当ブログ一押しキャンペーン!!

【限定タイアップ】

ファンディーノへの投資家登録で…

1,000円分のAmazonギフト券が貰えます!!

IPO投資

【IPO評価】ココナラは赤字だけど人気化必須!? 主幹事構成やBBスタンス、時価総額まとめ

ぶるぶる
ぶるぶる
お、ココナラがキターーー!!
メカニック
メカニック
3月の目玉IPOになりそうだね。

うも、メカニックです!!

ココナラ(4176)のIPOが新規承認されました。

2021/3/19に上場予定で事業内容は”知識・スキル・経験を商品化して「EC のように売買できる」マッチングプラットフォーム“です。

このページではココナラ(4176)のIPO詳細や初値結果、仮条件決定後の初値予想、上場日直前初値予想に加え、自分のBBスタンス、各社割当枚数、幹事団について記載していきますよ。

もしIPOについて知らない方はまずはじめに下記記事を一読してください。

IPOとは??というところから申込方法まで完全解説しています。

また、動画でもまとめていますのでよろしければこちらもどうぞ。

【運営者おすすめのソーシャルレンディング】

FUELオンライン

結論:ココナラ(4176)のIPOはちょっとだけ期待!!

吸収金額
市場
公募売出比
業種
業績
地合い
スケジュール

【総合評価】
26/35

【スタンス】
やや強気

時間がない人向けにココナラ(4176)のIPOについて要点をピックアップしてまとめました。

結論からいうと、初値はプラスリターンが狙えそうです

ポイント
  • スキルのマッチングプラットフォームを運営
  • 有名ベンチャー
  • 想定価格は1,000円
  • 上場市場はマザーズを予定
  • 3/19に単独上場
  • ほぼ売出のみ
  • 吸収金額は約139億円
  • 売上は好調だが赤字
  • ロックアップは完璧
  • 主幹事は大和証券とみずほ証券

上場市場はマザーズで吸収金額139億円の大型IPOとなります。

業種はスキルや知識などを商品として販売できるマッチングプラットフォーム「ココナラ」の運営。

知名度が高い有名ベンチャーになります。

業績は非常に好調で売上は右肩上がりで伸びてはいますが、まだ赤字です。

大株主がベンチャーキャピタルに多くいるため売出が多いですがロックアップは価格による解除事項は記載されていません。

IPOラッシュになりがちな3月ながら単独上場ですし、地合いもいいためプラスリターンになる可能性が高いと思っています。

今のところは参加方向で考え中です。

そして、主幹事は大和証券、みずほ証券、クレディスイス証券の3社。

ネット組みで当選を目指すなら大和証券とみずほ証券の2社が重要になります。

また、大和証券が主幹事ということでコネクトでも委託販売する可能性が高いのでこちらもしっかりとチェックしておきましょう。

また、最近IPO投資を始めた方向けに当選確率をアップさせる方法を下記記事にまとめてあります。

さらに最近ではIPOを目指すベンチャー企業に先回り投資できるFUNDINNO(ファンディーノ)を中心とした株式投資型クラウドファンディングの人気が加速中!!

企業と投資家が一緒になってIPOまで目指せる新しい方法なので興味がある人は是非チェックしてみてください。

ちなみに当ブログではタイアップキャンペーンも実施しており、投資家登録でAmazonギフト券1,000円相当が貰えます。(ファンディーノのキャンペーンと併用可能)

さらに、自分の経験を元に算出した当選しやすい証券会社ランキングもまとめてありますので、こちらもよろしければどうぞ。

 

ココナラ(4176)のIPO詳細

銘柄 株式会社ココナラ
市場 マザーズ
上場日 2021/03/19
コード 4176
公募 100,000株
売り出し 11,092,900株
OA 1,813,000株
想定平均価格 1,000円
吸収金額 約139.1億(想定価格ベース)
時価総額 約214.7億円(想定価格ベース)
BB期間 2021/3/4~3/10
価格決定日 2021/3/11

ココナラ(4176)ってどんな会社??

まずは今回新規承認されたココナラがどんな企業なのか簡単に紹介しますね。

2011年に個人事業として活動を開始した後、2012年に株式会社ウェルセルフを設立しました。

そして2014年に現在のココナラに社名変更。

外部からガンガン資金調達しながらおよそ8年ほどでのイグジットとなりました。

現在の従業員数はグループ合計110名、提出会社の平均年間給与は約613万円となっています。

そんなココナラの主な事業はマッチングプラットフォーム「ココナラ」の運営です。

事業系統図は下記の通り。

具体的には様々な分野の知識・スキルに基づくサービスをユーザー間で売買するマッチングプラットフォームです。

イラストや似顔絵、ビジネスサポート、ちょっと変わったところだと悩み相談や恋愛相談などもあります。

ビジネス系や相談系、需要があればなんでもオッケー的な感じですかね。

会員登録数は180万人超え、流通高は62億円を突破しており、右肩上がりで伸びています。

コロナで在宅ワークが進みましたが間違いなく追い風にできた企業の一つでしょう。

ココナラ(4176)のIPOスペック

続いてココナラのIPOスペックを見ていきましょう。

想定価格は1,000円。

上場予定市場はマザーズを見込んでおり、吸収金額は約139.1億円となっています。

ココナラ(4176)のIPOにおけるマイナス要素

マイナス要素は言わずもがなでしょう。

やはり吸収金額の大きさです。

マザーズで130億円超えは大型規模となり需給面ではやや不利。

ただ直近では100億円以上の銘柄でも投資家からの評価が高ければ堅調な初値形成が多くなっています。

ココナラは間違いなく人気化するので過度に気にする必要はないかもしれません。

また売り出しが多く換金色が強めなのもちょっと残念です。

ココナラ(4176)のIPOにおけるプラス要素

プラス要素としては第一に業種が挙げられます。

ココナラは非常に有名ですし利用している人も多いです。

プラットフォームの運営ということで投資家に人気化することはほぼ間違いなし。

業績は赤字ですが急成長していますからこちらもしっかりと評価されるはずです。

また現在はコロナの影響で在宅ワークが多くなっているでしょうから、ココナラにとっては追い風になっていると思います。

副業を始めたい人も多いでしょうからね。

まだまだ成長余地はありそうです。

ぶるぶる
ぶるぶる
プレイドとかヤプリ 、ウェルスナビがIPOした時と同じ雰囲気を感じる。
メカニック
メカニック
知名度が高いし全体的にピカピカしてるから人気になりそうだね。吸収金額は大きいけど大丈夫な気がする。

 

ココナラ(4176)のIPO仮条件

-円 〜 -円

※仮条件決定後に更新

 

ココナラ(4176)のIPO公開価格

-円

※公開価格決定後に更新

 

ココナラ(4176)のIPO割当枚数と当選期待度

続いてココナラ(4176)のIPO幹事団と各社における割当枚数を紹介します。

  証券会社 割当枚数 予想抽選配分枚数 個人期待度
主幹事 大和証券
-枚
-枚
1
みずほ証券
-枚
-枚
クレディスイス証券
-枚
-枚
幹事 いちよし証券
-枚
-枚
SBI証券
-枚
-枚
楽天証券
-枚
-枚
マネックス証券
-枚
-枚
松井証券
-枚
-枚
委託幹事 岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
SBIネオトレード証券(?)
-枚
-枚
DMM株(?)
-枚
-枚
コネクト(?)
-枚
-枚

目論見書に記載後に更新

ココナラ(4176)の主幹事

注目の主幹事ですが今回は下記の三証券です。

  • 大和証券
  • みずほ証券
  • クレディスイス証券

クレディスイス証券はネットからIPOに申し込みできないのでネット組は大和証券とみずほ証券の2社が大事になってきます。

ココナラに当選したいなら必須の2社といっていいでしょう。

特に大和証券は抽選割合が最大25%と高いので大手証券の中では当選確率がトップクラス。

みずほ証券は10%なので2倍以上も変わってきます。

資金があれば両方から申し込みのむがベストですが、どちらかしか選択できない場合は大和証券を選択してくださいね。

2月に主幹事をつとめたアクシージアでは当選ラッシュでしたのでココナラもかなり当選者が多くなりそうです!!

ちなみに大和証券のIPOルールはやや複雑ですが下記記事を読めば理解できるはずです。

知らない人はしっかりと勉強しておくようにしてください。

その他狙い目の証券会社

今回は平幹事からも当選が狙えそうです。

ネット証券であるSBI証券マネックス証券楽天証券松井証券の4社が幹事入りと、ネット組にとってテンションが上がる構成。

この4社は非常に抽選割合が高いです!!

そして大和証券が主幹事ということでコネクトも見逃せません!!

想定価格が1,000円とあまり高くないですし申し込みしやすい銘柄ですから、当選を狙うなら出来る限り多くの幹事から参加するようにしてください。

ぶるぶる
ぶるぶる
この幹事構成はめちゃくちゃテンション上がるね!!
メカニック
メカニック
家族で申し込めば複数枚当選も狙えると思う!!

 

ココナラ(4176)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果

ココナラ(4176)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果を紹介します。

  証券会社 抽選結果
主幹事 大和証券
参加
みずほ証券
参加
クレディスイス証券
ネットBB不可
幹事 いちよし証券
参加
SBI証券
参加
楽天証券
参加
マネックス証券
参加
松井証券
参加
委託幹事 岡三オンライン証券(?)
参加予定
GMOクリック証券(?)
参加予定
SBIネオトレード証券(?)
参加予定
DMM株(?)
参加予定
コネクト(?)
参加予定

承認時はBBスタンス、抽選結果が発表されたら結果を表示しています。

新規承認時におけるBBスタンス

上記の通り参加します。

ネガティブな面もありますが知名度が高い会社ですし、企業としての勢いも感じています。

先ほども言った通り2020年の年末に上場したプレイドとかウェルスナビのような雰囲気を感じるんですよね。

赤字ではありますが成長性が評価されて堅調な初値形成になるんではないかと。

地合いが急変したら一気にやばくなるかもしれませんが、今の状況ならば参加方向で問題ないと思います!!

 

ココナラ(4176)のIPO初値予想と初値結果

ココナラ(4176)のIPOにおける初値予想になります。

直感的初値予想“は仮条件決定後、”独断と偏見初値予想“は上場日前日の更新です。

【仮条件決定後の直感的初値予想】

-円 ~ -円

【上場直前の独断と偏見初値予想】

-円

みんなの初値予想アンケート

投票のお力添えをお願いいたします。


初値結果

-円
CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)
【裏技】IPO株を誰よりも先に入手する方法とは??

最近はIPOが全く当たらなくなってきました。

ここ数年実践してきた自分としては「かなり厳しくなってきた」という印象です。

そこで自分はエンジェル投資を始めました!!

エンジェル投資とはIPO株を目指すベンチャー企業へ先回りで応援投資する方法

応援出資した先がIPOすれば10倍以上のリターンも狙えます。

もちろん出資した企業がIPOすればすでにその株を保有しているので抽選に参加する必要はありません。

上場後に売却するだけです。

最近では個人でも10万円からエンジェル投資ができる株式投資型クラウドファンディングのサービスがでてきたことから気軽に応援出資ができるようになってきました。

自分は20社以上にエンジェル投資していますが中でもおすすめなのは業界大手のファンディーノです。

案件数はダントツでエンジェル税制という優遇措置も受けられる銘柄が多いです。

このような企業に出資すれば投資しながら節税ができますよ。

ちなみいそんなファンディーノと当ブログではタイアップキャンペーンを実施中です。

下記リンクから口座開設するとAmazonギフト券1,000円がプレゼントされます。

リンク先には自分が出資する際に見ているポイントも紹介していますので、是非一度覗いてみてください!!

ファンディーノについての詳しい紹介と出資先、イグジット実績は下記記事にまとめてありますのでこちらも一読していただけますと幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

【タイアップ中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック
【タイアップ中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック