クラウドリアルティ

【驚愕】

クラウドリアルティに投資家登録するだけで…

5,000円相当のポイントが貰えます!!

11/28で終了

IPO投資

【IPO初値予想】クリーマの天国か地獄は地合い次第!? 仮条件上ブレで期待度はMAXに!!

ぶるぶる
ぶるぶる
クリーマは参加するかどうか悩み中!! 初値予想はどんな感じ??
メカニック
メカニック
詳しく紹介していくね。

どうも、メカニックです。

クリーマ(4017)の仮条件が決まりましたので、いつも通り初値予想をしていきたいと思います。

詳細なIPOデータは下記記事にまとめ済み。

上場日直前には最新の初値予想も更新予定です。

当選できた方は是非こちらもチェックしてくださいね。

マネックス証券

結論:クリーマ(4017)はプラスになるかも!?

時間がない人向けにこの記事の内容をサッとまとめました!!

【仮条件】 3,250円 〜 3,570円
【初値予想 】 3,570円 〜 5,000円
【スタンス 】 参加
【狙い目】 SBI証券ネオモバ(?)

想定価格は3,250円ですので上ブレしました。

要点まとめ
  • マザーズに上場
  • 吸収金額は最大65.7億円
  • 規模は大型
  • 業種は今後も市場拡大が狙える
  • ロックアップ緩く、株主はVCが多い
  • 業績は好調だが前期まで赤字
  • 地合いが絶好調

吸収金額は最大65.7億円にサイズアップ。(想定価格ベースでは59.8億円)

マザーズでは大型規模となり需給面ではやや不利です。

しかし業種はハンドメイドのマーケットプレイスを運営しており、高い知名度を誇ります。

さらに地合いも好調なためこのまま悪化しなければプラスリターンが見込めそうです。

多少、不安は残るものの自分はフルエントリーすることにしました!!

また、クリーマのIPOですが主幹事のSBI証券から申し込むのが当選への近道です。

IPOチャレンジポイントの利用も含めて考えておきたいところですね。

ちなみに、SBI証券は最短1営業日で口座開設ができるのでまだ保有していない人はすぐに開設するようにしてくださいませ。

そして、もしかしたらネオモバで委託販売されるかもしれません。

ネオモバのひとかぶIPOのイメージ画像

1株から申込ができるので少ない資金でもチャレンジができますよ。

取り扱いが確定したらこちらからも忘れずに申込をしましょう!!

そして、IPO投資を始めたばかりの人は当選確率をアップさせる方法を下記記事にまとめました。

IPOに申し込みする前に是非チェックしてみてください。

裏技やコツは? IPOの当選確率を劇的にアップさせる7つの方法IPO投資をなかなか当たりません。しかし当選確率をアップさせる方法やコツは存在します。今回はIPO歴7年の管理人が7つの方法を徹底解説。裏技ではありませんがしっかりと実践しましょう。...

さらに最近ではIPOを目指すベンチャー企業に先回り投資できるFUNDINNO(ファンディーノ)も注目されていますよ。

10万円前後からエンジェル投資家になれます!!

 

クリーマ(4017)のIPO仮条件

ではここからは自分の考えを織り交ぜながらゆっくりとチェックしていきますね。

まずはクリーマ(4017)の仮条件から紹介していきます。

承認時の想定価格は3,250円。

仮条件はこのように決まりました。

【仮条件】

3,250円 〜 3,570円

これはちょっと驚きです!!

想定価格が下限、上限は320円も上ブレしました。

強気の仮条件です。

地合いも大幅に回復し、日経平均は24,000円を突破したので地合いも考慮しての判断かもしれません。

ロードショーで機関投資家の感触も悪くなかったということでしょうね。

今の勢いなら問題なく上限で決まると思われます。

ネガさなので楽しみになってきました。

 

クリーマ(4017)のIPO直感的初値予想

続いて本題であるクリーマ(4017)のIPO直感的初値予想をしていきます。

下記の初値予想は公募価格が仮条件の上限で決まったと仮定したものになります。

万が一、上限未満で決まった場合は公募価格にそれぞれの掛け率を乗じた初値予想だと思ってくださいませ。

3,570円 〜 5,000円

(公募比約1.0倍〜公募比1.5倍)

公募価格1.5倍を上限とした初値予想としました。

クリーマ(4017)のIPOスペック考察

それではクリーマ(4017)のスペックをもう一度確認していきましょう。

初値に影響を与える”規模”、”業種”、”スケジュール”、”業績”の4つに焦点をあてて説明していきますね。

まず、上場市場はマザーズ。

吸収金額は仮条件が上ブレしましたので最大65.7億円となりました。

想定価格ベースでは59.8億円でしたので5.9億円のサイズアップです。

クリーマ(4017)のIPOにおけるブル要素

まずブル要素からチェック。

もっとも初値に好影響を与えてくれそうなのは業種です。

ハンドメイドマーケットプレイスを運営していますがこの市場は年々拡大傾向。

コロナも追い風にできた業種の一つと言えるでしょう。

今後しばらくは良い波が続きそうです。

さらにクリーマは知名度が高いですし、上場タイミングも悪くないので注目度も高くなると思われます。

個人的には結構ピカピカしたベンチャーのイメージなのもグッド。

IPOは人気投票の面が強いですからね。

クリーマ(4017)のIPOにおけるベア要素

気にすべきは吸収金額です。

仮条件が大幅に上ブレしたことで吸収金額は65億円以上となりました。

マザーズでは大型規模に分類されます。

流石にこの規模では公募比2倍以上のサプライズは難しい言わざる負えません。

そして、ロックアップが緩く、1.5倍以上になると売り爆弾が降ってくる可能性もあるのでそこは少し注意したいところでしょう。

ただ、少し前に上場した日通システムも予想以上に堅調な初値形成となりました。

今の地合いが続けばプラスリターンは十分狙えそうな雰囲気です。

ぶるぶる
ぶるぶる
スペックが高いとは言えないから本当に地合い次第だね。
メカニック
メカニック
コロナショック時だったら絶対公募割れだったと思うな。

クリーマ(4017)のIPO業績

【売上げ】
クリーマの売上

【純利益】
クリーマの純利益の画像

現在は12期目に入っています。

連結だと前期は売上が15億円ほど、純利益は-0.28億円です。

売上はきれいに右肩上がりで伸びており、純利益は赤字続きでしたがようやく回収期に入ったように受け取れます。

今期は黒字で着地する可能性が高いですね。

赤字続きだったので見栄えはよくはありませんが個人的には十分評価できる業績だと思います。

クリーマ(4017)のIPO初値予想アンケート途中結果


関通における初値予想アンケートの途中結果も簡単にご紹介。

結果を見る場合は左下にある “View Results” をクリック、または投票していただいても結果が表示されます。

ご協力くださいますと幸いです。

ちなみに現在の状況を見ると80%以上の人が公募価格の1.0倍〜1.5倍に投票しています。

ダントツです。

一方で公募割れにも投票している方がいらっしゃいます。

アンケートからは公募価格前後で落ち着くと感じている投資家が多くいるのがわかりますね。

 

クリーマ(4017)のIPOが当選しやすい証券会社は??

続いて、クリーマ(4017)が当選しやすい証券会社を紹介していきます。

IPOの各社割当枚数は下記の通りです。

  証券会社 割当枚数 予想抽選配分枚数 個人期待度
主幹事 SBI証券
-枚
-枚
1
幹事 みずほ証券
-枚
-枚
岡三証券
-枚
-枚
ちばぎん証券
-枚
-枚
東洋証券
-枚
-枚
水戸証券
-枚
-枚
岩井コスモ証券
-枚
-枚
極東証券
-枚
-枚
マネックス証券
-枚
-枚
エース証券
-枚
-枚
丸三証券
-枚
-枚
楽天証券
-枚
-枚
委託幹事 ネオモバ(?)
-枚
-枚
岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
ライブスター証券(?)
-枚
-枚
DMM株(?)
-枚
-枚
松井証券(?)
-枚
-枚

※目論見書に記載後に更新。割当枚数が表示されている場合は目論見書に記載されている数字を元に算出したものです。実際の配分枚数は上記よりも少なくなる可能性があります。

当選を目指すならSBI証券から必ず申し込もう

最も当選確率が高いのは誰がなんと言おうと主幹事のSBI証券に他なりません。

ネット証券ということもあり、抽選に回してくれる枚数が多いのでネットからの参加でも十分当選が狙えると思います。

申込枚数が多ければ多いほど当選確率がアップするので資金をかき集めて挑むようにしましょう。

100株よりも200株、200株よりも300株と行った感じで、自分ができる限界まで申し込みしてくださいね。

そして、IPOチャレンジポイントの利用も悩んでいる人が多くいそうです。

枚数的に200株配分以上が見込まれ、ネガサ株なので初値高騰すればハイパフォーマンスになる可能性もあります。

ボーダーラインもそれほど高くなりそうもないので1P = 1,000円以上になるかもしれません。

個人的には300P〜350Pあたりだと予想しています。

ただ、初値が伸びない可能性もあるのでそこが悩みどころなんですよね。。

利用については慎重に慎重を重ねて検討してください。

その他狙い目の証券会社

SBI証券以外では同じくネット証券のマネックス証券楽天証券からは申込しておきたいところ。

あとはネガサ株なので後期型の岩井コスモ証券も上手に使えば効率的に資金の節約ができます。

そして、ネオモバの存在も忘れてはいけません!!

ネオモバのひとかぶIPOのイメージ画像

SBI証券が主幹事になると委託販売することが多く、なんと1株から申込可能です!!

リターンは少なくなりますが、その分かなり当選のハードルは下がります。

SBI証券なみに当選できる可能性が高いのでこちらも忘れずにチェックしておきましょう。

ぶるぶる
ぶるぶる
SBI証券主幹事だし枚数もそこそこ多いから期待できるかも!!
メカニック
メカニック
IPO投資家の腕がなるね♪

 

クリーマ(4017)のIPO最終BBスタンス

最後にクリーマ(4017)における最終的なBBスタンスを紹介します。

  証券会社 抽選結果
主幹事 SBI証券
落選
幹事 みずほ証券
落選
岡三証券
落選
ちばぎん証券
ネット申込不可
東洋証券
ネット申込不可
水戸証券
ネット申込不可
岩井コスモ証券
後期
極東証券
ネット申込不可
マネックス証券
落選
エース証券
ネット申込不可
丸三証券
申し込まず
楽天証券
後期
委託幹事 ネオモバ
後期
松井証券(?)
取り扱いなし
岡三オンライン証券(?)
落選
GMOクリック証券(?)
取り扱いなし
ライブスター証券(?)
取り扱いなし
DMM株(?)
取り扱いなし

スペックが微妙なのでなんともBBスタンスに悩む銘柄ですね。

かなり地合いに左右される面が強く、大統領選挙終了後に株価が暴落したらかなり大ピンチになります。

ただ、SBI証券の場合は当選分をキャンセルしてもペナルティはありません。

よって自分はとりあえず全力参加することにしました。

当選できた場合はギリギリまで市況を見ながら購入するかどうかを検討します。

ちなみに今の地合いが継続すればプラスリターンになる可能性が高い読んでいます。

とりあえずは参加方向でいいのではないでしょうかね。

その他ブロガーの初値予想は??にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)
IPO投資よりもコンスタントに稼げるこんな投資はいかが??[PR]

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、新規承認されなければ投資ができません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれるようになりました!!

ソーシャルレンディングは”ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス“のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%以上で運用することもできるんですよ。

年々新しいサービスがでてきていますが、今から始める方はSBIソーシャルレンディングがおススメです。

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

自分も現在50万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

https://ipomechanic.com/2017/04/13/post-28665/

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

クリーマの主幹事!!
SBI証券をチェック
クリーマの主幹事!!
SBI証券をチェック