【全プレ】

1/29までLINE証券に口座開設で最大約4,000円が貰えます!!

IPO投資

【IPO初値予想】ローランドは公募割れか公募割れ以外か!? 地雷の可能性が高い!!!

ぶるぶる
ぶるぶる
ローランドはスルーした方がいいかな??
メカニック
メカニック
じゃあ初値予想してくから参考にしてみて!!

どうも、メカニックです。

ローランド(7944)の仮条件が決まりましたので、いつも通り初値予想をしていきたいと思います。

詳細なIPOデータは下記記事にまとめ済み。

上場日直前には最新の初値予想も更新予定です。

当選できた方は是非こちらもチェックしてくださいね。

マネックス証券

結論:ローランド(7944)は公募割れの危険あり!!

時間がない人向けにこの記事の内容をサッとまとめました!!

【仮条件】 2,810円 〜 3,710円
【初値予想 】 3,400円 〜 3,900円(0.9倍〜1.1倍)
【スタンス 】 一部参加
【狙い目】 SMBC日興証券

想定平均価格は3,260円、想定仮条件が2,810円〜3,710円でしたので通常設定となりました。

要点まとめ
  • 上場予定市場は未定(ほぼ一部)
  • 吸収金額は最大400.8億円
  • 電子楽器の販売
  • 再上場案件
  • 業績は横ばいだが黒字
  • スケジュールは過密
  • 地合いは良好

東証1部に決定するとは思いますが、大型案件かつ地味な業種ということでスペック的に魅力を感じません。

売り出しのみということで換金色が強い点も残念。

さらに投資家に嫌われやすい再上場案件です。

今のところ公募割れの可能性が高いと思います。

ということで自分はSBI証券からのみの参加としました。

ちなみに当選を目指すなら主幹事のSMBC日興証券を最優先に申し込みしましょう。

新規口座開設後3ヶ月間は優遇抽選を受けられるのでまだ口座を保有していない人は当選の大チャンスです。

ただ当選後にキャンセルすると1か月間IPOに参加できませんのでご注意を。

もちろん公募割れしたら損失になるのでBBスタンスは慎重に検討してください。

そして、IPO投資を始めたばかりの人は当選確率をアップさせる方法を下記記事にまとめました。

IPOに申し込みする前に是非チェックしてみてください。

裏技やコツは? IPOの当選確率を劇的にアップさせる7つの方法IPO投資をなかなか当たりません。しかし当選確率をアップさせる方法やコツは存在します。今回はIPO歴7年の管理人が7つの方法を徹底解説。裏技ではありませんがしっかりと実践しましょう。...

さらに最近ではIPOを目指すベンチャー企業に先回り投資できるFUNDINNO(ファンディーノ)も注目されていますよ。

10万円前後からエンジェル投資家になれます!!

もし出資した企業がIPOしたら10倍以上のリターンも夢ではありません。

当ブログではタイアップキャンペーンも実施しており、当ブログからの口座開設で1,000円相当のアマギフが貰えます

もちろんFUNDINNOが行なっている通常キャンペーンとも併用可能!!

公式サイトよりも当ブログから口座開設した方がお得ですよ♪

 

ローランド(7944)のIPO仮条件

ではここからは自分の考えを織り交ぜながらゆっくりとチェックしていきますね。

まずはローランド(7944)の仮条件からみていきます。

承認時の想定平均価格は3,260円、想定仮条件が2,810円〜3,710円。

仮条件はこのように決まりました。

【仮条件】

2,810円 〜 3,710円

想定仮条件と同じ値幅ですね。

ということで”上ブレはなし”です。

正直、上限で決まらない可能性の方が高いかなと予想しています。

不人気IPOですし地雷臭が。。

上限で決まらなかった場合はある程度覚悟しましょう。

 

ローランド(7944)のIPO直感的初値予想

続いて本題であるローランド(7944)のIPO直感的初値予想をしていきます。

下記の初値予想は公募価格が仮条件の上限で決まったと仮定したものになります。

万が一、上限未満で決まった場合は公募価格にそれぞれの掛け率を乗じた初値予想だと思ってくださいませ。

3,400円 〜 3,900円

(公募比約0.9倍〜公募比1.1倍)

公募価格前後を上限とした初値予想としました。

ローランド(7944)のIPOスペック考察

それではローランド(7944)のスペックをもう一度確認していきましょう。

初値に影響を与える”規模”、”業種”、”スケジュール”、”業績”の4つに焦点をあてて説明していきますね。

まず、上場市場は未定ですがほぼ一部。

吸収金額は仮条件が上限で決まった場合は最大456.6億円となります。

ローランド(7944)のIPOにおけるブル要素

始めにブル要素から再チェックしていきます。

しかし、残念ながら初値に大きな影響を与える要素は見当たりません。

強いてあげるとすれば地合いが好調なくらい。

スペック的に光るものはないです。

ローランド(7944)のIPOにおけるベア要素

プラス要素はありませんが、その分マイナス要素はたくさんありますww

まずは需給面です。

吸収金額400億円超えは1部ではそこまで大きな金額でありません。

ただ業種が地味な場合は実質的に不利です。

目新しい先進性のある事業ならば全然問題ないんですが、電子機器の販売では苦しいものがあるでしょう。

その上、投資家に嫌われやすい”再上場”、”売り出しのみ”  です。

投資ファンドの換金色が強いためこういうIPOは過去を見ても結果は散々なものばかり。

2020年に上場した雪国まいたけも公募割れでしたから同じ道を辿る可能性が高いでしょう。

ぶるぶる
ぶるぶる
これは逆にインパクトを感じるねww
メカニック
メカニック
ここまで欲しくないIPOは久しぶりかも。

ローランド(7944)のIPO業績

【売上げや営業収益】

【純利益】

現在は49期目に入っています。

前期の実績は売上が632億円、純利益は33億円ほど。

安定した黒字経営ができていますが、成長性は感じません。

東証1部ということを考えれば悪くはありませんが、プラス要素にはならないと思います。

ローランド(7944)のIPO初値予想アンケート途中結果


初値予想アンケートの途中結果も簡単にご紹介。

結果を見る場合は左下にある “View Results” をクリック、または投票していただいても結果が表示されます。

ご協力くださいますと幸いです。

参考までにこの記事を書いている時点での結果を少しシェアします。

1番人気は公募割れです!!

7割り以上の投資家がこちらに投票しています。

正直、めちゃくちゃ納得です!!

 

ローランド(7944)のIPOが当選しやすい証券会社は??

続いて、ローランド(7944)が当選しやすい証券会社を紹介していきます。

IPOの各社割当枚数は下記の通りです。

  証券会社 割当枚数 予想抽選配分枚数 個人期待度
主幹事 SMBC日興証券
-枚
-枚
1
UBS証券
-枚
-枚
幹事 野村證券
-枚
-枚
松井証券
-枚
-枚
楽天証券
-枚
-枚
SBI証券
-枚
-枚
マネックス証券
-枚
-枚
委託幹事 岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
ライブスター証券(?)
-枚
-枚
DMM株(?)
-枚
-枚
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚

※目論見書に記載後に更新。割当枚数が表示されている場合は目論見書に記載されている数字を元に算出したものです。実際の配分枚数は上記よりも少なくなる可能性があります。

1番当選しやすいのはSMBC日興証券

当選を目指すなら主幹事のSMBC日興証券が外せません。

UBS証券も主幹事ですがこちらはネットからのIPO申し込みが不可。

よって、ネット組が最も当選しやすいのはSMBC日興証券ということになります。

今回は不人気の上に、枚数がおおいので当選確率は非常に高い事が予想されます。

優遇当選する人も乱立しそうな雰囲気。

ブロンズやシルバーでもチャンスありそうですね。。

ちなみにSMBC日興証券では当選後にキャンセルすると1ヶ月間IPOに申し込みができないため注意が必要です。

12月に申し込みできないのはかなり痛いので参加する場合は購入覚悟で挑むようにしましょう。

詳細なIPOルール、優遇抽選について詳しく知りたい人は下記記事をチェックしてくださいませ。

その他狙い目の証券会社

今回は平幹事からも当選が狙える構成ですね。

SBI証券松井証券楽天証券マネックス証券のネット証券四天王で当選できる可能性も十分あります。

特に松井証券は上位幹事でもあるので特に狙い目になりそうな予感。

スルーする人はSBI証券から申し込みをしてIPOチャレンジポイントだけは確実にゲットしましょう。

ぶるぶる
ぶるぶる
当選が狙えそうな幹事構成なだけによけい残念。
メカニック
メカニック
むしろ後味が悪くならないように大手証券だけでがっつり固めて欲しかった。。

 

ローランド(7944)のIPO最終BBスタンス

最後にローランド(7944)における最終的なBBスタンスを紹介します。

  証券会社 抽選結果
主幹事 SMBC日興証券
不参加
UBS証券
ネット申込不可
幹事 野村證券
不参加
松井証券
不参加
楽天証券
不参加
SBI証券
参加
マネックス証券
不参加
委託幹事 岡三オンライン証券(?)
不参加
GMOクリック証券(?)
不参加
ライブスター証券(?)
不参加
DMM株(?)
不参加

承認時は未定としていましたがSBI証券だけの参加に止めました。

つまり、スルーです。

個人的には公募割れが濃厚だと思っています。

万が一、公募割れを避ける事ができたとしても大きなプラスリターンになることはありません。

リスクの方が大きいと思います。

上級者向けの銘柄なのでIPO投資を始めたばかりの人はスルーでオッケーです。

CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)
IPO投資よりもコンスタントに稼げるこんな投資はいかが??[PR]

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、新規承認されなければ投資ができません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれるようになりました!!

ソーシャルレンディングは”ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス“のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%以上で運用することもできるんですよ。

年々新しいサービスがでてきていますが、今から始める方はSBIソーシャルレンディングがおススメです。

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

自分も現在50万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

https://ipomechanic.com/2017/04/13/post-28665/

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

【タイアップ中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック
【タイアップ中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック