IPO投資

【IPO初値予想】EduLabの強みはEdTechとAI。大型規模をカバーできるのか!?

ぶるぶる
ぶるぶる
EduLabの強みはやっぱりEdTechだよね。
メカニック
メカニック
そうだね。FinTechには敵わないけどEdTechもこれからさらに注目されると思う。

どうも、メカニックです。

EduLab(4427)の仮条件が決まりましたので、いつも通り初値予想をしていきたいと思います。

詳細なIPOデータは下記記事にまとめてあり、上場日直前には最新の初値予想も更新予定です。

当選できた方は是非こちらもチェックしてくださいませ。

EduLab[エデュラボ](4427)のIPO新規上場!! 評価・BBスタンス・詳細まとめEduLab(4427)のIPOが新規上場します。評価や詳細、初値予想、BBスタンス・主幹事団のまとめについてわかりしだい素早く更新していきます。当選しやすい証券会社も記載しています。...

EduLab(4427)のIPO仮条件

まずはEduLab(4427)のIPOにおける仮条件からチェックしていきましょう。

【仮条件】

2,800円 〜 3,200円

これはちょっと予想の斜め上をきました。

想定価格は2,800円ですので、400円も上ブレ。

下限は想定価格ですからかなり強気の仮条件となります。

割合にして約14%のプレミアムです。

ここまで強気でくるということは機関投資家の評価が良かったんでしょうね。

ただ、これはこれでちょっと戸惑ってしまいます。

下ブレすることは考えればマシですが、なんか強気すぎるようなきも…

 

EduLab(4427)のIPO直感的初値予想

続いて本題であるEduLab(4427)のIPO直感的初値予想をしていきます。

下記の初値予想は公募価格が仮条件の上限で決まったと仮定したものになりますので、万が一、上限未満で決まった場合は公募価格にそれぞれの掛け率を乗じた初値予想だと思ってくださいませ。

3,200円 〜 4,800円

(公募比約1.0倍〜公募比約1.5倍)

EduLab(4427)のIPOスペック考察

それではEduLab(4427)のスペックをもう一度確認していきましょう。

初値に影響を与える”規模”、”業種”、”スケジュール”、”業績”の4つに焦点をあてて説明していきますね。

上場市場はマザーズ。

投資家に人気でIPOでは一番初値高騰しやすい市場になります。

そして吸収金額は仮条件が少し上ブレしたので最大53.0億円になりました。

想定価格ベースでは46.4億円だったので、約6.6億円のサイズアップです。

EduLab(4427)のブル要素

一番のプラス要素は業種ではないかと思います。

EduLabはAIを活用した教育関連のサービスを運営している会社です。

最近では教育とテクノロジーを掛け合わせたEdTechという言葉も生まれてきていて、徐々に認知度も高くなっているんですよね。

投資家にはこういう最先端の業種は非常に受けがいいので、間違いなく人気化するはず。

しかもAIというパワーワードもありますから、もうお腹いっぱいです 笑

また、大株主にはロックアップもかかっており、上場後の売り圧力も心配ありません。

EduLab(4427)のベア要素

大きなマイナス要素は規模でしょう。

マザーズで吸収金額50億円越えは大型規模で、地味な業種ならば公募価格近辺での初値形成が濃厚です。

業種の人気でどこまでカバーできるかといったところでしょうか。

また、お決まりではありますが過密スケジュールも無視できないポイントです。

4社同一上場はさすがに影響がでてくると思います。

ぶるぶる
ぶるぶる
EdTech関連は魅力だけど、規模の大きさがやっぱり気になる。
メカニック
メカニック
仮条件の影響で規模が一回り大きくなったのはちょっと痛いよね。

EduLab(4427)のIPO業績

続いてEduLab(4427)の業績をご紹介です。

【売り上げ】

【純利益】

単体と連結がかさなっているので少々わかりにくいですが、右肩上がりとはいえないグラフです。

売上に波があるのが気になるところ。

黒字化しているところは評価できますが、できればもう少し成長性を感じさせて欲しかったです。

EduLab(4427)のIPO初値予想アンケート途中結果

EduLab(4427)の初値予想アンケートの途中結果は下記の通りになります。


左下にある “View Results” をクリックしてもらえればチェック可能です。

また、投票していただいても結果が表示されますので、ご協力くださいますと幸いです。

ちなみに現在の状況を見ると公募価格の1.5倍前後に多くの票が入っています。

高く評価している人が多いようですね。

 

EduLab(4427)のIPOが当選しやすい証券会社は??

EduLab(4427)のIPO各社割当枚数は下記の通りです。

 証券会社割当枚数予想抽選配分枚数個人期待度
主幹事SMBC日興証券
13,105枚
1,311枚
1
幹事みずほ証券
576枚
58枚
3
三菱UFJモルガンスタンレー証券
576枚
58枚
3
マネックス証券
144枚
144枚
2
委託幹事岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
楽天証券(?)
-枚
-枚
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
松井証券(?)
-枚
-枚
ライブスター証券(?)
-枚
-枚
One Tap Buy(?)
-枚
-枚
カブドットコム証券(?)
-枚
-枚

※目論見書に記載後に更新。割当枚数が表示されている場合は目論見書に記載されている数字を元に算出したものです。実際の配分枚数は上記よりも少なくなる可能性があります。

割当枚数が最も多いのはやはり主幹事のSMBC日興証券でした。

1,000枚以上は抽選に回りますので、ちょっとだけ期待できるかもしれません。

銘柄毎に資金拘束されてしまうのが難点ではありますが、必ず第一優先で申し込みましょう。

詳しいIPOルールを知らない方は一度下記記事を読んで見てくださいね。

【IPOルール】SMBC日興証券はIPO投資に絶対必要!! 主幹事多数でメリットがてんこ盛り??SMBC日興証券の口座開設についてIPOルールや抽選方法、さらにはIPOの取り扱い実績から自分の今までの当選実績まで詳しく解説しています。...

そして、次に期待できそうなのはマネックス証券です。

【IPOルール】マネックス証券は脅威の100%抽選配分!! 当選歴や幹事実績を超解説!! IPO投資で欠かせない証券会社の一つがマネックス証券です。 必須口座といっても過言ではないでしょう(^ ^) 本日は...

当選を目指す場合、最低でもこの2社はおさえておきたいところ。

みずほ証券も同一資金で複数のIPOに申し込めますので、こちらも資金的な負担はありませんよ。

あとはカブドットコム証券でも委託販売が確定していますので、資金に余裕がある人はこちらもお忘れなく。

またIPOの当選確率をアップさせる方法を下記記事にまとめてありますので気になる方は参考にしてください♪

門外不出の方法も!? IPOの当選確率を劇的にアップさせる6つの方法 みなさんIPO当選しますか?? 当選していない方の多くはやり方が間違っている可能性が高いです。 そこで今回はIPO歴...

申込の時間を大幅に短縮できるツールもオススメです!!

【効率UP】まだ使ってないの?? 時間を劇的に短縮できるIPO投資に必須の神ツール3選!!IPO投資はどうしても時間がかかります。今回は時間を劇的に短縮できるIPO投資に必須の神ツールを3つ紹介します。...
ぶるぶる
ぶるぶる
これならSMBC日興証券でワンチャンあるかも!?
メカニック
メカニック
SMBC日興証券の申込番号がどのくらい積み上がるかも注目したいね。

 

EduLab(4427)のIPO最終BBスタンス

最後にEduLab(4427)における最終的なBBスタンスを紹介します。

 証券会社抽選結果
主幹事SMBC日興証券
補欠
幹事みずほ証券
落選
三菱UFJモルガンスタンレー証券
次点
マネックス証券
落選
委託幹事岡三オンライン証券(?)
落選
GMOクリック証券(?)
取扱なし
楽天証券(?)
後期
松井証券(?)
取扱なし
ライブスター証券(?)
取扱なし
One Tap Buy(?)
取扱なし
カブドットコム証券
後期

絶対的な自信はありませんが、プラスリターンになる可能性が高いと判断しました。

よって、BBスタンスはフルエントリー決定です。

EdTechとAI、やはりこの二つのワードに魅了されました 笑

規模の大きさもなんとかカバーしてくれると思います。

4社同一上場じゃなかったらさらに上を目指せただけに、そこだけはやはり残念でなりませんね。

ほんと、12月の上場ラッシュは一体誰得なんだろうか。

その他ブロガーの初値予想は??にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

IPO投資よりもコンスタントに稼げるこんな投資はいかが??[PR]

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、新規承認されなければ投資ができません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれるようになりました!!

ソーシャルレンディングは”ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス“のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%以上で運用することもできるんですよ(^ ^)

年々新しいサービスがでてきていますが、今から始める方はSBIソーシャルレンディングがおススメです。

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

自分も現在50万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

SBIソーシャルレンディングを今すぐチェック

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

【評判と口コミ】SBIソーシャルレンディングに投資してわかった5つのメリット・3つのデメリットSBIソーシャルレンディングとはSBIグループが運営している事業者です。投資している管理がメリットとデメリットを徹底的にまとめました。評判や口コミが気になる方は参考にしてください。...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。