【限定タイアップ】

ファンディーノへの投資家登録で…

1,000円分のAmazonギフト券が貰えます!!

IPO投資

【IPO初値予想】I-neは予想外の仮条件で公募割れ一直線!? それでも参加を検討している理由

ぶるぶる
ぶるぶる
I-neは参加するか迷うな〜。初値はどうなりそう??
メカニック
メカニック
じゃあ紹介していくね。

どうも、メカニックです。

I-ne(4933)の仮条件が決まりましたので、いつも通り初値予想をしていきたいと思います。

詳細なIPOデータは下記記事にまとめ済み。

上場日直前には最新の初値予想も更新予定です。

当選できた方は是非こちらもチェックしてくださいね。

マネックス証券

結論:I-ne(4933)の初値は公募価格前後か!?

時間がない人向けにこの記事の内容をサッとまとめました!!

【仮条件】 2,580円 〜 2,890円
【初値予想 】 2,700円 〜 3,200円
【スタンス 】 参加
【狙い目】 SMBC日興証券

想定価格は2,470円でしたので、仮条件は大幅に上ブレしました。

上限に決定した場合は420円のプレミアムとなり、吸収金額は最大71.2億円です。(承認時は60.9億円)

上場市場はマザーズになりますので大型規模に分類されます。

残念ながら需給面での優位性は感じられません。

そして、業種はヘアケア製品の販売とこちらも人気化は期待できない分野。

商品の知名度は高いですが、株主優待もありませんし、マイナス要素の方が目立ちます。

地合いが良いので公募割れは回避できるかもしれませんが、スペック的に公募価格前後での初値形成が濃厚でしょう。

自分はかなり悩みましたが、ひとまず参加方向で調整しています。

また、当選を狙う人は主幹事のSMBC日興証券から申込をして、最大限当選確率を高めていきましょう。

新規口座開設者は3ヶ月間は無条件で優遇抽選が受けられますので、当選を目指す人はなるべく早く準備してくださいね。

そして、IPO投資を始めたばかりの人は当選確率をアップさせる方法を下記記事にまとめました。

IPOに申し込みする前に是非チェックしてみてください。

裏技やコツは? IPOの当選確率を劇的にアップさせる7つの方法IPO投資をなかなか当たりません。しかし当選確率をアップさせる方法やコツは存在します。今回はIPO歴7年の管理人が7つの方法を徹底解説。裏技ではありませんがしっかりと実践しましょう。...

さらに最近ではIPOを目指すベンチャー企業に先回り投資できるFUNDINNO(ファンディーノ)も注目されていますよ。

10万円前後からエンジェル投資家になれます!!

 

I-ne(4933)のIPO仮条件

ではここからは自分の考えを織り交ぜながらゆっくりとチェックしていきますね。

まずはI-ne(4933)の仮条件からみていきます。

承認時の想定価格は2,470円。

仮条件はこのように決まりました。

【仮条件】

2,580円 〜 2,890円

これはかなり予想外の仮条件になりました。

下限は110円の上ブレ、上限は420円の上ブレとなります。

まさかの超強気設定です。

個人的には上限が想定価格になるかなと予想していただけに、カウンターパンチを食らった気分です 笑

ただ、ここまで強気で来たということは機関投資家の評価がかなり良かったということでしょう。

こうなると意外と人気化するかもしれませんね。

 

I-ne(4933)のIPO直感的初値予想

続いて本題であるI-ne(4933)のIPO直感的初値予想をしていきます。

下記の初値予想は公募価格が仮条件の上限で決まったと仮定したものになります。

万が一、上限未満で決まった場合は公募価格にそれぞれの掛け率を乗じた初値予想だと思ってくださいませ。

3,500円 〜 4,600円

(公募比約0.9倍〜公募比1.1倍)

公募価格前後を上限とした初値予想としました。

I-ne(4933)のIPOスペック考察

それではI-ne(4933)のスペックをもう一度確認していきましょう。

初値に影響を与える”規模”、”業種”、”スケジュール”、”業績”の4つに焦点をあてて説明していきますね。

まず、上場市場はマザーズ。

吸収金額は仮条件が上ブレしましたので最大71.2億円となりました。

想定価格ベースでは60.8億円でしたので10.4億円のサイズアップです。

I-ne(4933)のIPOにおけるブル要素

では先にI-neにおけるブル要素を再度チェックしていきましょう。

ただ、残念ながら初値に貢献してくれそうな大きなポイントが見つかりません。

無理やり見つけるとするならば好調な地合い、そして知名度の高さの2つになるかと思います。

アフターコロナ後のIPOは公募割れが1件もなく、むしろどのIPOも驚くような初値ばかりです。

I-neもこの追い風にのり、想定以上のパフォーマンスを見せてくれるかもしれません。

また、商品自体の知名度もあるのでそちらもプラスに働く可能性があります。

I-ne(4933)のIPOにおけるベア要素

一方、マイナス要素は気になる点がいくつか存在しています。

まずは需給面。

マザーズでは大型規模となるので結構な重たさを感じます。

人気業種ならばそこまで気にならないのですが、残念ながらヘアケア商品の開発ということで、積極的に買いに走る投資家は少ないでしょう。

さらにSTIフーズホールディングスと同日上場の上に、9月後半は多くのIPOが上場するという過密日程です。

お世辞にもスケジュールが良いとは言えません。

また、ロックアップはしっかりとかかっていますが、残念ながら初値高騰する可能性は低いので、あまり効果は成さないかもしれませんね。

ぶるぶる
ぶるぶる
規模は大きいし、業種も微妙。株主優待もないのが残念。
メカニック
メカニック
どう考えてもロースペックだね。

I-ne(4933)のIPO業績

【売上げ】

【純利益】

現在は14期目に入っています。

売上は現在210億円ほどありますが、ここ数年は横ばいで成長が止まっているような印象。

純利益は4.6億円ほどで、こちらは増加傾向です。

マザーズに上場ということを加味するとちょっと物足りなさを感じる業績ですかね。

売上も増加傾向だったらプラス要素になったと思うので、こちらが残念でなりません。

I-ne(4933)のIPO初値予想アンケート途中結果


関通における初値予想アンケートの途中結果も簡単にご紹介。

結果を見る場合は左下にある “View Results” をクリック、または投票していただいても結果が表示されます。

ご協力くださいますと幸いです。

参考までに現在の結果を紹介します。

  1. 公募価格の1.0倍〜1.5倍
  2. 公募価格同値
  3. 公募割れ

一応、1位はプラス予想ですが票数はほとんど変わりません。

この様子だと公募価格前後での着地が濃厚でしょうね。

地合い次第で上にも下にもいきそうな気がしています。

 

I-ne(4933)のIPOが当選しやすい証券会社は??

続いて、I-ne(4933)が当選しやすい証券会社を紹介していきます。

IPOの各社割当枚数は下記の通りです。

  証券会社 割当枚数 予想抽選配分枚数 個人期待度
主幹事 SMBC日興証券
18,101枚
1,810枚
1
幹事 SBI証券
1,071枚
482枚
2
みずほ証券
1,071枚
108枚
4
大和証券
428枚
107枚
5
楽天証券
428枚
428枚
3
三菱UFJモルガンスタンレー証券
214枚
22枚
7
マネックス証券
107枚
107枚
6
委託幹事 岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
松井証券(?)
-枚
-枚
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
ライブスター証券(?)
-枚
-枚
DMM株(?)
-枚
-枚
auカブコム証券(?)
-枚
-枚

※目論見書に記載後に更新。割当枚数が表示されている場合は目論見書に記載されている数字を元に算出したものです。実際の配分枚数は上記よりも少なくなる可能性があります。

1番当選しやすいのは主幹事のSMBC日興証券

一番の狙い目は誰がなんというおうと主幹事のSMBC日興証券です!!

IPOは主幹事での当選がほとんど。

SMBC日興証券は割当枚数の10%ほどを平等抽選で当選者を決めます。

つまり、運次第では誰でも当選できるチャンスがあるんです。

さらに、SMBC日興証券では他社にはない独自の優遇制度も存在しています。

下記のような仕組みで上のステージにいくほど当選確率がアップ。

I-neは大型規模ですからプラチナランクなら当選確率は激高かもしれません。

ちなみにブロンズランクでも250万円以上必要ですが、なんと新規口座開設すると3ヶ月間は自動的にブロンズランクにっ!!

ここから年末まではIPOラッシュに入るので開設するには最高のタイミングだと思いますよ!!

その他狙い目の証券会社

平幹事だとネット証券三銃士が狙い目ですかね。

SBI証券楽天証券マネックス証券の3社です!!

まず、SBI証券は落選してもIPOチャレンジポイントがもらえるのでこちらは主幹事と同じくらいマスト。

そして楽天証券マネックス証券は100%平等にIPOを配分してくれます。

しかも最近はこの2社での当選報告が非常に多くなりました!!

もちろん全ての証券会社から申し込めばその分、当選確率は高まりますが、資金が少ない人はこの3社を中心に申込をしてくださいね。

ぶるぶる
ぶるぶる
この枚数なら当選できるかも!!
メカニック
メカニック
当選してからも安心できないけどねww

 

I-ne(4933)のIPO最終BBスタンス

最後にI-ne(4933)における最終的なBBスタンスを紹介します。

  証券会社 抽選結果
主幹事 SMBC日興証券
補欠
幹事 SBI証券
落選
みずほ証券
落選
大和証券
選外
楽天証券
後期
三菱UFJモルガンスタンレー証券
申し込み忘れ
マネックス証券
補欠
委託幹事 松井証券(?)
取り扱いなし
岡三オンライン証券(?)
取り扱いなし
GMOクリック証券(?)
取り扱いなし
ライブスター証券(?)
取り扱いなし
DMM株(?)
取り扱いなし
auカブコム証券(?)
不参加

正直、公募割れの可能性もありますが参加で行くことにしました!!

これだけ仮条件を強気に設定してこられたら参加したくなるのがIPOファンというものですww

ただ先ほども行ったように地合いに大きく影響される銘柄だと思います。

よって、参加方向で検討はしていますが申込期間ギリギリまで様子を見てから申込するつもりです。(それもあり上記の表では未定としています。)

もし、地合いが急変したら不参加にするかもしれません。

主幹事のSMBC日興証券は当選後にキャンセルすると1ヶ月間IPOに参加できなくなるペナルティがあるので、しっかりと検討してから申込するようにしてくださいね。

ペナルティがないところだけ申込するという作戦もありかも!?

その他ブロガーの初値予想は??にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)
IPO投資よりもコンスタントに稼げるこんな投資はいかが??[PR]

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、新規承認されなければ投資ができません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれるようになりました!!

ソーシャルレンディングは”ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス“のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%以上で運用することもできるんですよ。

年々新しいサービスがでてきていますが、今から始める方はSBIソーシャルレンディングがおススメです。

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

自分も現在50万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

https://ipomechanic.com/2017/04/13/post-28665/

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

【タイアップ中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック
【タイアップ中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック