【早期終了あり】当ブログ限定キャンペーン!!

FUNDINNOへの口座開設で
2,000円分のAmazonギフト券
が貰えます!!

IPO投資

【IPO初値結果】 網屋は老舗のデータセキュリティ企業!! 上場日や主幹事構成、時価総額まとめ

ぶるぶる
ぶるぶる
網屋?? これは残念銘柄か。。
メカニック
メカニック
いや、実はセキュリティ関連の企業だよ!

どうも、メカニックです!!

網屋(4258)のIPOが新規承認されました。

2021/12/22に上場予定で事業内容はデータセキュリティ事業(ログ管理製品「ALog シリーズ」等の販売)及びネットワークセキュリティ事業(ICT 通信インフラネットワークの
設計・構築をクラウド上から遠隔で行う「Network All Cloud」サービス等の提供)
です。

このページでは網屋(4258)のIPO詳細や初値結果、仮条件決定後の初値予想、上場日直前初値予想に加え、自分のBBスタンス、各社割当枚数、幹事団について記載していきますよ。

もしIPOについて知らない方はまずはじめに下記記事を一読してください。

IPOとは??というところから申込方法まで完全解説しています。

また、下記の動画でも紹介しています。

【運営者おすすめのソーシャルレンディング】

FUELオンライン

結論:網屋(4258)は期待できそう!!

吸収金額
市場
公募売出比
業種
業績
地合い
スケジュール

【総合評価】
22/35

【スタンス】
強気

時間がない人向けに網屋(4258)のIPOについて要点をピックアップしてまとめました。

結論からいうと、初値は今の地合いだと公募価格以上になりそうです。

ポイント
  • データセキュリティ事業
  • 12/22に上場
  • 想定価格は1,970円
  • 上場市場はマザーズ
  • 吸収金額は約23.3億円
  • 業績は好調で黒字経営
  • ロックアップはまずまず
  • 主幹事は岡三証券

網屋はデータセキュリティ事業を行なっている企業です。

マザーズに上場を予定しており、想定価格は1,970円、吸収金額は約23.3億円。

小型規模ではありませんが、事業内容がセキュリティ関連とIPOでは人気の分野です。

業績も好調ですでに黒字化していることから、初値はそれなりに期待できると思います。

ただし、上場日は多くのIPOとバッティングしており、超過密スケジュールです。

資金分散が間違いなく起こるので、もしかしたら期待を大幅に下回る結果になるかもしれません。

最も当選しやすいのは主幹事の岡三証券です。

また、グループ会社の岡三オンライン証券も狙い目になります。

資金不要でIPOに参加できるので、口座未開設の方は、今のうちからしっかりと準備しておきましょう。

また、最近IPO投資を始めた方向けに当選確率をアップさせる方法を下記記事にまとめてあります。

さらに最近ではIPOを目指すベンチャー企業に先回り投資できるFUNDINNO(ファンディーノ)を中心とした株式投資型クラウドファンディングの人気が加速中!!

企業と投資家が一緒になってIPOまで目指せる新しい方法なので、興味がある人は是非チェックしてみてください。

ちなみに当ブログでは特別キャンペーンも実施しており、投資家登録でAmazonギフト券1,000円相当が貰えます。

さらに、自分の経験を元に算出した当選しやすい証券会社ランキングもまとめてありますので、こちらもよろしければどうぞ。

 

網屋(4258)のIPO詳細

銘柄 株式会社網屋
市場 マザーズ
上場日 2021/12/22
コード 4258
公募 429,600株
売り出し 600,000株
OA 154,400株
想定価格 1,970円
吸収金額 約23.3億(想定価格ベース)
時価総額 約78.8億円(想定価格ベース)
BB期間 2021/12/7~12/13
価格決定日 2021/12/14

網屋(4258)ってどんな会社??

まずは今回新規承認された網屋(4258)がどんな企業なのか簡単に紹介しますね。

設立したのは1996年です。

支店や海外に子会社を設立しながら事業を大きくしていきました。

オリックス系VCからの出資を得つつ、おそよ25年でのIPOです。

現在の従業員数は128名、提出会社の平均年間給与は約614万円となっています。

そんな網屋(4258)の事業内容はデータセキュリティ事業などです。

ビジネスモデルは下記の通り。

具体的にはログ管理製品「ALogシリーズ」の開発と販売を行なっています。

ログが見やすく、分析加工してあるので、有事の際の即時検知が可能です。

また、LAN/WANなどのICT通信インフラネットワークを設計構築する、ネットワークセキュリティ事業も行なっています。

ワンストップで代行する「Network All Cloud」という名称で展開中です。

販売実績

どちらの事業でも売上を出しています。

売上先は分散しており、依存している企業はないようです。

網屋(4258)のIPOスペック

続いて網屋(4258)のIPOスペックを見ていきましょう。

想定価格は1,970円。

上場予定市場はマザーズを見込んでおり、吸収金額は約23.3億円となっています。

網屋(4258)のIPOにおけるマイナス材料

マイナス材料はいわなくてもわかるかと思います 笑

12月と言えばスケジュールです。

特に2021年の12月は20日過ぎに固まっており、網屋が上場する日は6社以上が上場します。

これでは資金分散が起きないはずがありませんね。

期待しているほどの初値にはならないかもしれません。

また、そこまで大きな影響はないですが、株主であるVCのロックアップが1.5倍で解除されます。

網屋(4258)のIPOにおけるプラス材料

プラス材料は事業内容です。

データセキュリティ事業はIPOでは鉄板業種になります。

内容次第なところもありますが、中身を見る限りは大丈夫そうです。

データセキュリティは今後も需要が落ちることはないので、成長性も評価されると思います。

業績も伸びており、黒字経営な点もグッドです!!

ぶるぶる
ぶるぶる
小型ではないけどセキュリティ関連なら問題ないかな。
メカニック
メカニック
それにしても、網屋ってネーミングセンス抜群だよね。

 

網屋(4258)のIPO仮条件

1,700円 〜 1,970円

上ブレしませんでした。

 

網屋(4258)のIPO公開価格

1,970円

※公開価格決定後に更新

 

網屋(4258)のIPO割当枚数と当選期待度

続いて、網屋(4258)のIPO幹事団と各社における割当枚数を紹介します。

  証券会社 割当枚数 予想抽選配分枚数 個人期待度
主幹事 岡三証券
8,240枚
824枚
1
幹事 SBI証券
514枚
231枚
4
みずほ証券
411枚
42枚
6
SMBC日興証券
308枚
308枚
2
楽天証券
308枚
308枚
3
マネックス証券
102枚
102枚
5
むさし証券
102枚
11枚
7
水戸証券
102枚
0枚
香川証券
102枚
0枚
委託幹事 岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
松井証券(?)
-枚
-枚
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
SBIネオトレード証券(?)
-枚
-枚
DMM株(?)
-枚
-枚

目論見書に記載後に更新

網屋(4258)の主幹事

主幹事は岡三証券が担当します。

先日はサイエンスアーツで主幹事をつとめたばかりですし、2021年はかなり頑張っている印象。

中堅証券で地味な印象は否めませんが、ネットからIPOに参加できます。

派手な広告も打っていないので、口座開設者も多くなく、意外と当選報告も多いです。

IPOでは定期的に幹事入りするので、まだ口座を保有していない人はこの機会に開設しておきましょう。

その他狙い目の証券会社

主幹事以外だとSBI証券楽天証券マネックス証券の3社はおさえておいた方が良さそうです。

そして、やはり岡三オンライン証券ですね。

主幹事が岡三証券の時はいつも以上に期待が持てます。

ぶるぶる
ぶるぶる
岡三証券、最近ホントに頑張ってるよね。
メカニック
メカニック
相性が悪いから個人的にはそこまで嬉しくはないけど 笑

 

網屋(4258)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果

網屋(4258)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果を紹介します。

  証券会社 抽選結果
主幹事 岡三証券
参加
幹事 SBI証券
参加
みずほ証券
参加
SMBC日興証券
参加
楽天証券(?)
参加
マネックス証券
参加
むさし証券
参加
水戸証券
ネット申込不可
香川証券
ネット申込不可
委託幹事 岡三オンライン証券(?)
参加予定
松井証券(?)
参加予定
GMOクリック証券(?)
参加予定
SBIネオトレード証券(?)
参加予定
DMM株(?)
参加予定

承認時はBBスタンス、抽選結果が発表されたら結果を表示しています。

新規承認時におけるBBスタンス

セキュリティ関連なら大丈夫でしょう。

フルエントリーでいきます。

GRCSがセカンダリーでストップ高となり、ちょっとだけ地合いが上向いてきたかもしれません。

上場日までにさらに好転すれば、問題なくプラスリターンになるかと思います。

 

網屋(4258)のIPO初値予想と初値結果

網屋(4258)のIPOにおける初値予想になります。

直感的初値予想“は仮条件決定後、”独断と偏見初値予想“は上場日前日の更新です。

【仮条件決定後の直感的初値予想】

2,400円 ~ 3,300円

【上場直前の独断と偏見初値予想】

2,500円

みんなの初値予想アンケート

投票のお力添えをお願いいたします。

初値結果

2,100円
初値売りで1.3万円の利益でした。(+6.6%)
CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)
【タイアップ実施中】IPO投資よりもコンスタントに稼げるこんな投資はいかが??[PR]

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、当選しなければ利益がでません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれるようになりました!!

ソーシャルレンディングは”ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス“のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!

年々新しいサービスがでてきていますが、個人的なおすすめはバンカーズです!!

現在、バンカーズでは当ブログとタイアップキャンペーンを実施中!!

下記の条件をクリアするとAmazonギフト券2,000円相当がもらえます。

  • キャンペーン参加登録ページにて参加登録フォーム入力
  • 会員本登録かつメールマガジン登録が完了

2022/5/15までのキャンペーンですので、興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事で詳しく紹介していますので、一読していただけますと幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

【キャンペーン中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック
【キャンペーン中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック