IPO投資

【IPO初値結果】レオクランの評価は?? 東証2部だけど小型医療関連でプラスリターンを期待!?

ぶるぶる
ぶるぶる
久しぶりの東証2部IPOが新規承認!! もしかしてそんなに悪くない??
メカニック
メカニック
スペックを見る限りだと意外と健闘してくれるかもしれないよ♪

どうも、メカニックです!!

レオクラン(7681)のIPOが新規承認されました。

2019/10/02に上場予定で事業内容は”医療機関向けに医療機器及び医療設備を販売するメディカルトータル ソリューション事業、医療用画像の遠隔診断を行う遠隔画像診断サービス事業、介護福祉施設向けに給食サービスを提供する給食事業“です。

このページではレオクラン(7681)のIPO詳細、初値結果や仮条件決定後の初値予想、上場日直前初値予想に加え、自分のBBスタンス、各社割当枚数、幹事団について記載していきますよ。

もしIPOについて知らない方はまずはじめに下記記事を一読してください。

IPOとは??というところから申込方法まで完全解説しています。

結論:レオクラン(7681)のIPOはプラスリターンを期待!?

時間がない人向けにレオクラン(7681)のIPOについてさっとまとめます。

ポイント
  • 医療機関のトータルサポートを運営
  • 東証2部に上場
  • 吸収金額は14.9億円
  • 業績は黒字が波が荒い
  • 当選期待度NO.1はSMBC日興証券
  • 想定価格は3,070円

レオクラン(7681)は医療機関のコンサルや医療機器導入などのトータルサポートをしている企業です。

東証2部に上場で吸収金額は14.9億円と中小型サイズで荷もたれ感は感じない規模です。

業績は波があらいものの安定して黒字を出しています。

最も当選しやすいのは主幹事のSMBC日興証券です。

優遇抽選があるなどネットからの申込でも当選の期待が持てます。

ちなみにSMBC日興証券は口座開設後3ヶ月間は優遇抽選が受けられますよ。

今の所プラスリターンが狙える銘柄ではありますが、油断はできませんのでBBスタンスはしっかりと吟味しましょう。

SMBC日興証券で当選を目指す

 

レオクラン(7681)のIPO詳細

銘柄株式会社レオクラン
市場東証2部
上場日2019/10/02
コード7681
公募163,000株
売り出し260,000株
OA63,400株
想定価格3,070円
吸収金額約14.9億(想定価格ベース)
時価総額約59.7億(想定価格ベース)
株主優待なし
ブックビルディング期間2019/09/13~09/20
公開価格決定日2019/09/24

レオクラン(7681)ってどんな会社??

今回新規承認されたレオクラン(7681)は2001年に設立された大阪に本社を置く企業です。

提出会社のレオクランと下記の子会社5社から構成されています。

  • レオクラン東海
  • 医療開発研究所
  • L&Gシステム
  • ゲイト
  • 京都プロメド

従業員は107名で、提出会社の平均年間給与は約759万円です。(かなり高額!!)

そして、レオクランは医療機関や福祉施設向けのトータルサポートを提供しています。

事業系統図は下記の通り。

大きく分けると3つのサービスに分類することができます。

  1. メディカルトータルソリューション事業
  2. 遠隔画像診断サービス事業
  3. 給食事業

サービス1:メディカルトータルソリューション事業

メディカルトータルソリューション事業では医療機関や福祉施設向けにコンサルティングやIT・ネットワーク構築などをワンストップで提供しています。

機器や設備は5年ほどに一回の更新が必要となり、レオクランではそのための技術やシステムに対する知識を蓄積。

様々なメーカーの機器の調達ができ、地域ディーラーとも協業することが可能です。

これがレオクランのメイン事業になります。

サービス2:遠隔画像診断サービス事業

遠隔画像診断サービス事業は子会社の京都プロメドが行っています。

CTやMRIなどの画像を放射線診断専門医により遠隔で診断して、情報を提供するサービスを提供。

京都大学医学部と連携して常時5~6人の専門医が常駐する体制を維持しています。

サービス3:給食事業

給食事業は子会社のゲイトが介護・福祉施設向けに提供。

クックチルという新調理システムを利用して、「おかず販売」と「業務委託サービス」を行っています。

管理栄養士が栄養バランスを考慮して、献立・レシピを作成して均一な味を提供しているとのことです。

販売実績

そして各事業における販売実績がこちら。

メディカルトータルソリューション事業がダントツの売上げ。

成長率も30%と高い数字です。

他、2事業はおまけ程度に感じますがそれでも4億~5億ほどの売上げはありますね。

レオクラン(7681)のIPOスペック

続いてレオクラン(7681)のIPOスペックを見ていきましょう。

想定価格は3,070円。

上場予定市場は東証2部で吸収金額は約14.9億円となっています。

レオクラン(7681)のIPOにおけるマイナス要素

初めにレオクラン(7681)のマイナス要素をチェックしていきます。

市場がIPOで不人気の東証2部というのが残念でなりません。

銘柄名はカタカナでマザーズっぽいんですけどね。。

東証2部はどうしてもパフォーマンスが悪くなりがちなので、大きな期待はしないほうが良さそうです。

あとは9月後半からIPOが乱立しており、やや過密気味で上場のタイミングも最適とは言えません。

地合いも不安定な状況ですし、外部環境にも目を配っておく必要があると思います。

レオクラン(7681)のIPOにおけるプラス要素

続いてプラス要素をチェックしていきましょう。

東証2部ではありますが規模はそれほど大きくありません。

このくらいならば需給面ではプラスに働くと思います。

また、業種も目新しさはないものの医療・看護系のサポートということで悪い印象は受けません。

今後も市場は拡大していくでしょうからね。

業績も黒字化していますし、スペック的にはそこそこいいような気がしています。

ぶるぶる
ぶるぶる
東証2部ってところが残念。でもプラスリターンになりそうな気がする。
メカニック
メカニック
想定価格が3,000円オーバーだからちょっと怖い部分はあるけどね。

 

レオクラン(7681)のIPO仮条件

2,480円 〜 2,700円

仮条件が大幅に下ブレしました。

 

レオクラン(7681)のIPO公開価格

2,700円

※公開価格が決定次第更新します。

 

レオクラン(7681)のIPO初値結果

2,920円

初値売りで2.2万円の利益でした(+8.1%)

 

レオクラン(7681)のIPO割当枚数と当選期待度

続いてレオクラン(7681)のIPO幹事団と各社における割当枚数を紹介します。

 証券会社割当枚数予想抽選配分枚数個人的期待度
主幹事SMBC日興証券
-枚
-枚
1
幹事みずほ証券
-枚
-枚
大和証券
-枚
-枚
野村證券
-枚
-枚
エース証券
-枚
-枚
SBI証券
-枚
-枚
委託岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
楽天証券(?)
-枚
-枚
松井証券(?)
-枚
-枚
安藤証券(?)
-枚
-枚
ライブスター証券(?)
-枚
-枚
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
DMM株(?)
-枚
-枚

目論見書に記載後に更新

レオクラン(7681)の主幹事

主幹事はまたまたSMBC日興証券がつとめます。

9月もHPCシステムズで主幹事をつとめるので2ヶ月連続です。

レオクランでは最も期待できる証券会社なので、当選を目指す場合は第一優先で申込をしてくださいね。

そしてSMBC日興証券といったら忘れちゃいけないのがステージ制の優遇抽選です。

上記4つのステージに分類され、プラチナになると当選確率が大幅にアップします。

条件がやや厳しいですが、ブロンズやシルバーあたりは十分達成できるレベルだと思うので上手に活用していきましょう。

ちなみに新規口座開設者は3ヶ月間はブロンズステージで優遇抽選を受けられます。

今から口座開設すれば年末まで優遇抽選を受けられるので最高のタイミングですよ。

詳しいIPOルールは下記記事に記載してありますので、知らない人は確認しておきましょう。

SMBC日興証券を今すぐチェック

その他狙い目の証券会社

次に平幹事を見ていきます。

レオクランの平幹事は合計6社と標準的。

大手証券が中心の幹事構成になります。

この中だと上位幹事のみずほ証券大和証券、そしてネット証券のSBI証券、この3社が狙い目になりそうです。

もしすでに不参加を決めている場合でもSBI証券からは必ず申込をしましょう。

IPOチャレンジポイントだけはもらっておくようにしてくださいね。

また、最近IPO投資を始めた方向けに当選確率をアップさせる方法を下記記事にまとめてあります。

自分の経験を元に算出した当選しやすい証券会社ランキングもまとめてありますので、こちらもよろしければどうぞ。

少ない資金でIPOに参加している人は資金不要で申込できる証券会社も大事です。

レオクランでは野村證券が資金不要で申込ができます。

ぶるぶる
ぶるぶる
大手証券が中心の幹事構成だけどネットから申込できるところばかり。でも当選枚数が少ないんだよな〜。
メカニック
メカニック
SMBC日興証券が大きな鍵を握っているね。

 

レオクラン(7681)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果

レオクラン(7681)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果を紹介します。

 
証券会社
抽選結果
主幹事SMBC日興証券
補欠
幹事みずほ証券
落選
大和証券
落選
野村證券
落選
エース証券
ネット申込不可
SBI証券
落選
委託岡三オンライン証券(?)
取り扱いなし
松井証券(?)
取り扱いなし
楽天証券(?)
取り扱いなし
安藤証券(?)
取り扱いなし
ライブスター証券(?)
落選
GMOクリック証券(?)
取り扱いなし
DMM株(?)
取り扱いなし

承認時はBBスタンス、抽選結果が発表されたら結果を表示しています。

今の所は参加よりの未定としています。

プラスリターンが期待できるIPOですが東証2部ですし地合いも微妙ですから仮条件を見てからの判断としました。

直近IPOのパフォーマンスは良好とはいえませんから石橋を叩いて渡ります。

ただ、悪いIPOではなく、東証2部っぽさはあまり感じないので迷ったら攻める方向で良さそうです。

おそらく、最終的には参加方法になると思います♪

 

レオクラン(7681)のIPO初値予想

レオクラン(7681)のIPOにおける初値予想になります。

直感的初値予想“は仮条件決定後、”独断と偏見初値予想“は上場日前日の更新です。

【仮条件決定後の直感的初値予想】

2,500円 〜 3,000円

【上場直前の独断と偏見初値予想】

2,750円

みんなの初値予想アンケート

投票のお力添えをお願いいたします。


 

レオクラン(7681)のIPO個人的評価

【総合評価】
19/35

【スタンス】
中立

その他ブロガーの初値予想は??にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

IPO投資よりもコンスタントに稼げるこんな投資はいかが??[PR]

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、新規承認されなければ投資ができません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれるようになりました!!

ソーシャルレンディングは”ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス“のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%以上で運用することもできるんですよ(^ ^)

年々新しいサービスがでてきていますが、今から始める方はSBIソーシャルレンディングがおススメです。

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

自分も現在50万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

SBIソーシャルレンディングを今すぐチェック

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

【評判と口コミ】SBIソーシャルレンディングに投資してわかった5つのメリット・3つのデメリットSBIソーシャルレンディングとはSBIグループが運営している事業者です。投資している管理がメリットとデメリットを徹底的にまとめました。評判や口コミが気になる方は参考にしてください。...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。