当ブログ一押しキャンペーン!!

【全プレ】

9/30までバンカーズに口座開設で2,000円分のアマギフが貰えます!!

IPO投資

【IPO初値結果】アイスコの上場日や主幹事構成、時価総額まとめ!!ドンキとクリエイトSDに依存の冷凍食品業!!

ぶるぶる
ぶるぶる
アイスコのIPOが新規承認!? もしかして電子タバコの会社!?
メカニック
メカニック
それはアイコスだねww

うも、メカニックです!!

アイスコ(7698)のIPOが新規承認されました。

2021/4/08に上場予定で事業内容は”アイスクリーム・冷凍食品(冷食)卸販売を行うフローズン事業及び生鮮食品スーパーの展開を行うスーパーマーケット事業の運営“です。

このページではアイスコ(7698)のIPO詳細や初値結果、仮条件決定後の初値予想、上場日直前初値予想に加え、自分のBBスタンス、各社割当枚数、幹事団について記載していきますよ。

もしIPOについて知らない方はまずはじめに下記記事を一読してください。

IPOとは??というところから申込方法まで完全解説しています。

また、動画でもまとめていますのでよろしければこちらもどうぞ。

【運営者おすすめのソーシャルレンディング】

FUELオンライン

結論:アイスコ(7698)の初値は公募価格以上か!?

吸収金額
市場
公募売出比
業種
業績
地合い
スケジュール

【総合評価】
20/35

【スタンス】
中立

時間がない人向けにアイスコのIPOについて要点をピックアップしてまとめました。

結論からいうと、初値は公募価格以上にはなりそうです

ポイント
  • 冷凍食品の卸売事業
  • 想定価格は1,750円
  • 上場市場はジャスダックを予定
  • 4/6に上場
  • 吸収金額は約10.7億円
  • 業績は横ばいだが黒字
  • 配当を実施済み
  • ロックアップは堅い
  • 主幹事は野村證券

アイスコはアイスクリームや冷凍食品の卸売を行なっている企業です。

業績は横ばいながら安定して黒字を出しています。

ジャスダックに上場予定で吸収金額は約10.7億円。

目新しさのない事業ではありますが、小型のため初値はプラスリターンになるかもしれません。

ただスケジュールは過密日程で人気化必須のアイ・パートナーズフィナンシャルと同日上場。

あまり期待はしない方がいいと思います。

自分は今のところ参加よりで考えていますが仮条件決定後に最終決定をするつもりです。

幹事構成を見ると野村證券が主幹事をつとめ、ネット証券ではSBI証券楽天証券マネックス証券の3社が名を連ねています。

当選を目指す場合はこの4社を中心に申込しましょう。

また、最近IPO投資を始めた方向けに当選確率をアップさせる方法を下記記事にまとめてあります。

さらに最近ではIPOを目指すベンチャー企業に先回り投資できるFUNDINNO(ファンディーノ)を中心とした株式投資型クラウドファンディングの人気が加速中!!

企業と投資家が一緒になってIPOまで目指せる新しい方法なので興味がある人は是非チェックしてみてください。

ちなみに当ブログではタイアップキャンペーンも実施しており、投資家登録でAmazonギフト券1,000円相当が貰えます。(ファンディーノのキャンペーンと併用可能)

さらに、自分の経験を元に算出した当選しやすい証券会社ランキングもまとめてありますので、こちらもよろしければどうぞ。

 

アイスコ(7698)のIPO詳細

銘柄 株式会社アイスコ
市場 ジャスダック
上場日 2021/04/08
コード 7698
公募 217,500株
売り出し 315,500株
OA 79,900株
想定価格 1,750円
吸収金額 約10.7億(想定価格ベース)
時価総額 約31.9億円(想定価格ベース)
BB期間 2021/3/23~3/29
価格決定日 2021/3/30

アイスコ(7698)ってどんな会社??

まずは今回新規承認されたアイスコがどんな企業なのか簡単に紹介しますね。

前身は1948年に設立した相原冷菓店で、アイスキャンデーの製造販売をしていました。

1952年に高島物産株式会社を、1972年には株式会社相原冷菓を設立。

1992年に合併する形で株式会社アイスコに商号変更しています。

その後、各地に支店を開設しながら業績を伸ばしていき、前身から数えると約72年ほどでのIPOとなりました。

現在の従業員数は651名で提出会社の平均年収は約413万円です。

そんなアイスコの主な事業は冷凍食品の卸売とスーパーマーケットの展開です。

ビジネスモデルは下記の通り。

2つのセグメントに分かれています。

  • フローズン事業
  • スーパーマーケット事業

事業1:フローズン事業

フローズン事業では関東、東海エリアを中心にアイスクリームと市販用冷凍食品の卸売を行なっています。

ただ置いてくるだけのドロップ納品ではなく、売り場に陳列して納品するフルメンテナンスサービスを実施。

運送は9割を自社社員で行なっています。

事業2:スーパーマーケット事業

スーパーマーケット事業では神奈川県を中心に「スーパー生鮮館TAIGA」を運営。

現在はテナントを含めると10店舗を展開しています。

販売実績と相手先

販売実績は上記の通りでフローズン事業がスーパー事業と比較して約3倍ほどの売上を上げています。

相手先はクリエイトSD、ドンキホーテで、この2社だけで40%の売り上げを依存しているようです。

アイスコ(7698)のIPOスペック

続いてアイスコ(7698)のIPOスペックを見ていきましょう。

想定価格は1,750円。

上場予定市場はジャスダックを見込んでおり、吸収金額は約10.7億円となっています。

アイスコ(7698)のIPOにおけるマイナス要素

マイナス面としては業種です。

アイスコは冷凍食品の卸売、そしてスーパーマーケットの運営をしています。

既存業種かつ特に目立ったポイントがありませんのでIPOでは不人気の業種です。

どうしてもIPOだとSaaSやDXなど目新しく成長性が高い分野が人気で、初値高騰もしやすいです。

そしてもう一つはスケジュールにも恵まれていません。

3月後半から連日のようにIPOが続きますし、4月もかなり混み合っています。

資金、注目度ともに分散してしまうのが残念です。

アイスコ(7698)のIPOにおけるプラス要素

プラス面は需給になります。

ジャスダックで10億円ならばかなり安心です。

過去の同規模のIPOにおけるパフォーマンスを見ても公募割れしたIPOはほとんど記憶にありません。(コロナショック時を除く)

今は地合いも良いですからこちらも後押ししてくれそうですね。

ロックアップもしっかりとかかっていますし、業績も安定しています。

派手さはありませんが悪くないスペックです。

ぶるぶる
ぶるぶる
この吸収金額なら大丈夫そうだね。
メカニック
メカニック
初値高騰はちょっと難しいとは思うけど。

 

アイスコ(7698)のIPO仮条件

1,750円 〜 2,000円

仮条件が上ブレしたことから吸収金額12.3億円となりました。

 

アイスコ(7698)のIPO公開価格

2,000円

※公開価格決定後に更新

 

アイスコ(7698)のIPO割当枚数と当選期待度

続いてアイスコ(7698)のIPO幹事団と各社における割当枚数を紹介します。

  証券会社 割当枚数 予想抽選配分枚数 個人期待度
主幹事 野村證券
5,239枚
523枚
1
幹事 SMBC日興証券
186枚
19枚
4
SBI証券
26枚
12枚
5
楽天証券
26枚
26枚
2
マネックス証券
26枚
26枚
3
委託幹事 岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
松井証券(?)
-枚
-枚
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
SBIネオトレード証券(?)
-枚
-枚
DMM株(?)
-枚
-枚

目論見書に記載後に更新

アイスコ(7698)の主幹事

野村證券すごいですね〜。

これで4月IPOの主幹事は4社目。

ただどれもちょっと地味な銘柄が多いのは気のせいですかね 笑

ピカピカのベンチャーはみずほ証券と大和証券がほぼ全て持っていっているように感じます。

ちょっと取り扱う銘柄が微妙になってきたのが気になるところです。

話がそれましたがアイスコでは一番当選を狙える証券会社になります。

資金不要で申し込めますので当選を目指すならばしっかりと申し込みましょう。

その他狙い目の証券会社

平幹事は4社でネット証券が中心ですね。

SBI証券楽天証券マネックス証券は確実におさえておきたいところ。

最近は楽天証券での当選報告が多いですが自分はまだ1回も当選したことがありません。

苦節8年(?)そろそろ当選したいところです 笑

ぶるぶる
ぶるぶる
う〜ん、この規模じゃあ当選はむずかしいかなぁ。
メカニック
メカニック
野村證券主幹事だとネット組は厳しい戦いを強いられるよね。

 

アイスコ(7698)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果

アイスコ(7698)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果を紹介します。

  証券会社 抽選結果
主幹事 野村證券
参加
幹事 SMBC日興証券
参加
SBI証券
参加
楽天証券
参加
マネックス証券
参加
委託幹事 岡三オンライン証券(?)
参加予定
松井証券(?)
参加予定
GMOクリック証券(?)
参加予定
SBIネオトレード証券(?)
参加予定
DMM株(?)
参加予定

承認時はBBスタンス、抽選結果が発表されたら結果を表示しています。

新規承認時におけるBBスタンス

初値は公募価格以上にはなりそうですが一旦、未定としています。

ちょっと派手さがありませんし、地合いが急変したら影響を間違いなく影響を受ける銘柄です。

参加する方向で考えていますが最終的なスタンスは仮条件を見てから決めます。

イケイケな時ほど石橋を叩いて渡るのが大事ですからね。

 

アイスコ(7698)のIPO初値予想と初値結果

アイスコ(7698)のIPOにおける初値予想になります。

直感的初値予想“は仮条件決定後、”独断と偏見初値予想“は上場日前日の更新です。

【仮条件決定後の直感的初値予想】

1,750円 ~ 2,600円

【上場直前の独断と偏見初値予想】

2,500円

みんなの初値予想アンケート

投票のお力添えをお願いいたします。


初値結果

2,900円
初値売りで9万円の利益でした。(+45.0%)
CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)
【裏技】IPO株を誰よりも先に入手する方法とは??

最近はIPOが全く当たらなくなってきました。

ここ数年実践してきた自分としては「かなり厳しくなってきた」という印象です。

そこで自分はエンジェル投資を始めました!!

エンジェル投資とはIPO株を目指すベンチャー企業へ先回りで応援投資する方法

応援出資した先がIPOすれば10倍以上のリターンも狙えます。

もちろん出資した企業がIPOすればすでにその株を保有しているので抽選に参加する必要はありません。

上場後に売却するだけです。

最近では個人でも10万円からエンジェル投資ができる株式投資型クラウドファンディングのサービスがでてきたことから気軽に応援出資ができるようになってきました。

自分は20社以上にエンジェル投資していますが中でもおすすめなのは業界大手のファンディーノです。

案件数はダントツでエンジェル税制という優遇措置も受けられる銘柄が多いです。

このような企業に出資すれば投資しながら節税ができますよ。

ちなみいそんなファンディーノと当ブログではタイアップキャンペーンを実施中です。

下記リンクから口座開設するとAmazonギフト券1,000円がプレゼントされます。

リンク先には自分が出資する際に見ているポイントも紹介していますので、是非一度覗いてみてください!!

ファンディーノについての詳しい紹介と出資先、イグジット実績は下記記事にまとめてありますのでこちらも一読していただけますと幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

【キャンペーン中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック
【キャンペーン中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック