚
-枚
東海東京証券
-枚
-枚
マネックス証券
-枚
-枚
岩井コスモ証券
-枚
-枚
岡三証券
-枚
-枚
丸三証券
-枚
-枚
楽天証券
-枚
-枚
極東証券
-枚
-枚
委託幹事岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
ライブスター証券(?)
-枚
-枚
DMM株(?)
-枚
-枚

※目論見書に記載後に更新。割当枚数が表示されている場合は目論見書に記載されている数字を元に算出したものです。実際の配分枚数は上記よりも少なくなる可能性があります。

1番当選しやすいのは主幹事の2社

ダイレクトマーケティングミックスのIPO株は比較的入手しやすいと思います。

人気はないでしょうし、当選枚数も多めです。

おそらく主幹事のSMBC日興証券とみずほ証券の両方から申し込めば高確率で当選できるでしょう。

さらにSMBC日興証券はステージ別の優遇抽選システムを採用していますが、プラチナランクなら大チャンス。

優遇当選者がたくさん出てきそうな雰囲気です。

また、上記画像内でも記載されている通り、新規口座開設すると3ヶ月間は自動的にブロンズランクになります。

今から開設すれば年末まで当選確率が少しアップしますよ。

その他狙い目の証券会社

平幹事は非常に多いです。

狙い目は上位幹事の大和証券松井証券

そしてネット証券のSBI証券マネックス証券楽天証券、合計5社ですかね。

今回は強気で参加すれば平幹事でも当選できる可能性はあります!!

ただ、当選したからといっても喜べませんので参加する場合をその点もしっかりと考えてくださいませ。

ぶるぶる
ぶるぶる
当選難易度は低いかもしれないけど、損失が出たら意味ないからなぁ。
メカニック
メカニック
地雷の可能性もあるしね。

 

ダイレクトマーケティングミックス(7354)のIPO最終BBスタンス

最後にダイレクトマーケティングミックス(7354)における最終的なBBスタンスを紹介します。

 証券会社抽選結果
主幹事みずほ証券
参加
SMBC日興証券
不参加
幹事大和証券
不参加
松井証券
未定
SBI証券
参加
東海東京証券
不参加
マネックス証券
不参加
岩井コスモ証券
不参加
岡三証券
不参加
丸三証券
不参加
楽天証券
不参加
極東証券
ネット申込不可
委託幹事岡三オンライン証券(?)
不参加
GMOクリック証券(?)
不参加
ライブスター証券(?)
不参加
DMM株(?)
不参加

とりあえず消極的なスタンスをとります。

みずほ証券、そしてSBI証券の2社のみの参加です。

みずほ証券については当選してもキャンセルでペナルティがないので、万が一当選してもまだ選択権はこちらにあります。

ただ、個人的には公募割れが濃厚だと思うんですよねぇ。。

上級者向け銘柄なので無理して参加する必要はないと思います。

攻めるかどうかは慎重に検討してください。

その他ブロガーの初値予想は??にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)
IPO投資よりもコンスタントに稼げるこんな投資はいかが??[PR]

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、新規承認されなければ投資ができません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれるようになりました!!

ソーシャルレンディングは”ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス“のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%以上で運用することもできるんですよ。

年々新しいサービスがでてきていますが、今から始める方はSBIソーシャルレンディングがおススメです。

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

自分も現在50万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

【生の口コミ】SBIソーシャルレンディングに3年投資してわかったメリット7つ・デメリット3つSBIソーシャルレンディングとはSBIグループが運営している事業者です。投資している管理がメリットとデメリットを徹底的にまとめました。評判や口コミが気になる方は参考にしてください。...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。