IPOの当選確率がUPする6つの方法とは
その他投資

【0円から】初心者におすすめの資産運用11選。投資歴8年の管理人が厳選してみた。

ぶるぶる
ぶるぶる
最近っていろんな資産運用があるよね?? 初心者にはどれがオススメなのかな??
メカニック
メカニック
本当にたくさんあるよね。じゃあ今回はリスク別にオススメの資産運用を紹介していくよ。

最近はフィンテックが発達し、次のステージに突入している資産運用。

投資経験のない人でもできる新しい資産運用が出てきて、投資ハードルがどんどん下がってきています。

でも、初心者の人はどんな方法があるかわかりませんし、そもそもどれが自分に合っているかわかりませんよね??

そこで今回は初心者向けにフィンテック大好き投資経験8年の自分がオススメの資産運用方法をまとめてみました。

リスク別にまとめたので「少し資産運用に挑戦してみようかな〜」という方は是非参考にしてみてくださいね。

ローリスク・ローリターンで始めるオススメの資産運用

ぶるぶる
ぶるぶる
まずはできるだけリスクの少ない資産運用から知りたいな〜。
メカニック
メカニック
よし、じゃあオススメを6つ紹介するよ。

IPO投資はローリスクだけど爆発力あり

ローリスクな資産運用方法と言ったらまず紹介したいのがIPO投資です。

IPOは新規上場する会社のことをいいます。

IPO投資とは新規上場する前に株を購入して、上場後に売却してキャピタルゲインを得るというシンプルな資産運用方法。

株取引をやったことがある人なら簡単にできますし、やったことがない人でも仕組みさえ理解すれば簡単にできますよ。

ちなみに自分はこのIPO投資を2012年から実践しているんですが、総額700万円のリターンを得ています。

700万円と言ったら高級自動車が変えてしまうレベル。

中には一千万円越えの人もたくさんいるんです。

ただ、もちろん問題点があって、それはIPOは抽選に当選しないともらえないということ。

やはり簡単に利益をあげられる資産運用というだけあって、みんなIPOが欲しんですよね。

人気のIPOは当選率1%未満なんてことはザラ。

とにかく続けるということが肝になってくる方法です。

もし、このIPO投資に興味が出たら下記の記事を一読してください。

IPOとは??というところから申し込み方法まで徹底解説していますよ。

【完全保存版】IPO投資の始め方をサルでもわかるように徹底解説します!!このページからこれからIPO投資を始めようという方のためにわかりやすく"IPO投資とは??" というところから実際の方法まで詳しくご紹介...

株主優待をつなぎ売りで取得すれば株価変動リスクなし

株主優待って聞いたことありませんか?

上場会社の株を持っていると貰える”あれ”です。

この株主優待目当てで企業の株を保有するのもオススメの資産運用の一つ。

保有しているだけで毎年、株主優待が送られてきますよ。

外食企業では食事券、鉄道企業では乗車券、テーマパークでは入場券などなど、本当にいろんな株主優待があります。

ただ、唯一問題なのが株価変動リスクと優待廃止のリスクです。

とくに株価変動リスクは問題で、せっかく株主優待を貰ってもその後にその会社の株が下がってしまい含み損状態になってたらあまり意味がありませんよね。

これではせっかく株主優待を貰っても気分は冴えません。

しかし、この株価変動リスクを抑えて株主優待をゲットする夢のような方法があります。

それが”つなぎ売り”です。

このつなぎ売りは株式の買いと売りを同時に行い、株価が変動しても含み損を一定にする方法。

少し難しい方法ですが、理解すればすぐにできるようになりますし、一回経験すれば「こんな美味しい資産運用の方法があったのか!!」と感動しますよ。

自分は”現代の錬金術“と勝手に命名しています。

つなぎ売りに興味を持ったら下記記事でSBI証券を例に、具体的な方法を画像付きで紹介しています。

こちらを読んで実践してみてください。

インデックス投資でコツコツと積み立てる

現在、最も評価されている資産運用方法はインデックス投資だと思います。

インデックス投資とは日経平均やTOPIXなどといった指標に連動した金融商品を購入することです。

具体的な商品名を出すと投資信託やETFなどですね。

投資信託だと販売手数料が0円で信託報酬は低いもので0.1%台。

ETFの場合も購入手数料が無料の証券会社もありますし、信託報酬はほぼ同水準です。

で、実はインデックス投資の逆でアクティブ投資というものがあり、こちらは指標を超えるパフォーマンスを出すことを目標としているんですが、ここ最近はインデックス投資の方がリターンが高いという結果になっています。

なので、投資信託やETFを購入する場合はインデックス型がオススメですよ。

毎月1万円ずつなど決まった額を決めて、とにかくコツコツと購入していくことが大事です。

途中で含み損になる時期があるかもしれませんが、それは「安く購入できた」と前向きに捉えて貯金感覚で続けていきましょう。

また、インデックス投資を始めるなら楽天証券が超絶にオススメです。

なぜなら、楽天カードで購入できるから。

楽天カードで投資信託を購入すれば投資金額の1%が楽天ポイントとしてもらえます。

手数料を大幅に節約できますので、是非試してみてください。

この方法については下記ページで徹底解説しています。

【裏技】ほぼノーリスクで楽天スーパーポイントをゲットできる禁断の方法を紹介しよう 楽天証券がついにパンドラの箱を開けてしまったかもしれません。 楽天ポイントで投資信託の購入や積立を可能にするなど、金融界に...

社債なら国債よりも利回りが高い

メジャーな資産運用方法ではありませんが社債も魅力的な投資です。

社債というのは会社が資金調達するときに発行する債権のこと。

簡単にいえば会社にお金を貸して、一定期間が経過したら利息がついてもどってきます。

人気なのはネットから申し込みができるSBI債やマネックス債などで、利回りは0.5%前後。

そこまで高くはありませんが、会社が倒産しなければお金は返ってくるので堅い資産運用といえます。

国内ではあまり証券会社で募集されずいつでも投資できる商品ではないという注意点があるのでここは頭に入れておきましょう。

しかし、最近は社債のような投資ができるFundsというサービスが新たにスタートしました。

こちらは資産形成したい個人とお金を借りたい企業を結ぶ、国内初「貸付ファンド」のオンラインマーケットです。

社債のような手堅い資産運用がしたい人はこちらのサービスを利用してもいいかもしれませんね。

たった1円から資産運用ができて利回り1%台から6%ほどの案件が用意されています。

Fundsを今すぐチェック

下記記事ではFundsを運営するクラウドポートの社長にインタビューした記事があるので、こちらを読んでくださればどんなサービスかすぐにわかると思います。

Funds(ファンズ)に込めた藤田社長の想いとは?? クラウドポートが新たに切開く資産運用2.0funds(ファンズ)という新しいフィンテックサービスをクラウドポートが開始します。今回は藤田社長にインタビューしてfunds(ファンズ)に込めた想いやスキーム、メリット・デメリットまて聴き倒しました。...

自分はすでに投資していますよ。

ポイント投資ならほぼノーリスク

ポイントを使った投資も最近は非常に多くあります。

例えば楽天スーパーポイントでは投資信託を購入できますし、dポイントはdポイント投資といってポイントを運用することが可能。

ポイントで投資するのでもし含み損になったしてもかなり気が楽ですよね。

現金を持ち出ししていませんから、ある意味損失はゼロといえるかもしれません。

クレジットカードで買い物するだけのかんたん資産運用

クレジットカードと資産運用を紐づけたサービスもあります。

例えばインヴァスト証券が出しているインヴァストカードというクレジットカードです。

買い物するたびに利用額の1%分のポイントが貯まり、そのポイントが自動的に投資に回されます。

投資はインヴァスト証券が運営するトライオートETFというサービスで自動運用してくれますよ。

はじめに設定すればあとはこのクレジットカードで日々の買い物をするだけなので、特に資産運用を意識する必要もありません。

元はクレジットカードのポイントなので例え0円になってしまったとしても、こちらのダメージはほぼゼロ。

そもそも現金で支払いをしていたら得られなかったポイントを使っているわけですしね。

ランニングコストは年に1回でもこのインヴァストカードで買い物すれば翌年の手数料は0円。

コンビニでコーヒーを1回でも購入すればそれでオッケーです!!

自分もインヴァストカードを保有していて、トライオートETFで運用していますので気になる方は下記の記事をチェックしてみてくださいませ。

インヴァストカードを今すぐチェック

トライオートETFの評判や利益が気になる方へ!! 60万円投資してわかったことをまとめました!!ロボアドバイザー投資などのほったらかし投資にすっかりはまっているメカニックです。 いま現在はTHEOやWealthnaviなどの人...

 

ミドルリスク・ミドルリターンで始めるオススメの資産運用

ぶるぶる
ぶるぶる
もう少しリターンを高めた資産運用方法ってあるの??
メカニック
メカニック
ミドルリスク・ミドルリターンの資産運用はたくさんあよ。

ロボアドバイザー投資なら完全自動で資産運用

最近、流行りなのがスマホ一つで資産運用ができるロボアドバイザー投資です。

これは簡単にいうと、質問に答えると自分に合った運用方法を提案してくれて、あとは自動で資産運用してくれるというもの。

ロボアドバイザーという言葉からロボットが資産運用してくれるように感じますが、実際はアルゴリズムに従ってコンピューターが自動で売買してくれます。

こちらがすることは入金するだけなので、投資未経験者に絶大な支持を受けているサービスです。

ただ、ロボアドバイザー投資で売買しているのはETFとなるので、実は上記で紹介したインデックス投資に近いものになります。

それなのになぜインデックス投資がローリスクで、ロボアドバイザー投資がミドルリスクかというと、手数料が違うから。

ロボアドバイザー投資はサービスによって異なりますがだいたい1%前後。

インデックス投資よりもかなり割高に設定されているんです。

1%というとあまり大きな差に感じないかもしれませんが、長いスパンで考えるととてつもない差になってきます。

積立額が多い人だと数十万円、数百万円変わってくる場合も。

ロボアドバイザー投資は投資経験がなく、勉強する暇がないという方にはオススメの資産運用ですが、投資経験がある人にとってはオススメできません。

ここは自分の経験によって判断するようにしましょう。

ちなみに、ロボアドバイザー投資はデイトレーダーのように地合いが悪くてもガンガン稼いでくれるような万能性はありませんのでそこは勘違いしないように。

購入しているのはあくまでETFですから地合いが悪ければパフォーマンスにダイレクトに影響してきますよ。

オススメのロボアドバイザー投資は少ない資金から始めたい人は1万円から資産運用できるTHEO

そして10万円以上の資金をお持ちの人は様々な特許を持っているWealthNaviの2社です。

WealthNaviを今すぐチェック

下記の記事でロボアドバイザー各社のスペックを徹底比較していますので、どのロボアドバイザーを利用するか迷ったら参考にしてください。

【評判と口コミ】ロボアドバイザー投資のおすすめ4社を80万円でガチ比較してみた!! 自分がロボアドバイザー投資を始めたのは2016年の4月。 早い者ですでに2年以上が経過しました。 それからいつのまに...

アプリも用意されているのでスマホ一つで資産運用できるのも魅力の一つです。

ソーシャルレンディングなら相場に左右されない資産運用ができる

資産運用する時に初心者が一番ネックに思うのが株価変動リスクだと思います。

ロボアドバイザー投資にしろ、インデックス投資にしろ、やはり地合いが悪ければパフォーマンスが下がり良くなれば上がる。

どうしても相場に左右されてしまうんです。

資産運用を始めたばかりで、もし含み損になった画面をみたら結構ショックですよね。

「もう、やめようかな」とすぐに心が折れてしまう人もいると思います。

もし、相場に左右されない資産運用がいいなと思ったらソーシャルレンディングがオススメです。

ソーシャルレンディングはネット上でお金を貸したい人とお金を借りたい人を結びつけるサービス。

つまりお金を貸したら利息が付いて戻ってくるという、普段銀行がやっていることを個人でおこなうと考えてくれれば大丈夫です。

利回りは事業者によって大きく変わってきますが大体は5%前後といったところ。

もし1万円を投資したとしたら1万500円になって返ってくるというイメージです。

中には10%など高利回りの案件を提供している事業者もありますがその分リスクが高くなっていますので注意してください。

まずは利回りが低く、安全性の高い案件を選ばなきゃダメですよ。

ソーシャルレンディング事業者は国内で20社近くありますがその中でもオススメなのがSBIグループのSBIソーシャルレンディング、そして上場企業が運営しているオーナーズブックです。

この2社は実績もあり堅いファンドが多いので特にオススメ。

自分もこの2社には100万円ずつ投資をしていますが毎月安定して分配金を貰っています。

両社ともに最低投資金額は1万円ですので興味を持った人はまず1万円から投資するようにしましょう。

SBIソーシャルレンディングを今すぐチェック

もしさらにソーシャルレンディングを知りたいという方は下記記事にまとめていますのでこちらをどうぞ。

【500万円で実証】ソーシャルレンディング初心者におすすめの事業者5選。 「ソーシャルレンディングやってみたいけど、事業者が多くてどこを選んで良いかわからない!!」 こう考えている人も多いのではな...

1万円からできる不動産投資

不動産投資は資産運用としてはメジャーですが数千万円以上のまとまったお金が必要で初心者が簡単に手を出せるものではありません。

どちらかというとそれなりに資産を持っていなければ不可能だと思いますよね。

でも、実はそれ昔の話です。

今はインターネットの発達もあってクラウドファンディングという新たな仕組みが誕生しました。

この仕組みを利用することにより、誰でも1万円から不動産投資ができるようになったんです。

この資産運用を不動産投資型クラウドファンディングといいます。

ちなみに上記で紹介したソーシャルレンディングは別名「融資型ソーシャルレンディング」といって仲間みたいなもの。

で、この不動産投資型クラウドファンディングですが1万円という低資金から投資できる上に、どんな案件に投資するか現物を確認することができるのも魅力の一つ。

各ページには住所まで載っているので実際に自分が現地までいってどんな物件か確認することまでできちゃうんです。

非常に透明性が高い投資方法の一つということで、最近はこの方法を利用して不動産投資する人が増えているんですよ。

この不動産投資型クラウドファンディングを行なっている事業者で有名なのはCREALFANTAS FundingRenoyクラウドファンディングbitREALTYなど。

個人的には1万円から資産運用できるCREALやFANTAS Fundingがオススメです。

bitREALTYはケネディクスと野村総合研究所という大手2社がタッグを組んで設立したサービスなんですが最低投資金額が100万円ということで資産運用初心者にはちょっとハードルが高いと思います。

CREALを今すぐチェック!!

 

ハイリスク・ハイリターンで始めるオススメの資産運用

ぶるぶる
ぶるぶる
いきなりは無理だけどハイリスクな資産運用も知っておきたいな。
メカニック
メカニック
じゃあ最後にハイリスク・ハイリターンの資産運用を見ていこう。

個別株への投資ならばテンバガーも狙える

投資信託やETFならば分散投資ができるのでローリスクではありますが、リターンも少ないです。

一方個別株への投資ならばその会社の業績がぐんぐん上がっていけば大きなリターンを得ることもできます。

10倍株になることをテンバガーというんですが、こういう銘柄も普通に狙えますよ。

ただし、個別株への投資はその企業の業績が悪くなったら一気に大きな含み損を抱えることになります。

しっかりと企業を研究して、ある程度の経験を積まなければ個別株で利益を得ることは難しいです。

大型株の方が値動きが少ないのでまずは時価総額が大きい企業の株から始めることをオススメします。

株式型クラウドファンディングで未上場企業に夢を託す

未上場企業の株を購入できる株式投資型クラウドファンディングという方法もあります。

こちらは出資した代わりに企業の株が貰え、その企業がエグジットした時に大きな利益を得ることができるんです。

エグジットとはどこか別の企業に買収されたりIPOしたりすること。

もしIPOまでいけば投資金額の10倍以上のリターンを得られる可能性もあります。

ただし、まだ国内でも始まったばかりで未成熟の市場なのでエグジットできた企業は一件もありません。

もしかしたら将来的に注目をあびる可能性もあるので「こういう資産運用の方法があるのか」と覚えておくといいかもしれませんね。

現在だと国内大手のFUNDINNO(ファンディーノ)をはじめ、エメラダ・エクイティGoAngelなど3社が展開しています。

自分は現在10社以上、合計200万円ほどを出資しています。

ファンディーノの公式サイト

 

最後に

今回は初心者にオススメの運用方法をリスク別に徹底紹介してきました!!

やはり王道はローリスクから始めることですね。

特にIPO投資や株主優待のつなぎ売り、ポイント投資は冗談抜きでオススメです。

ポイント投資なんかは損失を出したとしてもポイントだけですから、気軽にできると思います。

あとは社債のような資産運用ができるFundsにも自分としては期待していますよ。

もし、資産運用についての勉強がいやで丸投げしたい人にはロボアドバイザー投資もいいかもしれませんね。

1円からコツコツ資産運用してみませんか??

だれでもコツコツと資産運用できる新しいサービスがスタートしました。

その名はFunds(ファンズ)です。

Fundsはたった1円から信頼度の高い企業にお金を貸して利息を受け取ることができる、いままでになかった社債”風”の資産運用方法になります。

投資経験に関係なくだれでも同じパフォーマンスを出せる画期的なサービスですよ。

スマホ一つで簡単に利用できるので、興味がある方は是非チャレンジしてみてくださいね。

今すぐ無料で口座開設

運営するクラウドポートの社長にFundsに込めた想いを聞いてきたので、気になる方は是非一読してみてください。

Funds(ファンズ)に込めた藤田社長の想いとは?? クラウドポートが新たに切開く資産運用2.0funds(ファンズ)という新しいフィンテックサービスをクラウドポートが開始します。今回は藤田社長にインタビューしてfunds(ファンズ)に込めた想いやスキーム、メリット・デメリットまて聴き倒しました。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。