IPOの当選確率がUPする6つの方法とは
IPO投資

ソフトバンク(9434)のIPO新規上場!! 評価・BBスタンス・詳細まとめ

ぶるぶる
ぶるぶる
つ、ついにソフトバンクのIPOがキターー!! ここ数年で最大級に注目を集めそう!!
メカニック
メカニック
噂されていただけあってスペックは予想通りのインパクト。じゃあ詳しく紹介していくね。

どうも、メカニックです!!

ソフトバンク(9434)のIPOが新規承認されました。

2018/12/19に上場予定で事業内容は”移動/固定通信事業及びICTソリューションの提供“です。

このページではソフトバンク(9434)のIPO詳細や仮条件決定後の初値予想、上場日直前初値予想に加え、自分のBBスタンス、各社割当枚数、幹事団について記載していきますよ。

IPOって何??

ソフトバンクのIPOを説明する前に、IPOという言葉を知っていなければ全くこの後の話についてこれません。

なのでもしこれからIPOに挑戦しようと思っている初心者の方は下記記事を先に一読してみてください。

【ソフトバンク】IPO株の買い方(購入方法)を日本一優しく解説!! これを見れば全て解決!!ソフトバンクのIPOがついに実施されます。初心者向けにIPO株の買い方(購入方法)を日本一わかりやすく解説。 申し込み期間から当選しやすい証券会社まで徹底網羅。...

IPOとは??というところから、ソフトバンクのIPOに申込する手順を紹介していますよ。

理解してから、下記を読み進めていくようにしてくださいね。

 

ソフトバンク(9434)のIPO詳細

銘柄 ソフトバンク株式会社
市場 未定(ほぼ一部確定)
上場日 2018/12/19
コード 7045
公募 0株
総売出枚数 1,603,393,700株
国内売出し数 1,427,287,400株
国外売出し数 176,406,300株
OA 160,369,400株
想定価格 1,500円
吸収金額 約2.64兆円(想定価格ベース)
時価総額 約7.18兆円(想定価格ベース)
株主優待 なし
BB期間 2018/12/03~12/07
公開価格決定日 2018/12/10

ソフトバンク(9434)ってどんな会社??

ついに噂されていた超大物、ソフトバンクのIPOが新規承認されました!!

すでにどんな企業か知っている人がほとんだと思いますが、もう一度紹介していきますね。

ソフトバンクはソフトバンクグループから分社化し誕生した、大手通信会社です。

ドコモ、auと並んだ3大キャリアの一つを運営しています。

ソフトバンクグループは今後、投資やグループ企業の管理が主な役目になるようですよ。

そして、ソフトバンクグループの事業は大きく分けると下記ののサービスに分類できます。

  • コンシューマ事業
  • 法人事業
  • 流通事業
  • その他事業

コンシューマ事業では移動通信サービス、ブロードバンドサービス等の通信サービスを提供。

移動通信サービスはY!mobile、ソフトバンク、LINEMOBILEの3つのブランドがあります。

これはみなさんも利用している人も多いのではないでしょうか。

法人事業ではクラウドやAI、IoT等の多岐にわたるサービスやソリューションを提供。

流通事業はソフトウェアの販売卸がメイン。

法人にはICTやクラウド、ITソリューションなどに対応した商材。

個人にはモバイル・PC周辺機器、アクセサリーなどの企画と供給を行なっています。

そして、それぞれの販売実績は下記の通り。

やはりコンシューマ事業の売り上げが頭一つ抜けていますね。

ソフトバンク(9434)のIPOスペック

続いてソフトバンク(9434)のIPOスペックを見ていきましょう。

想定価格は1,500円。

上場予定市場は今の所、未定ですが東証1部でほぼ間違いありません。

ソフトバンクが1部じゃなければおかしいですからね 笑

そして、注目の吸収金額ですが国内と海外で売出枚数が別れていますが、合計すると…

2.64兆円です。

いつもは単位が億ですが、今回は”兆”。

これもある程度予想されていた規模通りではありますが、改めて見るとなんだか途方もない金額です。

メルカリやMTG、LINEなんかが可愛く見えます。

ソフトバンクのマイナス要素

もちろんこの規模は超大型規模となり、自分がIPO投資を初めてからナンバーワンの吸収金額。

上値は重くなることは覚悟しなければいけません。

また、業種は通信事業ということで、すでに携帯の電波はライフラインの一つになっていて、生活に欠かせない分野です。

直近では国から料金の値下げを迫れている部分もあり、ややネガティブな印象を受けますが、参入障壁は高いため、他企業が簡単に入ってこれないでしょう。

契約者の奪い合いになっていて、これ以上の市場の拡大は込めない部分があり、このあたりは少し気になるところではあります。

上場スケジュールに関してはIPOが一番乱立する12月ということで、正直タイミングとしては最悪です。

できれば過疎っている時期に上場してほしかったですね。

そして、親会社のソフトバンクグループがすでに上場しているため、親子上場ということになります。

親会社が2回上場するようなものなので、こちらもマイナス要素の一つです。

ソフトバンクのプラス要素

とにかく知名度が高い点はプラスに働くと思います。

だれでも知っている企業ということで、投資をしたことがない人も購入する可能性が大。

ちなみに株主優待はありませんが、配当性向は85%を目指すとのことです!!

配当利回りが高くなれば公募で取得後、そのまま保有する人も多くなります。

上場当日の売り圧力の抑制に貢献してくれるでしょう。

ただ、規模が規模なので初値が売出価格の数%アップするだけで、時価総額が数百億円変わってきます。

公募価格近辺での勝負になり、初値高騰することは頭にいれておきましょう。

ぶるぶる
ぶるぶる
吸収金額が天文学的数字すぎてびっくりっ!! こんな規模のIPOだと予想が難しいね。
メカニック
メカニック
±20%以内におさまる可能性が高いと思う。公募割れの可能性があることは忘れてはいけないね。

 

ソフトバンク(9434)のIPO仮条件

1,500円

仮条件は想定価格と同じ1,500円で決定。

通常は-円~-円と値幅を持たせてくるので異例の設定です。

このような仮条件が提示されたのは自分がIPO投資をしてから始めてのことです。

また、個人的には上ブレしなかったのでほっとしています。

上ブレした場合は当然吸収金額も多くなりますし、割高感も目立ってきます。

さらに、上値余地もなくなると、この規模のIPOではいいことなしです。

できればディスカウントされれば最高でしたけどね。

 

ソフトバンク(9434)のIPO公開価格

-円

※公開価格決定後に更新

 

ソフトバンク(9434)のIPO初値結果

-円

※上場後に更新

 

ソフトバンク(9434)のIPO割当枚数と当選期待度

続いてソフトバンク(9434)のIPO幹事団と各社における割当枚数を紹介します。

  証券会社 割当枚数 予想抽選配分枚数 個人期待度
主幹事 野村證券
-枚
-枚
1
大和証券
-枚
-枚
SMBC日興証券
-枚
-枚
みずほ証券
-枚
-枚
三菱UFJモルガンスタンレー証券
-枚
-枚
SBI証券
-枚
-枚
幹事 岡三証券
-枚
-枚
東海東京証券
-枚
-枚
岩井コスモ証券
-枚
-枚
水戸証券
-枚
-枚
西日本TT証券
-枚
-枚
松井証券
-枚
-枚
マネックス証券
-枚
-枚
あかつき証券
-枚
-枚
委託幹事 カブドットコム証券
-枚
-枚
岡三オンライン証券
-枚
-枚
楽天証券(?)
-枚
-枚
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
one tap buy
-枚
-枚
ライブスター証券(?)
-枚
-枚

目論見書に記載後に更新

さすが超大型IPOだけあり、大手証券から中堅証券、ネット証券まで全員集合といった感じです。

その中でも主幹事は下記の6社。

大和証券や三菱UFJモルガン・スタンレー証券、SBI証券が主幹事になるという報道はなかったのでこれはちょっと驚きました。

大和証券やSBI証券は抽選割合が高いのでこれは最高です。

ネット組でもチャンスありです!!

ソフトバンクのIPOを公募でゲットしたい人は上記6社は絶対に抑えておきましょう。

ちなみに野村證券は個人的に相性が悪く、当選をなかなかいただけていませんが、今回はめちゃくちゃ期待しています!!

また、上位幹事の岡三証券東海東京証券、そしてネット証券のマネックス証券も狙い目だと思いますよ。

っというか今回は日本のIPO史上、過去最大級の規模ですからどの証券会社からでも当選は狙えそうです 笑

ただ、全ての証券会社から申込するとなるとまとまった資金が必要になりますので、少ない資金でIPO投資をしている方は主幹事の野村證券や松井証券など、資金不要で申込できる証券会社を上手く使っていきましょう。

【前受金不要】0円でIPOの抽選に参加できる7つの証券会社 IPO投資に参加したいけど資金がなくて、申し込める証券会社が限られている人も多いのではないでしょうか?? 今回はそんな方に...

後期型の岩井コスモ証券もオススメです。

裏技を使えば資金効率が大幅にアップ!! 岩井コスモ証券のIPOルールや取り扱い実績を徹底解説します。 IPOの抽選が後期型で、よく幹事入りする証券会社といえば間違いなく… 岩井コスモ証券でしょう!! 毎年コンスタントに幹事...

さらに今回はone tap buy(ワンタップバイ)での委託販売も確定しています!!

1株から申込ができるという新しいIPO投資を経験できますので、こちらも楽しみ。

【日本初】One Tap buy(ワンタップバイ)がIPOの取扱を開始!! 1株から申込できるってよOne Tap buy(ワンタップバイ)で新たにIPOの取扱をスタートします。1株から参加できるという日本初の試みです。IPOルールを徹底解説していきます。...

そして、最近IPO投資を始めた方はIPOの当選確率をアップさせる方法を下記記事にまとめてありますのでこちらも是非一読してみてくださいませ。

門外不出の方法も!? IPOの当選確率を劇的にアップさせる6つの方法 みなさんIPO当選しますか?? 当選していない方の多くはやり方が間違っている可能性が高いです。 そこで今回はIPO歴...

自分の経験を元に算出した当選しやすい証券会社ランキングもまとめてあります。

【真実を暴露】IPOが当選しやすいおすすめ証券はココだっ!!6年の実体験を元にランキング形式でまとめてみました自分がIPOを始めたのは2012年から。 かれこれ6年ほどが経過しようとしています。 コツコツIPOに申込をして、おそらく参...

当選はかなり容易だと思うので、いままでIPOでなかなか当選できなかった人もかなりの高確率で当選できるはずです♪

2015年の日本郵政グループと同じくらい期待できると思いますよ。

ぶるぶる
ぶるぶる
なんだかいつも以上に幹事団が豪華だね。下位幹事でも期待できそう♪
メカニック
メカニック
ネットからの申込でも複数当選は十分に狙えるよ。もしかしたら500株とか当選できる人がたくさんでてくるかも!?

【暫定】ソフトバンクの主幹事における割当比率が判明

暫定ではありますが、主幹事におけるソフトバンクの割当は下記の通り。

やはり野村證券が1位です。

しかし、口座開設数や抽選割合なども含めると大和証券や三菱UFJモルガンスタンレー証券、SBI証券の3社も間違いなく狙い目になります。

三菱UFJフィナンシャル・グループであるカブドットコム証券は100%抽選配分なので、取り扱いが確定したらかなり穴場になるかもしれません。

委託販売の実績はトップクラス!! カブドットコム証券のIPOルールや注意点を徹底解説!! カブドットコム証券といえば色々なメディアで紹介されており、知名度が高いネット証券の一つだと思います(^ ^) カブ...

【11/14追記】カブドットコム証券と岡三オンライン証券で取り扱いが決定

カブドットコム証券と岡三オンライン証券でソフトバンクの取り扱いが決定しました!!

カブドットコム証券は上記でも紹介したようにIPOが100%抽選配分ですし、グループ会社の三菱UFJモルガン・スタンレー証券が主幹事なのでいつも以上に期待できると思います。

また、岡三オンライン証券は資金0円でソフトバンクのIPOに申込ができますよ♪

岡三オンライン証券のIPOルールを徹底解説!! 資金0円でも抽選に参加できる貴重な証券会社!!最近、IPOに力を入れている証券会社の一つに岡三オンライン証券があります みんなが知っているメジャーな証券会社ではありませんが、実...

 

ソフトバンクにおけるIPOチャレンジポイントのボーダーライン

SBI証券が主幹事ということでいつも通り、twitter上でIPOチャレンジポイントのボーダーラインのアンケートをとってみました。

結果がこちらです。

1位は150P未満となりました。

やはり当選枚数が多い上に、ポイントを利用する人が少ないのが大きな原因かなと思います。

また、割当枚数は1,000株以上の可能性も十分にあります。

公募割れとなってしまった場合は大きなダメージをうけることになるので慎重に判断するようにしましょう。

また、過去のボーダーラインと比較しながら考察した記事が下記になりますので、こちらも一読してくださいますと幸いです。

【IPOポイント】ソフトバンクのアンケート結果に驚愕!! ボーダーラインは今年最低が濃厚です!! ソフトバンクのIPOが新規承認され、BBスタンスを悩んでいる人も多いと思います。 https://ipomechanic....

 

ソフトバンク(9434)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果

最後にソフトバンク(9434)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果を紹介します。

  証券会社 抽選結果
主幹事 野村證券
参加予定
大和証券
参加予定
SMBC日興証券
参加予定
みずほ証券
参加予定
三菱UFJモルガンスタンレー証券
参加予定
SBI証券
参加
幹事 岡三証券
参加予定
東海東京証券
参加予定
岩井コスモ証券
参加予定
水戸証券
参加予定
西日本TT証券
ネット申込不可
松井証券
参加予定
マネックス証券
参加予定
あかつき証券
ネット申込不可
委託幹事 カブドットコム証券
参加予定
岡三オンライン証券
参加予定
GMOクリック証券(?)
参加予定
楽天証券(?)
参加予定
One Tap Buy
参加
ライブスター証券(?)
参加

承認時はBBスタンス、抽選結果が発表されたら結果を表示しています。

上記の通り、まだ確定してはいませんが参加する方向です。

かなり前向きに検討中。

参加を確定していない理由としては超大型規模という部分と、国が携帯電話料金について言及している部分が大きいです。

あと親子上場や過密スケジュールなど小さいマイナスポイントも複数あります。

ただ企業の知名度は高く、注目度も抜群。

過去の大型IPOも上場前はネガティブな声がありながら、なんだかんだ堅調な結果になっているのも心強いです。

それにしても久々にIPO投資家としての血が騒ぐ銘柄ですね。

アドレナリンがドッパドパです 笑

全員参加型で利益のあげられるIPOになれば最高だと思います!!

とりあえず、外れてもIPOチャレンジポイントがもらえるSBI証券と、初のIPO取り扱いとなるone tap buyからは申込するつもりです♪

SBI証券のIPOチャレンジポイントを本当に理解してる?? 知っている限りで徹底的にまとめました!!SBI証券で最も重要になってくるのはやはりIPOチャレンジポイントだと思います そして、IPOの新規承認が多くなってきて一番質問を...

 

ソフトバンク(9434)のIPO初値予想

ソフトバンク(9434)のIPOにおける初値予想になります。

直感的初値予想“は仮条件決定後、”独断と偏見初値予想“は上場日前日の更新です。

【仮条件決定後の直感的初値予想】

1,350円 〜 1,650円
【IPO初値予想】ソフトバンクは公募価格近辺の攻防が確実か!? BBスタンスをついに決定!?ソフトバンク(9434)のIPOにおける仮条件決定後の最新初値予想です。仮条件、プラス要素やマイナス要素を踏まえた個人的初値予想、各社割当枚数、BBスタンスを紹介しています。...

【上場直前の独断と偏見初値予想】

-円

みんなの初値予想アンケート

投票のお力添えをお願いいたします。


 

ソフトバンク(9434)のIPO個人的評価

 

【総合評価】

17+α/35

【スタンス】

中立

(市場)
5点=マザーズ 4点=ジャスダック 3点=東証一部 2点=東証2部 1点=その他

(吸収金額)
5点=小型 4点=中小型 3点=中型 2点=大型 1点=超大型

(業種)
5点=オンリーワン 4点=ネット系 3点=テーマ性あり 2点=普通 1点=不人気

(公募売出比)
5点=公募のみ 4点=公募 〉売出 3点=公募=売り出し 2点=公募〈 売出 1点=売出のみ

(業績)
5点=右肩上がり 4点=黒字(波があらい) 3点=横ばい 2点=赤字 1点=赤字(成長性なし)

(地合い)
5点=イケイケ 4点=いい流れ 3点=普通 2点=雰囲気悪い 1点=最悪

(スケジュール)

5点=単独&長期空白明け 4点=単独 3点=過密 2点=同日上場 1点=同日上場&過密

その他ブロガーの初値予想は??にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

IPO投資よりもコンスタントに稼げるこんな投資はいかが??[PR]

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、新規承認されなければ投資ができません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれるようになりました!!

ソーシャルレンディングは”ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス“のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%以上で運用することもできるんですよ(^ ^)

年々新しいサービスがでてきていますが、今から始める方はSBIソーシャルレンディングがおススメです。

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

自分も現在50万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

SBIソーシャルレンディングを今すぐチェック

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

SBIソーシャルレンディングとは?? 評判が良いので実際に投資してみましたSBIソーシャルレンディングとはSBIグループが運営している事業者。評判が凄くいいので利回り7%のファンドに実際に投資してみました。自分が投資した際のスクショ画像を使いながら投資申し込みの方法から注意点など徹底的に紹介しています...

 

POSTED COMMENT

  1. たっちん より:

    ドコモ、auに比べて買いやすい値段ですか?
    株主優待や配当金はいくらぐらいに成りますか?

  2. おやかた より:

    配当性向より配当利回りが気になります。KDDIより低いなら買う価値無しと思っていますが…。

  3. ハッピーちゃん より:

    初めて買うのでぜひ上がることを期待したいです

  4. ハッピーちゃん より:

    初音は20%

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。