当ブログ一押しキャンペーン!!

【全プレ】

6/30までバンカーズに口座開設で2,000円分のアマギフが貰えます!!

IPO投資

【IPO評価】アイドマ・ホールディングスはPF事業で業績爆上がり!? 上場日や主幹事構成、時価総額まとめ

ぶるぶる
ぶるぶる
アイドマ・ホールディングスのIPOが新規承認!! あれ!? 前も似たような社名なかった??
メカニック
メカニック
似てるけど別の企業だよ。

うも、メカニックです!!

アイドマ・ホールディングス(7373)のIPOが新規承認されました。

2021/6/23に上場予定で事業内容は下記です。

  • 法人向けに営業戦略の立案、実行、検証、改善提案までをワンス トップで提供する営業支援
  • 営業 DX ツールの開発・活用支援
  • クラウドワーカーに特化した就労支援サイトの運営
  • クラウドワーカーを活用した業務フローの構築・運用支援
  • クラウドワーカー活用支援ツールの開発・活用支援
  • オンラインコミュニケーションツールの開発・活用支援

このページではアイドマ・ホールディングス(7373)のIPO詳細や初値結果、仮条件決定後の初値予想、上場日直前初値予想に加え、自分のBBスタンス、各社割当枚数、幹事団について記載していきますよ。

もしIPOについて知らない方はまずはじめに下記記事を一読してください。

IPOとは??というところから申込方法まで完全解説しています。

また、動画でもまとめていますのでよろしければこちらもどうぞ。

【運営者おすすめのソーシャルレンディング】

FUELオンライン

結論:アイドマ・ホールディングス(7373)のIPOは公募価格以上になりそう

吸収金額
市場
公募売出比
業種
業績
地合い
スケジュール

【総合評価】
24/35

【スタンス】
強気 

時間がない人向けにアイドマ・ホールディングス(7373)のIPOについて要点をピックアップしてまとめました。

結論からいうと、プラスリターンになりそうです

ポイント
  • プラットフォーム事業
  • 想定価格は1,830円
  • 上場市場はマザーズを予定
  • 6/23に上場
  • 過密日程
  • 吸収金額は約28.8億円
  • 業績は右肩上がりで黒字
  • ロックアップがゆるい株主が存在
  • 主幹事はみずほ証券

アイドマ・ホールディングスはプラットフォーム事業をメインに提供している企業です。

上場市場はマザーズということもあり、売上は好調で右肩上がり!!

安定した黒字を出しています。

吸収金額が28.8億円と小型ではありませんが、このぐらいのサイズならば問題はなさそう。

スペックは優秀ですがスケジュールが超過密日程、ロックアップが公募価格の1.5倍で解除される株主がいる点は残念なところです。

しかし、プラスリターンが狙えると判断し、現時点では参加する方向でいます。

そして幹事構成をチェックすると主幹事はみずほ証券です。

平幹事はSBI証券楽天証券マネックス証券から申し込みができますので、当選を目指すならこの4社から挑みましょう!!

また、最近IPO投資を始めた方向けに当選確率をアップさせる方法を下記記事にまとめてあります。

さらに最近ではIPOを目指すベンチャー企業に先回り投資できるFUNDINNO(ファンディーノ)を中心とした株式投資型クラウドファンディングの人気が加速中!!

企業と投資家が一緒になってIPOまで目指せる新しい方法なので興味がある人は是非チェックしてみてください。

ちなみに当ブログではタイアップキャンペーンも実施しており、投資家登録でAmazonギフト券1,000円相当が貰えます。(ファンディーノのキャンペーンと併用可能)

さらに、自分の経験を元に算出した当選しやすい証券会社ランキングもまとめてありますので、こちらもよろしければどうぞ。

 

アイドマ・ホールディングス(7373)のIPO詳細

銘柄 株式会社アイドマ・ホールディングス
市場 マザーズ
上場日 2021/06/23
コード 7373
公募 950,000株
売り出し 420,000株
OA 205,500株
想定価格 1,830円
吸収金額 約28.8億(想定価格ベース)
時価総額 約135.0億円(想定価格ベース)
BB期間 2021/6/7~6/11
価格決定日 2021/6/14

アイドマ・ホールディングス(7373)ってどんな会社??

まずは今回新規承認されたアイドマ・ホールディングスがどんな企業なのか簡単に紹介しますね。

2008年に東京の東村山市で設立されました。

様々なサービスを展開させていきながら、外部からの資金調達を経て順調に成長。

およそ13年でのIPOとなりました。

現在の従業員数は141名、提出会社の年間平均給与は542万円です。

さて、そんなアイドマ・ホールディングスの主な事業はプラットフォーム事業です。

事業系統図は下記の通り。

具体的には下記のサービスを提供しています。

  • セールス・プラットフォーム事業
  • ママワークス事業
  • meet in事業

セールス・プラッフォーム事業

セールス・プラッフォーム事業は独自開発した営業支援システムを活用し、法人の商材を様々な角度から検証、効果の高いパターンを見つけ、生産性の向上を支援しています。

ママワークス事業

ママワークス事業は在宅ワークスに特化した求人サイトです。

登録会員は26万人で子育て世代の優秀なキャリアを持つ人材を企業に紹介しています。

meet in事業

meet in事業は独自に開発したオンラインコミュニケーションインフラ meet inを提供しています。

発行されたリンクをクリックするだけで簡単に相手と繋がり、資料も簡単に共有可能。

1対1だけでなく複数人のミーティングにも対応しています。

販売実績

セールス・プラットフォーム事業が売上の柱です。

ただmeet in事業の伸びが400%以上と、今後はこちらが成長してきそうですね。

アイドマ・ホールディングス(7373)のIPOスペック

続いてアイドマ・ホールディングス(7373)のIPOスペックを見ていきましょう。

想定価格は1,830円。

上場予定市場はマザーズを見込んでおり、吸収金額は約28.8億円となっています。

アイドマ・ホールディングス(7373)のIPOにおけるマイナス要素

マイナス要素ですがやはり無視できないのがスケジュールでしょう。

アイドマ・ホールディングスは超過密日程の中での上場。

同日上場はもちろん前後にも多数のIPOが控えます。

これだけ過密だと資金分散は避けられません。

単独上場と比較すると資金の集まりは間違いなく悪くなります。

そして一部大株主のロックアップが公募価格の1.5倍で解除されますので、この点も頭の片隅にいれておきましょう。

アイドマ・ホールディングス(7373)のIPOにおけるプラス要素

個人的に業種が魅力的。

プラットフォーム事業、人材紹介、さらにはオンラインコミュニケーションインフラと今後も需要が見込めます。

それを証明するかのように業績は好調です。

売上、純利益ともに右肩上がりで伸びています。

コロナが追い風になった印象。

吸収金額は小型ではないですが問題なく吸収できるレベルですし、重たさも感じません。

公募価格2倍以上も全然目指せるIPOだと思います。

ぶるぶる
ぶるぶる
凄い勢いで成長してるね。コロナの影響でまだまだ伸びていきそう。
メカニック
メカニック
スケジュールだけが本当にもったいないよね。

 

アイドマ・ホールディングス(7373)のIPO仮条件

1,830円 〜 1,930円

100円上ブレの強気設定です。

これにより吸収金額は最大30.4億円となりました。

aidma-size-new

 

アイドマ・ホールディングス(7373)のIPO公開価格

-円

※公開価格決定後に更新

 

アイドマ・ホールディングス(7373)のIPO割当枚数と当選期待度

続いてアイドマ・ホールディングス(7373)のIPO幹事団と各社における割当枚数を紹介します。

  証券会社 割当枚数 予想抽選配分枚数 個人期待度
主幹事 みずほ証券
-枚
-枚
幹事 SBI証券
-枚
-枚
東洋証券
-枚
-枚
マネックス証券
-枚
-枚
極東証券
-枚
-枚
楽天証券
-枚
-枚
エース証券
-枚
-枚
委託幹事 岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
松井証券(?)
-枚
-枚
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
SBIネオトレード証券(?)
-枚
-枚
DMM株(?)
-枚
-枚

目論見書に記載後に更新

アイドマ・ホールディングス(7373)の主幹事

いや〜、絶好調とはまさにこの事ですね。

主幹事はまたまたみずほ証券、6月も主幹事ラッシュが炸裂しています。

この勢いは一体どこまで続くんでしょうか。

数年前ではとても信じられないような状況が起こっています。

当然ですがアイドマ・ホールディングスのIPOはこのみずほ証券が一番の狙い目です。

当選を目指すなら必須ですので絶対に申し込みしましょう!!

その他狙い目の証券会社

平幹事は多いですがネットから申込できない証券会社もいますので注意ですね。

ただ、SBI証券楽天証券マネックス証券とネット証券3社が幹事入りしています。

楽天証券マネックス証券は100%抽選配分ですから当選確率はみんな平等。

運次第で誰でも当選できますのでしっかりと押さえておくようにしてくださいませ。

ぶるぶる
ぶるぶる
これはちょっと期待できるかも!?
メカニック
メカニック
抽選が楽しめそうな幹事構成だね。

 

アイドマ・ホールディングス(7373)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果

アイドマ・ホールディングス(7373)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果を紹介します。

  証券会社 抽選結果
主幹事 みずほ証券
参加
幹事 SBI証券
参加
東洋証券
ネット申込不可
マネックス証券
参加
極東証券
ネット申込不可
楽天証券
参加
エース証券
ネット申込不可
委託幹事 岡三オンライン証券(?)
参加予定
松井証券(?)
参加
GMOクリック証券(?)
参加予定
SBIネオトレード証券(?)
参加予定
DMM株(?)
参加予定

承認時はBBスタンス、抽選結果が発表されたら結果を表示しています。

新規承認時におけるBBスタンス

プラスになると予想して参加としました。

吸収金額は小型ではありませんが、この成長性は高い評価を受けると思います。

ただ、仮条件、地合いを見て、最終BBスタンスはしっかりときめたいところ。

これだけ上場が重なっているとハズレがありそうな気もしますからね。

参加方向で問題ないと思いますが油断せずにいきましょう。

 

アイドマ・ホールディングス(7373)のIPO初値予想と初値結果

アイドマ・ホールディングス(7373)のIPOにおける初値予想になります。

直感的初値予想“は仮条件決定後、”独断と偏見初値予想“は上場日前日の更新です。

【仮条件決定後の直感的初値予想】

3,300円 ~ 4,300円

【上場直前の独断と偏見初値予想】

-円

みんなの初値予想アンケート

投票のお力添えをお願いいたします。


初値結果

-円
CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)
【裏技】IPO株を誰よりも先に入手する方法とは??

最近はIPOが全く当たらなくなってきました。

ここ数年実践してきた自分としては「かなり厳しくなってきた」という印象です。

そこで自分はエンジェル投資を始めました!!

エンジェル投資とはIPO株を目指すベンチャー企業へ先回りで応援投資する方法

応援出資した先がIPOすれば10倍以上のリターンも狙えます。

もちろん出資した企業がIPOすればすでにその株を保有しているので抽選に参加する必要はありません。

上場後に売却するだけです。

最近では個人でも10万円からエンジェル投資ができる株式投資型クラウドファンディングのサービスがでてきたことから気軽に応援出資ができるようになってきました。

自分は20社以上にエンジェル投資していますが中でもおすすめなのは業界大手のファンディーノです。

案件数はダントツでエンジェル税制という優遇措置も受けられる銘柄が多いです。

このような企業に出資すれば投資しながら節税ができますよ。

ちなみいそんなファンディーノと当ブログではタイアップキャンペーンを実施中です。

下記リンクから口座開設するとAmazonギフト券1,000円がプレゼントされます。

リンク先には自分が出資する際に見ているポイントも紹介していますので、是非一度覗いてみてください!!

ファンディーノについての詳しい紹介と出資先、イグジット実績は下記記事にまとめてありますのでこちらも一読していただけますと幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

【タイアップ中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック
【タイアップ中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック