岡三オンライン証券でSERIO HD、JテックCO、Mマートの委託販売が確定!!

資金不要でIPO抽選に参加可能できます。

しかも今なら口座開設+5万円以上入金で…

現金5,000円 + 株主優待本をプレゼント!!

3月31日までなのでお見逃しなくっ!!

フェイスネットワーク(3489)のIPO初値予想とBBスタンス・幹事団のまとめ

フェイスネットワーク(3489)のIPOが新規承認されました。

2018/3/16に上場予定で事業内容は”投資用不動産の企画・開発・建築請負・販売及び管理等“です。

このページではフェイスネットワーク(3489)のIPO詳細や仮条件決定後の初値予想、上場日直前初値予想に加え、自分のBBスタンス、各社割当枚数、幹事団について記載していきます。

スポンサーリンク

フェイスネットワーク(3489)のIPO詳細

銘柄 株式会社フェイスネットワーク
市場マザーズ
上場日2018/03/16
コード3489
公募800,000株
売り出し400,000株
OA180,000株
想定価格1,340円
吸収金額約18.5億(想定価格ベース)
時価総額
約64.3億(想定価格ベース)
株主優待なし
BB期間2018/02/28~03/06
公開価格決定日2018/03/07

フェイスネットワーク(3489)ってどんな会社??

今回、新規承認されたIPOフェイスネットワークは”不動産投資支援事業“を行なっている会社です。

世田谷区、目黒区、渋谷区の城南3区を中心として、新築一棟マンションやリノベーションした中古ビルをワンストップで投資家に提供しています。

投資対象のビルやマンションは家賃が10万円ほどでデザイン性と居住性を重視した作りが特徴。

具体的なブランド名としては新築一棟マンションは”GranDuo”。

中古ビルリノベーションは”GrandStory”です。

確かにオシャレな物件が多いのがわかりますね。

ちなみにこれらの不動産管理についてもフェイスネットワークが全て管理運営。

個人的にはインベスターズクラウドのtateruに似た印象をうけました。

フェイスネットワーク(3489)IPOスペック

続いてフェイスネットワーク(3489)のIPOスペックをご紹介。

吸収金額は想定価格ベースで最大18.5億円、上場予定市場はマザーズです。

小型とはいえない規模ですがこのぐらいならば全然吸収できるサイズだと思いますので、需給面では問題ありません。

業種は不動産関連ということで目新しさは感じませんが、過去に上場したインベスターズクラウド(tateru)やプロパティエージェントなどを見ると堅調な結果を出しているのでマイナス要因にはならなそう。

むしろ今は不動産関連企業の業績が絶好調ですから、短期的には投資家へいい印象を与えそうです。

また、株主構成を見るとVC(ベンチャーキャピタル)もいないようですし、既存株主にはロックアップもかかっている状況ですから、大きな売り圧力もありません。

サプライズ的な初値は期待できそうにないですが、プラスリターンを期待できるスペックだと思いますね。

ただ、残念ながら吸収金額100億円越えの日総工産とバッティングしているので、この辺は多少初値に影響してきそうです。

メカニック
フェイスネットワークの業績は右肩上がりで伸びています。また不動産関連ということでクオカードの株主優待を期待していところでしょう。

フェイスネットワーク(3489)のIPO仮条件

-円 〜 -円

※仮条件決定後に更新

フェイスネットワーク(3489)のIPO公開価格

-円

※公開価格決定後に更新

フェイスネットワーク(3489)のIPO割当枚数

続いてフェイスネットワーク(3489)のIPO幹事団と各社における割当枚数を紹介します。

 証券会社割当枚数予想抽選配分枚数個人的期待度
主幹事野村證券
-枚
-枚
1
幹事SMBC日興証券
-枚
-枚
-
SBI証券
-枚
-枚
-
みずほ証券
-枚
-枚
-
岡三証券
-枚
-枚
-
エース証券
-枚
-枚
-
むさし証券
-枚
-枚
-
藍澤證券
-枚
-枚
-
マネックス証券
-枚
-枚
-
委託岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
-
楽天証券(?)
-枚
-枚
-
安藤証券(?)
-枚
-枚
-
ライブスター証券(?)
-枚
-枚
-
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
-
松井証券(?)
-枚
-枚
-
目論見書に記載後に更新

主幹事は野村證券です。

2017年は例年に比べて少しおとなしい印象でしたが、今年ははじめから主幹事案件が多い印象。

今年は本領を発揮してくるかもしれません。

個人的には相性が最悪なのであまり喜ばしいことではありませんけどね…

とはいっても、IPOフェイスネットワークでは一番当選しやすい証券会社になりますので、確実におさえておきましょう。

ちなみに資金不要で申し込みができますので、資金が少ない方にはかなりオススメですよ。

詳しいIPOルールを知りたい方は下記記事をどうぞ。

IPO投資には絶対必要! 野村證券のIPOルール、抽選方法やペナルティを徹底解説
野村證券は日本で一番有名な証券会社といっても過言ではないでしょう IPOの主幹事数が特に多く、年間の主...

その他、狙い目になるとしたら上位幹事のSMBC日興証券や抽選割合が高いマネックス証券SBI証券になるんでしょうか。

後はどこもそれほど割当枚数に大きな差はないと思いますので、相性も考えながら申し込みするのがベストだと思います。

ちなみに藍澤証券でもネットから申し込みできますので、総力戦を仕掛ける方はこちらも忘れないようにしてくださいね。

また、各証券会社へ口座開設完了するまでの日数を下記にまとめました。

証券会社最短開設日数
カブドットコム証券即日(1営業日)
むさし証券即日(1営業日)
マネックス証券2営業日
野村證券3営業日
SBI証券3営業日
楽天証券3営業日
松井証券3営業日
GMOクリック証券3営業日
SMBC日興証券5営業日
みずほ証券7営業日
岡三オンライン証券1週間
安藤証券2週間~3週間
岡三証券2週間~3週間

最低でも主幹事とSBI証券、マネックス証券の3社は準備しておきましょう。

また、資金不要で申し込みができる証券会社を下記にまとめてありますので、少ない資金でIPO投資に挑戦している方は一読してくださいませ。

資金がいらない!? 0円でIPOの抽選に参加できる6つの証券会社
IPO投資に参加したいけど資金がなくて、申し込める証券会社が限られている人も多いのではないでしょうか?? 今回はそんな...

メカニック
当選難易度は高めですが、幹事数は多いので抽選結果発表日は楽しめそうです。

IPOフェイスネットワーク(3489)のBBスタンスと抽選結果

続いてIPOフェイスネットワーク(3489)におけるBBスタンスと抽選結果を紹介します。

 
証券会社
抽選結果
主幹事野村證券
参加
幹事SMBC日興証券
参加
SBI証券
参加
みずほ証券
参加
岡三証券
参加
エース証券
ネット申込不可
むさし証券
参加
藍澤證券
参加
マネックス証券
参加
委託岡三オンライン証券(?)
参加予定
楽天証券(?)
参加予定
安藤証券(?)
参加予定
ライブスター証券(?)
参加予定
GMOクリック証券(?)
参加予定
松井証券(?)
参加予定
※承認時はBBスタンス、抽選結果が発表されたら結果を表示しています。

上記の通り、承認時におけるBBスタンスは強気としました。

スペックも問題ありませんし、当選できさえすればプラスリターンが狙えるIPOだと思います。

日総工産と同日上場が気になってはいますが、流石に公募割れするまでの影響はないでしょう。

とはいえ地合いが落ち着いていない状況でもありますから、心配な方は申し込み期間ギリギリまで地合いをチェックしながら判断してくださいね。

メカニック
だんだんと3月IPOも過密気味になってきました。上場日がかたまってくると初値が飛びにくくなるのでこの辺も気をつけたいところです。

フェイスネットワーク(3489)のIPO初値予想

フェイスネットワーク(3489)のIPOにおける初値予想になります

直感的初値予想“は仮条件決定後、”独断と偏見初値予想“は上場日前日の更新です^ ^

【仮条件決定後の直感的初値予想】

-円 〜 -円

【上場直前の独断と偏見初値予想】

-円

みんなの初値予想アンケート

投票のお力添えをお願いいたします

フェイスネットワーク(3489)のIPO個人的評価

 

【総合評価】

22/30

【スタンス】

やや強気

(市場)
5点=マザーズ 4点=ジャスダック 3点=東証一部 2点=東証2部 1点=その他

(吸収金額)
5点=小型 4点=中小型 3点=中型 2点=大型 1点=超大型

(業種)
5点=オンリーワン 4点=ネット系 3点=特殊 2点=普通 1点=不人気

(公募売出比)
5点=公募のみ 4点=公募 〉売出 3点=公募=売り出し 2点=公募〈 売出 1点=売出のみ

(業績)
5点=右肩上がり 4点=黒字(波があらい) 3点=横ばい 2点=赤字 1点=赤字(成長性なし)

(地合い)
5点=イケイケ 4点=いい流れ 3点=普通 2点=雰囲気悪い 1点=最悪

その他ブロガーの初値予想は??にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

IPOの他にこんな投資はいかが??【PR】

 

IPO投資は非常にローリスクで、人気のIPOに見事当選できれば大きな利益を得ることができます。

 

しかしながら安定した当選は難しく、当選できなければ利益は0円のままです。

 

非常に不安定な投資方法なんですよね(^^;;

 

特に2017年から当選が非常に難しくなっており、一生懸命参加しても結果につながりにくくなっています。

 

そこで自分はIPO投資だけでなく、最近はソーシャルレンディングにも力を入れ始めました

 

 

ソーシャルレンディングは"ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス"のことで最近は日本でも人気が高まっているんです

 

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%で運用することもできるんですよ(^ ^)

 

今は銀行金利が0.1%の時代ですからそう考えると100倍も違いますよね♪

 

現在は様々なソーシャルレンディングサービスがでてきていますが、その中でも特に高利回りのファンドを多く募集しているのが…

 

クラウドクレジットです

 

クラウドクレジットは海外のローンファンドに投資ができ、その利回りはなんと8%〜14%!!

 

自分は利回り9.6%のファンドに投資をしていましたが、期待通りの利益を上げることができました

 

しかもクラウドクレジットは先日ガイアの夜明けに紹介されたことから非常に注目を浴びています。

 

 

その上、株主には大企業の伊藤忠商事がいますので、信頼面でも全く問題ありませんよ(^ ^)

 

「IPOがなかなか当選できないな〜」と悩んでいる方はこのソーシャルレンディングもうまく取り入れてみてはどうでしょうか??

 

ちなみにガイアの夜明けの影響で口座開設者が殺到しているとのことなので、気になる方は早めに口座開設してくださいね。

 

クラウドクレジットの公式サイトはこちら

 

もっと詳しく知りたいという方は下記の記事に自分の経験を全て書きましたので、一読してくださると幸いですm(_ _)m

 

クラウドクレジットの評判や1年以上投資してわかったことをまとめてみました
クラウドクレジットで投資をしてから早いもので1年以上が経ちました。 自分はクラウドクレジットに口座開設...

 

 

スポンサーリンク