【限定タイアップ】

ファンディーノへの投資家登録で…

1,000円分のAmazonギフト券が貰えます!!

IPO投資

【IPO初値結果】バリオセキュアはマイナス要素のオンパレード!! 清々しいほどの換金再上場案件!!

コロナショックの影響で上場の承認が取り消されましたが2020/10/23に再承認されました。

ぶるぶる
ぶるぶる
バリオセキュアがIPO!? もしかしてまたセキュリティ関連??
メカニック
メカニック
そうだよ。でもあまり期待できそうもないかな。

どうも、メカニックです!!

バリオセキュア(4494)のIPOが新規承認されました。

2020/11/30に上場予定で事業内容は”ネットワークセキュリティ機器と独自監視システムによる運用、監視、サポートサービスの提供。ネットワークセキュリティ機器販売、ならびにネットワーク機器の調達、構築によるインテグレーションサービスの提供“です。

このページではバリオセキュア(4494)のIPO詳細や初値結果、仮条件決定後の初値予想、上場日直前初値予想に加え、自分のBBスタンス、各社割当枚数、幹事団について記載していきますよ。

もしIPOについて知らない方はまずはじめに下記記事を一読してください。

IPOとは??というところから申込方法まで完全解説しています。

また、動画でもまとめていますのでよろしければこちらもどうぞ。

マネックス証券

結論:バリオセキュア(4494)のIPOは気をつけろ!

時間がない人向けにバリオセキュア(4494)のIPOについてさっとまとめます。

結論からいうと、公募割れの可能性もありそうです。

ポイント
  • セキュリティ関連
  • 想定価格は2,210円
  • 上場市場は東証2部
  • 吸収金額は約60.1億円
  • 業績は横ばいで黒字運営
  • ロックアップはゆるい
  • 売出しのみ
  • 再上場案件
  • 主幹事は野村証券

バリオセキュアはネットワークセキュリティ事業を運営している会社です。

業績は黒字ですが成長性は感じません。

11/30に東証2部に上場予定で市場からの吸収金額は60.1億円となっています。

そこそこの規模ですので需給面での優位性はありません。

大株主はファンドで売出もこのファンドが行います。

ロックアップも公募価格の1.5倍で解除というロースペックです。

しかも再上場案件ですので初値高騰は難しい銘柄です。

ただ、主幹事はIPOに強い野村證券。

なんとか公募割れを回避できる可能性があります。

資金不要で申し込みができ、キャンセルしてもペナルティはありませんので当選後に購入するかどうか考えてもいいかもしれませんね。

また、最近IPO投資を始めた方向けに当選確率をアップさせる方法を下記記事にまとめてあります。

さらに最近ではIPOを目指すベンチャー企業に先回り投資できるFUNDINNO(ファンディーノ)を中心とした株式投資型クラウドファンディングの人気が加速中!!

企業と投資家が一緒になってIPOまで目指せる新しい方法なので興味がある人は是非チェックしてみてください。

自分の経験を元に算出した当選しやすい証券会社ランキングもまとめてありますので、こちらもよろしければどうぞ。

 

バリオセキュア(4494)のIPO詳細

銘柄 バリオセキュア株式会社
市場 東証2部
上場日 2020/3/30

2020/11/30
コード 4494
公募 0株
売り出し 2,720,400株

2,365,000株
OA 408,000株

354,700株
想定価格 2,210円
吸収金額 約60.1億(想定価格ベース)
時価総額 約82.4億円(想定価格ベース)
BB期間 2020/11/12~11/17
価格決定日 2020/11/18

バリオセキュア(4494)ってどんな会社??

まずは今回新規承認されたバリオセキュアがどんな企業なのかを簡単に紹介していきます。

2015年にアイ・シグマ事業支援ファンド2号投資事業有限責任組合が投資目的で株式会社BAF5を設立しました。

その後、ウイングアーク1stの子会社だったバリオセキュアを買収し、そのまま商号変更して今にいたります。

ちなみにバリオセキュアは2009年に上場廃止しているため、中身は変わってはいますが再上場ということになりますね。

それにしてもウイングアーク1stも新規承認したばかりですので、この絶好のタイミングはなんなんでしょうか。

本当にたまたまなのか 笑

ちなみに従業員数は71人、年間平均給与は約691万円となっています。

さて、そんなバリオセキュアですがネットワークセキュリティサービスを提供している会社です。

事業系統図は下記の通り。

主な事業は下記の二つです。

  • マネージドセキュリティサービス
  • インテグレーションサービス

事業1:マネージドセキュリティサービス

マネージドセキュリティサービスでは統合型インターネットセキュリティサービスとデータバックアップサービスを月額制で提供しています。

7,258拠点、2,912社に導入済みです。

事業2:インテグレーションサービス

インテグレーションサービスでは「中小企業向け統合セキュリティ機器の販売」と「ネットワーク機器の調達や構築を行うネットワークインテグレーションサービス」の2つを提供。

こちらは売り切りモデルです。

販売実績

メインはマネージドセキュリティサービスです。

そして相手先は下記の通り。

USENとソフトバンクがお得意様になります。

売上の40%を依存している状態です。

バリオセキュア(4494)のIPOスペック

続いてバリオセキュア(4494)のIPOスペックを見ていきましょう。

想定価格は2,080円。

上場予定市場は東証2部で吸収金額は約65.1億円となっています。

バリオセキュア(4494)のIPOにおけるマイナス要素

マイナス要素は非常に多いです。

まずは初値高騰しにくい投資家に不人気の東証2部。

吸収金額も65億円と重たさを感じます。

さらに売出が100%の換金目当ての上場です。

まぁ、そもそも投資目的で設立した企業なのでここはしょうがないですが。

そして投資家に嫌われやすい再上場となります。

マイナス要素のオンパレードで内容もかなりヘビー。

3月の中でもTOP3に入るロースペックだと思います。。

バリオセキュア(4494)のIPOにおけるプラス要素

大きなプラス要素になりそうなのは業種です。

セキュリティ関連はIPOでは人気の市場で初値は上がりやすい傾向があります。

あとは一応、黒字経営です。

ただここまでマイナス要素が多いと初値高騰はまずありえませんね。。

ぶるぶる
ぶるぶる
ここまでロースペックなIPOを久しぶりに見た!!
メカニック
メカニック
でも、投資目的で設立しているし清々しい換金上場だけどね 笑

 

バリオセキュア(4494)のIPO仮条件

2,210円 〜 2,250円

想定価格は2,210円でしたので40円上ブレしました。

これにより吸収金額は最大61.2億円です。

 

バリオセキュア(4494)のIPO公開価格

2,250円

※公開価格が決定次第更新します。

 

バリオセキュア(4494)のIPO初値結果

2,150円

初値売りで1万円の損失でした。(-4.5%)

 

バリオセキュア(4494)のIPO割当枚数と当選期待度

続いてバリオセキュア(4494)のIPO幹事団と各社における割当枚数を紹介します。

  証券会社 割当枚数 予想抽選配分枚数 個人期待度
主幹事 野村證券
-枚
-枚
1
幹事 SMBC日興証券
-枚
-枚
大和証券
-枚
-枚
いちよし証券
-枚
-枚
みずほ証券
-枚
-枚
岡三証券
-枚
-枚
岩井コスモ証券
-枚
-枚
SBI証券
-枚
-枚
楽天証券
-枚
-枚
マネックス証券
-枚
-枚
委託幹事 岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
ライブスター証券(?)
-枚
-枚
DMM株(?)
-枚
-枚
松井証券(?)
-枚
-枚

目論見書に記載後に更新

バリオセキュア(4494)の主幹事

これは適任といっていいのではないでしょうかね。

主幹事は野村證券です。

ご存知の通り、野村證券は日本の「キング of 証券会社」。

IPOの手腕にも定評があります。

過去に主幹事をつとめた案件を見ても公募割れが少ないです。

もちろん今回はどうなるかわかりませんけどね。。

野村證券の詳しいIPOルールは下記記事にまとめてありますので、知らない人は必ずこちらを一読してみてください。

その他狙い目の証券会社

平幹事は多く、かつバラエティに富んだ構成となっています。

狙い目は上位幹事のSMBC日興証券大和証券の2社。

そしてネット証券三銃士である楽天証券SBI証券マネックス証券の3社でしょう。

ちなみに今回は参加しないという人も多いと思いますが、SBI証券だけは申し込んでください。

IPOチャレンジポイントが貰えるので、これを手に入れるだけでも価値があります。

上手に使えば1P = 1,000円ほどです。

コツコツ貯めればいつかはA級に当選できますよ。

ぶるぶる
ぶるぶる
これは申込スタンス悩むね。当選しても喜べないし。
メカニック
メカニック
人気はないだろうね。そうなるとネットから当選するのは難しくなるかも。

 

バリオセキュア(4494)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果

バリオセキュア(4494)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果を紹介します。

  証券会社 抽選結果
主幹事 野村證券
不参加
幹事 SMBC日興証券
不参加
大和証券
不参加
いちよし証券
不参加
みずほ証券
不参加
岡三証券
不参加
岩井コスモ証券
不参加
SBI証券
落選
楽天証券
不参加
マネックス証券
不参加
委託幹事 松井証券(?)
不参加
岡三オンライン証券(?)
不参加
GMOクリック証券(?)
不参加
ライブスター証券(?)
不参加
DMM株(?)
不参加

承認時はBBスタンス、抽選結果が発表されたら結果を表示しています。

新規承認時におけるBBスタンス

現在は未定としました。

とはいえかなりスルーよりの未定です。

SBI証券からはポイント目的で申込をします。

野村證券もとりあえず参加するかもしれません。

ただ、地合いが悪くなったら厳しい初値になるでしょうね。

 

バリオセキュア(4494)のIPO初値予想

バリオセキュア(4494)のIPOにおける初値予想になります。

直感的初値予想“は仮条件決定後、”独断と偏見初値予想“は上場日前日の更新です。

【仮条件決定後の直感的初値予想】

2,000円 〜 2,500円

【上場直前の独断と偏見初値予想】

-円

みんなの初値予想アンケート

投票のお力添えをお願いいたします。


 

バリオセキュア(4494)のIPO個人的評価

【総合評価】
17/35

【スタンス】
弱気

CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)
IPO投資よりもコンスタントに稼げるこんな投資はいかが??[PR]

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、新規承認されなければ投資ができません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれるようになりました!!

ソーシャルレンディングは”ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス“のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%以上で運用することもできるんですよ。

年々新しいサービスがでてきていますが、今から始める方はSBIソーシャルレンディングがおススメです。

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

自分も現在50万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

https://ipomechanic.com/2017/04/13/post-28665/

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

【タイアップ中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック
【タイアップ中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック