当ブログ一押しキャンペーン!!

【限定タイアップ】

ファンディーノへの投資家登録で…

1,000円分のAmazonギフト券が貰えます!!

IPO投資

【IPO初値結果】ヤプリは初のノーコード案件で注目度大!! 問題は業績と需給面か!?

ぶるぶる
ぶるぶる
ヤプリのIPOが新規承認!! 聞いたことある!!
メカニック
メカニック
有名ベンチャーだね。

うも、メカニックです!!

ヤプリ(4168)のIPOが新規承認されました。

2020/12/22に上場予定で事業内容は”スマホアプリの開発・運用・分析をノーコード(プログラミング不要)で提供するアプリプラットフォーム「Yappli」の運営“です。

このページではヤプリ(4168)のIPO詳細や初値結果、仮条件決定後の初値予想、上場日直前初値予想に加え、自分のBBスタンス、各社割当枚数、幹事団について記載していきますよ。

もしIPOについて知らない方はまずはじめに下記記事を一読してください。

IPOとは??というところから申込方法まで完全解説しています。

また、動画でもまとめていますのでよろしければこちらもどうぞ。

【運営者おすすめのソーシャルレンディング】

FUELオンライン

結論:ヤプリ(4168)の初値は公募価格以上を狙える!!

吸収金額
市場
公募売出比
業種
業績
地合い
スケジュール

【総合評価】
22/35

【スタンス】
やや強気

時間がない人向けにヤプリのIPOについて要点をピックアップしてまとめました。

結論からいうと、初値は公募価格以上になる可能性が高いです。

ポイント
  • ノーコードプラットフォームの提供
  • 想定価格は2,960円
  • 上場市場はマザーズ
  • 12/22に上場
  • スケジュールは過密
  • 吸収金額は約164億円
  • 業績好調だが黒字
  • 株主にVCが多い
  • ロックアップはゆるめ
  • 主幹事はみずほ証券と大和証券

ヤプリ(4168)はノーコードプラットフォームの「yappli」を提供する有名ベンチャーです。

上場予定市場はマザーズで想定価格は2,980円、吸収金額は約164億円です。

大型規模となり需給面での優位性はありませんが、ノーコードを提供する会社としては初になるため注目度は高くなることが予想されます。

また、SaaS系ですから人気化は確実でしょう。

業績は右肩上がりで伸びていますが、以前として赤字運営です。

スケジュールも恵まれていませんが、自分はプラスリターンが見込めると予想し、参加方向で考えています。

そして、IPO投資において大事な幹事構成ですが、主幹事はみずほ証券と大和証券の共同主幹事です。

どちらもネットからも申し込みができるので当選を目指す人は必ず参加するようにしてくださいね。

また、最近IPO投資を始めた方向けに当選確率をアップさせる方法を下記記事にまとめてあります。

さらに最近ではIPOを目指すベンチャー企業に先回り投資できるFUNDINNO(ファンディーノ)を中心とした株式投資型クラウドファンディングの人気が加速中!!

企業と投資家が一緒になってIPOまで目指せる新しい方法なので興味がある人は是非チェックしてみてください。

ちなみに当ブログではタイアップキャンペーンも実施しており、投資家登録でAmazonギフト券1,000円相当が貰えます。(ファンディーノのキャンペーンと併用可能)

さらに、自分の経験を元に算出した当選しやすい証券会社ランキングもまとめてありますので、こちらもよろしければどうぞ。

 

ヤプリ(4168)のIPO詳細

銘柄 株式会社ヤプリ
市場 マザーズ
上場日 2020/12/22
コード 4168
公募 350,000株
売り出し 4,495,400株
OA 726,600株
想定価格 2,960円
吸収金額 約164.9億(想定価格ベース)
時価総額 約345.2億円(想定価格ベース)
BB期間 2020/12/4~12/10
価格決定日 2020/12/11

ヤプリ(4168)ってどんな会社??

有名な企業なのでご存知の人もいると思いますが、まずは今回新規承認されたヤプリがどんな企業なのか簡単に紹介しますね。

前身は2003年に創業したファストメディア株式会社です。

2015年に現在の社名に変更。

様々なビジネスコンテストで入賞し知名度を上げ、積極的な資金調達をしながらおよそ7年どのイグジットとなりました。

今回の上場で全株売り出しを行いますが、セールスフォースからも出資を受けていたようです。

現在の従業員数は合計170名、提出会社の平均年間給与は約614万円です。

そんなヤプリの主な事業はノーコードプラットフォーム「yappliシステム」の提供になります。

事業系統図は下記の通り。

ノーコードは最近注目されている分野で、プログラミング不要でアプリやサービスを開発できる技術です。

海外ではglideやbubbleなんかが有名ですね。

yappliの顧客は企業が中心で、このノーコードツールをSaaS型のサブスクリプションモデルで提供しています。

yappliではプッシュ配信やポイントカードなど、昨日も充実しており、アプリ開発だけでなく運用からデータ分析までワンストップで行えることが大きな特徴です。

直近における月次解約率はなんと0.88%!!

満足しているユーザーが非常に多いようです。

ちなみに料金の方ですがプランによって異なるものの、初期制作収入で280万円〜、月額利用料も20万円〜となかなかの値段です。

個人ではとても導入できませんね。。

ヤプリ(4168)のIPOスペック

続いてヤプリ(4168)のIPOスペックを見ていきましょう。

想定平均価格は2,960円。

上場予定市場はマザーズで吸収金額は約164.9億円となっています。

ヤプリ(4168)のIPOにおけるマイナス要素

先にマイナス要素からみていきましょう。

まずは需給面がちょっと厳しそうですね。

マザーズで吸収金額164億円は流石に重たさを感じます。

大型規模となりますから上値は重たくなりそうです。。

時価総額がすでに345億円ということを考えてもサプライズ的な初値は期待できそうもありません。

そして12月はIPOが一番多い時期になります。

ヤプリは12月後半の上場となるので投資家の買い疲れがでてきてもおかしくないです。

ヤプリ(4168)のIPOにおけるプラス要素

プラス面は業種ですね。

ノーコードツールはおそらく初物です。

IPOでは初物は初値が上がりやすい傾向にあります。

しかもノーコードは世界的にみても大きなトレンドとなっていますし、注目度も高いです。

今後も導入する企業は間違いなく増えるでしょうから将来性も期待できます。

業績は赤字ではありますが売上の伸び率は投資家に好印象を与えるはずです!!

ぶるぶる
ぶるぶる
イグジット的な要素もあるけど上場ゴールには感じないね。
メカニック
メカニック
ノーコードは今後絶対に伸びるから人気化するんじゃないかな。

 

ヤプリ(4168)のIPO仮条件

2,960円 〜 3,160円

想定価格は2,960円でしたので200円上ブレです。

これにより吸収金額は最大176.1億円となりました。

 

ヤプリ(4168)のIPO公開価格

3,160円

※公開価格が決定次第更新します。

 

ヤプリ(4168)のIPO割当枚数と当選期待度

続いてヤプリ(4168)のIPO幹事団と各社における割当枚数を紹介します。

  証券会社 割当枚数 予想抽選配分枚数 個人期待度
主幹事 みずほ証券
-枚
-枚
1
大和証券
-枚
-枚
幹事 野村證券
-枚
-枚
SBI証券
-枚
-枚
マネックス証券
-枚
-枚
委託幹事 岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
楽天証券(?)
-枚
-枚
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
ライブスター証券(?)
-枚
-枚
DMM株(?)
-枚
-枚
松井証券(?)
-枚
-枚

目論見書に記載後に更新

ヤプリ(4168)の主幹事

ヤプリ(4168)の主幹事はみずほ証券と大和証券です!!

今ノリにノッている2社がタッグを組みました。

今回は海外募集もありませんので、全て日本で配分されます。

枚数が多いのでこの2社から申し込みをすれば当選を勝ち取ることができるかもしれませんね。

最近は大和証券で多くの当選をいただいているのでこの波に乗ってヤプリもゲットしちゃいますよww

IPOルールを知らない人はこちらも合わせてどうぞ。

その他狙い目の証券会社

平幹事は3社のみという少数精鋭の布陣です。

しかもネット証券のSBI証券マネックス証券が入っているのは嬉しいところ。

やや値嵩株ではありますが当選を目指すならこの2社は確実に抑えましょう。

ちなみに自分はSBI証券ではまぐまぐが、マネックス証券ではI-neが当選と絶好調です。

特にマネックス証券は100%平等抽選。

必要なのは己の運のみです!!

ぶるぶる
ぶるぶる
みずほ証券が主幹事なら当選の可能性はありそう!!
メカニック
メカニック
全力で参加すれば1枚ぐらいは当選できるかも!!

 

ヤプリ(4168)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果

ヤプリのIPOにおけるBBスタンスと抽選結果を紹介します。

  証券会社 抽選結果
主幹事 みずほ証券
落選
大和証券
選外
幹事 野村證券
落選
SBI証券
落選
マネックス証券
落選
委託幹事 岡三オンライン証券(?)
取り使いなし
楽天証券(?)
取り使いなし
松井証券(?)
取り使いなし
GMOクリック証券(?)
取り使いなし
ライブスター証券(?)
取り使いなし
DMM株(?)
取り使いなし
コネクト
落選

承認時はBBスタンス、抽選結果が発表されたら結果を表示しています。

新規承認時におけるBBスタンス

スペックに不安は残りますが上記の通り、参加します!!

今後も成長していくのは間違い無いですし、今の地合いならば問題なく吸収可能でしょう。

業績は真っ赤っかですが、最近は赤字上場が当たり前になってきて、投資家も免疫がだいぶついてきているように感じます。

もちろん地合いが急転すれば公募割れもあり得る銘柄です。

BBスタンスは納得いくまでしっかりと検討してくださいね。

 

ヤプリ(4168)のIPO初値予想と初値結果

ヤプリ(4168)のIPOにおける初値予想になります。

直感的初値予想“は仮条件決定後、”独断と偏見初値予想“は上場日前日の更新です。

【仮条件決定後の直感的初値予想】

3,160円 〜 4,500円

【上場直前の独断と偏見初値予想】

4,200円

みんなの初値予想アンケート

投票のお力添えをお願いいたします。

初値結果

5,240円

初値売りで20.8万円の利益でした。(+65.8%)

その他ブロガーの初値予想は??にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)
【裏技】IPO株を誰よりも先に入手する方法とは??

最近はIPOが全く当たらなくなってきました。

ここ数年実践してきた自分としては「かなり厳しくなってきた」という印象です。

そこで自分はエンジェル投資を始めました!!

エンジェル投資とはIPO株を目指すベンチャー企業へ先回りで応援投資する方法

応援出資した先がIPOすれば10倍以上のリターンも狙えます。

もちろん出資した企業がIPOすればすでにその株を保有しているので抽選に参加する必要はありません。

上場後に売却するだけです。

最近では個人でも10万円からエンジェル投資ができる株式投資型クラウドファンディングのサービスがでてきたことから気軽に応援出資ができるようになってきました。

自分は20社以上にエンジェル投資していますが中でもおすすめなのは業界大手のファンディーノです。

案件数はダントツでエンジェル税制という優遇措置も受けられる銘柄が多いです。

このような企業に出資すれば投資しながら節税ができますよ。

ちなみいそんなファンディーノと当ブログではタイアップキャンペーンを実施中です。

下記リンクから口座開設するとAmazonギフト券1,000円がプレゼントされます。

リンク先には自分が出資する際に見ているポイントも紹介していますので、是非一度覗いてみてください!!

ファンディーノについての詳しい紹介と出資先、イグジット実績は下記記事にまとめてありますのでこちらも一読していただけますと幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

【タイアップ中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック
【タイアップ中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック