【早期終了あり】当ブログ限定キャンペーン!!

FUNDINNOへの口座開設で
2,000円分のAmazonギフト券
が貰えます!!

IPO投資

【IPO初値結果】ノバックは国土交通省が太客の建築会社!!上場日、主幹事構成、時価総額まとめ

ぶるぶる
ぶるぶる
ノバックのIPOが新規承認したね。どんなスペックなの??
メカニック
メカニック
じゃあ解説していくね。

どうも、メカニックです!!

ノバック(5079)のIPOが新規承認されました。

2022/3/31に上場予定で事業内容は土木工事・建築工事事業です。

このページではノバック(5079)のIPO詳細や初値結果、仮条件決定後の初値予想、上場日直前初値予想に加え、自分のBBスタンス、各社割当枚数、幹事団について記載していきますよ。

もしIPOについて知らない方はまずはじめに下記記事を一読してください。

IPOとは??というところから申込方法まで完全解説しています。

また、下記の動画でも紹介しています。

【運営者おすすめのソーシャルレンディング】

FUELオンライン

結論:ノバックの初値は公募価格前後になりそう

吸収金額
市場
公募売出比
業種
業績
地合い
スケジュール

【総合評価】
18/35

【スタンス】
やや弱気

時間がない人向けにノバック(5079)のIPOについて要点をピックアップしてまとめました。

結論からいうと、初値は公募価格前後が予想されます。

ポイント
  • 土木・建築事業
  • 3/31に上場
  • 想定価格は3,260円
  • 上場市場は東証2部
  • 吸収金額は約30.0億円
  • 売上は横ばいで黒字経営
  • ロックアップはかたい
  • 主幹事は東海東京証券

ノバックは土木・建築事業を行っている企業です。

東証2部に上場を予定しており、想定価格は3,260円、吸収金額は30億円です。

黒字経営ですが、売上は横ばいと成長性は感じません。

地味業種の上に、東証2部、さらに過密スケジュールということで初値は期待できそうもありません。

BBスタンスは慎重に考えたい銘柄です。

主幹事は東海東京証券が担当します。

当選を目指す人は第一優先で申込しましょう!!

また、最近IPO投資を始めた方向けに当選確率をアップさせる方法を下記記事にまとめてあります。

さらに最近ではIPOを目指すベンチャー企業に先回り投資できるFUNDINNO(ファンディーノ)を中心とした株式投資型クラウドファンディングの人気が加速中!!

企業と投資家が一緒になってIPOまで目指せる新しい方法なので、興味がある人は是非チェックしてみてください。

自分の経験を元に算出した当選しやすい証券会社ランキングもまとめてありますので、こちらもよろしければどうぞ。

 

ノバック(5079)のIPO詳細

銘柄 株式会社ノバック
市場 東証2部
上場日 2022/3/31
コード 5079
公募 480,000株
売り出し 320,000株
OA 120,000株
想定価格 3,260円
吸収金額 約30.0億(想定価格ベース)
時価総額 約167.2億円(想定価格ベース)
BB期間 2022/3/15~3/22
価格決定日 2022/3/23

ノバック(5079)ってどんな会社??

まずは今回新規承認されたノバックがどんな企業なのか簡単に紹介しますね。

1965年に前身の大谷建設株式会社を兵庫県に設立しました。

子会社の設立、全国に支店を開設しながら事業を大きくしていき、およそ58年でのIPOとなりました。

外部からの資金調達はありません。

現在の従業員数は289名、提出会社の平均年間給与は695万円です。

そんなノバックの事業内容は土木・建築事業です。

ビジネスモデルは下記の通り。

土木工事事業ではダム工事や道路、スポーツ・レジャーの施設工事が中心です。

建築工事事業ではサービスエリア施設、マンション、庁舎・事務所、物流倉庫などを建築しています。

相手先

相手先を見ると、西日本高速道路、国土交通省の2社が太客です。

この2社は未払いもないでしょうから、良い取引先と言えますね。

ノバックの業績

業績を見ると売上は横ばいで、前期は305.5億円。

純利益は黒字ですが、こちらも横ばいで17.1億円ほど。

残念ながら成長性は感じません。

ノバック(5079)のIPOスペック

続いてノバック(5079)のIPOスペックを見ていきましょう。

想定価格は3,260円。

上場予定市場は東証2部を見込んでおり、吸収金額は約30.0億円となっています。

ノバック(5079)のIPOにおけるマイナス材料

マイナス材料は市場と事業内容です。

まず、市場ですが東証2部はIPOでは不人気です。

地方上場よりはマシですが、それでも過去の成績を見ると初値パフォーマンスは厳しいものがあります。

さらに、事業内容が土木・建築関連と、目新しさは感じません。

業績を見ても横ばいが続いており、大きな改革がなければここから売上を大きくするのは難しそうです。

上場ゴールになりそうな雰囲気を感じます。

ノバック(5079)のIPOにおけるプラス材料

残念ながら大きなプラス要素はありません。

ただ、最近はイケイケの赤字垂れ流しのピカピカべんちゃーよりも、地に足がついた黒字会社の方が好まれる傾向があります。

上場後の赤字ベンチャーへの失望の裏返しで、短期間のトレンドなのかもしれませんが。。

売上は300億円以上にもかかわれず、時価総額はわずか167億円なので、欲しいと感じる人がいるかもしれません。

ぶるぶる
ぶるぶる
SaaSだと売上10億円程度で時価総額数百億円とかあるもんね。
メカニック
メカニック
なんだかものすごく割安に感じる。

 

ノバック(5079)のIPO仮条件

-円 〜 -円

※仮条件が決定次第更新

 

ノバック(5079)のIPO公開価格

-円

※公開価格決定後に更新

 

ノバック(5079)のIPO割当枚数と当選期待度

続いて、ノバック(5079)のIPO幹事団と各社における割当枚数を紹介します。

  証券会社 割当枚数 予想抽選配分枚数 個人期待度
主幹事 東海東京証券
-枚
-枚
1
幹事 野村證券
-枚
-枚
SBI証券
-枚
-枚
楽天証券
-枚
-枚
岩井コスモ証券
-枚
-枚
あかつき証券
-枚
-枚
東洋証券
-枚
-枚
丸三証券
-枚
-枚
委託幹事 岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
松井証券(?)
-枚
-枚
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
SBIネオトレード証券(?)
-枚
-枚
DMM株(?)
-枚
-枚
LINE証券(?)
-枚
-枚
目論見書に記載後に更新

ノバック(5079)の主幹事

主幹事は東海東京証券です。

2022年初の主幹事となります。

毎年コンスタントに主幹事を担当していますが、今年も早速主幹事案件を出してきた格好です。

IPOルールは全体の10%を平等抽選で、ネットからも参加できます。

他社と比較して、特に特徴的なポイントはありませんが、中堅証券ということで大手よりも口座数は少ないです。

当選を目指すならば最優先で申し込みするようにしてください。

その他狙い目の証券会社

平幹事は中堅証券が多いです。

この中だと狙い目になりそうなのはネット証券のSBI証券楽天証券ですかね。

丸三証券も最下位の幹事ですが、割当が50単元未満の場合はネットから申し込みできないので注意してください。

ぶるぶる
ぶるぶる
ほ〜、東海東京証券が主幹事か!!
メカニック
メカニック
一発目は地味な案件できたね。

 

ノバック(5079)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果

ノバック(5079)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果を紹介します。

  証券会社 抽選結果
主幹事 東海東京証券
未定
幹事 野村證券
未定
SBI証券
参加
楽天証券
未定
岩井コスモ証券
未定
あかつき証券
ネット申込不可
東洋証券
ネット申込不可
丸三証券
未定
委託幹事 岡三オンライン証券(?)
未定
松井証券(?)
未定
GMOクリック証券(?)
未定
SBIネオトレード証券(?)
未定
DMM株(?)
未定
LINE証券(?)
未定
承認時はBBスタンス、抽選結果が発表されたら結果を表示しています。

新規承認時におけるBBスタンス

未定としました。

プラスリターンになるような気がしていますが、地合い次第では公募割れもありえます。

少なくとも初値高騰する可能性は低いので、無理して参加する必要はないです。

想定価格も高めですから、リスクもありますしね。

仮条件を見てから申し込みスタンスを決めるのがベストでしょう。

 

ノバック(5079)のIPO初値予想と初値結果

ノバック(5079)のIPOにおける初値予想になります。

直感的初値予想“は仮条件決定後、”独断と偏見初値予想“は上場日前日の更新です。

【仮条件決定後の直感的初値予想】

-円 ~ -円

【上場直前の独断と偏見初値予想】

-円

みんなの初値予想アンケート

投票のお力添えをお願いいたします。

初値結果

2,630円
初値売りで3.7万円の損失でした。(-12.3%)
CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)
【大盤振る舞い】LINE証券の口座開設で株が”タダ”でもらえる!!

証券会社はお得なキャンペーンを多く実施していますが、LINE証券はレベルが違います。

口座開設後に簡単なクイズに正解すると…

最大3,000円相当の株がタダで貰えます!!

しかも翌月末までに1万円以上の株取引すると追加で1,000円をプレゼント。

最大合計4,000円相当が貰えます。

キャンペーン終了日は未定ですが、早期終了もありえます。

すぐに口座開設しましょう!!

LINE証券を今すぐチェック

詳細は下記記事にまとめていますのでこちらも合わせてチェックしてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

【キャンペーン中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック
【キャンペーン中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック