当ブログ一押しキャンペーン!!

【先着500名】

8/31までWARAHIBEに口座開設で2,000円分のアマギフが貰えます!!

IPO投資

【IPO初値結果】ビートレンドは3拍子揃ったハイスペック!! 12月の人気者確定か!!

ぶるぶる
ぶるぶる
ビートレンドのIPOが新規承認!! スペックはどうなの??
メカニック
メカニック
じゃあ説明していくね。

うも、メカニックです!!

ビートレンド(4020)のIPOが新規承認されました。

2020/12/17に上場予定で事業内容は”飲食店・小売店等を展開する企業向け顧客情報管理ツールである CRMソフトウェアプラットフォーム「betrend」の提供・運営“です。

このページではビートレンド(4020)のIPO詳細や初値結果、仮条件決定後の初値予想、上場日直前初値予想に加え、自分のBBスタンス、各社割当枚数、幹事団について記載していきますよ。

もしIPOについて知らない方はまずはじめに下記記事を一読してください。

IPOとは??というところから申込方法まで完全解説しています。

また、動画でもまとめていますのでよろしければこちらもどうぞ。

【運営者おすすめのソーシャルレンディング】

FUELオンライン

結論:ビートレンド(4020)のIPOは初値高騰に期待!!

吸収金額
市場
公募売出比
業種
業績
地合い
スケジュール

【総合評価】
24/35

【スタンス】
強気

時間がない人向けにビートレンドのIPOについて要点をピックアップしてまとめました。

結論からいうと、初値高騰が狙えます。

ポイント
  • 顧客管理プラットフォームの運営
  • 想定価格は2,680円
  • 上場市場はマザーズ
  • 12/17に複数上場
  • 吸収金額は約5.1億円
  • 業績好調で黒字
  • 株主にVCはいない
  • ロックアップはやや緩い
  • 主幹事はみずほ証券

ビートレンドは顧客管理のソフトウェアプラットフォーム「betrend」を運営しています。

上場予定市場はマザーズで想定価格は2,680円、吸収金額は5.1億円です。

小型規模、SaaS系、マザーズと3拍子そろったIPOなので初値高騰が狙えます。

スケジュールが過密日程となるので、閑散期と比べればパフォーマンスが落ちてしまうかもしれませんが公募比以上の初値になるのはほぼ確実でしょう。

もちろん自分は参加方向で考えています。

そして、IPO株を購入したい人は主幹事のみずほが一番の狙い目です。

大手証券ですがネットからも申し込みができるので当選を目指す人は必ず参加してくださいね。

また、最近IPO投資を始めた方向けに当選確率をアップさせる方法を下記記事にまとめてあります。

さらに最近ではIPOを目指すベンチャー企業に先回り投資できるFUNDINNO(ファンディーノ)を中心とした株式投資型クラウドファンディングの人気が加速中!!

企業と投資家が一緒になってIPOまで目指せる新しい方法なので興味がある人は是非チェックしてみてください。

ちなみに当ブログではタイアップキャンペーンも実施しており、投資家登録でAmazonギフト券1,000円相当が貰えます。(ファンディーノのキャンペーンと併用可能)

さらに、自分の経験を元に算出した当選しやすい証券会社ランキングもまとめてありますので、こちらもよろしければどうぞ。

 

ビートレンド(4020)のIPO詳細

銘柄 ビートレンド株式会社
市場 マザーズ
上場日 2020/12/17
コード 4020
公募 80,000株
売り出し 84,500株
OA 24,600株
想定価格 2,680円
吸収金額 約5.1億(想定価格ベース)
時価総額 約27.6億円(想定価格ベース)
BB期間 2020/12/1~12/7
価格決定日 2020/12/8

ビートレンド(4020)ってどんな会社??

まずは今回新規承認されたビートレンドがどんな企業なのか簡単に紹介しますね。

前身は2000年に創業したビートレンドドットコム株式会社です。

同年に現在の社名に変更しています。

社長は井上英昭氏で日本オラクル、アメリカのNetGravity社でソフトウェア販売業務に携わってきました。

創業から20年ほどでのイグジットとなります。

現在の従業員数は合計45名、提出会社の平均年間給与は約587万円です。

そんなビートレンドの主な事業はCRMソフトウェアプラットフォーム「betrend」の運営になります。

事業系統図は下記の通り。

具体的なセグメントは下記の3つ。

  • CRMサービス
  • カスタマイズサービス
  • その他サービス

CRMサービス

メインサービスはCRMサービスで提供している「スマートCRM」です。

導入することでポイント機能やスタンプ機能などが利用でき、会員属性情報や行動履歴情報をワンストップで管理できるサービスになります。

すでに124の企業に導入されており、解約率はわずか0.6%ほどしかありません。

また、大規模なメール配信が可能となるメールマーケティングサービスも提供しています。

カスタマイズサービス

カスタマイズサービスは既存システムとの連携やニーズに合わせたシステム構築などのカスタマイズを行なっています。

その他サービス

その他サービスではbetrendの周辺サービスとして、会員カード等を印刷納品・郵送するサービス、ネット通販を支援するフルフィルメントサービスを提供しています。

販売実績

販売実績を見るとCRMサービスが全体における80%ほどの売上をあげていました。

あとはカスタマイズで、その他サービスはおまけ程度といったところですね。

ビートレンド(4020)のIPOスペック

続いてビートレンド(4020)のIPOスペックを見ていきましょう。

想定平均価格は2,680円。

上場予定市場はマザーズで吸収金額は約5.1億円となっています。

ビートレンド(4020)のIPOにおけるマイナス要素

大きなマイナス要素になりそうなのはスケジュールです。

12月は例年IPOが盛んな時期で、ピークになると毎日のように複数社が上場することになります。

ビートレンドが上場する日も過密日程で、資金分散、注目度分散は避けることはできないでしょう。

ビートレンド(4020)のIPOにおけるプラス要素

需給面、そして業種は大きなプラス要素です。

マザーズで5億円規模は小型規模となり、過去に上場した同規模のIPOも好調なパフォーマンスばかり。

業種も人気化しやすいSaaS系サービス。

小型SaaS系マザーズと3拍子揃った鉄板スペックです!!

業績も好調で黒字な点も評価できます。

想定価格が2,680円とそこそこ高価格なので、当選できれば大きなリターンが狙えそうです!!

ぶるぶる
ぶるぶる
このスペックなら公募比2倍以上はほぼ確実かな!?
メカニック
メカニック
想定価格も高いし、数十万の利益になりそうだね。

 

ビートレンド(4020)のIPO仮条件

2,680円 〜 2,800円

想定価格は2,680円でしたので120円の上ブレとなりました。

これにより吸収金額は最大5.3億円です。

 

ビートレンド(4020)のIPO公開価格

2,800円

※公開価格が決定次第更新します。

 

ビートレンド(4020)のIPO割当枚数と当選期待度

続いてビートレンド(4020)のIPO幹事団と各社における割当枚数を紹介します。

  証券会社 割当枚数 予想抽選配分枚数 個人期待度
主幹事 みずほ証券
1,565枚
157枚
1
幹事 丸三証券
16枚
0枚
いちよし証券
16枚
0枚
岩井コスモ証券
16枚
2枚
3
エース証券
16枚
0枚
マネックス証券
16枚
16枚
2
委託幹事 岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
ライブスター証券(?)
-枚
-枚
DMM株(?)
-枚
-枚
松井証券(?)
-枚
-枚
楽天証券(?)
-枚
-枚

目論見書に記載後に更新

ビートレンド(4020)の主幹事

ビートレンドの主幹事はみずほ証券です!!

当選を一番期待できる証券会社ですので、IPO株を購入したい人は優先的に申し込みをしましょう。

が、今回は枚数が少ないので争奪戦は必須!!

覚悟して挑むようにしてください!!

IPOルールについては特に難しい部分はありませんが、念のため初心者の人はこちらも合わせて読んでください。

それにしても最近、みずほ証券の主幹事ばかりですよね。

その他狙い目の証券会社

平幹事の狙い目は丸三証券マネックス証券の2社でしょう。

それにしても丸三証券が副幹事ってのも珍しいです。

いつもはなんだかんだ申し込まないことが多いのですが、今回は忘れずに参加したいと思います。

あとは後期型の岩井コスモ証券は利用することで投資金を節約することができます。

ビートレンドはそこそこ値嵩株なのでこういう作戦も効果的ですよ。

ぶるぶる
ぶるぶる
またみずほ証券が主幹事??
メカニック
メカニック
ここ最近は独壇場だよね。

 

ビートレンド(4020)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果

ビートレンド(4020)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果を紹介します。

  証券会社 抽選結果
主幹事 みずほ証券
落選
幹事 丸三証券
不参加
いちよし証券
不参加
岩井コスモ証券
落選
エース証券
ネット申込不可
マネックス証券
落選
委託幹事 岡三オンライン証券(?)
取り扱いなし
楽天証券(?)
取り扱いなし
松井証券(?)
取り扱いなし
GMOクリック証券(?)
取り扱いなし
ライブスター証券(?)
取り扱いなし
DMM株(?)
取り扱いなし

承認時はBBスタンス、抽選結果が発表されたら結果を表示しています。

新規承認時におけるBBスタンス

このIPOは悩む必要ないですね。

もちろんフルエントリーでいかせていただきます。

スケジュールが過密日程ですが、地合いが好調なままなら公募比2倍以上は狙えそう。

12月では人気ランキング上位にランクインする銘柄でしょう。

 

ビートレンド(4020)のIPO初値予想と初値結果

ビートレンド(4020)のIPOにおける初値予想になります。

直感的初値予想“は仮条件決定後、”独断と偏見初値予想“は上場日前日の更新です。

【仮条件決定後の直感的初値予想】

5,600円 〜 7,000円

【上場直前の独断と偏見初値予想】

8,500円

みんなの初値予想アンケート

投票のお力添えをお願いいたします。

初値結果

10,010円

初値売りで72.1万円の利益でした。(+257.5%)

その他ブロガーの初値予想は??にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)
【裏技】IPO株を誰よりも先に入手する方法とは??

最近はIPOが全く当たらなくなってきました。

ここ数年実践してきた自分としては「かなり厳しくなってきた」という印象です。

そこで自分はエンジェル投資を始めました!!

エンジェル投資とはIPO株を目指すベンチャー企業へ先回りで応援投資する方法

応援出資した先がIPOすれば10倍以上のリターンも狙えます。

もちろん出資した企業がIPOすればすでにその株を保有しているので抽選に参加する必要はありません。

上場後に売却するだけです。

最近では個人でも10万円からエンジェル投資ができる株式投資型クラウドファンディングのサービスがでてきたことから気軽に応援出資ができるようになってきました。

自分は20社以上にエンジェル投資していますが中でもおすすめなのは業界大手のファンディーノです。

案件数はダントツでエンジェル税制という優遇措置も受けられる銘柄が多いです。

このような企業に出資すれば投資しながら節税ができますよ。

ちなみいそんなファンディーノと当ブログではタイアップキャンペーンを実施中です。

下記リンクから口座開設するとAmazonギフト券1,000円がプレゼントされます。

リンク先には自分が出資する際に見ているポイントも紹介していますので、是非一度覗いてみてください!!

ファンディーノについての詳しい紹介と出資先、イグジット実績は下記記事にまとめてありますのでこちらも一読していただけますと幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

【キャンペーン中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック
【キャンペーン中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック