【早期終了あり】当ブログ限定キャンペーン!!

FUNDINNOへの口座開設で
2,000円分のAmazonギフト券
が貰えます!!

IPO投資

【IPO初値予想】ベースフード(2936)は大幅下ブレで公募割れも!? 業績・ブル・ベア要素まとめ

どうも、メカニックです。

ベースフード(2936)の仮条件が決まりましたので、いつも通り初値予想をしていきたいと思います。

詳細なIPOデータは下記記事にまとめ済み。

上場日直前には最新の初値予想も更新予定です。

当選できた方は是非こちらもチェックしてくださいね。

【運営者おすすめのソーシャルレンディング】

Funds

結論:ベースフードは参加方向で検討

時間がない人向けにこの記事の内容をサッとまとめました!!

【仮条件】 760円 〜 800円
【初値予想 】 700円 〜 900円
【スタンス 】 一部参加
【狙い目】 三菱UFJモルガンスタンレー証券

想定価格は950でしたので、超弱気の仮条件です。

要点まとめ
  • 完全栄養食の開発・販売
  • 売上好調だが赤字
  • グロースに上場で吸収金額は最大58.9億円
  • 11/15にPOPERと同日上場
  • ロックアップは問題なし
  • 当選しやすいのは三菱JFJMS証券

仮条件が大幅に下ブレしたことで、吸収金額は58.9億円になりました。

承認時は70億円でしたので大きくダウンサイズしています。

しかし、この規模でもグロースでは大型規模となりますので需給関係は良好と言えません。

ただ事業内容が完全栄養食の開発・販売となり、こちらは投資家に大きく評価されると思います。

完全栄養食関連でのIPOは初です。

業績は残念ながら赤字経営ですが売上は前期から急上昇しています。

スケジュールはPOPERと同日上場などあまり恵まれていません。

仮条件の大幅下ブレ、赤字、需給など気になる点が多いことから初値は公募価格前後になりそうです。

自分は悩みましたが一部参加としました。

当選を目指す人は主幹事の三菱UFJモルガンスタンレー証券を第一優先で申込しましょう。

auカブコム証券でも委託販売されますのでこちらも合わせてチェックしてください。

そして、IPO投資を始めたばかりの人は当選確率をアップさせる方法を下記記事にまとめました。

IPOに申し込みする前に是非チェックしてみてください。

裏技やコツは? IPOの当選確率を劇的にアップさせる6つの方法IPO投資をなかなか当たりません。しかし当選確率をアップさせる方法やコツは存在します。今回はIPO歴7年の管理人が7つの方法を徹底解説。裏技ではありませんがしっかりと実践しましょう。...

さらに最近ではIPOを目指すベンチャー企業に先回り投資できるFUNDINNO(ファンディーノ)も注目されていますよ。

10万円前後からエンジェル投資家になれます!!

もし出資した企業がIPOしたら10倍以上のリターンも夢ではありません。

AIやIoT、DXなど様々なベンチャー企業に出資できますので興味がある人はチェックだけでもしてみてください。

ちなみにファンディーノで資金調達した琉球アスティーダスポーツクラブという企業がIPOしたので、これから勢いづいてくるかもしれません。

 

ベースフード(2936)のIPO仮条件

ではここからは自分の考えを織り交ぜながらゆっくりとチェックしていきますね。

まずはベースフード(2936)の仮条件からみていきます。

承認時の想定価格は950円です。

仮条件はこのように決まりました。

【仮条件】

760円 〜 800円

え!? ちょっと驚きすぎて想定価格を2度確認してしまいました。

なんと、大幅な下ブレです!!

下限は190円、上限でも150円も下がっています。

まさかここまで弱気設定でくるとは予想していませんでした。

機関投資家から思ったような評価を得られなかったのかもしれませんね。

下ブレしたことで吸収金額が下がったので、マイナスばかりではありませんが、さすがにここまで弱気だと少し心配になりますね。。

 

ベースフード(2936)のIPO直感的初値予想

続いて本題であるベースフード(2936)のIPO直感的初値予想をしていきます。

下記の初値予想は公募価格が仮条件の上限で決まったと仮定したものになります。

万が一、上限未満で決まった場合は公募価格にそれぞれの掛け率を乗じた初値予想だと思ってくださいませ。

700円 〜 800円

(公募比約0.9倍〜公募比1.1倍)

公募価格前後の初値予想としました。

ベースフード(2936)のIPOスペック考察

それではベースフード(2936)のスペックをもう一度確認していきましょう。

初値に影響を与える”規模”、”業種”、”スケジュール”、”業績”の4つに焦点をあてて説明していきますね。

まず、上場市場はグロースです。

吸収金額は仮条件が下ブレしましたので最大59.8億円となりました。

想定ベースでは70億円でしたの10.2億円のサイズダウンです。

ベースフード(2936)のIPOにおけるブル要素

初めにプラス材料から見ていきます。

最も評価できるのは事業内容です。

「BASE FOOD」という完全栄養食を開発しており、現在はコンビニでも手軽に購入することができます。

世界的に注目されていますし、国内でも市場が拡大中です。

IPOで完全栄養食関連は初の上場となりますので注目されることは間違いありません。

知名度の高さもプラスに働くでしょう。

ロックアップもしっかりかかっていますし、上場後の売り圧力も気にしなくて良さそうです。

ベースフード(2936)のIPOにおけるベア要素

需給が気になるところです。

想定価格が大きく下ブレしましたが、それでも60億円ほどの規模となり、グロースでは大型規模に分類されます。

IPOでは大型になればなるほど初値が上がりにくい傾向にあるため、需給関係は良好とは言えません。

また、POPERと同日上場です。

POPERは吸収金額が小型ですが、注目度という面では多少分散されますので、少なからず影響が出てくると思います。

ぶるぶる
ぶるぶる
注目のベンチャーだから上場日は要注目だね!!
メカニック
メカニック
うん!! あと将来的には株主優待が期待できるかも!?

ベースフード(2936)のIPO業績

6期の売上がとんでもいことになってます。

コンビニで販売した影響が大きかったんでしょう。

コンビニはもはやインフラですからね。

ただ売上は文句なしですが、純損益は真っ赤っか。

先行投資が続いている状況で黒字の見通しは立っていません。

このあたりが投資家にどう評価されるかですね。

ベースフード(2936)のIPO初値予想アンケート途中結果

当ブログではベースフードにおける初値予想アンケートを実施中です。

是非結果を確認して参考にしてください。

また、結果を見る場合は左下にある “View Results” をクリック、または投票していただいても表示されます。

ご協力くださいますと幸いです。

ちなみに、現在の1位は公募価格の1.0倍〜1.5倍となっています。

2位は公募割れと、上位は弱気予想が中心です。

 

ベースフード(2936)のIPOが当選しやすい証券会社は??

続いて、ベースフード(2936)が当選しやすい証券会社を紹介していきます。

  証券会社 個人期待度
主幹事 三菱UFJモルガンスタンレー証券
1
幹事 野村證券
5
大和証券
6
楽天証券
2
SBI証券
3
マネックス証券
4
委託幹事 岡三オンライン証券(?)
松井証券(?)
GMOクリック証券(?)
SBIネオトレード証券(?)
DMM株(?)
コネクト(?)
auカブコム証券(?)

当選期待度は自分が予想したものです。

1番当選しやすいのは主幹事

三菱UFJモルガンスタンレー証券から申し込みするのが当選への最短ルートです!!

しかも三菱UFJモルガンスタンレー証券は大手証券の中ではIPO目的で口座開設している人が少なめ。

ベースフードは枚数が多いですし、いつも以上に当選確率は高いと思います。

また、平幹事はSBI証券マネックス証券楽天証券のさらに委託幹事はauカブコム証券コネクトとネット証券が多いです。

もしかしたら複数当選も狙えるかもしれません。

スルーする人はネット証券のSBI証券からは申込して、IPOチャレンジポイントだけは獲得することをオススメします。

 

ベースフード(2936)のIPO最終BBスタンス

最後にベースフードにおける最終的なBBスタンスを紹介します。

  証券会社 抽選結果
主幹事 三菱UFJモルガンスタンレー証券
不参加
幹事 野村證券
落選
大和証券
選外
楽天証券
不参加
SBI証券
落選
マネックス証券
落選
委託幹事 岡三オンライン証券(?)
不参加
松井証券(?)
不参加
GMOクリック証券(?)
不参加
SBIネオトレード証券(?)
不参加
DMM株(?)
不参加
コネクト(?)
落選
auカブコム証券(?)
不参加

自分は一部の証券会社から参加することにしました。

ただ。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は当選後のキャンセルは1ヶ月間IPOに申し込みできなくなります。

年末はIPOラッシュですから、ここでのペナルティは影響が大きいです。

BBスタンスは慎重に考えましょう。

リスクのあるIPOですし、100株では大きなリターンは望めないので怖い人はスルーでも良さそうです。

Funds
FUNDINNO(ファンディーノ)
【タイアップ】ファンディーノの口座開設で2,000円相当のAmazonギフト券プレゼント!!

当ブログでは株式投資型クラウドファンディングの国内最大手「FUNDINNO」と特別キャンペーンを実施しています。

下記リンクからの口座開設で2,000円相当のアマゾンギフト券をプレゼント!!

ファンディーノではエンジェル税制が適用される案件が多く、取り扱いをした琉球アスティーダスポーツクラブは国内で唯一となるIPOイグジットをしています。

応援出資した企業が時価総額1,000億円超えのユニコーンになれば数十倍のリターンも夢ではありません。

10万円から有望なベンチャー企業に応援出資ができますので新たな投資を是非体験してみてください。

さらに詳しく知りたい方は下記に自分の投資実績も交えて解説していますので是非合わせてご覧ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

【キャンペーン中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック
【キャンペーン中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック