キャッシュレス

【評判と口コミ】PayPayとは?? 使ってわかった4つのデメリットを完全解説!!

QRコード決済の戦国時代になっていますがPayPay(ペイペイ)の勢いが凄いですね。

ユーザー、店舗側、両方にメリットがあるサービスなのでこれから広まっていくのは時間の問題かなと思っています。

今回はそんなPayPay(ペイペイ)を早速利用してみましたので、そこからわかったメリットや注意点などをざっと紹介しようかなと思います。

評判や口コミが気になっている方は必見ですよ。

また、自分が考えるお得な利用法なんかも紹介しているので、PayPayを最強カスタマイズしたいという方は参考にしてみてください。

目次

PayPay(ペイペイ)とは??

PayPay(ペイペイ)はソフトバンクとヤフーが共同で設立したPayPay株式会社が運営するQRコード決済サービスです。

利用料は無料、スマホがあればすぐに利用できます。

PayPay(ペイペイ)加盟店ならば、瞬時に決済ができ、支払額に応じて還元を受けることもできます。

 

PayPay(ペイペイ)の利用に必要なもの

PayPay(ペイペイ)を利用するには下記の物が必要です。

必要なもの
  • スマホ
  • 銀行口座
  • クレジットカード

銀行口座とクレジットカードはどちらかひとつでも構いませんが、クレジットカードを登録しておくと利便性はより高くなります。

 

PayPay(ペイペイ)の利用方法

PayPay(ペイペイ)を利用するのはとっても簡単。

スマホからアプリをインストールして、あとは携帯認証をするだけ。

Yahoo! JAPANのIDとも連携できるので、アカウントを持っている方は連携しておきましょう。

連携すればYahoo!ウォレットに登録してあるクレジットカードや銀行口座などが一瞬で反映されて、初期設定がほとんど必要ありません。

 

PayPay(ペイペイ)での支払方法

PayPay(ペイペイ)は下記の3つから支払方法を選択できます。

  • PayPay残高
  • Yahoo!マネー
  • クレジットカード

PayPay残高による支払い

PayPay残高は先にチャージする必要があります。

100円からチャージができ、料金は無料。

最大で1日50万円までチャージができ、月間では100万円までのチャージに対応。

Yahoo!マネーによる支払い

Yahoo!マネーはYahoo! JAPANが提供している電子マネーで保有している人しか利用できません。

Yahoo!マネーは”Yahoo!ウォレットの預金払い用口座”、”コンビニ”、”ヤフオク!の売上”からチャージが可能です。

ただ、Yahoo!マネーはクレジットカードからチャージができませんので、チャージして利用したい場合はPayPay残高にチャージした方が現実的で簡単です。

クレジットカードによる支払い

クレジットカードは登録したクレジットカードからの支払となります。

登録できるクレジットカードは現状、VISAとMasterCardの国際ブランドがついたカードのみ。

あとはソフトバンク系列ということもあり、ソフトバンクカード、そしてKyashリアルカードでも登録が可能です。

 

PayPay(ペイペイ)を利用できる店舗

PayPay(ペイペイ)を利用できる主な店舗は下記の通りです。

利用可能店舗
  • モンテローザグループ
  • ワタミグループ
  • 豊丸水産
  • はなの舞
  • さかなや道場
  • オリックスレンタカー
  • Mac-house
  • メガネドラッグ
  • 江ノ島タクシー
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • ローソン
  • ポプラ
  • セイコーマート
  • エイチ・アイ・エス
  • ヤマダ電機
  • エディオン
  • ジョーシン
  • ビックカメラ
  • ソフマップ
  • ベスト電器
  • コジマ
  • Zoff
  • ゲンキー
  • 眼鏡市場
  • earth music & ecology
  • ALOOK
  • koe
  • アリさんマークの引越社
  • かっぱ寿司
  • ステーキ宮
  • ピザーラ
  • 牛角
  • 松屋
  • 温野菜
  • ウェルシア薬局
  • クリスのアオキ
  • 薬王堂
  • サンドラッグ
  • ゲンキー

などなど。

まだまだ利用できる店舗はありますよ。

スタート直後は利用できる店舗は少なかったんですが、大手小売店でも続々と利用できるようになっています。

家電量販店やコンビニで利用できるようになったのは大きいですよね。

ローソンは2019年の3月26日から利用できるようになりました。

 

PayPay(ペイペイ)の決済方法

PayPay(ペイペイ)で決済をするときは店員さんに恥ずかしがらずに「PayPay(ペイペイ)で(払います)」といいましょう。

そして、PayPay(ペイペイ)の決済方法は大きく分けて二つあります。

コード支払い

コード支払はこちらのバーコードを店員さんに見せて、それを読み取ってもらう方法です。

金額は入力する必要がありませんので、簡単。

しかし、スキャンする機械を持っていない店舗では利用できませんので注意が必要です。

スキャン支払い

スキャン支払はお店のQRコードをユーザーが読み取って支払いをする方法です。

コード支払と違って全店舗で利用可能。

QRコードを読み取ったら金額を入力して支払をします。

注意点としては支払を確定する前にお店の人に必ず金額を確認するようにしましょう。

もし金額を間違った場合はお店の人に処理をしてもらわなければならず、余分の時間がかかってしまいます。

結局は現金払いの方が早かったってなるとQRコード決済のメリットが全くなくなりますので、支払う時は慎重に。

 

PayPay(ペイペイ)のメリット

PayPay(ペイペイ)のメリットを順番に紹介していきます。

メリット1:スマホだけで一瞬で決済できる

PayPay(ペイペイ)を立ち上げると、こんな感じで一瞬で決済ができます。

自分はコード支払をしましたが、アプリ立ち上げから支払までトータルで30秒ほどでしたかね。

30秒と言われるとかなり時間がかかるように感じるかもしれませんが、体感的には「え!? これで支払できたの!?」ってぐらい早く終わりました。

これはPayPay(ペイペイ)だけではなく、キャッシュレス決済の利点ではありますが、クレジットカード払いよりも時間はかかりませんよ。

さすがに電子マネー払いの早さには勝てませんが。

メリット2:おつりをもらう手間が省ける

これもPayPay(ペイペイ)だけではなく、キャッシュレス決済全体の利点ですが、おつりをもらう手間がはぶけます。

おつりをもらうのにも時間がかかりますし、さらに財布に入れるのにも時間がかかるんですよね〜。

これがないだけでもかなり時間の節約になります。

しかも支払う側にもメリットがありますが、お店側も計算ミスはないですし、メリットが多いです。

メリット3:利用するたびに0.5%の還元を受けられる

PayPay(ペイペイ)は利用するたびに支払額の0.5%の還元を受けられます。

バックされるのはPayPay残高。

もし10,000円を決済した場合、50円がPayPay残高としてキャッシュバックされる仕組みです。

もちろん、PayPay残高が貯まれば次回のお買い物時に利用することができますよ。

メリット4:Yahoo!マネーで支払いができる

PayPay(ペイペイ)ではYahoo!マネーでも支払うことができます。

今までYahoo!のサービスでしか利用できず、使いにくさは否めませんでしたがついに本領を発揮するときがきました。

もちろんYahoo!マネーで支払いをしても0.5%分の還元は受けられますよ。

ヤフオク!を利用している人はYahoo!マネーがたくさん貯まっているでしょうから、ガンガン使っていきましょう。

メリット5:友達にも簡単に送金できる

友達にも簡単に送金できるのも大きなメリットです。

友達と食事にいった場合など、割り勘する時がありますよね??

こんな時も相手のQRコードを読み取ればすぐに送金ができます。

送金の手数料はゼロ円なので、どちらにも負担はありません。

 

PayPay(ペイペイ)のデメリット

続いて、PayPay(ペイペイ)のデメリット(注意点)です。

下記の注意点は自分が利用した時の感じたものですので随時改善する可能性があります。

デメリット1:PayPay残高へのチャージ方法が限定的

PayPay残高にチャージする方法は銀行 or ヤフーカードのどちらかです。

しかも銀行からのチャージは残念ながらメガバンクの三菱UFJ銀行に対応していません。

ここに対応していないのはかなり痛いです。

また、クレジットカードがヤフーカードしか対応していないのも残念です。

デメリット2 : 2万円以上の決済ができない場合がある

自分がPayPayを利用した時はクレジットカード払いのユーザーは1回の支払上限額に2万円のリミッターがかかっていたようです。(10月中旬利用時)

店舗がpaypayの担当者に確認してくれたところ、”クレジットカード払いのユーザーはアプリインストール後1週間経過しないと一度に2万円以上の支払いができない”と回答があったと言っていました。

しかしどうやらこれについては改善(?)されたようです。

こちらの記事で公式が否定しています。

キャンペーンを開始するタイミングで色々と修正された可能性がありますね。

また、店舗によっても上限が設定されている場合があります。

ちなみにファミマの公式サイトでは利用上限が20,000円までと記載されています。

この辺りは頭に入れておきましょう。

デメリット3:PayPay残高は他の支払方法と併用ができない

PayPay残高は優先的に利用されると記載されていたので、自分としてはクレジットカード払いをしてもPayPay残高分は先に消費されて、残りの分をクレジットカード払いで払えばいいと思っていました。

しかし、PayPay残高は残高以上の支払には利用できないようです。

つまりキャンペーンで500円もらったとしても、501円以上の支払には充当できません。

PayPay残高と他の支払方法は併用ができませんので注意してください。

なので、もしキャンペーンで500円もらったとしても500円未満の会計にしか利用できないという悲しみ。

これはYahoo!マネーでも同様です。

デメリット4:利用できるお店が少ない

提供が開始したばかりのサービスということもあり、まだまだPayPay(ペイペイ)を利用できる店舗は少ないです。

とはいえ、急速に利用できる店舗が増えているので近いうちにPayPayのマークを掲げているお店があちらこちらで見られるようになるとは思います。

 

 PayPay(ペイペイ)の評判や口コミは??

PayPay(ペイペイ)の評判と口コミをネット上で検索してみました!!

キャンペーンや個人送金、さらにはYahoo!マネーが利用できる点は評判がよかったです。

一方、利用できる店舗が少ないという口コミは非常に多い。

これからどれだけ増やせるかが大きな鍵になりそうです。

 

PayPay(ペイペイ)をもっとお得に利用する方法

ヤフーカードを利用する

PayPayはヤフーカードが一番の肝です。

2019年5月8日からはPayPayボーナスが下記のように変更になります。

PayPay残高とYahoo!マネー、ヤフーカードの支払なら還元率が3%になります。

もちろんヤフーカードのクレジットポイントも付与されるので、ヤフーカードの支払ならば還元率は4%です。

PayPayチャンスも適用されるのでメリットは大きいですね。

その他のクレジットカードを利用する場合

ヤフーカードをどうしても作成したくない人はKyash リアルカードを利用しましょう。

これにより、ポイントの3重取りが可能です!!

Kyash リアルカードは厳密にはプリペイドカードなんですが、クレジットカードを紐づけて利用します。

Kyash リアルカードの還元率は最大2%で、かつ登録したクレジットカードのポイントも貰えるんです。

PayPayのボーナスも含めれば3重取りが完成ですね。

もし、Kyash VISA リアルカードに還元率1.2%のリクルートカードを紐付けした場合の最大還元率を計算すると…

なんと最大3.7%になります。

ただ、Kyash リアルカードは一度に5万円以上の決済ができない、1ヶ月間での利用限度額は12万円までなど制限がありますので注意してください。

 

PayPay(ペイペイ)で実施中のキャンペーンがヤバすぎる

現在、PayPay(ペイペイ)ではキャンペーンを実施しているんですが、この内容がかなりヤバイです。

一個ずつ紹介していきますよ。

PayPay(ペイペイ)新規登録で500円相当をプレゼント

サクッとできるのがPayPay(ペイペイ)の新規登録キャンペーン。

こちらはPayPay(ペイペイ)をスマホにダウンロードして新規登録するだけでPayPay残高500円分が貰えますよ♪

1,000円相当増量キャンペーン

PayPay残高へ5,000円以上チャージすると、1,000円相当が増量して貰えます。

5,000円チャージすると、6,000円のPayPay残高になるということです。

チャージは先ほども言った通り、銀行口座 or ヤフーカードからしかできません。

ヤフーカードからPayPayへのチャージもポイント付与の対象になりますので、カードのポイントで1%分のTポイントも貰えます。

5,000円チャージすれば50Pですね。

自分はしっかりとゲットできました!!

ヤフーカードは作成するだけでも最短2分で大量のTポイントが貰えますので、保有していない方はこちらもサクッとゲットしちゃいましょう。

ヤフーカードをチェック

第2弾100億円キャンペーンが開始!!

PayPayで第二弾の100億円キャンペーンが開始されます。

2019/2/12の朝9時からです。

ただし今回は前回とキャッシュバックの内容が大幅に変更されています。

支払金額の最大20%分が還元されますが、これはPayPay残高で支払ったときのみ。

ヤフーカードでは19%、その他のクレジットカードで支払った場合は10%分しか還元されません。

還元率にこだわりたい場合はPayPay残高かヤフーカードで支払うようにしましょう。

また、キャッシュバックされる上限は1,000円です。(キャンペーン期限内の上限は5万円相当)

第一弾は10万円だったので大幅に上限が引き下げられてしまいました。(残念)

まとめるとこんな感じです。

そして、同時に「やたら当たるくじ」も開催。

こちらは10回に1回の確率で最大1,000円がキャッシュバックされ、Yahoo!プレミアム会員の場合は5回に1回という高確率になります。

残念ながらYahoo!プレミアム会員なら5回に1回の当選確率キャンペーンが3/5に終了となりました。景品総額が景表法上の限度額に達っしたことが原因です。10回に1回の確率で最大1,000円がキャッシュバックされるキャンペーンは継続されます。

今回もYahoo!プレミアム会員はお得ですね。

ただし、その他のクレジットカードで支払った場合はやたら当たるくじの対象外ですので注意しましょう。

今回は前回以上にヤフーカードが重要になりますので必ず作成しましょう!!

ちなみに現在は一部のユーザー限定で、Yahoo!プレミアム会員費が6ヶ月無料になるキャンペーンをしています。

どんな人が対象になるかわかりませんので、気になる方は下記リンクをクリックして確かめてみてください。

Yahoo!プレミアムを今すぐチェック

下記のバナーがあれば対象者です。

お金をかけずに抽選確率をアップさせられるかもしれませんよ。

 

PayPayを利用して100%還元全額されました

お得なキャンペーンが開始後に早速PayPayを利用してきました。

ファミリーマートで利用してみたところ、確かに20%の還元を確認。

1,192円の利用に対して238円相当のPayPay残高GETですから20%の還元ですね。

そして次に利用してみたところ、なんと100%還元が当選しました!!

804円の利用に対して、804円のPayPay残高GETなので、間違いなく100%還元されています!!

自分はソフトバンクユーザーでスマートログイン設定をしているので全額還元される確率は1/10。

ソフトバンクユーザーで本当によかったです。

これはキャンペーン時にPayPayを利用した時の話です。

 

PayPay利用時の注意点

不正利用された対策として利用額に上限が設定されました。

本人認証(3Dセキュア)のあるなし、さらに青いバッジのあるなしで上限金額が異なります。

「本人認証設定済み + 青いバッジがひょうじされている」人は25万円まで利用可能。

それ以外の方は一気に利用できる金額が低くなりますので注意してください。

 

PayPay(ペイペイ)のまとめ

今回はPayPay(ペイペイ)について知っている限りでまとめてきました!!

まだまだQRコード決済は普及していないというのが正直なところですが、国としてはキャッシュレス決済を促進しているので、どんどん広まっていくのは間違いないです。

特にPayPay(ペイペイ)は大盤振る舞いのキャンペーンを実施していますし、店舗側も決済手数料が2021年の9月までは0%。

実は双方にメリットがあるんですよね。

個人的にはアリペイのような存在になる可能性を秘めたサービスだと思っています。

ちょっとでも気になった方はとりあえずスマホにダウンロードしておくことをオススメしますよ。

PayPay-QRコード・バーコードで支払うスマホアプリ
PayPay-QRコード・バーコードで支払うスマホアプリ
開発元:PayPay Corporation
無料
posted withアプリーチ

ヤフーカードが無いと本領を発揮できませんのでこちらもセットで作成しておきましょう!!

ヤフーカードをチェック

1円からコツコツ資産運用してみませんか??

だれでもコツコツと資産運用できる新しいサービスがスタートしました。

その名はFunds(ファンズ)です。

Fundsはたった1円から信頼度の高い企業にお金を貸して利息を受け取ることができる、いままでになかった社債”風”の資産運用方法になります。

投資経験に関係なくだれでも同じパフォーマンスを出せる画期的なサービスですよ。

スマホ一つで簡単に利用できるので、興味がある方はチャレンジしてみましょう。

今すぐ無料で口座開設

さらに詳しく知りたい方は下記記事を合わせてご覧ください。

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    友達への送金、クレジットカードでの支払いはできませんでした。
    ヤフーマネーもダメでしたよ。
    よく調べて記事を書いたらどうですか?