【早期終了あり】当ブログ限定キャンペーン!!

FUNDINNOへの口座開設で
2,000円分のAmazonギフト券
が貰えます!!

IPO投資

【IPO初値予想】ハイブリッドテクノロジーズでポイントは使うな!? ボーダーや業績・ブル・ベア要素まとめ

ぶるぶる
ぶるぶる
ハイブリッドテクノロジーズはどうすればいいのかなぁ。
メカニック
メカニック
多少プラスにはなると思うよ。

どうも、メカニックです。

ハイブリッドテクノロジーズ(4260)の仮条件が決まりましたので、いつも通り初値予想をしていきたいと思います。

詳細なIPOデータは下記記事にまとめ済み。

上場日直前には最新の初値予想も更新予定です。

当選できた方は是非こちらもチェックしてくださいね。

【運営者おすすめのソーシャルレンディング】

FUELオンライン

結論:ハイブリッドテクノロジーズは強気参加に決定!!

時間がない人向けにこの記事の内容をサッとまとめました!!

【仮条件】 460円 〜 500円
【初値予想 】 500円 〜 750円
【スタンス 】 参加
【狙い目】 SBI証券

想定価格は460円でしたので、強気の仮条件です。

要点まとめ
  • DX関連
  • 業績好調で黒字
  • 公募価格は500円と低価格
  • 吸収金額は最大44.3億円
  • 12/23に5社同一上場
  • マザーズに上場
  • ロックアップは少しゆるい
  • エアトリと親子上場
  • 公募が多い

マザーズに上場で吸収金額は14.3億円。

IPOでは高騰しやすいDX関連です。

需給関係が良く、事業内容も人気が高い点は大きなプラス材料になります。

スケジュールは5社同一上場という超過密スケジュールですが、業績も良いですし、初値は高価格以上にはなりそうです。

ただ、エアトリと親子上場、地合いが落ち着かないなど無視できないマイナス材料もあります。

過度な期待は禁物ですが、自分は自分はフルエントリーすることにしました。

主幹事のSBI証券を最優先に、ネット証券の松井証券マネックス証券を中心にせめていきます。

IPOチャレンジポイントのボーダーですが、300P〜400Pほどで、100株or200株の配分と予想しました。

ただ、利用する人が少なくなる可能性があり、そうなると200P台になる可能性もあります。

プラスにはなると思いますが、高いパフォーマンスは期待できないので、ポイント利用はしっかりと検討してください。

box06 title=”あわせて読みたい”]【IPOルール】SBI証券なら誰でもいつかは当選できる!?抽選方法やペナルティを徹底解説!![/box06]

そして、IPO投資を始めたばかりの人は当選確率をアップさせる方法を下記記事にまとめました。

IPOに申し込みする前に是非チェックしてみてください。

裏技やコツは? IPOの当選確率を劇的にアップさせる6つの方法IPO投資をなかなか当たりません。しかし当選確率をアップさせる方法やコツは存在します。今回はIPO歴7年の管理人が7つの方法を徹底解説。裏技ではありませんがしっかりと実践しましょう。...

さらに最近ではIPOを目指すベンチャー企業に先回り投資できるFUNDINNO(ファンディーノ)も注目されていますよ。

10万円前後からエンジェル投資家になれます!!

もし出資した企業がIPOしたら10倍以上のリターンも夢ではありません。

当ブログでは特別キャンペーンも実施しており、当ブログからの口座開設で1,000円相当のアマギフが貰えます

AIやIoT、DXなど様々なベンチャー企業に出資できますので興味がある人はチェックだけでもしてみてください。

ちなみにファンディーノで資金調達した琉球アスティーダスポーツクラブという企業がIPOしたので、これから勢いづいてくるかもしれません。

 

ハイブリッドテクノロジーズ(4260)のIPO仮条件

ではここからは自分の考えを織り交ぜながらゆっくりとチェックしていきますね。

まずはラバブルマーケティンググループ(9254)の仮条件からみていきます。

承認時の想定価格は460円です。

仮条件はこのように決まりました。

【仮条件】

460円 〜 500円

40円上ブレの強気設定です。

ぴったり500円ということで、やや計った感じは否めませんが、行き過ぎ感はありません。

個人的には理想的な仮条件に感じます。

個人投資家の人気は高いので上限で落ち着きそうです!!

 

ハイブリッドテクノロジーズ(4260)のIPO直感的初値予想

続いて本題であるハイブリッドテクノロジーズ(4260)のIPO直感的初値予想をしていきます。

下記の初値予想は公募価格が仮条件の上限で決まったと仮定したものになります。

万が一、上限未満で決まった場合は公募価格にそれぞれの掛け率を乗じた初値予想だと思ってくださいませ。

500円 〜 750円

(公募比約1.0倍〜公募比1.5倍)

公募価格1.5倍を上限とする初値予想としました。

ハイブリッドテクノロジーズ(4260)のIPOスペック考察

それではハイブリッドテクノロジーズ(4260)のスペックをもう一度確認していきましょう。

初値に影響を与える”規模”、”業種”、”スケジュール”、”業績”の4つに焦点をあてて説明していきますね。

まず、上場市場はマザーズ。

吸収金額は仮条件が上ブレしたので最大14.3億円となりました。

想定価格ベースでは13.2億円でしたので、1.1億円のサイズアップです。

ハイブリッドテクノロジーズ(4260)のIPOにおけるブル要素

まずはプラス材料から見ていきます。

個人的に大きく初値に影響すると思っているのが需給と事業内容の2点です。

マザーズで10億円台ということで、小型ではないものの、重たさは感じません。

需給関係は良好といえます。

さらに事業内容はDX関連ですので、IPOでは初値高騰しやすい業種です。

また、公募が多く、純粋な資金調達目的のIPOですので、投資家にもいい印象を与えます。

ハイブリッドテクノロジーズ(4260)のIPOにおけるベア要素

一番予測できないのがスケジュールです。

12/23に上場しますが、この日は5社が同一上場します。

こうなると資金分散は確実に起こり、1社あたりに集まる資金が少なくなります。

単独上場と比較すれば間違いなく、初値は上がりにくいです。

そして、もう一つの懸念はオミクロン株ですね。

世界的に蔓延しつつあり、これ以上広がるとさらに地合いが悪くなることが予想されます。

上場日当日までに回復する可能性は低いので、ある程度覚悟しておいた方が良さそうです。

また、そこまで影響はないと思いますが、エアトリと親子上場になる点も覚えておいた方がいいでしょう。

ぶるぶる
ぶるぶる
スペックは悪くないのに、スケジュールと地合いが最悪だ。。
メカニック
メカニック
2021年の12月は厳しい結果が連発しそうだね。

ハイブリッドテクノロジーズ(4260)のIPO業績

【売上げや営業収益】

【純利益】

3期分しかありませんのであまり参考にはなりませんが、売上は伸びており、黒字経営です。

前期は売上が17.3億円、純利益は0.4億円。

DX関連ということを考えれば今後もこの成長を維持できそうです。

十分、及第点を与えられる業績だと思います。

ハイブリッドテクノロジーズ(4260)のIPO初値予想アンケート途中結果

当ブログではハイブリッドテクノロジーズ(4260)における初値予想アンケートを実施中です。

是非結果を確認して参考にしてください。

また、結果を見る場合は左下にある “View Results” をクリック、または投票していただいても表示されます。

ご協力くださいますと幸いです。

ちなみにこの記事を書いている時点での途中結果を共有しますと、トップは公募価格の1.0倍〜1.5倍となっています。

弱気予想には1票も入っていない状況を見ると期待している投資家が多いようですね。

 

ハイブリッドテクノロジーズ(4260)のIPOが当選しやすい証券会社は??

続いて、ハイブリッドテクノロジーズ(4260)が当選しやすい証券会社を紹介していきます。

IPOの各社割当枚数は下記の通りです。

  証券会社 割当枚数 予想抽選配分枚数 個人期待度
主幹事 SBI証券
28,867枚
12,991枚
1
幹事 SMBC日興証券
1,067枚
107枚
3
みずほ証券
1,067枚
107枚
4
岡三証券
534枚
54枚
5
東海東京証券
267枚
27枚
7
岩井コスモ証券
267枚
27枚
6
水戸証券
267枚
0枚
極東証券
267枚
0枚
松井証券
267枚
214枚
2
委託幹事 岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
SBIネオトレード証券(?)
-枚
-枚
DMM株(?)
-枚
-枚
楽天証券(?)
-枚
-枚
ネオモバ(?)
-枚
-枚

※目論見書に記載後に更新。割当枚数が表示されている場合は目論見書に記載されている数字を元に算出したものです。実際の配分枚数は上記よりも少なくなる可能性があります。

1番当選しやすいのは主幹事のSBI証券

当選を目指すならばSBI証券からは絶対に参加してください!!

今回は枚数が多いので、当選確率は12月IPOの中でもトップクラスだと思います。

申し込み枚数を増やせば増やすほど当選確率が上がるので、資金をできるだけ集めて参加しましょう。

そして、SBI証券といえば代名詞的な存在なのがIPOチャレンジポイントですね。

個人的な予想としては冒頭でも言った通り、300P〜400Pで、枚数は100株〜200株です。

ただ、残念ながら1P辺りのポイントパフォーマンスは100円〜200円ほどになると思います。

価値をできるだけ高めたい人は利用しない方が良さそうです。

それでも利用したいと思っている人は、過去のボーダーラインは過去記事にまとめていますので、こちらを参考にしてくださいませ。

早くポイントをイグジットさせたいなら使ってもいいと思いますよ。

IPOルールを知らない人は下記記事を読んで確実に理解しておきましょう。

box06 title=”あわせて読みたい”]【IPOルール】SBI証券なら誰でもいつかは当選できる!?抽選方法やペナルティを徹底解説!![/box06]

その他狙い目の証券会社

平幹事は多いですが、優先的に申し込みすべきは松井証券でしょう。

後は上位幹事のSMBC日興証券みずほ証券を押さえておけばオッケーでしょう。

また、ネオモバSBIネオトレード証券でも委託販売が確定しています。

ただ、ネオモバは1株当選したところで大した利益は見込めないかもしれません。

数百円の利益ですかね。

ぶるぶる
ぶるぶる
当選をきたいしちゃってる自分がいる。
メカニック
メカニック
12月はこのクラスのIPOを最低でもゲットしておきたいよね。

 

ハイブリッドテクノロジーズ(4260)のIPO最終BBスタンス

最後にハイブリッドテクノロジーズ(4260)における最終的なBBスタンスを紹介します。

  証券会社 抽選結果
主幹事 SBI証券
落選
幹事 SMBC日興証券
補欠
みずほ証券
落選
岡三証券
落選
東海東京証券
落選
岩井コスモ証券
後期
水戸証券
ネット申込不可
極東証券
ネット申込不可
松井証券
落選
委託幹事 岡三オンライン証券(?)
落選
楽天証券(?)
取扱なし
GMOクリック証券(?)
取扱なし
SBIネオトレード証券(?)
取扱なし
DMM株(?)
取扱なし
ネオモバ(?)
後期

初値高騰する可能性は低いですが、当選して初値で売れば利益は確保できそうです。

よって、フルエントリーでいきます。

SBI証券ですから、他の幹事から申し込みするより、その分の資金をSBI証券に集めた方が効率的かもしれません。

当選を狙う人はチャレンジポイントを含め、色々と工夫してみてくださいね。

CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)
【タイアップ実施中】IPO投資よりもコンスタントに稼げるこんな投資はいかが??[PR]

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、当選しなければ利益がでません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれるようになりました!!

ソーシャルレンディングは”ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス“のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!

年々新しいサービスがでてきていますが、個人的なおすすめはバンカーズです!!

現在、バンカーズでは当ブログとタイアップキャンペーンを実施中!!

下記の条件をクリアすると楽天ポイント2,000円相当がもらえます。

  • キャンペーン参加登録ページにて参加登録フォーム入力
  • 会員本登録かつメールマガジン登録が完了

2022/2/13までのキャンペーンですので、興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事で詳しく紹介していますので、一読していただけますと幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

【キャンペーン中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック
【キャンペーン中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック