カブドットコム証券でメルカリのIPO取扱い確定!!

最短即日で口座開設が可能です。

メルカリ(4385)のIPO初値予想とBBスタンス・幹事団のまとめ

メルカリ(4385)のIPOが新規承認されました。

2018/06/19に上場予定で事業内容は”CtoCマーケットプレイス「メルカリ」その他のマーケットプレイス 関連事業の開発・運営等“です。

このページではメルカリ(4385)のIPO詳細や仮条件決定後の初値予想、上場日直前初値予想に加え、自分のBBスタンス、各社割当枚数、幹事団について記載していきます。

スポンサーリンク

メルカリ(4385)のIPO詳細

銘柄 株式会社メルカリ
市場マザーズ
上場日2018/06/19
コード4385
公募18,159,500株
売り出し22,554,800株
OA2,840,500株
想定平均価格2,450円
吸収金額約1067.1億(想定平均価格ベース)
時価総額
約3315.6億(想定平均価格ベース)
株主優待なし
BB期間2018/06/04~06/08
公開価格決定日2018/06/11

メルカリ(4385)ってどんな会社??

メルカリについてはテレビCMなども行われていますし、最早会社自体は知らない人も多いと思いますのでわざわざ説明する必要はないかもしれません。

ただ、フリマアプリのメルカリの他にも色々と事業をやっていますのでそこも含めて説明していきますね。

メルカリのメイン事業はやはりフリマアプリのメルカリです!!

スマホに特化しているところが大きな特徴で、売りたいものがある人はすぐに出品から配送ができ、欲しい商品を見つけた方も簡単に購入することができます。

操作説明がいらないほど洗練されたUI、UX。

フリマアプリは現在メルカリ以外にも楽天が運営しているラクマもありますが、ユーザー数はメルカリが圧倒。

フリマアプリでは国内NO.1の存在です。

また、すでに国内だけでなくアメリカにも進出していて、これからさらに利用できる地域を広げていくと思われます。

フリマアプリ以外ですと即時買取サービスの「メルカリNOW」やシェアサイクルサービスの「メルチャリ」、スキルシェアサービスの「teacha」なども運営していますよ。

そして、一番期待されているのが「メルペイ」ですね。

メルカリの売上金をリアル店舗でも利用可能にするなど、メルカリ経済圏をさらに広くしていくことを計画中。

フリマアプリを切り口としてどこまでこの経済圏を広げていけるか疑問な部分はありますが、これが一般にも広がればかなり魅力的なサービスになるとは思います。

メルカリIDで色々なサービスが利用でき、支払いも簡単に済ますことが可能になる。

実際、財務表を見ると未払金が多いことから売上金を引き出していないユーザーが多くいることがわかりましたので広がる余地は十分にありそうです。

ちなみに上場が決まったタイミングで山田進太郎社長が全ての人に対して、今後のビジョンなども含めた手紙を公開しています。

投資を検討している方はこちらも一読してみると、どんな会社なのかよりわかると思いますよ。

株式会社メルカリ 代表取締役会長兼CEO 山田進太郎による、上場にあたってのメッセージ。失敗を恐れず、大胆に挑戦を続けるメルカリのビジョンや今後の方針をまとめています。

メルカリ(4385)のIPOスペック

続いてメルカリ(4385)のスペックをご紹介。

こちらも気になっている人が多いのではないですかね。

まず上場市場は前から言われていた通りマザーズでした!!

そして注目の吸収金額ですがなんと…

約1067億円!!

これはもう大型という言葉では足りませんね。

超大型というか巨大、モンスター級の大型銘柄です。

しかも時価総額は3,000億円オーバー!!

この記事を書いている時点でのマザーズの時価総額1位はミクシィで時価総額は3,000億円未満なんです。

っということでメルカリがサクッとトップに踊り出ます。

想定平均価格でこれですから、おそらく上場後はダントツになるでしょうね。

ちょっと異次元過ぎ 笑

あと個人的に上場前から気になっていたのが公募と売り出しのバランスですが、公募も意外と多かったです。

さらに成長させようという意思が伝わってきますのでこれはグッド。

投資家にもいい印象を与えると思いますよ。

もちろん業種と絶大な知名度も大きなプラス要素として働くでしょうから、時価総額の大きさを考慮してもいい勝負ができるかなという印象を持っています。

業績が赤字だったのは残念ですが、まだ6期目と社歴も浅い企業ですし、先行投資も嵩んでますからからまぁこれはしょうがないかなという印象。

全体的には悪くないスペックだと思います。

メカニック
いうまでもありませんが株主にはベンチャーキャピタルがこれでもかというぐらいいます。一応ロックアップがかかっていますので大きな影響はないと思いますが、解除されたら大きな売り圧力になりますね。またストックオプションも多めです。この辺りはお忘れなく。

メルカリ(4385)のIPO仮条件

-円 〜 -円

※仮条件決定後に更新

メルカリ(4385)のIPO公開価格

-円

※公開価格決定後に更新

メルカリ(4385)のIPO割当枚数と当選期待度

続いてメルカリ(4385)のIPO幹事団と各社における割当枚数を紹介します。

 証券会社割当枚数予想抽選配分枚数個人的期待度
主幹事大和証券
-枚
-枚
1
三菱UFJモルガンスタンレー証券
-枚
-枚
-
幹事SMBC日興証券
-枚
-枚
-
みずほ証券
-枚
-枚
-
野村證券
-枚
-枚
-
マネックス証券
-枚
-枚
-
SBI証券
-枚
-枚
-
岩井コスモ証券
-枚
-枚
-
極東証券
-枚
-枚
-
委託岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
-
楽天証券(?)
-枚
-枚
-
安藤証券(?)
-枚
-枚
-
ライブスター証券(?)
-枚
-枚
-
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
-
松井証券(?)
-枚
-枚
-
カブドットコム証券
-枚
-枚
-
目論見書に記載後に更新

肝心の主幹事ですが予想通り大和証券三菱UFJモルガンスタンレー証券の2社でした。

5月末に上場するラクスルでも共同主幹事ですので、2社連続でのタッグとなります。

なんかこの2証券、やたら仲良しですね 笑

2社とも当選しやすい証券会社として有名ですし当選枚数も多いですので、おそらく当選する人はワンサカでてくると思います。

当選を目指すならばこの2社はかかせませんよ!!

あと主幹事以外で狙い目になりそうなのは上位幹事のSMBC日興証券みずほ証券でしょうか。

もちろんSBI証券、100%抽選配分のマネックス証券も外せません。

脅威の100%抽選配分!! IPO投資に必須のマネックス証券におけるIPO抽選ルールや幹事実績などを徹底紹介!!
IPO投資で欠かせない証券会社の一つがマネックス証券です。 必須口座といっても過言ではないでしょう(^...

極東証券以外からは全てネット申し込みが可能ですので、当選を目指す方はガンガン攻めてくださいね♪

また、今回はカブドットコム証券が穴場だと思ってます!!

委託販売の実績はトップクラス!! カブドットコム証券のIPOルールや注意点を徹底解説!!
カブドットコム証券といえば色々なメディアで紹介されており、知名度が高いネット証券の一つだと思います(^ ^) ...

三菱UFJモルガンスタンレー証券が主幹事の時はいつも以上に当選確率が高くなるので侮れません。

自分は過去にコメダホールディングスや日本郵政などが当選していますので、今回も結構期待しています 笑

こちらもお忘れなくっ!!

資金面を考えると想定平均価格が2,450円ということで1社申し込みするのに24.5万円必要になってきます。

少ない資金でIPO投資をしている方は後期型の岩井コスモ証券を上手に利用して資金を節約してくださいね。

裏技を使えば資金効率が大幅にアップ!!  岩井コスモ証券のIPOルールや取り扱い実績を徹底解説します。
IPOの抽選が後期型で、よく幹事入りする証券会社といえば間違いなく… 岩井コスモ証券でしょう!! ...

参考情報として6年間の実績を元に当選しやすい証券会社を下記記事にまとめています。

【真実を暴露】6年の実体験を元にIPOが当選しやすい証券会社をランキング形式でまとめてみました
自分がIPOを始めたのは2012年から。 かれこれ6年ほどが経過しようとしています。 コツコツIPOに申...

IPOの当選確率をアップさせる方法も下記記事に記載していますので気になる方は一読してみてください。

門外不出の方法も!? ここでもう一度IPOの当選確率をアップさせる方法を徹底的にまとめてみた
IPO全く当選しなくなりました。 いや、正確にはぼちぼち当たってはいるんですがいわゆるA級IPOといわれる大物がまった...

メカニック
おそらくネット組も全ての証券会社から申し込みをすれば1枚は当選できると思います。店頭組は1,000株単位で配分される人も多くいそう。

メルカリ(4385)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果

続いてメルカリ(4385)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果を紹介します。

 
証券会社
抽選結果
主幹事大和証券
参加
三菱UFJモルガンスタンレー証券
参加
幹事SMBC日興証券
参加
みずほ証券
参加
野村證券
参加
マネックス証券
参加
SBI証券
参加
岩井コスモ証券
参加
極東証券
ネット申込不可
委託岡三オンライン証券(?)
参加予定
楽天証券(?)
参加予定
安藤証券(?)
参加予定
ライブスター証券(?)
参加予定
GMOクリック証券(?)
参加予定
松井証券(?)
参加予定
カブドットコム証券
参加
※承認時はBBスタンス、抽選結果が発表されたら結果を表示しています。

今のところ少し悩んではいますが、参加するつもりでいます。

ユニコーン企業の上場ということですでに大型規模ではありますが、まだまだ伸び代はあるように感じているからです。

経営陣も素晴らしいですし、非常にホワイトで応援したくなる企業。

当選したらそのまま長期保有したくなっちゃいそう。

絶対安心できるIPOではありませんが、前向きに考え中です。

よほど悪いことがおきない限りはきっとそのまま全力申し込みすることになりそうな気がします。

メカニック
一番ひっかかるのは吸収金額ですが、LINEの時もなんだかんだ初値高騰しましたしその時と同じ匂いを感じます。

メルカリ(4385)のIPO初値予想

メルカリ(4385)のIPOにおける初値予想になります。

直感的初値予想“は仮条件決定後、”独断と偏見初値予想“は上場日前日の更新です。

【仮条件決定後の直感的初値予想】

-円 〜 -円

【上場直前の独断と偏見初値予想】

-円

みんなの初値予想アンケート

投票のお力添えをお願いいたします。

メルカリ(4385)のIPO個人的評価

 

【総合評価】

19/30

【スタンス】

やや強気

(市場)
5点=マザーズ 4点=ジャスダック 3点=東証一部 2点=東証2部 1点=その他

(吸収金額)
5点=小型 4点=中小型 3点=中型 2点=大型 1点=超大型

(業種)
5点=オンリーワン 4点=ネット系 3点=特殊 2点=普通 1点=不人気

(公募売出比)
5点=公募のみ 4点=公募 〉売出 3点=公募=売り出し 2点=公募〈 売出 1点=売出のみ

(業績)
5点=右肩上がり 4点=黒字(波があらい) 3点=横ばい 2点=赤字 1点=赤字(成長性なし)

(地合い)
5点=イケイケ 4点=いい流れ 3点=普通 2点=雰囲気悪い 1点=最悪

その他ブロガーの初値予想は??にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

この先のIPOに参加する準備はできていますか??[PR]

 

6月もIPOが次々新規承認されています!!

 

そんな中、岡三オンライン証券がZUU、ログリー、SIG、国際紙パルプ商事の取扱を発表!!

 

 

今年はすでに10社以上の委託幹事をしており、急激にIPOに力を入れている感じが見受けられます♪

 

岡三オンライン証券は資金不要でIPOの抽選に参加できますので、必ず申し込みをしてくださいね♪

 

岡三オンライン証券 IPO前受金不要

 

ちなみにそんな岡三オンライン証券ですが、現在当ブログとタイアップキャンペーンを実施しており…

 

  • キャンペーンコードを入力
  • 下記リンクからの口座開設
  • 5万円以上入金

 

上記3つを満たすと…

 

現金3,000円がキャッシュバックされます!!

 

 

さらに今なら株主優待本まで!!

 

 

資金不要でIPOに参加できる上に、現金3,000円、株主優待本まで貰えるという一石三鳥のタイミングなので、まだ口座をお持ちでない方は是非このお得な期間内に口座開設をしてくださいね♪(6月30日まで)

 

タイアップキャンペーンを使って口座開設する

 

スポンサーリンク