当ブログ一押しキャンペーン!!

【全プレ】

6/30までバンカーズに口座開設で2,000円分のアマギフが貰えます!!

IPO投資

【IPO評価】BlueMeme(ブルーミーム)はhotなDXとローコード関連!! 上場日や主幹事構成、時価総額まとめ

ぶるぶる
ぶるぶる
ブルーミームのIPOが新規承認!! これはちょっと面白そうな企業だ!!
メカニック
メカニック
ローコード系だね!!

うも、メカニックです!!

BlueMeme(4069)のIPOが新規承認されました。

2021/6/29に上場予定で事業内容は”ローコードとアジャイルを活用したシステム受託開発・コンサルティング等サービスの提供及び OutSystems®等のソフトウェアライセンス
販売
“です。

このページではBlueMeme(4069)のIPO詳細や初値結果、仮条件決定後の初値予想、上場日直前初値予想に加え、自分のBBスタンス、各社割当枚数、幹事団について記載していきますよ。

もしIPOについて知らない方はまずはじめに下記記事を一読してください。

IPOとは??というところから申込方法まで完全解説しています。

また、動画でもまとめていますのでよろしければこちらもどうぞ。

【運営者おすすめのソーシャルレンディング】

FUELオンライン

結論:BlueMeme(4069)のIPOは人気になりそう

吸収金額
市場
公募売出比
業種
業績
地合い
スケジュール

【総合評価】
24/35

【スタンス】
強気 

時間がない人向けにBlueMeme(4069)のIPOについて要点をピックアップしてまとめました。

結論からいうと、初値で売却できれば利益がだせそうです!!

ポイント
  • ローコード関連
  • 想定価格は2,510円
  • 上場市場はマザーズを予定
  • 上場日の6/29で過密日程
  • 吸収金額は約24.7億円
  • 業績は好調で黒字運営
  • 一部VCのロックアップがゆるめ
  • 主幹事は東海東京証券

BlueMemeはローコードを活用した受託開発を行っている企業です。

マザーズに上場で、想定価格ベースで計算すると吸収金額は24.7億円となります。

業績を見ると、売上は順調に伸びており、黒字運営です。

スケジュールが過密なのは残念ですがホットな業種ですし、初値は公募価格以上を狙えると思います。

自分は強気で参加するつもりです。

主幹事は東海東京証券

6月はメイホーホールディングスにつづいて2社目です。

平幹事にはネット証券のSBI証券もいるので、当選を目指すならこの2社を中心に申込してください。

また、最近IPO投資を始めた方向けに当選確率をアップさせる方法を下記記事にまとめてあります。

さらに最近ではIPOを目指すベンチャー企業に先回り投資できるFUNDINNO(ファンディーノ)を中心とした株式投資型クラウドファンディングの人気が加速中!!

企業と投資家が一緒になってIPOまで目指せる新しい方法なので興味がある人は是非チェックしてみてください。

ちなみに当ブログではタイアップキャンペーンも実施しており、投資家登録でAmazonギフト券1,000円相当が貰えます。(ファンディーノのキャンペーンと併用可能)

さらに、自分の経験を元に算出した当選しやすい証券会社ランキングもまとめてありますので、こちらもよろしければどうぞ。

 

BlueMeme(4069)のIPO詳細

銘柄 株式会社BlueMeme
市場 マザーズ
上場日 2021/06/29
コード 4069
公募 450,000株
売り出し 406,000株
OA 128,400株
想定価格 2,510円
吸収金額 約24.7億(想定価格ベース)
時価総額 約80.3億円(想定価格ベース)
BB期間 2021/6/14~6/18
価格決定日 2021/6/21

BlueMeme(4069)ってどんな会社??

まずは今回新規承認されたBlueMemeがどんな企業なのか簡単に紹介しますね。

2006年に東京都で設立されました。

その後、福岡、横浜、沖縄などオフィスを順次展開。

外部から資金調達をしつつおよそ15年でIPOとなりました。

ちなみに可愛らしい社名ですが「光り輝く」という語源をもつ 「blue ( ブ ル ー )」と文化を形成する情報を伝える意伝子を意味する「meme(ミーム)」という二つの単語から名付けられたとのこと。

現在の従業員数は67名で提出会社の平均年間給与は528万円です。

さて、そんなでBlueMemeの主な事業はシステムの受託開発です。

事業系統図は下記の通り。

具体的には下記2つのサービスです。

  • プロフェッショナルサービス
  • ソフトウェアライセンス販売

プロフェッショナルサービス

これまで手作業で行っていたプログラミング作業を自動化できるローコード技術と、少人数かつ短期間で顧客満足度の高いシステム開発を実現できるアジャイル手法を組み合わせ、当社独自のプロジェクト管理手法「AGILE-DX」で進捗管理を行うユニークな受託開発サー ビスを提供しています。

実績をみると管理システム、クラウド化、ポータルサイト、ツールの開発も行っているようです。

ソフトウェアライセンス販売

ローコード技 術を中心とした「システム開発の生 産性を向上させるソフトウェア」のライセンスをサブスク型で販売しています。

BlueMeme(4069)のIPOスペック

続いてBlueMeme(4069)のIPOスペックを見ていきましょう。

想定価格は2,510円。

上場予定市場はマザーズを見込んでおり、吸収金額は約24.7億円となっています。

BlueMeme(4069)のIPOにおけるマイナス要素

スペックは優秀なので大きなマイナス要素は見当たりません。

どちらかといえば気になるのはやはりスケジュールなどの外部要因になります。

BlueMemeは6月後半の過密日程の中での上場となり、運悪くリヴァンプともバッティング。

流石に6月末付近になれば投資家の買い意欲も減ってくるはずです。

また、地合いもセルインメイ効果なのかパッとしません。

さらに悪化すると、思ったほど初値が伸びなくなる可能性もあるので、このあたりも少し頭に入れておいたほうがいいかもしれません。

あとは株主である一部のVCのロックアップがゆるい点も注意したいところです。

BlueMeme(4069)のIPOにおけるプラス要素

業種は投資家から高く評価されそうです。

システムの受託開発ですがローコードとアジャイル手法を駆使した独自のプロジェクト手法を提供しています。

言い換えればDX関連ですからIPO的には人気の業種です。

また、吸収金額も25億円ほどとそこまで大型規模ではありません。

十分吸収できるサイズだと感じました。

業績を見ても売上はしっかりと伸びていますし、ここ3期はしっかりと黒字を出しています。

有名な企業ではありませんがちょっと光るものを感じますね。

ぶるぶる
ぶるぶる
ローコードでかつDXとなれば人気化間違いなしかな。
メカニック
メカニック
今後も成長が見込める業種だよね。

 

BlueMeme(4069)のIPO仮条件

2,400円 〜 2,820円

想定価格は2,510円でしたので310円の上ブレです。

これにより吸収金額は最大27.8億円となりました。

 

BlueMeme(4069)のIPO公開価格

2,820円

※公開価格決定後に更新

 

BlueMeme(4069)のIPO割当枚数と当選期待度

続いてBlueMeme(4069)のIPO幹事団と各社における割当枚数を紹介します。

  証券会社 割当枚数 予想抽選配分枚数 個人期待度
主幹事 東海東京証券
7,446枚
745枚
1
幹事 野村證券
428枚
43枚
2
大和証券
257枚
26枚
5
みずほ証券
257枚
26枚
4
SBI証券
86枚
39枚
3
東洋証券
43枚
0枚
水戸証券
43枚
0枚
委託幹事 岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
SBIネオトレード証券(?)
-枚
-枚
DMM株(?)
-枚
-枚
松井証券(?)
-枚
-枚
楽天証券(?)
-枚
-枚

目論見書に記載後に更新

BlueMeme(4069)の主幹事

これは少し驚かされました。

主幹事はなんと東海東京証券です!!

6月はメイホーホールディングスで主幹事をつとめましたのでこれで2社目。

1ヶ月のうちに2社の主幹事を務めることは極めて珍しいです。

なんだか2021年はかなり頑張っている印象を受けますがどうしちゃんたんでしょうか 笑

言うまでもありませんがBlueMemeのIPOに当選したいなら最重要の証券会社になります。

口座未保有の人はしっかりと準備しておきましょう。

その他狙い目の証券会社

平幹事は特に珍しい証券会社はなくいつもの顔ぶれです。

大手証券にSBI証券、そして中堅証券といった構成になります。

狙い目としては上位幹事の野村證券大和証券そしてネット証券であるSBI証券の3社になるでしょうか。

かなりの激戦が予想されますが最低でもIPOチャレンジポイントだけはゲットしておきたいところですね。

ぶるぶる
ぶるぶる
東海東京証券が主幹事ならチャンスはあるね!!
メカニック
メカニック
枚数もそこそこあるから気合いれていこう!!

 

BlueMeme(4069)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果

BlueMeme(4069)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果を紹介します。

  証券会社 抽選結果
主幹事 東海東京証券
参加
幹事 野村證券
参加
大和証券
参加
みずほ証券
参加
SBI証券
参加
東洋証券
ネット申込不可
水戸証券
ネット申込不可
委託幹事 岡三オンライン証券(?)
参加予定
松井証券(?)
参加予定
楽天証券(?)
参加予定
GMOクリック証券(?)
参加予定
SBIネオトレード証券(?)
参加予定
DMM株(?)
参加予定

承認時はBBスタンス、抽選結果が発表されたら結果を表示しています。

新規承認時におけるBBスタンス

小型規模ではありませんが業種に魅力を感じているのでフルエントリーでいきます。

DX関連はIPOでは鉄板業種ですし、それに加えてローコードですからね。

初値はそれなりに上がるんでは無いかと予想しています。

心配なのはスケジュール、そして地合いの二つですが、地合いが戻れば公募比2倍も十分狙えそうなスペックです!!

 

BlueMeme(4069)のIPO初値予想と初値結果

BlueMeme(4069)のIPOにおける初値予想になります。

直感的初値予想“は仮条件決定後、”独断と偏見初値予想“は上場日前日の更新です。

【仮条件決定後の直感的初値予想】

5,000円 ~ 6,500円

【上場直前の独断と偏見初値予想】

-円

みんなの初値予想アンケート

投票のお力添えをお願いいたします。


初値結果

-円
CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)
【裏技】IPO株を誰よりも先に入手する方法とは??

最近はIPOが全く当たらなくなってきました。

ここ数年実践してきた自分としては「かなり厳しくなってきた」という印象です。

そこで自分はエンジェル投資を始めました!!

エンジェル投資とはIPO株を目指すベンチャー企業へ先回りで応援投資する方法

応援出資した先がIPOすれば10倍以上のリターンも狙えます。

もちろん出資した企業がIPOすればすでにその株を保有しているので抽選に参加する必要はありません。

上場後に売却するだけです。

最近では個人でも10万円からエンジェル投資ができる株式投資型クラウドファンディングのサービスがでてきたことから気軽に応援出資ができるようになってきました。

自分は20社以上にエンジェル投資していますが中でもおすすめなのは業界大手のファンディーノです。

案件数はダントツでエンジェル税制という優遇措置も受けられる銘柄が多いです。

このような企業に出資すれば投資しながら節税ができますよ。

ちなみいそんなファンディーノと当ブログではタイアップキャンペーンを実施中です。

下記リンクから口座開設するとAmazonギフト券1,000円がプレゼントされます。

リンク先には自分が出資する際に見ているポイントも紹介していますので、是非一度覗いてみてください!!

ファンディーノについての詳しい紹介と出資先、イグジット実績は下記記事にまとめてありますのでこちらも一読していただけますと幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

【タイアップ中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック
【タイアップ中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック