カブドットコム証券でメルカリMTGの取扱いが確定!!

最短即日で口座開設が可能です。

アズ企画設計(3490)のIPO初値予想とBBスタンス・幹事団のまとめ

アズ企画設計(3490)のIPOが新規承認されました。

2018/3/29に上場予定で事業内容は”不動産の売買、賃貸借、管理“です。

このページではアズ企画設計(3490)のIPO詳細や仮条件決定後の初値予想、上場日直前初値予想に加え、自分のBBスタンス、各社割当枚数、幹事団について記載していきます。

スポンサーリンク

アズ企画設計(3490)のIPO詳細

銘柄 株式会社アズ企画設計
市場ジャスダック
上場日2018/03/29
コード3490
公募200,000株
売り出し70,000株
OA40,500株
想定価格2,160円
吸収金額約6.7億(想定価格ベース)
時価総額
約19.4億(想定価格ベース)
株主優待なし
BB期間2018/03/12~03/16
公開価格決定日2018/03/19

アズ企画設計(3490)ってどんな会社??

アズ企画設計(3490)は不動産業を営んでいる会社です。

  • 不動産販売事業
  • 不動産賃貸事業
  • 不動産管理事業

具体的には上記3つを運営しています。

不動産販売事業では中古不動産をリノベーションして、不動産投資家へ販売。

不動産賃貸事業では中古不動産をリノベーションするところまでは一緒ですが、その物件を自社で管理して施設利用者へ転貸しています。

3つ目の不動産管理事業は投資家へ販売した物件を管理。

建物管理から、入居書管理、さらに賃貸仲介を行なっているとのことです。

どれも一般ユーザーではなく、投資家向けというところが特徴ですかね。

ただ、投資家向けを中心に取り扱っているところは多いので、特別変わっているということではありません。

よくある不動産会社といった所でしょう。

唯一、気になったのが渋谷に本社を設立後に埼玉へ移転しているところです。

現在の本社も埼玉県の川口市ですが、こちらに活路を見出したのでしょうか。

アズ企画設計(3490)IPOスペック

続いてアズ企画設計(3490)のIPOスペックを簡単に紹介していきます。

市場は久しぶりのジャスダック!!

吸収金額は6.7億円です。

マザーズではないところが残念ですが、ジャスダックでも小型サイズになりますので需給面では問題なさそうですね。

こちらは大きなプラス要素になってくれそう。

ただ、業種は上記でも言った通り”不動産業“となり特別投資家に人気化する業種ではありません。

可もなく不可もなくというところです。

一応過去に上場したIPOをみると初値パフォーマンスは悪くないので、そこそこ健闘してくれるかなという感触はあります。

スケジュール面が一番気になる部分ですが、大きな売り圧力もありませんし、ひとまずプラスリターンにはなりそうです。

メカニック
印象的にはかなり地味です。ただ売り上げは好調な地合いを背景に右肩上がり。とはいえこの後がどうなるかですね。

アズ企画設計(3490)のIPO仮条件

2,060円 〜 2,160円

※仮条件決定後に更新

アズ企画設計(3490)のIPO公開価格

2,160円

※公開価格決定後に更新

アズ企画設計(3490)のIPO割当枚数

続いてアズ企画設計(3490)のIPO幹事団と各社における割当枚数を紹介します。

 証券会社割当枚数予想抽選配分枚数個人的期待度
主幹事みずほ証券
2,430枚
243枚
1
幹事野村證券
81枚
8枚
2
SBI証券
81枚
37枚
2
岡三証券
27枚
3枚
4
東海東京証券
27枚
3枚
4
丸三証券
27枚
0枚
-
水戸証券
27枚
0枚
-
委託岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
-
楽天証券(?)
-枚
-枚
-
安藤証券(?)
-枚
-枚
-
ライブスター証券(?)
-枚
-枚
-
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
-
松井証券(?)
-枚
-枚
-
目論見書に記載後に更新

一番割当枚数が多くなるのは主幹事のみずほ証券で間違いないでしょう。

ということで、上記幹事団の中で自動的にみずほ証券が最も当選しやすい証券会社になります。

当選を目指す場合は申込必須です!!

主幹事から申込をしなければその時点で当選確率はグッと下がってしまいますからね。

ちなみにみずほ証券は大手証券ということもあり、口座開設に二の足を踏む方もいるかもしれませんが、ダイレクトコースを選択すればネット証券と全く変わりません。

勧誘の電話も来ませんのでその点は安心してください。

持っていないだけで機会損失感、半端ないですよ 笑

みずほ証券以外ですと上位幹事の野村證券SBI証券も狙い目なるかなと思います。

そして、丸三証券も久しぶりに幹事入りしていますが丸三証券は割当枚数が50単元未満の場合、ネット申込ができませんのでこの点は注意が必要です。

毎年IPOを取り扱い!? 丸三証券のIPOルールや幹事実績を徹底解説!!
ネットからIPOに参加できる証券会社の一つに丸三証券があります 証券会社では中堅会社という感じなので中には知らない人も...

資金に余裕がある方は是非申込してみてください。

期待はあまりできませんけどね。。

また、各証券会社における口座開設日数を下記にまとめてました。

証券会社最短開設日数
カブドットコム証券即日(1営業日)
岡三オンライン証券即日(1営業日)
マネックス証券2営業日
野村證券3営業日
大和証券3営業日
SBI証券3営業日
楽天証券3営業日
松井証券3営業日
GMOクリック証券3営業日
東海東京証券5営業日
SMBC日興証券5営業日
エイチエス証券5営業日
丸三証券6営業日
みずほ証券7営業日
むさし証券約1週間
いちよし証券10営業日
三菱UFJMS証券10日未満
岩井コスモ証券2週間
安藤証券2週間~3週間
岡三証券2週間~3週間

まだ準備できていない証券会社があったら早めに準備しておくことをおススメします。

ちなみに当選確率をアップさせるを下記記事にまとめてありますので、気になる方はチェックしてくださいませ。

門外不出の方法も!? ここでもう一度IPOの当選確率をアップさせる方法を徹底的にまとめてみた
IPO全く当選しなくなりました。 いや、正確にはぼちぼち当たってはいるんですがいわゆるA級IPOといわれる大物がまった...

メカニック
当選枚数が少ないのでみずほ証券で落選してしまうと、厳しい勝負になるかなと思います。過密スケジュールになってきたので投資資金が潤沢でない方は上位3社だけチェックしておきましょう。

IPOアズ企画設計(3490)のBBスタンスと抽選結果

続いてIPOアズ企画設計(3490)におけるBBスタンスと抽選結果を紹介します。

 
証券会社
抽選結果
主幹事みずほ証券
落選
幹事野村證券
落選
SBI証券
落選
岡三証券
落選
東海東京証券
落選
丸三証券
取扱なし
水戸証券
ネット申込不可
委託岡三オンライン証券(?)
落選
楽天証券(?)
取扱なし
安藤証券(?)
取扱なし
ライブスター証券(?)
取扱なし
GMOクリック証券(?)
取扱なし
松井証券(?)
取扱なし
※承認時はBBスタンス、抽選結果が発表されたら結果を表示しています。

一応、参加するつもりですがまだ最終決定ではありません。

地合いがまだ落ち着いていませんし、スペックも心もとない。

気になる部分があるので、仮条件決定後にどうするか決めたいと思います。

今の感じだと恐らく参加することになるとは思いますが。

ただ、最近はこういう微妙なIPOでもA級IPO並みに当選できないので、「当選するんならもっと期待できるIPOに当選したいな」という変な欲がでてきてます。

メカニック
下値は知れていると思うので、迷ったら参加でいくつもりです。

アズ企画設計(3490)のIPO初値予想

アズ企画設計(3490)のIPOにおける初値予想になります

直感的初値予想“は仮条件決定後、”独断と偏見初値予想“は上場日前日の更新です^ ^

【仮条件決定後の直感的初値予想】

2,600円 〜 3,600円

直感的初値予想の記事はこちら

アズ企画設計(3490)のIPO直感的初値予想!!
今回はBB期間が2018/03/12から始まるアズ企画設計(3490)のIPO直感的初値予想をしていきます! どうでし...

【上場直前の独断と偏見初値予想】

3,600円

みんなの初値予想アンケート

投票のお力添えをお願いいたします

アズ企画設計(3490)のIPO個人的評価

 

【総合評価】

2 2/30

【スタンス】

やや強気

(市場)
5点=マザーズ 4点=ジャスダック 3点=東証一部 2点=東証2部 1点=その他

(吸収金額)
5点=小型 4点=中小型 3点=中型 2点=大型 1点=超大型

(業種)
5点=オンリーワン 4点=ネット系 3点=特殊 2点=普通 1点=不人気

(公募売出比)
5点=公募のみ 4点=公募 〉売出 3点=公募=売り出し 2点=公募〈 売出 1点=売出のみ

(業績)
5点=右肩上がり 4点=黒字(波があらい) 3点=横ばい 2点=赤字 1点=赤字(成長性なし)

(地合い)
5点=イケイケ 4点=いい流れ 3点=普通 2点=雰囲気悪い 1点=最悪

この先のIPOに参加する準備はできていますか??[PR]

 

6月、7月とIPOが次々新規承認されています!!

 

そんな中、岡三オンライン証券がZUU、ログリー、SIG、国際紙パルプ商事、IPS、MTG、パデコ、ロジザードと一気に8社の取扱を発表!!

 

 

今年はすでに15社以上の委託幹事をしており、急激にIPOに力を入れている感じが見受けられます♪

 

岡三オンライン証券は資金不要でIPOの抽選に参加できますので、必ず申し込みをしてくださいね♪

 

岡三オンライン証券 IPO前受金不要

 

ちなみにそんな岡三オンライン証券ですが、現在当ブログとタイアップキャンペーンを実施しており…

 

  • キャンペーンコードを入力
  • 下記リンクからの口座開設
  • 5万円以上入金

 

上記3つを満たすと…

 

現金3,000円がキャッシュバックされます!!

 

 

さらに今なら株主優待本まで!!

 

 

資金不要でIPOに参加できる上に、現金3,000円、株主優待本まで貰えるという一石三鳥のタイミングなので、まだ口座をお持ちでない方は是非このお得な期間内に口座開設をしてくださいね♪(6月30日まで)

 

タイアップキャンペーンを使って口座開設する

 

スポンサーリンク