SERIOホールディングス(6567)のIPO初値予想とBBスタンス・幹事団のまとめ

SERIOホールディングス(6567)のIPOが新規承認されました。

2018/3/02に上場予定で事業内容は”子育て中の女性の就労をサポートする就労支援事業、学童クラブを運 営する放課後事業及び認可保育園を運営する保育事業を行う子会社の 経営管理及びそれに付帯する又は関連する業務“です。

このページではSERIOホールディングス(6567)のIPO詳細や仮条件決定後の初値予想、上場日直前初値予想に加え、自分のBBスタンス、各社割当枚数、幹事団について記載していきます。

スポンサーリンク

SERIOホールディングス(6567)のIPO詳細

銘柄 株式会社SERIOホールディングス
市場マザーズ
上場日2018/03/02
コード6567
公募700,000株
売り出し20,000株
OA108,000株
想定価格1,780円
吸収金額約14.7億(想定価格ベース)
時価総額
約53.4億(想定価格ベース)
株主優待なし
BB期間2018/02/14~02/20
公開価格決定日2018/02/21

SERIOホールディングス(6567)ってどんな会社??

3月第一弾IPOが新規承認されました。

毎年3月はIPOが多くなる時期なのでいいスタートを切ってなによりです。

今回承認されたのはSERIOホールディングス(6567)。

就労支援事業放課後事業保育事業を運営している会社になります。

就労支援事業では女性に合った就職を支援して、放課後事業では学校終わりの子供たちに学べる場所を提供。

保育事業はその名のとおりトレジャーキッズ保育園という認可保育園を運営しています。

東京、兵庫、大阪の3都府県で展開中です。

これらの事業をまとめると女性が活躍するためのサポートをしている会社といった感じでしょうか。

女性の活躍はまさに国が積極的に力を入れている分野になりますね。

保育園の数は都会ではまだまだ足りていないようですし、まさに時流に合った会社といっていいかもしれません。

SERIOホールディングス(6567)IPOスペック

続いてSERIOホールディングス(6567)のIPOスペックをご紹介!!

市場はマザーズ吸収金額は約14.7億円になります。

市場を考えると小型〜中型サイズとなり需給面では問題ないサイズでしょう。

むしろ今の地合いを考えれば大きなアドバンテージがあるように感じます。

また、業種もテーマ性が非常に高いためこちらもプラス要素になりそう。

国策銘柄といってもいいかもしれませんね。

ここだけ見ても公募割れを起こすような案件ではなさそうです。

業績は右肩上がりとは言えませんが、今後も需要は非常に高いと思いますので上場後も安定して黒字はだしてくれそうな気がします。

ハイスペックとは言えないまでも、そこそこ魅力的なIPOではないでしょうか。

メカニック
子供を持っている自分としては応援したい企業です。売り出しが少なく、公募が多いのも好印象。

SERIOホールディングス(6567)のIPO仮条件

1,700円 〜 1,780円

※仮条件決定後に更新

SERIOホールディングス(6567)のIPO公開価格

1,780円

※公開価格決定後に更新

SERIOホールディングス(6567)のIPO割当枚数

続いてSERIOホールディングス(6567)の幹事団と各社における割当枚数を紹介します。

 証券会社割当枚数予想抽選配分枚数個人的期待度
主幹事野村證券
-枚
-枚
1
幹事大和証券
-枚
-枚
-
SMBC日興証券
-枚
-枚
-
SBI証券
-枚
-枚
-
みずほ証券
-枚
-枚
-
エース証券
-枚
-枚
-
岡三証券
-枚
-枚
-
委託岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
-
楽天証券(?)
-枚
-枚
-
安藤証券(?)
-枚
-枚
-
ライブスター証券(?)
-枚
-枚
-
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
-
松井証券(?)
-枚
-枚
-
目論見書に記載後に更新

気になる主幹事は野村證券でした。

IPO投資には絶対必要! 野村證券のIPOルール、抽選方法やペナルティを徹底解説
野村證券は日本で一番有名な証券会社といっても過言ではないでしょう。 IPOの主幹事数が特に多く、年間の...

ネット組はちょっと残念かな。

なかなか当選が難しい証券会社の一つなので、厳しい勝負を強いられそうです。

資金不要で申し込めるのでもうちょっと当選確率をアップさせてくれれば最高ないんですが…

ひとまず、一番当選期待度が高い証券会社だと思いますのでSERIOホールディングスの当選を目指す方は最優先で申し込みをしてくださいませ。

幹事構成としてはいつも通りのメンバーで、大手証券の大和証券SMBC日興証券、ネット証券ではSBI証券マネックス証券が名を連ねています。

この5社くらいは最低でも押さえておきたいところです。

エース証券以外からはネット申し込みができるので、資金が余っている場合はできるだけ多くの証券会社から申し込んでいきましょう。

また、各証券会社へ口座開設完了するまでの日数を下記にまとめました。

証券会社最短開設日数
カブドットコム証券即日(1営業日)
岡三オンライン証券即日(1営業日)
マネックス証券2営業日
野村證券3営業日
大和証券3営業日
SBI証券3営業日
楽天証券3営業日
松井証券3営業日
GMOクリック証券3営業日
東海東京証券5営業日
SMBC日興証券5営業日
エイチエス証券5営業日
丸三証券6営業日
みずほ証券7営業日
むさし証券約1週間
いちよし証券10営業日
三菱UFJMS証券10日未満
岩井コスモ証券2週間
安藤証券2週間~3週間
岡三証券2週間~3週間

まだ持っていない口座があったら、申し込み期間が始まる前までに準備しておくことをオススメします。

1週間くらいは余裕をもって申し込みしてくださいね。

メカニック
野村証券と大和証券、そしてSBI証券の3社は特に狙い目です。ただこの規模のIPOで野村証券から当選を勝ち取るのは至難の技になります。

追記

岡三オンライン証券の委託販売が確定しました。

資金不要で抽選に参加できますので、当選を狙っている方は忘れずに申し込みしてくださいませ。

資金0円でも抽選に参加できる!? 岡三オンライン証券のIPOルールを徹底解説!!
最近、IPOに力を入れている証券会社の一つに岡三オンライン証券があります みんなが知っているメジャーな証券会社ではあり...

SERIOホールディングス(6567)のBBスタンスと抽選結果

続いてSERIOホールディングス(6567)におけるBBスタンスと抽選結果を紹介します。

 
証券会社
抽選結果
主幹事野村證券
落選
幹事大和証券
落選
SMBC日興証券
補欠
SBI証券
落選
みずほ証券
落選
エース証券
ネット申込不可
岡三証券
落選
委託岡三オンライン証券
落選
楽天証券(?)
取扱なし
安藤証券(?)
取扱なし
ライブスター証券(?)
取扱なし
GMOクリック証券(?)
取扱なし
松井証券(?)
取扱なし
※承認時はBBスタンス、抽選結果が発表されたら結果を表示しています。

今の所プラスリターンの期待が持てるので、ネットから申し込みができる証券会社全てから申し込みするつもりです。

今の地合いならば公募比2倍以上も実現可能な数字だと思います。

ただ、主幹事が野村証券ということを考えるとプラチナIPOになってしまうかもしれません。

過度な期待は禁物ですが、地合いが大幅に悪化するなど余程の自体が発生しなければ強気で大丈夫なIPOでしょう。

メカニック
野村証券とは相性が最悪なので当選できる気がしません。、すでに若干諦め気味。

SERIOホールディングス(6567)のIPO初値予想

SERIOホールディングス(6567)のIPOにおける初値予想になります

直感的初値予想“は仮条件決定後、”独断と偏見初値予想“は上場日前日の更新です^ ^

【仮条件決定後の直感的初値予想】

2,300円 〜 3,200円

直感的初値予想の記事はこちら

SERIOホールディングス(6567)のIPO直感的初値予想!!
今回はBB期間が2018/02/14から始まるSERIOホールディングス(6567)のIPO直感的初値予想をしていきます! ...

【上場直前の独断と偏見初値予想】

3,200円

みんなの初値予想アンケート

投票のお力添えをお願いいたします

SERIOホールディングス(6567)のIPO個人的評価

 

【総合評価】

25/30

【スタンス】

強気

(市場)
5点=マザーズ 4点=ジャスダック 3点=東証一部 2点=東証2部 1点=その他

(吸収金額)
5点=小型 4点=中小型 3点=中型 2点=大型 1点=超大型

(業種)
5点=オンリーワン 4点=ネット系 3点=特殊 2点=普通 1点=不人気

(公募売出比)
5点=公募のみ 4点=公募 〉売出 3点=公募=売り出し 2点=公募〈 売出 1点=売出のみ

(業績)
5点=右肩上がり 4点=黒字(波があらい) 3点=横ばい 2点=赤字 1点=赤字(成長性なし)

(地合い)
5点=イケイケ 4点=いい流れ 3点=普通 2点=雰囲気悪い 1点=最悪

IPOに当選できない方はこんな投資もいかが??【PR】

 

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが一番のデメリットはなかなか当選できないことです 

 

当選できなければ利益は0円。資産は一向に増えていきません。

 

そんなリスクを避けるために自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれています!!

 

ソーシャルレンディングは"ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス"のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!!

 

 

  非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%以上で運用することもできるんですよ(^ ^)  

 

年々新しいサービスがでてきていますが、今から始める方はSBIソーシャルレンディングがおススメです。

 

    

 

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。  

 

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

 

 

自分も現在40万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

 

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

 

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

 

SBIソーシャルレンディングの公式サイト

 

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

 

SBIソーシャルレンディングの評判が良いので実際に投資してみました
ソーシャルレンディング事業社の中でも古参の一つであるSBIソーシャルレンディング。 ネット証券のSBI...

 

スポンサーリンク