当ブログ一押しキャンペーン!!

【先着1,000名】

9/30までFundsに口座開設で1,000円分のアマギフが貰えます!!

IPO投資

【IPO初値結果】Enjinは業績好調なPR会社!! 上場日や主幹事構成、時価総額まとめ

ぶるぶる
ぶるぶる
EnjinのIPOが新規承認!! 名前からして期待できそう!!
メカニック
メカニック
枚数もそこそこあるから楽しめそうな銘柄だよ。

うも、メカニックです!!

Enjin(7370)のIPOが新規承認されました。

2021/6/18に上場予定で事業内容は”法人/経営者、医療機関/医師向け PR 支援サービスの提供及びマッチングプラットフォームの運営“です。

このページではEnjin(7370)のIPO詳細や初値結果、仮条件決定後の初値予想、上場日直前初値予想に加え、自分のBBスタンス、各社割当枚数、幹事団について記載していきますよ。

もしIPOについて知らない方はまずはじめに下記記事を一読してください。

IPOとは??というところから申込方法まで完全解説しています。

また、動画でもまとめていますのでよろしければこちらもどうぞ。

【運営者おすすめのソーシャルレンディング】

FUELオンライン

結論:Enjin(7370)のIPOは公募価格以上になりそう

吸収金額
市場
公募売出比
業種
業績
地合い
スケジュール

【総合評価】
24/35

【スタンス】
やや強気 

時間がない人向けにEnjin(7370)のIPOについて要点をピックアップしてまとめました。

結論からいうと、プラスリターンになりそうです

ポイント
  • PR事業
  • 想定価格は1,380円
  • 上場市場はマザーズを予定
  • 6/18に上場
  • 吸収金額は約39.7億円
  • 業績は右肩上がりで黒字
  • ロックアップは問題なし
  • 主幹事はみずほ証券

Enjinは法人や医療機関向けのPR支援事業を行なっている企業です。

売上は右肩上がりで伸びており、すでに黒字化を達成しています。

マザーズに上場予定で吸収金額は39.7億円と小型ではありませんが、人気化しそうな銘柄です。

株主構成は非常にシンプルでロックアップはがっちり!!

このスペックならば十分にプラスリターンが狙えると思います。

そして幹事構成を見ると主幹事はみずほ証券です。

平幹事はSBI証券楽天証券のみなので当選を目指すなら3社からしっかりと申し込みしましょう。

また、最近IPO投資を始めた方向けに当選確率をアップさせる方法を下記記事にまとめてあります。

さらに最近ではIPOを目指すベンチャー企業に先回り投資できるFUNDINNO(ファンディーノ)を中心とした株式投資型クラウドファンディングの人気が加速中!!

企業と投資家が一緒になってIPOまで目指せる新しい方法なので興味がある人は是非チェックしてみてください。

ちなみに当ブログではタイアップキャンペーンも実施しており、投資家登録でAmazonギフト券1,000円相当が貰えます。(ファンディーノのキャンペーンと併用可能)

さらに、自分の経験を元に算出した当選しやすい証券会社ランキングもまとめてありますので、こちらもよろしければどうぞ。

 

Enjin(7370)のIPO詳細

銘柄 株式会社Enjin
市場 マザーズ
上場日 2021/06/18
コード 7370
公募 1,000,000株
売り出し 1,500,000株
OA 375,000株
想定価格 1,380円
吸収金額 約39.7億(想定価格ベース)
時価総額 約96.6億円(想定価格ベース)
BB期間 2021/6/2~6/8
価格決定日 2021/6/9

Enjin(7370)ってどんな会社??

まずは今回新規承認されたEnjinがどんな企業なのか簡単に紹介しますね。

2007年に大阪市で株式会社矢動丸enjinを設立しています。

2009年に株式会社enjin、2017年に株式会社Enjinに変更。(大文字になっただけ!?)

外部からの資金調達なしでIPOまで持ってきました。

現在の従業員数は152名で提出会社の平均年間給与は514万円です。

さて、そんなEnjinの主な事業はPR事業です。

事業系統図は下記の通り。

具体的には下記のサービスを提供しています。

  • 法人/経営者向け・医療機関/医師向けPR支援サービス
  • メディアマッチングサービス「メディチョク」
  • 決済社アポイントマッチングサービス「アポチョク」

法人/経営者向け・医療機関/医師向けPR支援サービスは外部CMOとしてオウンドメディアを中心とした複数目のメディア媒体の中からニーズにあった露出のサポートを行なっています。

メディチョクは企業とメディアのマッチングプラットフォーム。

メディア側に自社の情報発信を直接的に担当者に行うことができます。

アポチョクはBtoB向けサービスを提供する企業を対象にプラットフォームを利用した決済社と顧客をつなぐアポイントマッチングサービスです。

自社のサービスを必要としている決済者とのアポイントマッチングをネット上で行うことができます。

販売実績

サービスごとの売り上げは上記の通りで法人/経営者向けPR支援サービスがメインです。

メディチョクなどのプラットフォームはほとんど貢献していませんね。

Enjin(7370)のIPOスペック

続いてEnjin(7370)のIPOスペックを見ていきましょう。

想定価格は1,380円。

上場予定市場はマザーズを見込んでおり、吸収金額は約39.7億円となっています。

Enjin(7370)のIPOにおけるマイナス要素

マイナス面とまでは言えませんが吸収金額が少し気になります。

直近ではマザーズでも100億円以上は当たり前で、ビジョナルに関しては680億円という超大型のサイズでした。

これらと比較すれば40億円くらいならばそれほどのインパクトはありません。

ただ、小型ではありませんし企業的にもキラキラした雰囲気を感じないので少しだけ重たい印象をうけます。

少しだけ頭に入れておいた方がいいかも。

Enjin(7370)のIPOにおけるプラス要素

PR事業ということで先進性を感じない業種ですが地味な印象はありません。

しかも業績は非常に好調で、売り上げは年々伸びていますし、しっかりと黒字を出しています。

スケジュール的にも過密間はないのでこのスペックならば公募価格以上の初値が狙えそうです。

ロックアップも完璧ですしね。

ただ、外部環境がちょっと落ち着いていません。

上場日の地合いに左右される可能性が高いです。

ぶるぶる
ぶるぶる
スペック的には大丈夫そうだけど、ちょっと物足りないかな。
メカニック
メカニック
2倍以上の初値は厳しいかもね。

 

Enjin(7370)のIPO仮条件

1,300円 〜 1,380円

上ブレしなかったので最大吸収金額に変更はありません。

 

Enjin(7370)のIPO公開価格

1,380円

※公開価格決定後に更新

 

Enjin(7370)のIPO割当枚数と当選期待度

続いてEnjin(7370)のIPO幹事団と各社における割当枚数を紹介します。

  証券会社 割当枚数 予想抽選配分枚数 個人期待度
主幹事 みずほ証券
-枚
-枚
幹事 SBI証券
-枚
-枚
楽天証券
-枚
-枚
委託幹事 岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
松井証券(?)
-枚
-枚
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
SBIネオトレード証券(?)
-枚
-枚
DMM株(?)
-枚
-枚

目論見書に記載後に更新

Enjin(7370)の主幹事

主幹事はみずほ証券です。

3月、4月でも順調に主幹事案件をこなしましたが、勢いは止まりません。

本当にここ数年はみずほ証券がいい企業の主幹事になることが多いですよね。

結構ネット上でも当選報告が多くて、大手証券の中ではトップクラスに個人投資家に好かれているように感じます。

自分は全く当選してできないのでそこまでいい印象はありませんが、今回は枚数も少し多めなので期待できるかも!?

その他狙い目の証券会社

平幹事はなんとネット証券のみ。

SBI証券楽天証券の2社です。

これはなかなかテンションが上がる構成ですね。

特に楽天証券は100%抽選配分なので割当枚数によってはかなり期待できるかもしれません。

想定価格もそこまで高くはありませんし、主幹事を含めた3社からしっかりと申し込みしておきたいところでしょう。

ぶるぶる
ぶるぶる
ネット組にとっては悪くない幹事団だね。
メカニック
メカニック
枚数も多いからかなり当選できる人でてくるんじゃない??

 

Enjin(7370)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果

Enjin(7370)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果を紹介します。

  証券会社 抽選結果
主幹事 みずほ証券
参加
幹事 SBI証券
参加
楽天証券
参加
委託幹事 岡三オンライン証券(?)
参加予定
松井証券(?)
参加予定
GMOクリック証券(?)
参加予定
SBIネオトレード証券(?)
参加予定
DMM株(?)
参加予定

承認時はBBスタンス、抽選結果が発表されたら結果を表示しています。

新規承認時におけるBBスタンス

おそらく大丈夫でしょう。

個人的には数万円のプラスリターンが狙えるB級評価です。

公募割れのリスクは極めて低いと思います。

唯一、地合いだけが落ち着かずに少し心配なので、その点だけは注意しながら最終スタンスを決めていくつもりです。

 

Enjin(7370)のIPO初値予想と初値結果

Enjin(7370)のIPOにおける初値予想になります。

直感的初値予想“は仮条件決定後、”独断と偏見初値予想“は上場日前日の更新です。

【仮条件決定後の直感的初値予想】

1,350円 ~ 2,000円

【上場直前の独断と偏見初値予想】

1,600円

みんなの初値予想アンケート

投票のお力添えをお願いいたします。


初値結果

2,150円
初値売りで7.7万円の利益でした。(+55.8%)
CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)
【裏技】IPO株を誰よりも先に入手する方法とは??

最近はIPOが全く当たらなくなってきました。

ここ数年実践してきた自分としては「かなり厳しくなってきた」という印象です。

そこで自分はエンジェル投資を始めました!!

エンジェル投資とはIPO株を目指すベンチャー企業へ先回りで応援投資する方法

応援出資した先がIPOすれば10倍以上のリターンも狙えます。

もちろん出資した企業がIPOすればすでにその株を保有しているので抽選に参加する必要はありません。

上場後に売却するだけです。

最近では個人でも10万円からエンジェル投資ができる株式投資型クラウドファンディングのサービスがでてきたことから気軽に応援出資ができるようになってきました。

自分は20社以上にエンジェル投資していますが中でもおすすめなのは業界大手のファンディーノです。

案件数はダントツでエンジェル税制という優遇措置も受けられる銘柄が多いです。

このような企業に出資すれば投資しながら節税ができますよ。

ちなみいそんなファンディーノと当ブログではタイアップキャンペーンを実施中です。

下記リンクから口座開設するとAmazonギフト券1,000円がプレゼントされます。

リンク先には自分が出資する際に見ているポイントも紹介していますので、是非一度覗いてみてください!!

ファンディーノについての詳しい紹介と出資先、イグジット実績は下記記事にまとめてありますのでこちらも一読していただけますと幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

【キャンペーン中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック
【キャンペーン中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック