IPO投資

ファイバーゲート(9450)のIPO初値予想とBBスタンス・幹事団のまとめ

 

ファイバーゲート(9450)のIPOが新規承認されました。

 

2018/3/23に上場予定で事業内容は”集合住宅及び商業施設などにおけるWi-Fiサービスの提供“です。

 

このページではファイバーゲート(9450)のIPO詳細や仮条件決定後の初値予想、上場日直前初値予想に加え、自分のBBスタンス、各社割当枚数、幹事団について記載していきます。

 

 

ファイバーゲート(9450)のIPO詳細

 

銘柄株式会社ファイバーゲート
市場マザーズ
上場日2018/03/23
コード9450
公募486,600株
売り出し515,400株
OA150,300株
想定価格910円
吸収金額約10.5億(想定価格ベース)
時価総額約42.0億(想定価格ベース)
株主優待なし
BB期間2018/03/07~03/13
公開価格決定日2018/03/14

 

ファイバーゲート(9450)ってどんな会社??

 

ファイバーゲートはざっくりいうとWi-Fiサービスを提供している会社です。

 

街中とかによく無料のWi-Fiサービスとかありますよね??

 

そういう環境を構築して運用しています。

 

具体的なサービスだとフリーWi-Fiスポット構築・運用の 「Wi-FiNex®」。

 

 

訪日外国人専用Wi-Fiサービスである「SHINOBI Wi-Fi」や、バスフリーWi-Fiサービスの「Wi-Fi BUS」など。

 

他にもマンションWi-Fiやホテル向けWi-Fiなど、もうなんでもござれ状態です 笑

 

北海道の札幌に本社がある会社ですが、拠点は都市圏を中心に6箇所。

 

 

また、台湾にもオフィスがあります。

 

東京オリンピックまでは需要はまだまだあると思いますから、さらに拠点は増えていきそうな気がしますね。

 

 

ファイバーゲート(9450)IPOスペック

 

続いてファイバーゲート(9450)のIPOスペックを簡単に紹介していきます。

 

上場市場は初値高騰が期待できるマザーズ。

 

吸収金額は約10.5億円と小型〜中型規模になります。

 

10億円未満だと一般的に小型規模と言われていますので、このくらいでしたら小型といってもいいかもしれません。

 

吸収金額は小さければ小さいほど初値高騰しやすい傾向がありますので、これは高パフォーマンスが期待できそうです。

 

公募割れの心配はないと思います。

 

業種は上記でも紹介した通りWi-FIサービスの提供ということで目新しさは無いものの、不人気というほどでもありません。

 

この感じだとマイナス要素になることはないと思いますね。

 

業績もここ2,3年で急激に伸びていますので、優良なIPOでしょう。

 

唯一、キュービーネットホールディングスと同日上場になりますのでここが気になるところでしょうか。

 

メカニック

大株主にはロックアップがかかっていますがベンチャーキャピタルに関しては売り出し価格の1.5倍以上で解除されます。ここは頭にいれておきましょう。

 

 

ファイバーゲート(9450)のIPO仮条件

 

910円 〜 1,050円

※仮条件決定後に更新

 

 

ファイバーゲート(9450)のIPO公開価格

 

1,050円

※公開価格決定後に更新

 

 

ファイバーゲート(9450)のIPO割当枚数

 

続いてファイバーゲート(9450)のIPO幹事団と各社における割当枚数を紹介します。

 

 証券会社割当枚数予想抽選配分枚数個人的期待度
主幹事SMBC日興証券
9,520枚
952枚
1
幹事上光証券
100枚
0枚
みずほ証券
100枚
10枚
3
SBI証券
100枚
45枚
2
東洋証券
100枚
0枚
岡三証券
100枚
10枚
3
委託岡三オンライン証券
-枚
-枚
楽天証券(?)
-枚
-枚
安藤証券(?)
-枚
-枚
ライブスター証券(?)
-枚
-枚
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
松井証券(?)
-枚
-枚
カブドットコム証券(?)
-枚
-枚

目論見書に記載後に更新

 

幹事数は全部で6社です。

 

主幹事はもう何回見たことでしょうか、またまたSMBC日興証券です。

 

【IPOルール】SMBC日興証券はIPO投資に絶対必要!! 主幹事多数でメリットがてんこ盛り??SMBC日興証券の口座開設についてIPOルールや抽選方法、さらにはIPOの取り扱い実績から自分の今までの当選実績まで詳しく解説しています。...

 

2017年はみずほ証券が大活躍しましたが、今年はSMBC日興証券が主幹事ラッシュとなるかもしれません。

 

年間1位を狙えるペースです。

 

ファイバーゲートではもちろん一番当選を狙える証券会社になりますので、必ず申し込みをしてくださいね。

 

副幹事には上光証券というあまり聞きなれない証券会社がいますが、こちらは北海道に本社を置く証券会社です。

 

 

ファイバーゲートが札幌に本社を置いている影響で感じ入りしているものと思われます。

 

ただ、残念ながらネットからIPOには申し込みすることはできません。。

 

それなりに割当枚数はあると思うのでちょっと残念ですね。

 

主幹事以外ではみずほ証券とSBI証券の2社もそれなりに申し込みする価値はあると思います。

 

この3社からの申し込みはマストです!!

 

そして、いつも通り岡三オンライン証券も委託販売する可能性があります。

 

それにしても岡三オンライン証券はここまでくると取り扱わない方が珍しいくらいになってしまいましたね 笑

 

販売することが決定したら資金不要で申し込みができますので、忘れずに申し込みしましょう。

 

また、各証券会社へ口座開設完了するまでの日数を下記にまとめました。

 

証券会社最短開設日数
カブドットコム証券即日(1営業日)
岡三オンライン証券即日(1営業日)
マネックス証券2営業日
野村證券3営業日
大和証券3営業日
SBI証券3営業日
楽天証券3営業日
松井証券3営業日
GMOクリック証券3営業日
東海東京証券5営業日
SMBC日興証券5営業日
エイチエス証券5営業日
丸三証券6営業日
みずほ証券7営業日
むさし証券約1週間
いちよし証券10営業日
三菱UFJMS証券10日未満
岩井コスモ証券2週間
安藤証券2週間~3週間
岡三証券2週間~3週間

 

最低でも主幹事のSMBC日興証券は準備しておくようにしてください。

 

IPOの当選確率をアップさせる方法は下記記事にまとめて気になる方はこちらもどうぞ。

 

門外不出の方法も!? IPOの当選確率を劇的にアップさせる6つの方法 みなさんIPO当選しますか?? 当選していない方の多くはやり方が間違っている可能性が高いです。 そこで今回はIPO歴...

 

メカニック

上光証券の他に東洋証券からもネット申し込みができません。ネット組は”4社” + “委託幹事”での勝負になると思います。

 

 

IPOファイバーゲート(9450)のBBスタンスと抽選結果

 

続いてIPOファイバーゲート(9450)におけるBBスタンスと抽選結果を紹介します。

 

 
証券会社
抽選結果
主幹事SMBC日興証券
補欠
幹事上光証券
ネット申込不可
みずほ証券
落選
SBI証券
落選
東洋証券
ネット申込不可
岡三証券
落選
委託岡三オンライン証券
落選
楽天証券(?)
取扱なし
安藤証券(?)
取扱なし
ライブスター証券(?)
取扱なし
GMOクリック証券(?)
取扱なし
松井証券(?)
取扱なし

※承認時はBBスタンス、抽選結果が発表されたら結果を表示しています。

 

過密スケジュールになってきたので、だんだんと銘柄の選別が大事になってくると思いますが、ファイバーゲートは安泰でしょう。

 

上記の通り、全力で当選を目指します

 

単独上場なら注目度も増してさらにパフォーマンスが上がったはずなので、キュービーネットホールディングスとの同日上場はちょっと残念でした。

 

でもまぁ当選できればプラスリターンが狙えるので、迷ったら攻めていいIPOだと思いますよ。

 

メカニック

3月では当選したIPOの一つです。想定価格も1,000円未満なので大きな利益は望めませんがその分割当枚数が多いので、少しだけ当選はしやすいかなと思っています。

 

 

ファイバーゲート(9450)のIPO初値予想

 

ファイバーゲート(9450)のIPOにおける初値予想になります

 

直感的初値予想“は仮条件決定後、”独断と偏見初値予想“は上場日前日の更新です^ ^

 

【仮条件決定後の直感的初値予想】

1,500円 〜 2,100円

直感的初値予想の記事はこちら

ファイバーゲート(9450)のIPO直感的初値予想!! 今回はBB期間が2018/03/07から始まるファイバーゲート(9450)のIPO直感的初値予想をしていきます! ...

 

【上場直前の独断と偏見初値予想】

2,100円

 

みんなの初値予想アンケート

 

投票のお力添えをお願いいたします


 

 

ファイバーゲート(9450)のIPO個人的評価

 

 

【総合評価】

22/30

 

【スタンス】

やや強気

 

(市場)
5点=マザーズ 4点=ジャスダック 3点=東証一部 2点=東証2部 1点=その他

(吸収金額)
5点=小型 4点=中小型 3点=中型 2点=大型 1点=超大型

(業種)
5点=オンリーワン 4点=ネット系 3点=特殊 2点=普通 1点=不人気

(公募売出比)
5点=公募のみ 4点=公募 〉売出 3点=公募=売り出し 2点=公募〈 売出 1点=売出のみ

(業績)
5点=右肩上がり 4点=黒字(波があらい) 3点=横ばい 2点=赤字 1点=赤字(成長性なし)

(地合い)
5点=イケイケ 4点=いい流れ 3点=普通 2点=雰囲気悪い 1点=最悪

 

 

ABOUT ME
メカニック
20代後半の3級FP資格をもつちょっと変わったカーエンジニアの投資ブログです。優待,IPO,POなどなど書いていきます。 住まいは静岡県のど田舎です。最寄り駅まで車で20分以上かかります。 20代の人達の参考になれたら幸いです。
IPO投資よりもコンスタントに稼げるこんな投資はいかが??[PR]

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、新規承認されなければ投資ができません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれるようになりました!!

ソーシャルレンディングは”ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス“のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%以上で運用することもできるんですよ(^ ^)

年々新しいサービスがでてきていますが、今から始める方はSBIソーシャルレンディングがおススメです。

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

自分も現在50万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

SBIソーシャルレンディングを今すぐチェック

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

【評判と口コミ】SBIソーシャルレンディングに投資してわかった5つのメリット・3つのデメリットSBIソーシャルレンディングとはSBIグループが運営している事業者です。投資している管理がメリットとデメリットを徹底的にまとめました。評判や口コミが気になる方は参考にしてください。...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。