当ブログ一押しキャンペーン!!

【限定タイアップ】

ファンディーノへの投資家登録で…

1,000円分のAmazonギフト券が貰えます!!

IPO投資

【IPO初値予想】テノ.ホールディングスはテーマ性が魅力!! 再承認の影響はあるのか!?

どうも、メカニックです。

テノ.ホールディングス(7037)の仮条件が決まりましたのでいつも通り、直感的初値予想をしていきたいと思います。

詳細なIPOデータは下記記事にまとめてあり、上場日直前には最新の初値予想も更新予定です。

当選できた方は是非こちらもチェックしてくださいませ。

テノ.ホールディングス(7037)のIPO新規上場!! 評価や割当枚数・主幹事団のまとめ どうもメカニックです!! 9月に新規承認し、その後上場を中止したテノ.ホールディングス(7037)のIPOが再度新規承認さ...

【運営者おすすめのソーシャルレンディング】

FUELオンライン

テノ.ホールディングス(7037)のIPO仮条件

まずはテノ.ホールディングス(7037)のIPOにおける仮条件からチェックしていきます。

【仮条件】

1,870円 〜 1,920円

想定価格は1,900円でしたので、20円上ブレしました。

しかし下限も30円下ブレしているので、強くもなく弱くもなくという仮条件です。

まぁこれなら上限の1,920円で問題なく決まるでしょう。

参考までに機関投資家の評価も書いておきます。

機関投資家の評価
  1. 保育事業に対するニーズは高く、過去の実績をふまえた今後の成長が期待できること。
  2. 人材の確保や育成について、他社と比較した場合の競争優位性があること
  3. 中長期的には、政策の変更や競争の激化がリスク要因となる可能性があること。

比較的、高評価だったようですね。

 

テノ.ホールディングス(7037)のIPO直感的初値予想

続いて本題であるテノ.ホールディングス(7037)IPO直感的初値予想です

下記の初値予想は公募価格が仮条件の上限で決まったと仮定したものになります。

万が一、上限未満で決まった場合は公募価格にそれぞれの掛け率を乗じた初値予想だと思ってください。

2,900円 〜 3,900円

(公募比約1.5倍〜公募比約2.0倍)

テノ.ホールディングス(7037)のIPOスペック考察

では仮条件が決まったのでテノ.ホールディングス(7037)のスペックをもう一度確認していきます。

自分が大事だと思っている”規模”、”業種”、”スケジュール”、”業績”の4つに焦点をあてて説明していきますね。

まず、個人的に一番魅力的なのは業種です!!

テノ.ホールディングスは保育事業を運営しており、この先しばらくは需要が落ちることはありません。

今は保育所が足りなくて待機児童が問題になっていますからね〜。

社会的テーマ性が高く、初値にプラスの影響を与えてくれるはずです。

数年前に同じ保育関連事業のグローバルグループが上場しましたが、その時も予想以上のパフォーマンスを見せてくれましたから、今回も健闘してくれそうな気がします。

また、上場市場はマザーズで吸収金額は仮条件が上ブレしたため約7.6億円となりました。

マザーズでは小型になりますので、需給面では非常に有利になります。

売出がなく、全株公募のみというのも好感がもてます。

ただ、スケジュールは4社同一上場となりますので、こちらは大きなマイナス要素。

さらに再承認という部分もあまりいいイメージがありません。

プラス要素が多いですが、いくつか気になる点もありますのでテノ.ホールディングスに関しては公募価格の1.5倍~2.0倍というやや強気の初値予想とさせていただきました。

メカニック
メカニック
都市部を中心に待機児童が社会問題になってきています。保育事業は間違いなく注目されるでしょう!!

テノ.ホールディングス(7037)のIPO業績

続いてテノ.ホールディングス(7037)の業績をご紹介です。

【売り上げ】

【純利益】

持株会社に移行したのでまだ4期分しかありませんが、売上、純利益ともに増加傾向です。

しっかりと安定して黒字を出していますし、業種がら今後も経営が傾くなんてことも少ないと思います。

施設を増やせば売上アップはまだまだ見込めそうですね。

テノ.ホールディングス(7037)のIPO初値予想アンケート途中結果

テノ.ホールディングス(7037)の初値予想アンケートの途中結果は下記の通りになります。


左下にある “View Results” をクリックしてもらえればチェック可能です。

また、投票していただいても結果が表示されますので、ご協力くださいますと幸いです。

この記事を書いている時点では1.5倍前後に票が集中しています。

 

テノ.ホールディングス(7037)のIPO各社割当枚数

続いてテノ.ホールディングス(7037)のIPO各社割当枚数の紹介です。

  証券会社 割当枚数 予想抽選配分枚数 個人的期待度
主幹事 野村證券
3,115枚
312枚
1
幹事 三菱UFJモルガンスタンレー証券
105枚
11枚
4
みずほ証券
70枚
7枚
5
FFG証券
70枚
0枚
西日本TT証券
35枚
0枚
岡三証券
35枚
4枚
6
SBI証券
35枚
16枚
3
マネックス証券
35枚
35枚
2
委託 岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
松井証券(?)
-枚
-枚
安藤証券(?)
-枚
-枚
ライブスター証券(?)
-枚
-枚
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
auカブコム証券(?)
-枚
-枚
※目論見書に記載後に更新。割当枚数が表示されている場合は目論見書に記載されている数字を元に算出したものです。実際の配分枚数は上記よりも少なくなる可能性があります。

上記の通り割当枚数が多いのはダントツで野村證券です!!

この枚数だと野村證券以外で当選するのは至難の技かも。。

かといって野村證券は資金不要でIPOに申し込めるということもあり、他の証券会社と比較しても争奪戦になりやすいですよね。

このクラスで当選するのは奇跡レベルですので、期待しすぎないようにしたいところ。

IPOルールは下記記事でまとめていますので、ご存知ない方は念のためチェックしてみてください。

【IPOルール】野村證券なら0円で抽選に参加できる! 主幹事数と実績は国内トップクラス!! 野村證券は日本で一番有名な証券会社といっても過言ではないでしょう。 IPOの主幹事数が特に多く、年間の主幹事数がトップにな...

野村證券以外だとSBI証券マネックス証券の2社ぐらいまでは抑えておいた方がいいかもしれません。

ただ、売出価格が高価格なので申し込むには資金が多く必要になります。

その辺も考慮しながら効率よく申し込みするように。

ちなみに資金不要で申し込みができる岡三オンライン証券auカブコム証券でも取扱が確定していますので、こちらからの申し込みもお忘れなくっ!!

またIPOの当選確率をアップさせる方法を下記記事にまとめてありますので初心者の方はこちらを参考にしてみてくださいね。

裏技やコツは? IPOの当選確率を劇的にアップさせる7つの方法IPO投資をなかなか当たりません。しかし当選確率をアップさせる方法やコツは存在します。今回はIPO歴7年の管理人が7つの方法を徹底解説。裏技ではありませんがしっかりと実践しましょう。...
メカニック
メカニック
前回と比較しても当選枚数が少なくなったからさらに厳しい勝負になりそう。

 

テノ.ホールディングス(7037)のIPO最終BBスタンス

最後にテノ.ホールディングス(7037)における最終的なBBスタンスを紹介します。

 
証券会社
抽選結果
主幹事 野村證券
落選
幹事 三菱UFJモルガンスタンレー証券
次点
みずほ証券
落選
FFG証券
ネット申込不可
西日本TT証券
ネット申込不可
岡三証券
落選
SBI証券
落選
マネックス証券
落選
委託 岡三オンライン証券
取扱なし
松井証券(?)
取扱なし
安藤証券(?)
取扱なし
ライブスター証券(?)
取扱なし
GMOクリック証券(?)
取扱なし
auカブコム証券(?)
後期

確テーマ性も高く注目されやすい銘柄だと思うので期待値は高いです。

よって、強気のフルエントリーとしました!!

ネガサ株じゃなくなったのが残念ですけどね。

公開価格や上場日直前の初値予想は下記記事に更新していきます。

テノ.ホールディングス(7037)のIPO新規上場!! 評価や割当枚数・主幹事団のまとめ どうもメカニックです!! 9月に新規承認し、その後上場を中止したテノ.ホールディングス(7037)のIPOが再度新規承認さ...

その他ブロガーの初値予想は??にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)
【裏技】IPO株を誰よりも先に入手する方法とは??

最近はIPOが全く当たらなくなってきました。

ここ数年実践してきた自分としては「かなり厳しくなってきた」という印象です。

そこで自分はエンジェル投資を始めました!!

エンジェル投資とはIPO株を目指すベンチャー企業へ先回りで応援投資する方法

応援出資した先がIPOすれば10倍以上のリターンも狙えます。

もちろん出資した企業がIPOすればすでにその株を保有しているので抽選に参加する必要はありません。

上場後に売却するだけです。

最近では個人でも10万円からエンジェル投資ができる株式投資型クラウドファンディングのサービスがでてきたことから気軽に応援出資ができるようになってきました。

自分は20社以上にエンジェル投資していますが中でもおすすめなのは業界大手のファンディーノです。

案件数はダントツでエンジェル税制という優遇措置も受けられる銘柄が多いです。

このような企業に出資すれば投資しながら節税ができますよ。

ちなみいそんなファンディーノと当ブログではタイアップキャンペーンを実施中です。

下記リンクから口座開設するとAmazonギフト券1,000円がプレゼントされます。

リンク先には自分が出資する際に見ているポイントも紹介していますので、是非一度覗いてみてください!!

ファンディーノについての詳しい紹介と出資先、イグジット実績は下記記事にまとめてありますのでこちらも一読していただけますと幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

【タイアップ中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック
【タイアップ中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック